2022.08.05

メイクは枷だが武器にもなるーー美容によるエンパワーメントの可能性(栗田宣義)

PROFILE|プロフィール
栗田宣義(くりた のぶよし)
栗田宣義(くりた のぶよし)

甲南大学文学部教授、学術誌『新社会学研究』編集同人。文化社会学、社会理論が主たる研究領域。博士(社会学)。島田一男賞(社会心理学会)受賞。国際基督教大学を卒業後、上智大学大学院へ進学。国際基督教大学助手、カリフォルニア大学客員研究員、武蔵大学教授・社会学部長・武蔵学園理事、関西国際大学副学長・濱名学院理事を経て現職。『メイクとファッション』(晃洋書房)、『マンガでわかる社会学』(オーム社)など著書多数。『anan』『SPA!』『日本経済新聞』『毎日新聞』『読売新聞』『Japan Times』、AP、AFP、NHK(テレビ総合、ラジオ第一、BS、World-Japan)、フジテレビ、日本テレビ、東京FMなど雑誌/新聞/通信/放送を通じて夥しい数のインタビュー記事提供・連載記事掲載・番組出演。

「ガングロ」は最初で最大の“女子の運動”

栗田先生のご研究内容を簡単に教えてください

私は、博士論文までは社会運動の計量社会学的な研究を行っていました。60年代70年代は若年層の異議申し立て運動が行われ、政治とサブカルチャーが密接に関連していた時代です。「時代の空気の中でなぜ人々は抗議するのか」を、計量的に研究していました。

その後、主たる研究領域をメディア論へと移しました。事実そのものを扱うのではなく、メディアが作る環境がどのように私たちの意識を決定しているのかに、興味を持つようになったからです。

90年代の終わりからその研究はスタートしたのですが、注目したのは雑誌です。毎日新聞社のデータで、読書調査という形で青年層、少年少女から大学生世代ぐらいまでの人たちがどんな雑誌を読んでるかという調査が積み上がっていることを知りました。たとえば小学生だと、昔は学年誌でしたが、90年代ぐらいになると『コロコロコミック』や『週刊少年ジャンプ』が親しまれるようになったというデータがあります。そこで雑誌の影響や内容そのものを分析しました。

その分析を行っていくなかで、メディアのテクノロジーの進歩、つまりインターネットの普及によって雑誌媒体の持っている意味が薄れていったことがわかりました。その一方で、90年代から2000年頃にかけては女性向けの雑誌、いわゆる女性ファッション誌などが隆盛してきました。そこで、日本の若年層女性の価値を分析するのであれば、ファッション誌を研究をしなきゃいけないと考え、メイクとファッションの研究を開始しました。

社会学におけるメイクの価値に関する研究の動向を教えてください

私がメイクに関する論文を社会学の文脈で初めて書いたのは2000年代中頃でした。その頃は、社会心理学などからのアプローチによる研究は行われていましたが、社会学ではあまり行われていませんでした。関西大学の谷本奈穂先生が、美容整形の研究を始められていたのが先駆的な研究でした。

つまり日本の社会学の歴史の中では、ごく最近になって研究がスタートしたと言えます。それは社会学という学問自体が「男性優位」であり、そのなかでメイクを扱うのが主に女性の媒体であったことが研究が進展しなかった背景にあったと思います。

また、女性側からの研究が少なかった理由としては、フェミニストの人たちの中でも、メイクに対して否定的な意見を持つ人が少なくなかったからではないでしょうか。メイクは、男性中心社会の中で女性を従属させる枷として位置付けられていたと思います。

その中で、栗田先生はメイクをどのように位置付けているのでしょうか?

すでに申し上げたように美容化粧服飾は長い間人々を、特に女性を拘束するための枷、しがらみとして捉えられてきました。しかし、現場にいる女性たちは枷であることを自覚しつつ、自己を高める武器として使っている部分もあります。

たとえば、日本のギャルブームに関する研究を行っていくなかでわかったことですが、日本のギャルたちは、男性に媚びないカルチャーを内発的に生み出した人たちなんですよね。象徴的なのが、90年代から2000年代初頭にかけて流行した「ガングロ」です。あのメイクで用いられる黒や茶色は、男性に従属するために行うわけではなく、自分や仲間のためにします。つまり、「女子ウケ」のためです。

フェミニズム、女性の解放運動はもちろん昔からあるわけですけれども、ある意味ではごく普通の女性たちにとっては内発的ではなかったとも言えます。強い運動/強い活動家の思想や存在を前提としていました。

その一方で、ガングロギャルはフェミニズムだとか女性解放なんて言葉を使ってはいないのですが、自分たちの言葉と行動で内発的に男性からの解放を実現させている面もあったという意味では、日本における最初で最大のオリジナルな「女子の運動」としても捉えられるのではないでしょうか。

このように、近年メイクなどの美容が、人を解放するための武器としても使われているという認識が、社会学の世界でも芽生え始めてきていますし、私としてはそれを強く後押ししたいと考えています。

画像: 栗田先生のご著書
栗田先生のご著書

メイクする男性、ルッキズムの台頭

昨今のコロナ禍におけるメイクや美容については、どのような印象をお持ちですか?

マスクをすることによってアイメイクだけで済む数年間でしたし、Zoomなどのビデオ会議では、カメラをオフにすることで社会生活でもメイクを必要としなくなる事態が発生しました。コロナウイルスが、ある意味では「メイクをしなければいけない」という伝統的な社会規範の圧力を緩めてくれたと言えるでしょう。

その部分はポジティヴに捉えています。でも、近年は憂鬱かつ望ましくない規範が強まっていると思います。それはルッキズムです。女性だけがメイクをすればいいという時代は徐々に終わりつつあり、それを覆い隠すような勢いで「女性も男性もルックスが大事」という美醜差別が横行し始めています。

女性だけでなく、男性もこれまで以上にルックスが求められる時代になりつつあります。たとえば、韓流アイドルを中心にしてメイクする男性がショービジネスではもはや普通になっています。そこでは、男性も綺麗じゃなきゃいけないという価値が少なからずあり、これはある意味では女性と同じ規範が求められていると言えます。

現在、美の均衡は、女性が繕わなければならず、男性は繕わなくて良いというジェンダー間の大きな格差があります。この格差がどんどん縮まってきているとも言えますが、実は本当に良いことは、女性が取り繕わなくてもよくなることです。しかし、そうはならずに、ルッキズム規範や、誰でも美しい方が良いという消費主義的な快楽原則が働いてしまっています。

人は美容やメイクに何を求めているかといいますと、さまざまな要因はありますが、心地よさを避けて通ることができません。この構造がある限りにおいては、人は綺麗なものを見たいという原理は変わらないでしょうね。その気持ちを排除することはできないですし、難しい問題です。

美を追い求める必要のない社会

これまでの研究を踏まえて、現在ご関心を持っているテーマについて教えてください。

対面的な空間はもちろん、バーチャルな空間におけるメイクやアバターにも興味があります。なぜかと言うと、我々の生活世界は今、バーチャルな空間と対面的、物理的な実体を持った空間の2つが融合しつつあると思うからです。

その点において、自分のアバターを美しくすることは、もはや現実の自分を美しくすることと等しいのです。その時に、バーチャルな空間で理想の見た目になることは、ある意味でルッキズムに対する救いになる可能性もあります。現実の身体的な接触をミニマムにできる関係であれば、自分の作った理想の見た目でコミュニケーションができます。

さらに、バーチャルな空間では全員が「同じ美しさ」を追求しない可能性が十分に考えられます。現実世界とは異なる美を理想としたり、人間ではない動物などをアバターにしたりするグループも生まれるでしょうし、そもそも美しさを目指さないグループも存在すると思います。つまり、美や理想の価値が多元化していく。それはそれで理想の姿とも言えますね。

もともと美に関する価値は、身体性から切り離せないと長年に渡り考えられてきました。もちろん切り離すことは難しいのですが、身体性と切り離せる「かのような」錯覚を持たせ、それによって人々の認識を変える力がバーチャルにはあると思います。

最後に、メイクと美容に関して、先生がこの社会で実現してみたいことなどはありますか?

学校の義務教育課程で、メイクの時間を男女共に作ってみてはいかがでしょうか。女性のみならず、男性にも、というのが大切なポイントです。メイクの教育機会を全ての人に提供し、理想の身体を作るための教育をする。それが結果的に社会の平等につながるかもしれません。もちろん、この提案に対して、批判は簡単に想像できます。それは「メイクをしない自由もあっていいのではないか」ということです。その自由ももちろん、確保すべきです。家庭科の授業で、たとえば、ご飯の作り方を学んでも外食ばかりの人もいるように。

「メイクは選択肢である」という前提で教育に取り入れることができれば、誰もが楽しく創造的にメイクや美容が持つ意味や機能を考えるきっかけになるのではないでしょうか。

#Virtual Reality#Virtual Human#BeautyTech
LINEでシェアする