2022.05.25

「分かりやすさ」と繁華街のファッション:佐々木チワワが描く“ぴえん系女子”と歌舞伎町

若者のファッションは激しく移り変わる。そして、若者のファッションには拠点となる場所がつきものだ。たとえば銀座、原宿、渋谷などさまざまな街と特定の流行が結びつけて語られてきた。そのなかで、近年着目を集めるのが新宿・歌舞伎町やトー横(歌舞伎町のTOHOシネマズ横の広場)にいる若者たちと、そのファッションスタイルだ。

さまざまな社会背景が変化している今、現代のファッションスタイルを形作る都市や繁華街が持つ独特の力とはなんだろうか。今回は、新宿・歌舞伎町へのフィールドワークから若者の消費について描いた『「ぴえん」という病 SNS時代の消費と承認』(扶桑社)の著者で、ライターの佐々木チワワさんに、「ぴえん系女子」や歌舞伎町のファッションと、その特性についてお話を伺った。

PROFILE|プロフィール
佐々木チワワ
佐々木チワワ

2000年生まれ、東京都出身。10代の頃から歌舞伎町に出入りをし、自殺を止めたことをきっかけに「歌舞伎町の社会学」を研究。その傍らライター・コメンテーターとして多数のメディアに執筆・出演中。著書に「ぴえん」という病 SNS世代の消費と承認がある。グランドジャンプにて「ヤマアラシのシーシャ」、週刊FRIDAYにて「令和4年、歌舞伎町は今」連載中。

Image Credit:@tsubasaworks_12

歌舞伎町における「ぴえん系女子」と「地雷系/量産型」ファッション

佐々木さんのご活動について簡単に教えてください。

慶應義塾大学の総合政策学部に通っています。大学で新宿・歌舞伎町の社会学というテーマで研究をしている傍ら、ライターとして週刊誌に記事を書いたり、最近は漫画の原作や、歌舞伎町のカルチャーや現代若者論の論客としてコメンテーターなどもしています。

もともと文章を書くのは好きで、高校生からコラムを書くライターのバイトをしていました。大学に入って何をしようかなと思っていた時に、歌舞伎町で現実逃避をしていて(笑)15歳から歌舞伎町には通っていましたが、18歳になって遊ぶ幅が広がっていったとき、たまたま自殺の名所と言われているビルで女の子の自殺を止めた経験がありました。そのときに「お金使ってなきゃ私って生きてる意味ないじゃないですか」と言われ、そこから「歌舞伎町における価値と消費とはなんだろう」と思い始めたのが活動のきっかけです。

画像: 「ぴえん」という病 SNS世代の消費と承認
「ぴえん」という病 SNS世代の消費と承認
著書では、ぴえん系女子がトピックの1つとなっていますが、改めて簡単にご解説いただけますでしょうか。

「ぴえん」はもともとは悲しい感情を表す言葉で、一時期から、絵文字と同じように(🥺)ぴえん顔という表象が漫画などで行われ始めました。そこから派生して現在では、ぴえんという言葉を「それはまじぴえんだわ」などの言葉として使ったり、ぴえんっぽい言動をしそうな人を「ぴえん」と代名詞、記号として使われることがあります。その「ぴえん」を指すもののなかに、ファッションも一部含まれています。

「地雷系」とか「量産型」のファッションをしているだけでは、そう呼ばれることはありませんが、たとえばその子が歌舞伎町という場所にいて、リストカットした跡があって、ストロング缶を持って酔っ払って「推ししか勝たん」と言っていたら、ぴえん系と言えるわけです。つまり、ファッションと行動様式を組み合わせた結果、彼ら/彼女らは「ぴえん系」女子とカテゴライズされているということです。

量産型、地雷系などのファッションを簡単に教えていただけますか。

「量産型」という言葉は、「秋葉原(に多い)」「女子大生(に多い)」「AKB的」ファッションなどで使われる言葉だったのですが、ある時からオタクファッションにも使われるようになりました。アイドルの現場に行く女の子が、ニコイチで同じ服装をしているとき、この本では「量産型」と説明しています。具体的には、白とかピンクのフリルなどが特徴です。

対して「地雷系」というのは、髪の毛が真っ黒か派手髪が基調で、メンヘラっぽい要素があります。その中でも「甘め地雷」など、新しいカテゴリも出てきています。それも2019年〜2021年くらいがピークだったので、最近はラフになり変わってきた印象を受けますが、最初はメンヘラカルチャーやバンギャ(バンドギャル)的なもの、メン地下(メンズ地下アイドル)、ジャニーズなどの「オタク」に由来があると思います。

画像: null

街に擬態するための「分かりやすさ」

著書の中ではティーン向けのファッション雑誌や人気漫画などを、これらのファッションカテゴリが流行するきっかけとしてあげていらっしゃいますね。こういった流行を受けて具体的に服を買う人々はどのような方法が多いのでしょうか?

歌舞伎町御用達ファッションとして「MA*RS」の本店が歌舞伎町のすぐ近くにあります。「MA*RS着ていそう」=「ホス狂(ホストに狂う人)」の暗喩になっているくらいです。あと「Ank Rouge」や「evelyn」の店舗も新宿駅のルミネにあります。

新宿からそう遠くない原宿などにも店舗は多いですね。原宿で親しまれたゴスロリ系のファッションとこれらの流行は歴史的に関連があると思うので。現在でも原宿では、安めのゴスロリファッションに、アクセサリーだけブランドみたいな子が歩いているのを見かけます。

最近、トー横のファッションはより地雷っぽく黒になっていますが、最近だと原宿の「TRAVAS TOKYO」に小学生が増えたことにとても驚いています。店員さんによると、ファッションカテゴリとしての「ぴえん」が年齢層も広がっている現状があるようです。

たとえば「歌舞伎町のリュック」と呼ばれているMCMや、Vivienne Westwoodなど、一般的にはハイブランドと呼ばれているブランドの一部が、歌舞伎町で好まれる傾向があると指摘されています。これらのブランドが選ばれている背景について教えてください。

Vivienne Westwoodなどはメンヘラ系のファッションとの親和性が昔から高く、歌舞伎町の女の子に親しまれていました。漫画「NANA」などで着用された影響も大きいと思います。これに加えて「もともとホストが持っていたブランド」ということが理由として大きいのではないでしょうか。

MCMのリュックなども2018年からホストが背負い始めていて、流行しました。そこからMICHAEL KORSLOUIS VUITTONなども流行しています。流行のもとになる人々は瞬間的に高収入を見込める職業ですし「ハイブランドを着ている」ことがステータスになる街です。彼らは、通常お金かけないようなアイテムに、お金をかけることに違和感がないんです。

それこそ、ホストクラブの教えでは「売れたらまずブランド物を買え」「ロゴTなどのわかりやすいアイテムを買え」という慣習があります。なぜかというと、全身ファストファッションの男に接客されるのと、全身ハイブランドの男に接客されるのとでは、後者のほうが付加価値を持つと信じられているからです。このように、見た目が重要な歌舞伎町においては、ファッションにお金をかけることに抵抗が少ない人々が多いですね。見栄のためのファッションはもはや彼らの「仕事」であり、それが当然のように容認されているのがこの街の特徴です。

画像: null
流行の一部が、男性であるホストから「女子」へと受け継がれているのが興味深いですね

歌舞伎町は同世代でも収入差がありますが、みんな若い年齢にしては、お金を持っている子たちが多いです。ホストや風俗産業だけでなく、バーなどで収入を得ている人々もいる街なので。そういう方が先導して買って、流行を形作ったと思います。SNSの影響も大きいですね。街を歩いていて、すぐにブランド物を見分けられるので。

そういう意味では「わかりやすさ」も1つのキーワードなんでしょうか?

そうですね。「歌舞伎町っぽくなりたい」「街に馴染みたい」人たち、つまり街に擬態したい人たちにとってブランドはわかりやすさの典型ですよね。こういうことが重なり、MCMのリュックを背負って、MA*RSで服買って、厚底履いて、ストロング缶を飲んでたらぴえんでしょ、みたいにコスプレセットの1つになっていったから流行したのでしょう。みんな、そのカテゴリーになりたいから買っています。

スタイルとして定着したこれらのファッションは、歌舞伎町だけではなく北海道のすすきのでも流行が見られると著書で指摘されていました。これらは日本を代表する繁華街ですが、数ある若者の居場所の中で繁華街が持つ特徴などはあるのでしょうか?

地元じゃ浮いてしまうけれど、繁華街なら浮かないという部分が大きいと思います。すすきのでも、駅前では人々の視線を集めてしまいますが、繁華街だと見られない。繁華街では、髪の毛の色がさまざまな人もいるし、色々な服装の人がいるので。東京でも、丸の内でこれらのファッションの人がいるとびっくりされるでしょうが、繁華街なら浮かないでしょう。

逆に、ファッションありきで街が選ばれるとか、集まる場所が決められることもあります。遊ぶ場所も繁華街なので、そのまま繁華街が選ばれる。繁華街はそういう意味では知らない人に優しいんですね。

変化する微細なトレンドと変わらない「歌舞伎町」

本日ご紹介いただいたファッションスタイルは変容していくのでしょうか?

和風の服も最近増えた気がします。羽織とパーカーがドッキングされたアイテムや、和洋折衷のコーディネートですね。直近だと地雷系ファッションに、ドンペン(ドン・キホーテの公式キャラクター)のTシャツやカラージャージなどが加わった印象です。コーディネートのされ方を見ていると、地雷と量産の区別がしにくくなってきていますね。でも、MCMはいまだにたくさんいますし、変わらない部分もあります。

リバイバルしている流行もあって、昔流行っていたルーズソックスなどがあります。ファッショントレンドは全体としてありつつも、部分的にかわいいアイテムを取り入れるみたいな動きが個人で行われると思います。

そのなかで、「歌舞伎町らしさ」みたいなのは変わらないのでしょうか?

そうですね。歌舞伎町らしさはなくならないと思います。ホスト業界とかを見ても、一時期みんなGUCCIでした。帽子などでみんな取り入れていたんですが、今はCELINEが流行し、トレンドは変わっています。ですが「ブランド物とはっきりわかる」ということは歌舞伎町の普遍です。高いということがわからなければ意味がないので、ブランドでも控えめなものより、ロゴなどの分かりやすさを重視する点は変わらないと思います。さまざまなブランドが渋滞しているコーディネートもよく見かけますが、それはまさに誇張された「わかりやすさ」です。

トー横キッズなどが移動を始めているというお話がありますが、彼らは歌舞伎町からいなくなってしまうのでしょうか?

トー横キッズも歴史ができて「初代トー横」や「四天王」ができたり、引退してから近くのバーを営業している大人がいたりします。新規の人はトー横からシネシティ広場に移っていますね。去年の夏くらいからの傾向です。

シネシティ広場は新規の方が多いですが、トー横にもある程度残っている人もいると思います。トー横にいなくても、OB・OGのような形で近くに残っている人が多いですね。

基本的には歌舞伎町の中で移動すると思いますが、近くの繁華街に移動する場合もあります。結局、バーやコンカフェで働いている子が多いので。私が観測できている範囲ではそのような現状ですね。

画像: 人々の移動を促す設備
人々の移動を促す設備
最後に今後のご活動のご予定などがあれば教えてください。

元々、ホストクラブでの女性の消費に興味関心があり、最近ではホスト側のカルチャーに興味があるので、卒論を書いて、研究は大学院に入って続けたいと考えています。漫画の原作やライターも続けて、今後はノンフィクションだけでなく、フィクション作品の創作活動も続けていければと思います。

最近だと、グランドジャンプで「ヤマアラシのシーシャ」という歌舞伎町を舞台にした漫画を不定期で連載しています。研究関連ですと、KADOKAWAのダ・ヴィンチWebで、色々なホストに取材をしています。大学もあり大変ですが両立していきたいです。

LINEでシェアする