2022.10.14

コンプレックス解消が自信につながる!? いま、男子がヒゲ脱毛に通う本当の理由

昔は紳士の証であった“ヒゲ”。しかしその象徴も、今では前時代的なものになりつつある。それは若者を中心にヒゲ脱毛に通う人が増えているからだ。なぜ、男性がヒゲ脱毛に走るのか。その理由をメンズに特化した総合美容医療を展開するゴリラクリニック総院長の稲見文彦氏に伺った。

昔の美容クリニックでは男性が肩身の狭い思いをしていた

 歴史を辿ると、男性のヒゲは権力の象徴であったり、紳士の嗜みでもあった。近年ではヒゲ文化も定着し、ファッションの重要なファクターとして根付いてきている。しかし、東アジアの一部の地域(特に日本や韓国)では若者を中心にヒゲ脱毛に通い、ツルツルの肌を目指す人も増えている。

ヒゲ脱毛のニーズが高まってきた2014年、ゴリラクリニックが開院。それ以前もエステサロンなどでニードル脱毛[1]やフラッシュ脱毛[2]は行われてきたが、ニードル脱毛はとても痛くギブアップする男性が少なくなかったそうだ。一方、フラッシュ脱毛ではメンズの濃いヒゲには効果が乏しく、満足いく結果が得られない状況だったとか。

画像: ゴリラクリニック新宿本院の受付。黒を基調にしたクリニックカラーもゴリラクリニックがパイオニアなのだ
ゴリラクリニック新宿本院の受付。黒を基調にしたクリニックカラーもゴリラクリニックがパイオニアなのだ

当時は「メンズ専門クリニック」といえば薄毛(AGA)専門のクリニックなどしかないような状況だったため、レーザー脱毛[3]を希望するメンズは一般的な美容クリニックに行くしかない。しかしクリニックの待合室は女性患者がほとんどで、男性は非常に肩身の狭い思いをしていたという。『男性だけが通えるクリニックを作って、多くの男性に気軽に来院して欲しい』と考えたゴリラクリニックの総院長の稲見文彦氏。ヒゲ脱毛を始めたきっかけをこう語る。
 
「ヒゲの“濃さ”で悩んでいる男性が非常に多く見受けられました。きちんとヒゲを剃ったのに上司に『どうして剃ってこなかったのか』と注意されたり、子どもが書いた似顔絵を見たら顔半分が真っ黒で驚いた、など悩みを寄せる男性が大変多かったため、その悩みを解消したいと強く思いました。

ヒゲ脱毛を行うメリットはいくつか挙げられますが、まずは毎日のヒゲ剃りの手間が省けること。朝の貴重な数分がヒゲ剃りによって失われないことは非常に有意義です。またカミソリ負けから解放されること。濃いヒゲの方は毎日のヒゲ剃りで肌が荒れてしまいますが、荒れていても剃らなければならない。結果また荒れてしまう……ということを繰り返し、非常に痛々しい状態になってしまいます。

もちろんヒゲを残したい、デザインヒゲを楽しみたい、という方でも頬や首のヒゲは不要なはず。いらないヒゲを脱毛してしまえばデザインも楽になります。そして意外な効果としてはアンチエイジング効果も挙げられます。ヒゲが濃いと老けてみられがちですが、脱毛を済ませると若々しくフレッシュな顔になるんですよ」

カミソリ負けはれっきとした皮膚の病気

 ゴリラクリニックに通う患者は、20~30代の男性が大半。いわゆる普通の社会人や学生が中心とのこと。学校や職場の友人、先輩、後輩がゴリラクリニックに通っていたことをきっかけに来院する人も多いようだ。面白いのが同業の医療業界からも来院する人が多いようで、夜勤や当直明けでもヒゲ剃りをしなくて済むようにしたい、といった要望もあるそう。クリニックに通う人の中でヒゲの悩み第1位として挙げられるのはいったいどんな要因だろう。稲見院長はこう続ける。

画像: ヒゲ脱毛の施術の一コマ。ヒゲはあらゆる部位の中でも最も痛む場所。クリニックのゴリラ脱毛では痛みを軽減させるために2種類の医療麻酔を用意している。また最近では、脱毛の痛みが軽減された次世代レーザー脱毛機メディオスターNeXTも導入している
ヒゲ脱毛の施術の一コマ。ヒゲはあらゆる部位の中でも最も痛む場所。クリニックのゴリラ脱毛では痛みを軽減させるために2種類の医療麻酔を用意している。また最近では、脱毛の痛みが軽減された次世代レーザー脱毛機メディオスターNeXTも導入している

「カミソリ負けがひどいのでヒゲを剃らなくても良いようにしたい、という悩みが第1位だと思います。ヒゲ脱毛=美容医療と考えがちですが、カミソリ負けは『尋常性毛瘡(じんじょうせいもうそう)』という立派な名前を持つ“皮膚の病気”なのです。ヒゲ脱毛によってカミソリ負けが防げるのですから、これは予防医学といっても良いでしょう。またカミソリ負けに悩む男性は気分までも落ち込みがちです。ヒゲがなくなったことで気分まで晴れやかになるので、メンタル面での改善も期待できると思います」

画像: 左が施術前、右が11回目の施術後。脱毛した部位は鼻下・アゴ・アゴ下・ほほ・もみあげ・首。明らかにヒゲがなくなっているのがわかる
左が施術前、右が11回目の施術後。脱毛した部位は鼻下・アゴ・アゴ下・ほほ・もみあげ・首。明らかにヒゲがなくなっているのがわかる

ヒゲが濃い・頭髪が薄い・ニキビが治らない・肌や毛穴が汚いといったコンプレックスを抱える男性は思いのほか多い。そういった見た目のコンプレックスを抱えるあまり、身なりや対人関係、仕事にまで消極的になりがちで、それがまたコンプレックスとなる……といった悪循環を生んでいる。ヒゲ脱毛をすることで、そういったコンプレックスの一因をなくすことにも繋がっているのだ。

実際に、ゴリラクリニックでヒゲ脱毛を体験した患者からは、どんな反応があるのか。
 
「ヒゲ剃りをしなくて済むようになった、楽になったという声が多いようです。また『肌がきれいだね』と言われて嬉しかったとの声も頂いています。一方『聞いてはいたけど、思ったより痛かった』という声も頂いており、ヒゲ脱毛を受けるにはそれなりの気合が必要だと思いますね。

当院でヒゲ脱毛するメリットは、まず、患者が男性だけであること。すなわち女性の目を気にせず、気軽に通うことができるのが第一ですね。そして、メンズ美容のパイオニアであること。男性のヒゲの手ごわさを熟知し、非常に経験豊富であるところもポイントです。

また高いレベルのホスピタリティを受けられることも魅力ですね。脱毛は数年かけてじっくりと取り組む施術です。コストは低いがサービスもお粗末なクリニックとは異なり、長期間にわたって納得して通っていただけます。これらが当院で脱毛するメリットではないでしょうか」

コンプレックスの解消はメンタル面の改善も期待できる

 メンズ美容のニーズの高まりを受けて、今年の8月、ゴリラクリニックはNHK『ドキュメント72時間』に取り上げられた。従来の20~30代の患者に加え、明らかにミドル世代やシニア世代の患者も増えたそうだ。NHKというメディアが取り上げたことで、ゴリラクリニックは世間から「安心して通うことができるクリニック」と認知されたのだ。

ヒゲは男の象徴という時代もあったが、現在のメンズの美肌トレンドについて稲見院長に意見を伺った。
 
「この流れは非常によい傾向だと思っています。世界的に“性差別をなくそう”という動きが活発になっており、かつての“男らしさ”や“女らしさ”という考えは過去のものとなりました。男性でも女性のように美しい肌でいたい、美容に気を配りたいといった気持ちを持つことは当然といえるでしょう。

とはいえ、全ての男性にこれを求めるつもりはありません。ヒゲを伸ばしたワイルドさ、これも男性の魅力のひとつです。開院当初から我々が申し上げているのは“外見のコンプレックスによって『次の一歩』が踏み出せない男性たちに寄り添い、その悩みを積極的に解決していく。そして明るく前進していくためのサポートをしていく”そのことが、当院にとっての使命なのです」
 
稲見院長の言葉が心に響いた。外見のコンプレックスは人それぞれだ。人間なら誰しもあるコンプレックスは、適度なものであれば成長を促してくれるが、過度になると生きにくさを助長させる。そのコンプレックスの解消を、特に男性に特化して解消してくれるゴリラクリニックは、まさしく現代の駆け込み寺なのだ。

画像: ゴリラクリニックのサイト(https://gorilla.clinic/interview/)には、実際にヒゲ脱毛を受けたユーザーの反応や喜びの声が、インタビューとして掲載されている 
ゴリラクリニックのサイト(https://gorilla.clinic/interview/)には、実際にヒゲ脱毛を受けたユーザーの反応や喜びの声が、インタビューとして掲載されている 

最後に、稲見院長にヒゲ脱毛はこれからどういった展開を迎えるのか未来予想図を描いてもらった。
 
「これまでメンズ美容は美意識の高い男性、新しいモノが好きな男性のものでした。しかしメンズ美容が注目され、メディアでも取り上げられるようになったことから、当院に通う患者数も右肩上がりです。今後は『あれ、自分のまわりはみんな脱毛しているぞ』『自分も取り残されないように早く脱毛にいかなくちゃ』といった男性が増えてくるのではないかと考えています」
 
コンプレックスの解消は、その人の生き方さえも変えてくれる。外見やヒゲの悩みなどでコンプレックスを抱えている人は、是非、ゴリラクリニックに相談して欲しい。

[1]電気が流れる針を使用してムダ毛を脱毛する方法。主な方法として「電気分解法」「高周波針脱毛」「ブレンド法」「絶縁針脱毛」「ショートウェーブ法」などが存在する。毛穴のひとつひとつに針を直接挿入するため、施術時に強い痛みを伴う。

[2]脱毛したい箇所に光を当てて毛根に熱を与えることで、毛が自然に抜け落ちていく施術方法。施術回数を重ねていくことで新しいムダ毛が生えてきづらくなる。

[3]黒い色素(メラニン色素)に反応するレーザーを照射して、毛の周りに存在している毛を作るもととなる組織(毛乳頭など)を熱で破壊することで脱毛効果を得る施術方法。

PROFILE|プロフィール
稲見 文彦(いなみふみひこ)
稲見 文彦(いなみふみひこ)

東邦大学医学部を卒業後、同大形成外科教室に入局。美容外科医を志し某大手美容形成外科に入職。10年以上に亘り数多くの手術を行い、また多数の医師や看護師の育成に携わる。
同院京都分院長を経て、2015年「男性美容のシンボル」をミッションとして掲げる男性専門の総合美容クリニック『ゴリラクリニック』総院長に就任、現在に至る。
所属学会:日本形成外科学会、日本美容外科学会(JSAPS、JSAS)、日本美容皮膚科学会

Text by Yasuyuki Ushijima

LINEでシェアする