2021.07.07

三田知実「都市/ストリートとファッションの現在地」

heroImage

今、目に見える形で変貌を遂げている風景のひとつがファッションストリートだ。これまで、都市のファッションに敏感な人々は自らの趣味/志向に合わせてストリートに足を運んでいた。しかし、以前のファッションストリートと、ECの台頭やコロナウイルスの蔓延を経た現在の様子には、明らかに違いがある。

そもそもファッションストリートは、なぜ様々な店舗を集めて、独自のスタイルを形成していくのだろうか?そして、ECサイトの普及やテクノロジーの進化、社会情勢に合わせて、ストリートはどのような変貌を遂げていくのだろうか?このようなストリートの現在/未来について、都市社会学を専門に文化生産と都市成長について研究する熊本県立大学総合管理学部の三田知実准教授に話を伺った。

PROFILE|プロフィール
三田知実|MITA TOMOMI

1978年神奈川県生まれ。熊本県立大学総合管理学部総合管理学科准教授(社会学)。
立教大学グローバル都市研究所特任研究員。
博士(社会学)。修士(都市科学)2002年立教大学社会学部社会学科卒業。2005年東京都立大学大学院都市科学研究科修士課程修了。2012年立教大学大学院社会学研究科博士課程後期課程修了。専門は都市社会学。現在の研究テーマは、東京都渋谷区神宮前を中心とした都市細街路「裏原宿」における衣料文化生産と不動産投資。住宅街とファッショナブルな商業地区が両立してきた要因と過程について研究を行ってきた。

Web

まず、三田先生の研究関心について教えてください。

これまでの研究をまとめると、大きく分けてふたつあります。ひとつめは、渋谷区神宮前の都市細街路「裏原宿」の文化的変容についてです。裏原宿は1980年代後半から1990年代初頭にかけての土地資産バブルの盛衰により、住宅街から、衣料デザイナーやセレクトショップが入居する低層ビルが立ち並ぶファッションストリートへと変容しました。 それと同時に裏原宿は、地元住民が下支えする、高級衣料デザインのグロ―バルな拠点として機能していることを、文化生産と都市社会学の観点から考察づけました。

ふたつめの研究は、裏原宿の不動産投資の実態についてです。2005年に日本政府が不動産投資信託(REIT)に関する規制緩和を行いました。東京証券取引所は「J-REIT」を設置しました。 不動産業者、商社や、世界のメガバンクなどにより、多数の不動産投資法人が設立されました。 いくつかの不動産投資法人が裏原宿と表参道に着眼し、街区への投資をおこなってきました。 つまり、1990年代の衣料文化生産が都市細街路の成長を促しました。2000年代に入ると、グロ ーバル経済をけん引する不動産投資法人による投資事業が裏原宿で展開されています。こうして文化生産とグローバル経済が結びついた都市空間として、ここ数年の裏原宿を捉えています。

これまでのフィールドワークの内容はどういったものだったのでしょうか??

自分自身の調査研究の原点は、フィールドワークにあります。1990年代の裏原宿には、ヨーロッパからのインポートブランドのセレクトショップ「UNITED ARROWS」や、アメリカンカジュアルのセレクトショップ「BEAMS」が集まる街でした。それだけではなく、日本から世界的に有名になった高級衣料ブランド店「STUSSY」や「A BATHING APE」の本店である「NOWHERE」も集まっていました。そればかりでなく「LOTUS」のような空間デザイナーが経営するカフェがあり、深夜になるとファッションデザイナーが集まっていました。

調査を始めた時から、店員さんやデザイナーさんと話して仲良くなり、いろいろな情報を収集していました。裏原宿で、おしゃれな人物と狭い道をすれ違うときに「この人、すばらしいコーディネートするなあ」と感じることができます。狭い道だからこそ、お互いのコーディネートを瞬時に読み取ることができる。こうした経験も、この街ならではの都市的体験のひとつで、研究の糧になりました。またフィールドを離れ、渋谷区の統計調査の資料室で、渋谷区神宮前の社会動態や自然動態の変化を『国勢調査』を用いて調べ、衣料品店の数や、デザイナーの事務所の数、飲食店の数などを『事業所企業統計調査』(総務省統計局)や渋谷区独自の統計資料を通じて調べました。

現在の研究では、衣料品分野のひとびとだけでなく、グローバル金融・不動産の会社への聞き取りを行っています。不動産投資の手法となるREIT(リート。不動産投資信託)の内容を学習することも多いです。それと同時に、表参道と裏原宿におけるリートに関するニュースを収集し、情報をアップデートしています。

画像: 神戸「トアウエスト」(JR元町駅・北側のファッションストリート。2021.3筆者撮影)
神戸「トアウエスト」(JR元町駅・北側のファッションストリート。2021.3筆者撮影)
そこから倉敷の児島など、さまざまなファッションストリートへの調査も行っていますね。

はい。近年では、神戸のトアウエスト、大阪・アメ村や四ツ橋にも向かい、街の変化を聞き取りと資料集めをしています。上の写真ですが、これは神戸のトアウエストです。この街も東京の裏原宿と同じように、セレクトショップ、カフェやヘアサロンが集まる街です。JR元町駅至近で、メインストリートの鯉川筋の裏に位置します。また、トアロードの西に位置する街区でもあります。この街の特徴は、地主に華僑が多いことです。これは神戸が貿易港として栄えていたことを意味しています。華僑が所有する建物のテナントとして、セレクトショップ、カフェやヘアサロンが入居しています。全国の大都市には、メインストリートの裏に、ファッショナブルな街区が拡がっていることが多く、好奇心がそそられます。

倉敷の児島は、昔の中心地である味野地区に商店街がありました。古いアーケードも撤去されていて、岡山ブランドのジーンズ店が並んでいます。ジーンズストリートと呼ばれています。じつはこの地区には工場もあり、中には名だたるブランドの製造を行う工場もあります。下請け化を防ぐために、商工会議所を通して製造の委託が行われます。それを順次捌いて児島の工場に受注する。児島は学生服需要や制服需要が落ち込み寂れる危機を経験しました。しかし、学生服や制服生産の知識や技法を駆使した、高級ファッションブランドの製造拠点として再成長しつつあります。

身体/同調化するストリート

ファッション業界は近年、ECサイトの登場やSNS主導のマーケティングによって消費の形態が変化しています。今日、消費のスタイルがどのように変化しているとお考えですか?

僕の友人で、ECサイトを運営している方がいます。当然新たな需要を、SNSを若年層に期待しています。ただ、店舗とインターネットの棲み分けを重視しています。お店に行けば、店員とのコミュニケーションや空間のデザインを体験できます。そして、製品のスタイル、店員のスタイル、音楽のスタイルや、空間のスタイルを体験しながら、自分もそれに相同(特定のスタイルや文化に自らの行動を合わせていくこと)していくことにより、都会人特有の空間を生み出します。店員との会話で、地域やファッションをめぐる新しい情報も得ることができます。顧客によって話す内容は異なりますが、店員と顧客のネットワークが形成されます。

一方で、ECサイトで衣料品を買うことの利便性を当然視している若年層が非常に多いと思います。ただ、僕がもったいないと思うことは、消費を通じた店員との社会関係の機会が失われているという現実です。たとえば、ここ数年の若年層は、衣料品のジャンルとコーディネートの仕方により自らの個性を惹き出していると思います。なぜ現代の若年層は自らの個性を惹き出すのが上手なのか。その答えは、彼/彼女らが、日々更新されるSNSやECサイトを、教科書のように利用しているところにあると思います。

SNS主導のリテールやECサイトの登場は、店舗に行かずに商品を購入することを実現しました。しかし店舗で商品を購入するときに体験できる、店員とのネットワーク形成、空間デザインやBGMの知識を得る機会を減らしてしまいます。だからECサイトを通じた消費と、街に出かけて行う消費を自分で分けて、自分なりの消費のパターンをつくることが大切であると、私は考えています。

画像: 東京都渋谷区神宮前6丁目の「キャットストリート」(2017年秋に筆者が撮影)
東京都渋谷区神宮前6丁目の「キャットストリート」(2017年秋に筆者が撮影)

ファッションストリートはいかに維持されるか?

バーチャル空間でのスタイルの表現や実践についてどのように考えていますか?

バーチャルな空間で表現されたデザインが、実際の都市空間に現れても問題がなければ、そのデザインが製品として小売店で販売されるでしょう。しかしバーチャル空間ではすごく良い作品として評価されても、じっさいの都市空間に顕在化させることが難しいデザインも多いと思います。そのようなバーチャルデザインは、あくまでも作品として位置づけられることが多いと思います。

ただ、少しの逸脱が、数年たつと創造的であるデザインであると社会で認められるケースもあります。少しの逸脱を加え、創造性を際立たせる技法は、一部の芸術家やデザイナーが持っている技術であると考えています。

バーチャルな空間で創造的と言われ、現実の社会でも創造的と言われる衣料製品を生み出すには、バーチャルな空間でデザインされたものが、現実の都市空間に顕在化しても問題ないデザインが必要になります。ただ、時代にあわせてマイナーチェンジすることも大切です。バーチャルな空間でデザインされたスタイルを、マイナーチェンジを行う際に取り込むと、最初は大きな違和感を感じるひとびとが多いかもしれません。しかし時間が経ち、それが創造的であると認められる違和感も多いと思います。バーチャルな空間でデザインされた少しの違和感が、実際の都市空間に顕在化する創造性の源泉になる。私はバーチャルな空間におけるデザインと、実際の都市空間におけるデザインの関係を、このように位置づけています。

実際にバーチャルで創り出された創造的なデザインが社会に普及されるためにはどういった実践が必要でしょうか?

バーチャルな空間でデザインされたものが、社会で議論を生み出しながらも、結果的に創造的であると評価されるデザインとして普及するためには、バーチャルな空間におけるデザインが起こされる前に、現代社会の何に着目したデザインを生み出すかについて充分な議論を行う必要があります。

今後、都市ファッション文化の創造には、グローバル経済がもたらした貧困、差別、格差や、ジェンダー、セクシュアリティなどの社会学で積極的に議論されている論題を把握することが、非常に重要であると考えています。それにより、バーチャルな空間で生み出されたデザインが社会で賛否両論を生み出し、その結果、デザインが実際の都市空間で受け入れられるデザインもあるでしょう。最初は違和感を持たれ、しっかりとした軸をもったバーチャルなデザインが社会的創造の源泉にもなり得ます。現在その作業が、裏原宿で行われているかもしれません。SNSやECサイトの運営側も、その現場を把握してゆく必要があるものと、私は考えております。

画像: null
パンデミックは、ストリートにどのような影響をもたらしていると考えていますか?

いうまでもなく、小売業や訪日外国人観光客を対象としたサービス業への影響が大きいと思います。アジア近隣諸国からの訪日外国人観光客需要が、パンデミックにより皆無に近い状態になっています。インバウンド需要に頼ってきた大規模商業施設の小売店の統廃合は、とくに大阪なんばで顕著に現れているようです。成田、羽田、関空では空き店舗が目立っています。グローバルな人の移動の制約が、ここまで長く続くとは想像できませんでした。

ただパンデミック前から、個人事業主が理念を持って経営している小売店は、苦境に立たされています。小さなセレクトショップ等を経営する個人事業主は、顧客との会話や信頼関係を重視してきました。しかし2013年における神戸のトアウエストでの聞き取りから「2011年以降、大阪ステーションシティの開業、阪急うめだ本店のリニューアルオープンや、グランフロント大阪の商業施設フロアの開業などが相次ぎました。買い物をして電車で帰宅できる利便性が急速に高まりました。それにより顧客だけでなくアルバイト店員も、梅田に流れてしまった」という問題を把握しました。2019年に現地調査を行ったとき、調査対象となった店舗は梅田店に統合されており、空き物件となっていました。個人事業主が経営する小売業はパンデミック前から苦境にたたされていました。

渋谷区では、裏原宿と呼ばれる神宮前2丁目から6丁目は、都市計画法でいうところの、第二種低層住居専用地域で、3階建てのビル低層ビルに住居が入っていれば、1階と2階をファッションデザインの事務所をテナントとして入居させることができます。裏原宿は第二種低層住居専用地域に指定されているからこそ、今の姿があります。つまり地域社会という土台があって、その上に衣料デザインのグローバルな拠点が発達した街です。この構図は崩れない街です。ただ、最初の契約期間を終えずに撤退するテナントも多く、小売店舗の入れ替えが多いことも事実です。ただしパンデミックが、衣料デザイン関連の事業所に与えた影響については、まだ結論は出せませんので、今後の調査を通じてその答えを見出していきたいと思います。

Text by Shumpei Seki

#Social Commerce
LINEでシェアする