2022.08.31

美容整形は「ファッション」になりつつある(谷本奈穂)

現代の日本で「美容整形」はどれだけ行われているのだろうか。2018年に日本美容外科学会(JSAPS)が、同名の日本美容外科学会(JSAS)、日本美容皮膚科学会と協力して発表したデータによると、2017年には約200万件の施術数が確認されたという。

かつて美容整形の話題はタブー視される風潮もあったが、マスメディアで取り上げられる機会も増え、近年ではネット上でインフルエンサーが施術報告を行うなど、年々広がりを見せている。

美容整形に対する社会の認識はどのように変化し、またそれを望む人々の背景には何があるのだろうか。そして、美やファッションを取り巻く価値観はどのように変容し、そこにはどんな課題があるのだろうか。

今回、美容整形に関する先駆的な研究者として知られる、関西大学の谷本奈穂教授に話を聞いた。

PROFILE|プロフィール
谷本奈穂(たにもと なほ)
谷本奈穂(たにもと なほ)

関西大学総合情報学部教授。1970年生まれ。
大阪大学人間科学研究科博士課程修了。博士(人間科学)。専門は文化社会学。
著書に『美容整形というコミュニケーション――社会規範と自己満足を超えて』(花伝社、2018)、『美容整形と化粧の社会学――プラスティックな身体』(新曜社、2008)、『恋愛の社会学――「遊び」とロマンティック・ラブの変容』(青弓社、2008)。
共編著に『身体化するメディア/メディア化する身体』(風塵社、2018)、『メディア文化を社会学する』(世界思想社、2009)、『博覧の世紀――消費/ナショナリティ/メディア』(梓出版社、2009年)など。

美容整形をする“動機”

はじめに、これまでの美容整形に対する社会的な認識は、どのようなものだったのでしょうか。

私が研究を始めた2003年当時から現在に至るまで、美容整形に関しては大きく「モテたい仮説」と「劣等感仮説」の2つが広く信じられてきました。

「モテたい仮説」は「モテたいから美容整形をするのではないか」という、私たちが一般的に持っている信念から生じている考え方です。これは実際に、社会心理学の対人魅力に関する研究により「外見がいい人は社会的に有利である」ということが裏付けられています。特に、男性より女性の方が外見的魅力の重要性が高いこともわかっています。

「劣等感仮説」は「容姿にコンプレックスがあるから美容整形するのではないか」という考え方で、こちらも根強くあります。美容整形と劣等感という言葉の関わりで言うと、20世紀初めのアメリカの外科医らが、心理学用語である「劣等感」を、美容整形の問題に利用したことが由来です。

こうした研究などを踏まえて、「モテたい仮説」も「劣等感仮説」も間違っているとは言えないと思ったのですが、それだけでは美容整形に対する社会的な関心の高まりを分析できないと考えました。そこで、社会学の先行研究もほとんどなかったことから、主に女性の美容整形について研究を始めました。

美容整形を希望する人たちを調査したところ、「異性にモテたい」とか「劣等感を克服したい」といった動機よりも、「自己満足のため」または「理想の自分に近づきたいから」という動機が非常に多いことがわかりました。

画像: null

この研究成果については、今でも男性や私と同年代くらいの女性からは驚かれることもありますが、若い世代は「そうだよね」という反応になってきていて、約20年で常識になりつつあるのかなと思っています。

その後、この「自己満足」の中身がどうなっているのか検討したところ、美容整形を希望する人たちは、純粋な「自己満足」が主流であるものの、「同性・異性に評価されたい」「若く見られたい」などの「他者の評価」も組み込まれた二重性が特徴であることがわかりました。そのため、「容姿に自信がある人の方が美容整形を希望する」こともわかっています。

以上の研究などから、これまで信じられてきた美容整形の契機としての「モテたい仮説」と「劣等感仮説」は、動機としては一部に過ぎないことが明らかになりました。

2018年に出版された『美容整形というコミュニケーション』では、美容整形をする契機として「他者とのコミュニケーション」を強調されていますね。

これまでの先行研究における美容整形をする動機としては、「モテたい仮説」や「劣等感仮説」とも繋がりますが、異性や社会から美しくなければならないと圧力を受けているという「社会的な強制力」か、反対に自分の意思で自らのアイデンティティを作り替えようとする「個人の内面」によるものか、このいずれかであると考えられてきました。

しかし、研究で分かったのは、美容整形の契機は「他者の評価」も含んだ「自己満足」だということです。そこで、「他者とは誰か」について明らかにしようと思いました。

その結果、他者とは異性や社会のことではなく、同性の友人や母親、姉妹、あるいは娘など身近な女性であることがわかりました。

たとえば、友達が美容整形したことを知って、「どうやってやるの、私にも教えて」という会話から興味が生まれたという話や、母親に美容整形の話をしたときに「お母さんはやってもいいと思うよ」と言われて「じゃあ美容整形してみようかな」と思った、といったケースなどが見られました。

つまり、美容整形の契機は、社会的な強制力や、個人の内面によるものではなく、自分が心地よくありたいという「自己満足」のための思いと、身近な女性との日常のやりとりを通して目指されていたのです。

こうした女性同士のコミュニケーションは、ともすると「女性同士で外見的魅力をめぐる競争につながるのではないか」とネガティブに捉える見方もあります。

しかし、インタビュー調査から見えてきたのは「お母さんがいいよって言ってくれてすごく楽になった」「友達と相談しながら一緒に受けて良かった」というように、美容整形に向かうことで作られた関係性が、彼女たちの人生に喜びをもたらしていたことです。そこには女性同士の支え合う関係、親愛の情が見て取れました。

もちろん、美容整形を考える上では、たとえば施術が一重まぶたではなく二重まぶたにほぼ限定されるように、人々が「社会的な美の基準」から完全に自由ではないことや、美容整形を通して人間関係がネガティブになる可能性があること、また施術自体の技術的な安全性なども別途検討する必要があります。

美容整形に対する意識の変容と広がり

美容整形は、意識の変化やSNSをはじめとするメディアの発達、医療技術などのテクノロジーの進化を経て年々広がりを見せていますが、「ファッション」になりつつあるのでしょうか

それは間違いなくあると思います。「美容医療はスキンケアです」というように宣伝されることもありますし、メスを入れない美容整形が広まることによって、美白の化粧品を買うかのように美白レーザーを受けに行く人が増えているので、私自身も驚くほど進んでいます。

日本では顔に比べて体の施術数は少ないのですが、これから美容整形の技術が進んで簡単に痩せられる方法が生まれた場合、多くの方が実践すると思います。

意識の変化としては、90年代以降に美容整形の実践者がカミングアウトする空気感が少しずつ生まれ、2000年代からは抵抗感よりも「私もやりたい」というモチベーションが広まっていきました。

2010年代以降はInstagramが登場するなどSNSが普及したことで、それがより顕著になっています。実際に、若い世代では美容整形の契機となるコミュニケーションに関して、先ほどの身近な他者だけでなく、直接の知り合いではないネット上で「いいね!」を押したりコメントをしたりするコミュニケーション相手、美容系YouTuberなどのインフルエンサーが非常に大きな役割を果たすようになってきています。

そして、自分をより良く見せるためにアプリや加工で「盛る」ことも当たり前のように行われるようになったことも特徴的です。こうしたSNSやネット、アプリなどの進化は、美容整形に関心のある人同士の新たなつながりを生んでいますし、それが結果として施術の件数を促進させている面もあります。

これまでのお話を踏まえて、近年はメタバース空間上のアバターなども新たな広がりを見せています。手軽に身体を変更できる世界が身近になることで、人々の関心はバーチャルな身体に移っていくのでしょうか。それとも身近になるからこそ、現実世界での美に対する関心も高まり、美容整形の敷居がさらに下がっていくのでしょうか。

バーチャルな身体については、ちょうどこれから調べないといけないなと思っているところです。その上で、あくまで現段階の仮説としては、二極化するのではないかなと思っています。

つまり、バーチャル空間だけで活動するから「アバターの見栄えが良ければそれでいい」と納得する人たちと、バーチャル空間と対面での活動が繋がることで、美容整形などの美に対する関心がより高まる人たち、という2つの方向性です。この変化が今ちょうど起きつつあるのではないかと思っています。

SNS規範が強まる時代に考えるべき「美の多様性」

昔に比べて、ファッションに対する価値観にも大きな変化が生まれていると思いますが、その点についてはいかがでしょうか。

ファッションによって身分や貧富の差がわかったり、ジェンダーがわかったりした時代と比べると、社会からの規制は弱まり、自由に表現できる幅が広がったと思います。その反面、「他者の視線」をより強く感じるようになっているとも言えます。

今のファッションの特徴は、一見自由に見えるけれど、友達の評価やSNSの「いいね!」などに縛られているという、パラドックスにあると思います。

その意味で、現在は社会規範の代わりに「SNS規範」が強まっていると言えます。

SNS規範が強まっている時代において、ファッションや美に多様性が生まれていることは、人々を自由にする一方で不安定にさせる側面もあるのでしょうか。

そうですね。社会規範が強い方が、不自由ですが安定してるとも言えます。それに対して、社会規範が弱くなりSNS規範が強い現在では、それぞれが所属している「サブグループ」の中での評価が重視される傾向にあるため、ある意味で不安定であると言えます。

たとえば、一言に女性の美しさと言っても「ギャル系の美しさ」があったり、「大人女子の美しさ」があったり、「美魔女的な美しさ」もあったり、サブグループごとに価値基準が存在するようになっているからです。

ただ、基本的には自由度が高まること、サブグループがたくさんできること自体は、多様性としてポジティブに捉えています。

むしろ心配しているのは不安定さよりも、特定のサブグループに対して差別が生じる可能性です。たとえば、美魔女もサブグループの1つですが、社会から見て「気持ち悪い」「年相応がいい」と評価されてバッシングが起こりました。多くの方がそう思ったとしても、それは言葉の暴力だと思います。

もっとインクルーシブで多様性のある社会にするためには、いろんなファッションや美しさがあるんだと、みんなが理解した方がいいと思っています。ある価値観を「素敵だ」と思っているグループの存在を否定するのではなく、認めることが重要ではないでしょうか。

ファッションも美も完全に自由ではなくて、「自分のためのファッションだ」「自分が好きだからやっている」と言っても、社会規範であれSNS規範であれ、何らかの画一化や価値基準などの規制が働く領域だと思います。だからこそ、多様である方がいいですし、それが豊かな社会だと思います。

社会で良いとされているものだけが美ではないと思います。「目は二重じゃなきゃダメだ」とか「美白じゃないとダメだ」となるのではなく、必ずしも良いとは見なされていないものの中にも美は宿っていると、みんなが考えていけるようになれば、排除の構造がなくなるのではないでしょうか。

美容整形に関しても、これまではマイノリティーの側だったので、美容整形をする自由を担保する必要があったと思います。しかし、全く仮の話ではありますが、美容整形が当たり前になって「何で美容整形しないの?」と言われる社会になった場合には、今度は美容整形をしない自由、そのままでいいという自由を担保したいなと思っています。

最後に、今後の研究について聞かせてください。

美容整形に関しては、先ほどもお話しした通り、バーチャル空間や、SNSなどネット上のコミュニケーションについて調べたいと思っています。身近な他者との対面によるコミュニケーションと、何が異なっているのかに注目しています。

また近年、男性で美容整形をする方が増えてきていて、女性とは美容整形に対する理由づけが違っているので、その点を明らかにしたいと思っています。

男性は女性に比べると「異性に好かれたいから」と答える傾向があります。ただ、若い男性は女性に近い感覚があって、モテと言うよりは女性と同じ、自己満足的な語りが見られます。一方で中年男性は異性に好かれたいだけでなく「若さを取り戻したい」と思っているのかなとも考えていて、それは近年の筋トレ人気とも繋がりそうです。その意味で、男性をテーマにした研究も面白そうだなと思っています。

LINEでシェアする