2022.11.08

コスメで人びとの色を取り戻す 「COLOR Again」がアップサイクルを通じて目指すもの

アパレル業界において大量生産・大量消費が問題となるなかで、コスメ業界でも各社、廃棄に対する施策が打ち出され始めている。トレンドの移り変わりがはやいコスメ業界では、日本企業上位5社からだけで毎年2万トン以上の廃棄がでており、その問題は深刻だ。

また、女性の化粧行為に対する「しないといけないもの」「こうあるべきだ」という社会通念についても最近では疑問のまなざしが投げかけられるようになってきた。

このようなコスメにまつわる社会問題の解決をすべく、2021年より株式会社エフアイシーシー(以下、FICC)株式会社モーンガータ(以下、モーンガータ)が共同推進しているのがCOLOR Again(カラーアゲイン)だ。

今回はFICCの伊藤 真愛美さんと、モーンガータの田中 寿典さんにCOLOR Againの取り組み内容や今後の展開などについてお話を伺った。

PROFILE|プロフィール
伊藤 真愛美
伊藤 真愛美

2017年ブランドマーケティングエージェンシーである株式会社エフアイシーシーに、プロデューサーとして入社。 入社から4年間、美容商材のインフルエンサーやメディアタイアップなどのプロモーション領域に数多く携わる。 2020年にCOLOR Againを社内事業として立ち上げ、責任者として事業構築や展開について力を入れている。 2021年よりマーケティングコンサルチームに配属され、食品メーカーのプロモーション等に関わる。

PROFILE|プロフィール
田中 寿典
田中 寿典

2012年東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻修士課程修了後、株式会社アルビオン(株式会社コー セー 連結子会社)に入社。研究部に配属され、メイクアップ製品の研究開発に従事する。2018年2月同社退 社。2019年9月20日株式会社モーンガータ設立と共にSminkArtブランドを立ち上げ、これまでにテレビ15放映 以上、ラジオ・新聞・雑誌などへの掲載も多数。

コロナ禍をきっかけに発足した、コスメで「内面を彩る」COLOR Again

はじめにCOLOR Again立ち上げの経緯と目的について簡単に教えてください。
伊藤

私は広告代理店という立場で、以前化粧品のプロモーションの仕事をしていたのですが、コロナ禍になってリモートワークが続いていた際に、使いきれず期限が切れてしまったコスメを見て「なぜコスメは余ってしまうのか?」「なぜ次々と新作が出るのか?」「単にコスメを売るだけのアクションは正しいのか?」と、様々な視点から自分の仕事に対して疑問を持つようになりました。

元々アートが好きでコスメを捨てずにアートを作れたらと考えている中で、コスメを絵具などの色材へとアップサイクルするモーンガータの技術をメディアで知った私は「この活動が、自身の考える問題解決の糸口になるかもしれない」と考え、すぐに同社の田中さんにコンタクトを取り、意気投合してCOLOR Againが始まりました。

COLOR Againの目的は、単なるコスメのアップサイクルではありません。社会に存在する固定観念や同調圧力によって生きづらさを感じている人々に対して、コスメに本来宿る創造性や、自信を持たせる力で、社会によって色あせてしまった個人の色を取り戻し、一人ひとりの可能性や多様性を尊重し合える社会を目指して活動をしています。

画像: 粉末状コスメを水溶性の絵具に変えるモーンガータ社の「magic water」
粉末状コスメを水溶性の絵具に変えるモーンガータ社の「magic water」
「社会によって色あせてしまった個人の色を取り戻す」という目的はどのような経緯で抱いたのでしょうか?
伊藤

現在、多様性やジェンダーについてのトピックが日々交わされるなかで、女性の化粧が未だ強いられている現状を、コロナ禍でより感じたのがきっかけです。

化粧は高校生まで禁止されていますが、学生であっても社会で働くようになった途端に化粧をすることが求められる傾向にあります。

特にコロナ禍でのリモートワークにおける「オンライン映えメイク」などのコンテンツを見て、「女性は自宅から会議に参加するときでも化粧をして綺麗でいなければならない」「女性のすっぴんは社会人として恥ずかしいものだ」という社会の空気を改めて感じました。

しかし、化粧をするという行為自体は、究極的には自分の意思によって決められると思うんです。自分の顔をどう見せるかというときに、誰かのためにしたくもない化粧をし続けることは、自尊心を削られると思うんですね。そうすると、自分を大切にできなくなっていくと思います。

だから、化粧をしたくないときにはしない、したいときには自分が最もテンション上がる化粧を自分自身で掴んで楽しんでもらいたいと思うんです。公の場を意識しなければならない時はそれに沿ったメイクをする必要がありますが、それ以外は個人の自由ではないでしょうか。

コスメは外面を装うことや肌を健やかに保つ部分に注目されがちですが、ひとりひとりの内面的な彩りや自信をもたらすこともまたコスメの持つ本来の魅力なのではないか、と考えています。

同調圧力や一般常識などは、考えてみると化粧だけでなく日常のあらゆる場面で感じたり、無意識のうちに価値観として刷り込まれていると思います。一人ひとりの生き方や幸せのカタチが違うのに、一般常識とは違う価値観が理解されずモヤモヤしてしまう。

そんな人たちが、自分の道を歩んでいくキッカケになりたいです。

単なるアップサイクルではなく「コト体験」のあるサービスづくり

コスメのアップサイクルならではの特徴や、強みを教えてください。
田中

コスメは元々肌につける目的で製造されるものなので安全性上の懸念が少ないという点、コスメならではの色味や光沢感のニュアンスがプロダクトにも反映されるという点です。

また、モーンガータではあえて完成された製品として提供していないことが大きな特徴です。完成された画材としてではなく、粉末の色材として提供しているので、それを雑貨の色味や、ジェルネイルの色味、キャンドルの色味にも出来ます。つまり、自分で何かをするという「コト体験」がプロダクトに内在しているんです。

このような「コト体験」があることで、コスメの廃棄の問題が自然な形で自分事として置き換えられるというのは、私たちが提供しているアップサイクルの強みだと思います。

COLOR Againではコスメ色材を使ったアート体験イベントを定期的に開催されていますが、こちらはどのようなイベントなのでしょうか。
伊藤

私たちは、イベントについて単なるアート体験ではなく、自分の感性と向き合う時間を提供したいと思っています。

イベントでは、まず参加者の方に「ある問い」について考え、他の参加者と共有してもらいます。その後サウンドバスと呼ばれる瞑想体験を通じて自分の内側と向き合い、そこから得たインスピレーションを、自身の使わなくなったコスメや香水などを使って真っ白い紙に表現してもらう、というのがイベントの流れです。

そうすると、本当に一人ひとり全く違う表現が出てくるんですね。それを通じてまた問いに向き合ってもらいながら、参加者とディスカッションしてもらっています。そういうところから、改めて自分を知る機会になると思うんです。

「ただ楽しいアートイベント」ではなく、参加者の方が自分と向き合う時間を作り、そこで感じたことを自由に表現したり発信したりできる環境を目指しています。そのなかで、自分とコスメの向き合い方や、コスメの存在意義についても考えられるように繋げています。

画像: null

コスメ色材をきっかけに「人の可能性」を探る取り組みを

今後進めて行きたいお取り組みの内容はありますか?
伊藤

COLOR Againの取り組みは、人の可能性を信じ育む、一人ひとりを尊重したい組織や環境との相性が良いことが分かって来ました。そこで、学校などの教育機関はもちろん、会社の研修や相互理解のタイミングに採用していただき、自分の色を見つけることはもちろん、それを通じて今の環境でどのように関わっていきたいかなど考える機会に携われたら嬉しいです。

また、田中さんとは発足当時から話していたのですが、美術館やギャラリーで常設展ができればとも考えています。ただ鑑賞するために制作して、会期が終わったら処分してしまうものではなく、作品を購入できたり、色材や壁材などにアップサイクルできたりするものがいいですね。

田中

来てくれた方と一緒に作れる参加型のアートも良いかなと思っています。例えば、「magic water」には使い切れず残った香水やアロマオイルを混ぜることができるので、香り付きの「magic water」で持ち寄ったコスメをペイント化し、白い造花に塗布することで色と香りで空間演出を合作することも可能ですね。

伊藤

私たちが開催しているイベントと同様に、展示スペースでもいろいろな人が対話しながら、自分自身を知ることができる空間ができたらとても理想的だなと思っています。

画像: null
最後に今後の活動をする上での課題や、これから実現したいことについて聞かせてください。
伊藤

企業の方とお話する中で、コスメ色材を活用した物作りなどビジネスの発展については話が盛り上がるのですが、COLOR Againが大切にしている「人の可能性」にまで着目していただけるケースが少ないことが課題です。

たしかに企業の方も、ダイバーシティーやジェンダーギャップなどに対して社内外で色々とアクションされていますが、モノづくりとは切り離して考えられていることがまだまだ多いと思います。こうした課題に対して、COLOR Againでは、それらを両立して一つの体験として落とし込めると思っています。

その点について、私たちがもっとわかりやすく伝えられるように頑張りたいと考えているところです。

田中

アップサイクルについては、良かれと思ってやっているけど、単なる企業側のエゴになってしまっている取り組みのパターンもあります。

例えば、商業施設などでのコスメ回収の施策などはよく目にすると思います。しかし、これまでのコスメ回収は、回収後の行き先や利用方法が目に見える形で寄付者へ還元されることが少なく、しかも回収されたコスメの容器のリサイクル率は実際のところ非常に低いというのが現状でした。

ですから、生活者にとってメリットがあって、企業も生活者とコミュニケーションが図れるようなきっかけを、プロダクトとサービスの両面で提供していきたいです。

また、廃棄されるコスメには印刷用インキや壁材など色材として本当にいろいろな可能性があるので、それらを実際に様々なプロダクトに落とし込んでいきたいですね。

LINEでシェアする