2022.03.09

日本のカルチャーを世界へ:メタトーキョー

メタバース上のグローバル文化都市「メタトーキョー」。アソビシステム株式会社、ParadeAll株式会社、Fracton Ventures株式会社の3社が合同で立ち上げたプロジェクトであり、先日法人化され「MetaTokyo株式会社」となった。国内外のクリエイター、パートナー企業と共有し、次世代メタバース等を通じて事業展開を行っている。

コラボレーション第1弾では、日本初となるジェネラティブアートにフォーカスをしたポップアップミュージアムを建設、日本最大級のNFTアートを展示するプロジェクトを行い話題となった。そして第2弾では、雑誌「FRUiTS」とのコラボレーションを発表。1997年の創刊号に掲載されたストリートスナップを、アート特化の海外大手NFTマーケットプレイス「Foundation」にてオークション販売した。今回、メタトーキョーの概要やコラボレーションの背景について、Fracton Ventures株式会社の鈴木 雄大さんとFRUiTS創業者である青木 正一さんにインタビューで聞いていく。

所有を超えた体験を提供する仕組みの設計

まず、メタトーキョーの概要について教えてください。
鈴木:

簡単にいうと、NFTを活用したオープンメタバース上の文化都市です。グローバルで新たなカルチャー、エンタメの流通を拡張しているNFTとその技術基盤であるブロックチェーン、そして新たな社会の在り方を実現するWeb 3.0ムーブメントと文化、都市を結びつける世界初のプロジェクトとなります。

メタトーキョーでは言語や性別、年代問わず普及できるようなコンテンツを中心に、オーセンティックな日本のカルチャーを海外に広げていくプロジェクトを目指しています。メタバースのなかにも様々なものがありますが、「Decentraland」と呼ばれるブロックチェーンベースのメタバースのプラットフォームがあり、この上に建物を建てるプロジェクトをやっています。ただし、ここだけにこだわっていくつもりはなく、将来的には色々なものにメタトーキョーを応用していけたらと考えています。

3社合同で行うことになった背景を教えてください。
鈴木:

NFTが世界で話題になっていたこともあり、2021年の春頃にアソビシステムさんとNFTのお話をしていたことが背景にあります。アソビシステムさんはきゃりーぱみゅぱみゅさんや中田ヤスタカさんなどのアーティストが所属する事務所であり、コンテンツも強いため多方面からもNFTの話がきていたようですが、ParadeAll株式会社の鈴木貴歩さんと「NFTだけでなく、その先を見据えて僕らと一緒にやってみましょう」とお誘いしました。始めはプロジェクトとしてポップアップミュージアムなどの取り組みを行っていたのですが、それを経て現在はジョイントベンチャーという形で3社と創設した形になります。

NFTを活用したり、TOKYO発のグローバル・クリエイター・エコノミーをWeb3.0で実現するなどメタバースビジネスの先駆者的な存在だと思いますが、どのようなところが軸となっていますか。
鈴木:

我々は「オープンメタバースにカルチャーとエンターテイメントを創出するリーディング企業」をミッションに掲げています。昨今メタバースという言葉が普及してきていますが、実はそのメタバースの作り方や思考性には色があるんじゃないかと捉えているのがメタトーキョーの考え方です。

画像: 参照:Outlier Ventures「Research:Are there competing visions for the Metaverse?」より
参照:Outlier Ventures「Research:Are there competing visions for the Metaverse?」より
鈴木:

Web3.0支援機関である、Outlier Venturesが発表している資料で縦軸のHi-ifi、Lo-fiは主にビジュアライズのスタイルの違いを表しています。肝心なのが横軸のOpen、Closedだと考えていて、左側には「Minecraft」や「Fortnite」はブロックチェーンにネイティブではないという位置づけです。たとえばユーザー主体で行った企画が、「Fortnite」が公式に企画したイベントを上回るというのはあまり考えづらいと思います。それに対して右側にある「Decentraland」は民主的な運営であり、さまざまなユーザーによるイベントが常時行われています。これはある種、街のイベントに近いと思っています。街を歩いたら、色々なところでイベントをしている現実世界での体験にとても近い。そのような形でコミュニティがあるスタイルが非常にいいと僕らは考えています。

ユーザーにとってNFTやデジタルコンテンツは持つ、買うだけの体験としては一瞬で終わってしまいます。そのため、持った人が何かを得られる、持っている人がブロックチェーン上で確認ができることに意義があると思っています。そのようなことが実現するソリューションという意味で、ブロックチェーンを使ったコンテンツやバーチャル所有権が重要視されるようなシステムや仕組みの設計が必要だと思っています。まさにここがメタトーキョーとしての軸になっていますね。

メタトーキョーの強みのひとつとしてはプロデュース業もあるんですよね。
鈴木:

そうですね。コミュニティやファンを大事にしたいと思っているので、メタトーキョーというブランドで多様なアーティストやクリエイターとコラボレーションし、海外向けに送り出す活動をできたらと思っています。普段のコラボレーションでは出会わないブラックチェーン由来の海外の方、若いクリエイターと接点が持てるところはおもしろい観点だと思っていて、その機会創出を作っていくプロデュース業もメイン事業になってくると考えています。

画像: null

また、メタバース自体の建築のクオリティにも強みとしてあると思っています。建築物は社内の3DCGクリエイターが作成しているのですが、実際にメタバース空間に入ってみてみると、とてもワクワクするような設計の建物となっています。建物の中や周りにもバーチャル空間ならではの仕掛けや演出が盛り込まれています。アーティスティックな方だけでなく、遊びに来た人すべてに楽しんでもらえるかなと。このようなクリエイティビティもメタトーキョーの強みになると思います。

雑誌の次の可能性としてのNFT

ストリートスタイルフォトグラファーの先駆けとなった青木さんが、今回なぜNFTに取り組まれたのでしょうか。
青木:

「写真をどうアートとして認めさせるか」というテーマがありました。写真の複製という特性は、アートとして考えたときに邪魔になる。そういうコンプレックスが写真にはあると思っていて、それをどう解消するか。そういう考察の一環としてもNFTに興味を持ちました。雑誌の出版ということに於いても、NFTでできないかなという興味があります。今は難しいと思いますが、将来的には可能性があるのかなと。

画像: null
青木:

実はコロナ禍になってから、雑誌STREETの初期のアーカイブ号を電子書籍化して販売したことがあったんです。雑誌のバックナンバーをスキャンしてPDF化し、創刊号から100号をまとめて販売しました。結果、ウェブの『Vogue』にも紹介され、海外の有名デザイナーやハイブランドのデザインチームが買ってくれたり反響も大きくありました。とはいえ、100号分を手作業でスキャンするのは大変で、コロナ渦で時間があったからできたんですけど。。でも実物のある紙の出版と比べるとその後の発送作業などがなく、はるかに楽で、どんな人が買ってくれたのかも調べることができる。そんなタイミングで確かクラブハウスか何かでNFTを知って、何か可能性を感じました。アソビシステムの中川さんにNFTって知ってる?って聞いたところから今回のコラボレーションに発展しました。

今回のオークション販売では、どのような部分にフォーカスして披露されましたか?
青木:

今回の作品では、フィルムをスキャンしたデータを使いました。もともと『FRUiTS』はブローニーサイズの645のフィルムで撮っていて、それを印刷所に渡し、ドラムスキャナーでスキャンしてもらった写真を編集して掲載していました。

今回は雑誌掲載用にトリミングした写真ではなく、印刷所でスキャンしたときの縁付きのままのデータが面白いと思い、それをNFTにすることにしました。NFTは、いわゆる商品のオリジナル性を保証する制度ですよね。トリミングした写真はネット上でも勝手に拡散されていますが、あの縁つきの写真を世の中に出したのは今回が初めてなので、そこもポイントだと思っています。

画像: null
青木:

NFTのための縁付きデータを改めて見てみると、僕が意識的に雑誌用にトリミングしているよりも、少し広めに背景が写っていたのです。使っていたレンジファインダーのカメラの特性と、雑誌とフィルムの画角の違いのため、人物の背景を広めに撮影するのですが、今見るとその意図しない広めの背景の方がドキュメンタリー性があって面白いと思い、縁つきのデータを採用しました。今はもうあまりフィルムで撮ることがないので、NFTを通じて何十年後かに「かつてフィルムというものがあったんだよ」ということも伝えられたらいいなとも思います。

今回のコラボを経て、今後のNFT活動はどんなことをイメージされていますか?
青木:

『FRUiTS』とのコラボは、2回目もやってみたいと思いました。あとはAMIAYAさんの写真集の展示と販売もメタトーキョーでやってみたいと考えています。展示はオフラインイベントでも実施し、そこの写真をDecentralandで展示、販売するという形です。

今後はNFTもさらに多様な展開がされていくと思うので、それをフォローアップできるようにしていきたいですね。今はなかなかNFTを買いにくい状況もありますが、一般の人も気軽に参加や購入できるようになったら、さらにすごいスピードでNFTは発展していくと思います。

カルチャーありきでデジタルから攻める

ファッション領域においては、メタトーキョーでのNFTビジネスをどのように展開していくと考えていますか?
鈴木:

ファッション領域のコラボでいうと、ウェアラブルのNFTが流行っていくと思っています。メルカリのようなやりとりがメタバース上でも出てくるかなと。洋服の古着の場合はダメージを負っていますが、デジタル商品はダメージを負うことがないですし、世界中の人たちが簡単に譲り渡せるようになるだろうと注目しています。それに向けて、ブランドとデジタルアイテムをメタバース上に作っていき、それを売ったり配ったりして「Decentraland」上で着る人たちを増やしていくのは、メタトーキョーでも注力していきたい領域だと考えています。

他には、若いクリエイターや、才能がグローバルにはまだ認知が広まっていない方々とのコラボレーションを続けていきたいです。スペースで展示したり、それを介してデジタルファッションに落とし込んでいくとか。フィジカルファッションも同時に作り、どこかでポップアップを開くことも含めて考えています。デジタルツインというよりは、カルチャーありきでデジタル面から攻めていく。これがメタトーキョーの次の一手になると思っています。

コミュニティとしてのメタトーキョーの展望はいかがですか。
鈴木:

まだ日本人が多い現状はあるので、もっとグローバルな人たちを呼び込んでいきたいと思っています。コロナ禍でもありますし、直接会って話せない、空間が作れない状況下においても、同じ文脈で人同士が繋がっていけるコミュニティを作れるという点は非常に期待しているところですね。今後は、コミュニティとしてのメタトーキョーも強くしていきたいと思っています。

#Virtual Fitting
LINEでシェアする