2022.11.10

【ツイート総数1万件以上】YA-MAN(ヤーマン)の超音波トリートメントのヒットを生んだテクロノジーとは?

美容への特化、消費者目線での企画力、蓄積されたノウハウと数々の特許技術、そして独自のテクノロジーを用いた開発力で、業界の雄としての立ち位置を確立するYA-MAN(ヤーマン)
 
WEB会議やマスク生活などにより顔周りの美が注目されるようになった中、マスク型EMS美顔器「メディリフト」など常に話題の商品を世に送り続けている。
 
SNSから火が付き、一時生産が追いつかないほどにバズった超音波トリートメント「シャインプロ」もその一つだ。マーケティング担当の川野辺氏にその独自のテクノロジーや開発ストーリーを伺った。

バズった「シャインプロ」も、実は7年前に生まれた技術!

画像: null

超音波トリートメント「シャインプロ」は、熱で開いたキューティクルに超音波が物質を振動させる力でトリートメント成分を叩き込み、効果的に浸透させることで、自宅でもサロンのような仕上がりを得られるというヘアケア機器だ。
 
ヤーマンは2021年の10月に頭皮ケアや美肌ケアのできる「リフトドライヤー」、その後すぐにこの「シャインプロ」と、立て続けにヘアケア製品をリリースしている。

画像: こちらは美顔器機能を搭載し、頭皮ケアもできる「リフトドライヤー」
こちらは美顔器機能を搭載し、頭皮ケアもできる「リフトドライヤー」

「そもそもヤーマンは美顔器製品で知られている会社であり、ヘアケア製品にはそこまで注力をしていませんでした。しかし昨今のマスク生活も影響し、目元とともに髪が重要視されてハイトーンカラ―や髪質改善などヘアケアへの需要が高まる中で、肌にアプローチする美顔器の技術を髪に応用し、ヘアケア機器を本格的にリリースしています」
 
実はヤーマンは「シャインプロ」の前身となる超音波トリートメントを2015年に発売していた。しかし当時はこの超音波トリートメントという技術は家庭用としてはさほど反響はなく、ヘアサロンで専門的なケアとして行われるに留まったのだという。ではなぜ、今回は家庭用機器として大ヒットしたのか。その理由として「コロナ禍のヘアケア需要はもちろん、若い世代の美容機器への意識変化があるのではないか」と川野辺氏は語る。
 
「『リフトドライヤー』は5万5000円、『シャインプロ』は2万7500円。高いかなと思われるかも知れませんが、ヘアケア家電はかつては低価格な製品が中心の市場でしたが、今や高価格帯の上質な製品が多く揃っている市場へと変化しています。そこには消費者の美容家電への意識の変化があったのではないかと考えます」
 
1つめの変化は“値段よりも機能と効果実感を求める”という消費者のニーズの変化である。
 
「ヤーマンの超音波トリートメントには、ハイグレードなサロンモデル『ヴェーダシャインプロ BS for Salon』もあるのですが、サロンでも百貨店でも大変好評です。コロナ禍を経て美容への価値や投資が見直され、価格で選ぶよりも『機能性=効果実感』で選ぶお客さまは以前より増えていると実感しています。以前はドライヤーというと髪を乾かす“必需品”だったものが美容効果を求める“美容機器”に進化したことも影響しているとは思います。」
 
そして2つめは“より「本質的な投資」を意識した若い世代の消費意識”の変化だ。
 
「例えばご自宅にあるドライヤーを思い浮かべていただくと、5年〜10年くらいは壊れずに使い続けている方も多いのではないでしょうか。ですから単に『5万円の出費』という考え方ではなく、使用期間とそこで得られるメリットを考慮した総合的な『投資メリット=コスパ』でもの選ぶ若い世代が増えているようです」
 
若い世代は自分らしいもの、自分が価値があると思えるものには積極的に投資すると言われており、特にZ世代はそれが顕著だという。世の中に溢れかえるモノや情報からの取捨選択が上手で、自分で価値を見出したものへの集中的な投資はいとわない。
 
実際「シャインプロ」はそんな若い世代から火がついた。

SNS世代の消費者行動「シェア」からの大ヒット

画像: null

「Twitterでは『シャインプロがスゴい!』という内容のつぶやきへのリツイートがどんどん広がり、いいねなどのアクションが1万件以上ありました。もちろん仕込みなどはなく(笑)、体験された方の生の声が広がり、発売翌々日にはいわゆる“バズった”状態となりました。その結果、発売当初に立てていた販売目標比の約300%というヒットとなり、一時は生産が追いつかない状況にもなりました」
 
商品がもたらす効果の高さはもちろんのこと、マスク時代の美髪へのニーズを即座につかみ、そのニーズが高まった絶妙なタイミングでスピーディーに商品をリリースしたことも、SNSでの広がりやヒットを生んだ大きな要因であろう。
 
「シャインプロはゼロから開発をスタートしたわけではありません。ヤーマンでは超音波トリートメントのアイテムを過去にもリリースしており、そのノウハウをすでに持っていました」
 
蓄積されていたノウハウや技術を活用できたことで、充電バッテリーの搭載や小型化、さらにはお風呂でも使える防水機能など、昨今のニーズに対応した機能の開発に時間を充てることができ、スピーディーな商品リリースを実現した。まさに、ヤーマンだからこそ生むことができた大ヒットと言えるだろう。

画像: お風呂ニーズを叶えるために、防水化や充電バッテリーの搭載など新機能を開発
お風呂ニーズを叶えるために、防水化や充電バッテリーの搭載など新機能を開発

シャインプロに込められた「美顔器発想のテクノロジー」とは?

 続いて、ヒットを生んだ数々の高機能と、それらを実現させたテクノロジーについて見ていこう。まず、シャインプロがうたっている「サロン帰りのような仕上り」とは、どういう状態なのだろうか。
 
「超音波と熱で髪の毛にしっかりと栄養分を入れることで実現する、ストンと面を整えたような仕上がりをそう呼んでいます。口コミなどを見ると『トゥルトゥル』という表現をよく見かけます。私自身も実際に使ってみて、パサつきや広がりがなくなり、髪が柔らかくサラっとしたな、という感覚を得ることができました」
 
高級トリートメントでスペシャルケアをするのもよいが、普段使いのトリートメントでも十分効果を底上げできるという。また髪質にもよるが、週に1、2回続けていくことでその効果を保つことができ、更にヘアカラーの色落ちを抑えることもできるのだという。

画像: 【使用時間】約10分、YA-MAN調べ。※効果には個人差があります
【使用時間】約10分、YA-MAN調べ。※効果には個人差があります

そんなプロクオリティーの裏には、ヤーマンならではの「美顔器発想のテクノロジー」がある。ヤーマンは半導体関連企業からスタートし、手のひらにおさまる小さな美容機器の中に、求められる効果に対してさまざまな美容技術や独自の波形技術を組み合わせて搭載することで、常に新しい美容機器を生み出してきている。
 
「超音波と温熱とLEDの3つの掛け合わせは、まさにヤーマンの多機能美顔器と同じ発想です。超音波トリートメントは他社からもリリースされていますが、そこに当社が得意とするテクノロジーの掛け合わせによりでヤーマン独自の製品となっています」
 
さらに、「シャインプロ」独自のテクノロジーを深掘りしてみよう。

 超音波×温熱×赤色LEDの技術の掛け算

画像: null

超音波トリートメントに温熱を加えることで、キューティクルを開きながら効果的にトリートメント成分を浸透させることができる。このヤーマンオリジナルの組み合わせは、美容師の「タッピング」の技術を研究して生まれたものなのだという。水に濡れた髪はダメージを受けやすく、高温すぎると髪がタンパク分解を起こしてしまうため、適切な温度でのケアが必要となる。ここで、美顔器の温度管理のテクノロジーが活きてくる。

さらに美顔器機能としても人気の赤色LED搭載。まさに“いいとこ取り”をした3つの機能をひとつのアイテムに融合できるのは、ヤーマンならではの技術と言えるであろう。

また、トリートメントを指でなじませると、つかむ髪の量にバラツキがあるため効果にもムラが出てしまう。そこで、ヘアサロンでの施術に用いられる「コーミング」を再現できる独自形状のコームを開発。この浸透サポートコームが適切な量の髪をつかみ、効果的に超音波を当てることをサポートしてくれる。

美髪を育てる3つのプロセスを3つの製品でサポート

画像: null

ヤーマンでは、先に述べた「リフトドライヤー」、こちらの超音波トリートメント機器「シャインプロ」、そしてヘアアイロンの「スムースアイロンフォトイン」の3製品を、スキンケアのライン使いのように活用する「美髪ケアプログラム」を提唱している。

画像: null

「すべてのバックグラウンドにはヤーマンの旗艦製品である美顔器があり、『髪にも美顔器』『肌をいたわるように髪をいたわる』というコンセプトで3製品をラインアップしています。『美髪を育む頭皮ケア』『髪質改善トリートメント』『ダメージレスなスタイリング』それぞれの目的のための機器を活用して、艶やかな美髪を目指していただきたいですね」
 
川野辺氏自身も「スキンケアや美顔器で肌が変わっていくように、髪もケアすることでこんなに変わるんだ!」という驚きがあったのだという。
 
「化粧水、美容液、クリーム…とステップを踏みながら美肌を育てていく楽しみを、ヘアケアでも味わって欲しい」という商品開発における思いは、肌を見つめてきたヤーマンならではのもの。その思いと技術で、これからも美容シーンにイノベーションを起こし続けてくれることであろう。

PROFILE|プロフィール
川野辺 苑巴(かわのべ そのは)
川野辺 苑巴(かわのべ そのは)

ヤーマン株式会社 ブランド戦略本部 マーケティンググループ
SNS担当を経て、2022年からヘアケア製品のマーケティングチームに参画。美顔器よりも裾野の広いヘアケア商材を、SNSでのリアルな顧客とのコミュニケーションを通じて深く伝えていくことを目指している。
https://www.ya-man-tokyo-japan.com/

Text by Junichi Suzuki(ALTANA inc.)

LINEでシェアする