2022.07.31

二分化する日本のイレズミ・タトゥー観――私たちに求められるのは歴史と文化の理解(山本芳美)

イレズミ・タトゥーと聞いて、どのようなイメージを浮かべるだろうか。最近では五輪やインバウンドの需要から、温泉や銭湯での「タトゥーお断り」問題などが浮上したことは記憶に新しい。

現在、イレズミ・タトゥーに対してあまり良い印象を持たない日本人が多いことは容易に想像がつく。その一方で、若者を中心に、ファッション感覚でイレズミ・タトゥーを入れる風潮も広まりを見せている。

これほどまでに意見がはっきりと分かれる文化は、他にないだろう。私たちが持つイレズミ・タトゥー観はどのように形成され、なぜこれほどまでに価値観が異なるものとして受容されてきたのだろうか。今回、イレズミ研究を専門にしている都留文科大学の山本芳美教授に、歴史的な背景と受容のあり方について、お話を伺った。

PROFILE|プロフィール
山本芳美(やまもと・よしみ)
山本芳美(やまもと・よしみ)

1968年生まれ。都留文科大学教授、文化人類学者
化粧文化研究者ネットワーク世話人、台湾原住民族との交流会相談役
主な著作『イレズミの世界』(河出書房新社、2005年)、『イレズミと日本人』(平凡社、2016年)、『靴づくりの文化史』(稲川實との共著・現代書館・2011年)、最新の共編著は『身体を彫る、世界を印す イレズミ・タトゥーの人類学』(春風社、2022年)。

山本さんのこれまでのご研究の概要を教えてください。

大学生の頃から、からだを文化的に変える「身体変工」に興味がありました。卒論から博論にかけて、イレズミやタトゥーの歴史を研究してきましたが、基本的には植民地支配や移民研究の角度からの歴史人類学的な研究であると考えています。

修士課程では、沖縄本島以南のイレズミ調査をおこないました。沖縄の女性には手にイレズミを入れる習慣があったのですが、本土の価値観が沖縄に持ち込まれたことで、少しずつ社会が変化していきます。その力学や過程がどのようなものであり、文化的な影響はどれほどのものだったのかを調査して、修士論文ほか数本の論文を執筆しました。その後、台湾原住民族1の調査や東京の鳶の人々からお話をうかがって博論にまとめました。

その後はご縁があって、日本で19世紀半ばよりはじまった靴づくりに関する調査を挟み、19世紀後半から増加した国外で活動した日本人彫師、横浜で外国人を相手にイレズミを彫っていた「彫千代」の研究を行いました。これらの成果の一部は、共編著『身体を彫る、世界を印す――イレズミ・タトゥーの人類学』(春風社)に盛り込んだところです。

画像: null
歴史的に、イレズミはどのようなものとして受容されてきたのでしょうか。

基本的には「美」です。人間独特の装飾ですね。動物の本能的な求愛行動としても「装い」は、あります。一部の鳥は求愛行動のため、他の鳥の羽を身に纏うことがあります。しかし、からだに社会的な意味を彫り込むのは人間だけがすることです。

そして、成人や結婚の資格に関わる通過儀礼の意味合いがあります。自分の地位を示したり、世界観を表すものとしてイレズミが彫られました。たとえば、宮古島ではあの世に行くための印として手首内側に点を1つ彫りました。これはウマレバンといいますが、他界にいるご先祖が確認するというのです。親しい人が亡くなると髪を切ったり、顔を黒く塗って哀しみを表すこともあり、ハワイでは舌先にイレズミをしたといいます。哀悼傷身と呼ばれます。刑罰として彫られることもありました。

イレズミが慣習となっている社会では、なくてはならないものでした。社会に生きる人間のある状態や段階をからだに反映させる行為としてイレズミがあった、と理解していただければと思います。

これまでのイレズミ研究と山本さんのスタンスの違いは、どのようなものでしょうか。

戦前ですと、日本国内ではイレズミは研究といっても、趣味人による風俗学的なものでした。国外を中心に人類学的な調査が多くなされました。それは、近代日本の版図に入った少数民族に対して各種調査がされたのです。たとえば、台湾の各民族はどのようなイレズミを彫り、除毛や火傷、抜歯などでいかに加工をほどこしていたのかについての報告があります。

1970年代あたりまでの研究は、日本人の系統論や古代世界にさかのぼっていく想像力とロマンに彩られたものでした。この傾向は今でも見られますけど、私は関心ありません。私自身は近代日本の歴史や社会を踏まえながら、2つの視点を行き来するような研究を行ってきました。1つの研究の視座は、人類学的な研究です。わかりやすくいうと、日本、特に沖縄、そして台湾におけるイレズミと社会の関係の変化をおよそ150年の幅で定点観測しています。もう1つは、国内で愛好者が彫って来たイレズミの歴史です。

2021年の横浜を拠点とした彫千代に関する論文では、イレズミは日本人だけのものではなく、外国人にもお土産として彫られていたことを論じました。彫千代に関しては、日本近代文学館や公益財団法人平野政吉美術財団が収蔵していた下絵についての研究を『彫千代報告書』として2022年6月にまとめました。肉筆資料なので、125部限定で報告書をつくりましたが、いずれ一般書として刊行したいと思っています。当時彫千代が彫っていたのは2センチほどの小さな蝶や昆虫などを含めて日本特有な図柄でしたが、下絵には欧米で流行していた図柄やイニシャルもあり、器用にアレンジされていました。

もう1つの視点としては、イレズミの図柄に秘められている耽美さや美意識、性などに関する言説に絡められないように意識しています。皮膚の表面ではなく、イレズミを彫る人と彫られる人という関係、それを取り巻く社会について見ていくということです。

たとえば、本州や沖縄、アイヌの人々のように、突然イレズミの禁止令が出されると、一般の人たちはどう対処したらいいのかわからないわけです。社会が非常に混乱しますが、人々は知恵を出しあって困難を乗り越えようとします。そのとき何が起こったのか、いわゆる社会の変わり目の出来事に注目してきました。だからこそ、これまで大枠の歴史では語られてこなかった人々の姿や差別の構造を、イレズミを通して描き出すことができたと思います。

また、近年では資料のデジタル化が進んだおかげで、欧米や香港、シンガポールなどの新聞や博物館収蔵品のデジタルコレクションが確認できるようになってきました。それをもとに、イレズミ研究が各地に点在する同時代資料や統計などを用いながら記述できる分野であるということを、これまで以上に示したいと思っています。

『イレズミと日本人』では、今日の私たちのイレズミ観を形成したものとしてヤクザ映画に触れられています。メディアが持つ影響力は、どれほどのものだったのでしょうか。

ジャパンタイムズの英語版を調べてみると、80年代から暴力団に関する記事が急に増えています。これは日本の経済発展と共に、暴力団が海外に進出した時期と一致します。メディアの影響力は、日本のヤクザ映画が輸出されたことにも見られます。イレズミは視覚イメージとしてのインパクトが大きかったため、実態と異なる情報も容易に広まってしまったということがあります。

その結果、アメリカの入国審査でイレズミがある人を強制帰還させることが頻発しました。理由は「日本式のイレズミ(和彫り)はヤクザである」という認識が定着していたからです。

そのため、海外から日本のイレズミを調査する人たちは、彫師ではなく暴力団事務所に足を運んでしまうわけです。それで「日本のイレズミの真髄を見た」とか言ってしまうのです。私としては、海外の人にも日本の実情を正しく理解してもらいたい。台湾の出版社が引き受けてくれたので、『イレズミの世界』の英訳版を準備しています。

最近ではヒップホップ人気の高まりやファッションとして注目されるなかで、イレズミを入れることに抵抗を感じなくなってきた人たちもいると思います。今日の日本人が持つイレズミ観をどのように捉えていますか。

これは完全に二分化しています。気にしない人はまったく気にしないですし、嫌いな人は絶対に受けつけない。「中間層がいない」と言って良いと思います。

ですが、こうした評価を聞く際に「イレズミ」が何を指しているのか、という問題があります。イレズミが嫌いと言っている人は、からだの全身に彫りが入っている「総身彫り」を思い浮かべている場合が多いです。ただ現実には、小さなものを入れている人が結構いるわけです。

ここで面白いデータを紹介します。東京未来大学の鈴木公啓先生が約6500人を対象にイレズミについて社会心理学的に調査しました2。その結果、2.3%の人にイレズミ・タトゥーが入っていたことがわかりました。同じく、関東弁護士連合会が行った調査でも、1.6%という結果が出ています。概ね2%くらいの日本人にイレズミが入っていると考えられます3。それに対して、最近のアメリカのインターネット調査ですと、成人人口の35%に少なくとも1つのタトゥーが入っているという調査報告があります4

2%と35%ですから、まったく違う社会です。イレズミに寛容になるかどうかという以前に、まずはこの現実を受け止めなければなりません。

二分化している、文化が違うということを踏まえたうえで、今後どのようにイレズミが受容されていくことが理想だとお考えですか。

一般の人が思っている以上に、イレズミは歴史的・文化的なものです。ですから、まずは日本と欧米ではイレズミに関する状況が違うことを理解し、歴史を知ることが大切です。

たとえば、文化としてのイレズミを学ぶような教育的な展示が必要です。私が関わったものでは、2019年に沖縄県立博物館・美術館で「沖縄のハジチ、台湾原住民族のタトゥー 歴史と今」という展覧会があります。1か月で8000名以上の記録的な来場者が来られ、2022年3月からは沖縄県内での巡回がはじまりました。良い面も悪い面も含めて、沖縄のイレズミ、ハジチ(針突)を再発見するきっかけになったと思います。

最近、著名な彫師が自分で自分の身体に「ハジチを彫ろう」とセルフタトゥーを呼びかける動画がYouTubeにあがりました。トライバルタトゥーに宿る精神性をこれまで強調してきた彫師さんで、ファンが多く、影響力が強いのでショックでした。

そもそも民族的なイレズミは、しかるべき人によって、しかるべき場所で、しかるべき時に彫られるものです。それに伴って儀礼が行われる場合もあります。沖縄のハジチでいえば、自分で彫ることもありましたが、それは消失が進んだほん一時期のことです。小学生が祖母たちの手をみて憧れて、自分で習字の墨と裁縫針を用いて入れたのです。ほとんどの諸島には専門の施術師がいましたし、宮古島や水納島では年長の女性が下の世代の女性たちに入れる伝統が面々と続いていました5

イレズミは、自閉的、自傷的なものではありません。リストカットとよく比較されますが、他者との関係性が伴うことから、私は質の違う行為と考えてきました。衛生面の疑問も大いにありますが、現代日本社会でセルフタトゥーが流行すれば、世間のイレズミに対するイメージはまたたく間に悪化します。教育界ばかりか、同業の人たちからの反発も大きいと思いますよ。大阪タトゥー裁判を経て現段階の状況にようやくたどりついたのに残念です。これは、イレズミが1953年まで規制されていた行為との歴史認識の欠如でもあります。

イレズミは図柄ひとつ取ってみても、ロシアの刑務所内で彫られるような符丁に満ちたものであったり、スティグマであったり、先住民族の知的財産権や文化資産として保護されはじめているものもあります。台湾南部のパイワン民族のように、身分差が図柄の精緻さに反映される場合もあります。図柄の向こう側にある各社会の論理や美学を無視してはいけないと思います。知的財産権や文化資産としての保護は、先住民族が長年の権利獲得運動の末に勝ち得たものでもあります。図柄の背後にある世界を知って、「だから、自分は彫らない」というリスペクトがあっても良いと思います。いろいろなイレズミの文化があり、私たちはその一面しか見ていないことに自覚的になってほしいです。

気軽に彫ってみたものの、後悔してレーザーで消すといった話を耳にすることもよくありますが、イレズミ・タトゥーは安易に近づくと手痛いしっぺ返しのある身体装飾なわけです。ですから、イレズミに対してはある程度の覚悟や恐怖といった感覚があるほうが良いと私は思っています。

今後の研究の展望をお聞かせください。

2021年から、沖縄の戦後タトゥー史の聞き書きをはじめています。沖縄で女性のイレズミ習慣がなくなった後、外来のタトゥーが米軍基地の展開に伴い、どのように定着して展開したのかを調べています。

もうひとつは、20世紀前半まで欧米、東南アジアほか、国外で活動した日本人彫師たちについて書くことです。もうすでに、19世紀後半から20世紀前半に香港で活動していた彫師についての論文はすでに書きました。資料整理はほぼ終えているので、文章化する作業が残されています。

あとは、日本でイレズミを彫って帰ったアメリカの富豪について研究したいと思っています。その富豪のなかには、フェノロサのコレクションをボストン美術館に収めた外科医チャールズ・ゴダート・ウェルド、著名詩人の息子であるチャールズ・ロングフェローがいました(写真下: Charles Longfellow’s Tatooed Front, c. 1885, Longfellow House)。そうした人たちの関連資料を調査したいですね。実際にどのようにイレズミをいれたのか、彫師をつとめた彫千代と彼らはどのようなコミュニケーションを取ったのかに興味があります。

画像: null

日本国内では元々イレズミが禁止されていたこともあって、資料がほとんどありません。なので、国外資料を掘り起こすことで、日本のイレズミの姿が見えてくるところがありますから、アメリカでのアーカイブ調査ができれば良いなと思います。

2021年後半に学外研究をしたのですが、その間に国立民族学博物館の小林保祥アーカイブにある1930年代中ごろまでに台湾南部のパイワン民族の集落で撮影された1454枚の写真解説データを作りました。各種儀礼に加え、イレズミの施術過程の記録を含んでいます。今年から台湾の研究機関と国立民族学博物館とが共同でデータベースを作成するそうで、これらの写真もデータベースのラインナップに入ります。このプロジェクトにも関わることになっています。

というわけで、しばらくやることはつきませんね。

(トップ画)タトゥーにインスパイアされたソマルタの作品(2015年 神戸ファッション美術館の展示より)

SOMARTA(ソマルタ)は廣川玉枝が手がける、ウィメンズファッションブランドである。2006年より展開。先端のテクノロジーと人体や社会に宿る根源的な価値を融合させている。


1. 先住民族のこと。「先住民族」という呼称を用いないのは、中国語では「先」の字が「すでに滅んだ」という意味をもつため
2. 鈴木公啓「いれずみ (タトゥー・彫り物) の経験の実態および経験者の特徴」『対人社会心理学研究』18(2018): 27-34.
3. 関東弁護士会連合会「自己決定権と現代社会 : イレズミ規制のあり方をめぐって : 平成26年度関東弁護士会連合会シンポジウム」(2014).
4. Statista “How many tattoos do you have?” 2019年12月12日(最終アクセス2022年7月24日)https://www.statista.com/statistics/721567/number-of-tattoos-united-states/
5. 山本芳美「文様の世界観 沖縄諸島のイレズミに関する一考察」『政治学研究論集』3(1996): 85-105. https://m-repo.lib.meiji.ac.jp/dspace/bitstream/10291/14980/1/seijigakuronshu_3_85.pdf

本屋B&Bにて、今回のインタビュー記事に関連したイベントが開催されます。

2022年8月7日(日)19:00ー
山本芳美×堀真悟「タトゥーのむこうに見えてくる社会」『身体を彫る、世界を印す イレズミ・タトゥーの人類学』(春風社)刊行記念
https://bookandbeer.com/event/bb220807_tattoo/

LINEでシェアする