2022.07.23

ヴァージル・アブローの言葉を“ツール”として使い倒して欲しい(平岩壮悟)

2021年に41歳で急逝したデザイナー、ヴァージル・アブロー。自身のブランドである「オフ-ホワイト」の創業者兼クリエイティブディレクターであり、「ルイ・ヴィトン」のメンズ アーティスティックデザイナーとして活躍するなど、現代のファッション業界で最も注目される人物の一人であった。

ストリートファッションとラグジュアリーのコラボレーションに代表されるように、さまざまなコラボによって新たなデザインの地平を切り拓き、デザイナー、クリエイティブディレクター、建築家、DJなどとして、広範な分野で作品を手がけた。

そして、作品それ自体はもちろん、ファッション業界では圧倒的少数派である「黒人デザイナー」として旋風を巻き起こした生き方や思考もまた、多くの人々に影響を与え続けている。

そんなヴァージルの主要な対話をまとめた『ダイアローグ』(アダチプレス)が7月15日に出版された。時系列でヴァージルの創作哲学やヴィジョンが収録されており、その思考の変遷を辿ることができる。

さらに、そこで語られた言葉には「ファッション業界以外の人々であっても刺激を受け、鼓舞されるメッセージが散りばめられている」と、本書の訳者である平岩壮悟さんは語る。

そこで今回、平岩さんに本書の魅力と、ヴァージルの言葉から私たちが何を得られるのかについて聞いた。

PROFILE|プロフィール
平岩壮悟
平岩壮悟

1990年、岐阜県高山市生まれ。『i-D Japan』編集部に在籍したのち独立。フリーランス編集/ライターとして文芸誌、カルチャー誌、ファッション誌に寄稿するほか、オクテイヴィア・E・バトラー『血を分けた子ども』(藤井光訳、河出書房新社)をはじめとした書籍の企画・編集に携わる。本書が初めての翻訳書となる。
Instagram @sogohiraiwa
Twitter @sogohiraiwa

平岩さんは、ヴァージルに対して元々どんな印象を持っていましたか。翻訳を手掛ける中で、そのイメージは変わりましたか。

正直に言うと、翻訳に取り掛かる以前は、あなどっていたところがありました。それは、日本におけるヴァージルの紹介のされ方にも関係しているのですが「スニーカーヘッズの神様」みたいな、ハイプなカルチャーを先導しているタイプのデザイナーという印象が、刷り込みとしてあったからです。

ただ、今回収録されているインタビュー、対談、鼎談を原文で読むにつけ、その判断は早計だったと気づきました。一番大きな誤解は、ヴァージルはすごくロジカルに考える人で、知的なクリエイターだったということです。

ヴァージルは、「純粋主義者」(purist)と「観光客」(tourist)の両方にアプローチができる人でした。この言葉は、本書のキーワードの一つにもなっていて、いわゆる「ヴァージル語」です。

それぞれの言葉を一般的に言い換えると、puristは物知りな玄人、touristは好奇心豊富な素人、といった意味合いです。今回、純粋主義者と観光客という訳語を当てました。

一般的に、クリエイターは純粋主義者か観光客のどちらか一方にアプローチしがちです。業界内の評価軸を指針として、わかる人だけわかればいい的な作品づくりをするか、反対にセルアウトと言われる商業主義に向かうか。

ヴァージルは、その二項対立を意識的に回避して、純粋主義者と観光客をつないで、より多くの人々と同時にコミュニケーションをするアプローチを取りました。それによって、両者に届く新たなデザインやファッション、そして自分の方法論の可能性を追求したんです。

特に、芸術至上主義のアーティストたちは観光客を軽視しがちですので、そうした人々や態度を評価する姿勢は、驚きを持って受け取られていました。

本書に収録されている対談で、建築家のレム・コールハースは「観光についてポジティブなことを言ったのはこの10年できみしかいないと思いますよ」とまで言っています。

もちろん、日本人としては著書に『ゲンロン0 観光客の哲学』がある東浩紀さんがいるよ、と言いたいところでもあります。

戦略的に、観光客という大衆をキーワードとして議論している姿勢から、実は二人が重なるところもあると思っています。

本書は、時系列順にインタビューを掲載していますが、そこからどのような変化が見えましたか。

わかりやすい例で言うと肩書きです。自分をどう表現するかに変化があって、最初から「デザイナーではない」と語っていましたが、建築家を名乗る時期があったのち、後年は思想家として自分を位置付けるようになります。「自分とは何か」を再定義し続けていた人物だと言えます。

その一方で、変わらない点としては、とてもオープンであり、透明性、パブリックドメイン、クリエイティブ・コモンズなどに対して非常に関心が高かったことです。

わかりやすいのが<Public Domain>というサイトを立ち上げて、ナイキとの一大コラボ企画<The Ten>のスニーカーの設計図にあたる、実際に使用したIllustratorやPhotoshopのデータをアップし、誰でもダウンロードできる状態にしたことです。現在はデータが削除されているのですが。

ナイキは企業機密の取り扱いに厳しく、2割ほどのデータは公開を諦めざるを得なかったようですが、それでもこれだけのクリエイティブ・ソースをシェアするのは前代未聞です。ナイキとも相当交渉したんでしょうね。創作プロセスを公開することが消費者との新しいコミュニケーションだと考えていたと同時に、後進の若いクリエイターたちに対して、「これを踏み台にしてもっと前に進んでくれ」という想いの表れだったと思います。

ヴァージルは、クリエイターを神格化するのではなく、自分が作った作品の説明書を一般公開することで、「君にもできるよ」「クリエイターになろう」と呼びかけていた気がします。

ヴァージルが、ラフ・シモンズから「自分はオリジナルなものをもたらす人からインスパイアされるが、オフ-ホワイトからはない」と言及されたことに対して応答したインタビューも収録されています。クリエイターとして「オリジナル」に対する考え方も印象的です。

個人的には、ラフ・シモンズの「オリジナル」に対する考え方は結構オールドスクールだなと思いました。クリエイターという言葉には、創造主、という意味合いがありますが、ラフはクリエイターを無から有を生み出すオリジネーターとして位置付けています。

それに対してヴァージルは、コラボに代表される組み合わせであったり、それを数学・建築的なロジカルさのもとで構築したりすることで、デザインを生み出しました。DJやヒップホップ由来のサンプリング的な発想もありましたし、自身のブランドであるオフ-ホワイトもオープンソースと表現していて、すごく柔軟な発想なんですよね。

ヴァージルは「デザイナーにとってラフ・シモンズは神だ」と言っていますしリスペクトはしているのですが、二人の創作観には大きな違いがあると思います。

ヴァージルの思考は、ファッション業界以外の方も参考になる点が多いのではないかと思いますが、どんなことが挙げられますか?

一つは、リーダーシップのあり方について学べるんじゃないかと思います。ヴァージルは、黒人コミュニティにおけるルイ・ヴィトンのデザイナーであることの特権性を強く意識していました。だからこそ、その立場やその影響力をコミュニティのためにどう有効に使うかをすごく考えて行動していた気がします。

自分の利益だけを考えるのではなく、ファッション業界の閉ざされた門を内側からこじ開けて、扉をひらいておくドアストッパーでもありました。そこに非白人の若いクリエイターたちが入れるように門戸を開き続けていたんです。たとえば、ルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクターに就任してまもなく、チームを刷新し、才能溢れる若い黒人を多く採用しています。

ヴァージルは「ニュー・ネポティズム」(new nepotism)という言葉を使っています。ネポティズムとは縁故主義のことで、通常はコネを意味するなどネガティブな意味が強いですよね。これに対して、クリエイティブ業界において少数派である黒人を中心とする、多様な若者を雇用することを「新しい縁故主義」としたのです。ヴァージルがよく使う言葉として「包摂(インクルーシビティ)」があるのですが、業界全体で考えたときに、縁故者をたくさん採用することが、トータルで包摂的になると考えていたんです。

ヴァージル自身、自分の成功は、後年になってより若い世代のデザイナーたちがヴァージルの方法論や発想を発展させ、新しい作品として実った時であると話しています。一人で何かを成し遂げることを成功とはみなしていないんです。黒人が少なすぎる「白い業界」に対して切込隊長的に突き進んでいった指導者であり、アジテーターであったと思います。

して、方法論を確立して常に考え続けていれば、何でもアウトプットができる、ということも挙げられます。

ヴァージルの元アシスタントでア コールド ウォールのデザイナーのサミュエル・ロスが証言しているのですが、クライアント企業からオファーが来る前から、勝手にデザイン案を考えていたそうです。

ヴァージルはさまざまな企業やブランドとコラボをし、毎月のように新作を発表していましたが、そのスピード感の背景にはそうした姿勢がありました。

方法論が確立しているから、どんな球を投げられても打ち返すことができ、常に考えていたからこそ、膨大なアウトプットにつながったのだと思います。

最後に、本書の魅力を改めて教えてください。

ファッションに限らず表現やモノづくりをする人にとって、ヴァージルの言葉は参考になったり、考えが開けたりするとともに、鼓舞されたり、勇気づけられたりするものだと思います。フランク・オーシャンが「ヴァージルの発言はすべて引用に値する」と評していましたが、本当にそのとおりだなと。

れは僕の仮説ですけれど、ヴァージルは作品を残すこと自体が目的ではなかったと思っています。自分の表現における方法論の有効性を検証するために、作品をリトマス試験紙のように使っていたのではないかと思います。

そんなヴァージルが人生をかけて生み出した創作術や発想法を、本書からは感じてもらえると思うので、ぜひ読者の方には読んでふむふむと納得するだけでなく、創作や思考のツールとして使い倒して欲しいなと思っています。

【7/25(月)イベント&オンライン配信(Zoom)】
ヴァージル・アブロー『ダイアローグ』(アダチプレス)刊行記念
MAO×後藤洋平トークイベント「ヴァージルが見つけたこと、残したもの」(司会・平岩 壮悟 

詳細は以下を参照
https://store.tsite.jp/daikanyama/event/art/27781-0944040713.html

LINEでシェアする