Fashion Tech News symbol
2024.05.22

男性の肌印象を格上げ! FIVEISM × THREEの透明BBクリームが持つ特殊能力

リンクをコピーしました
朝、鏡に映った顔を見て、思わずため息がもれる。疲れのせいか顔色は青白く、目の下にはうっすらクマもある。女性ならメイクでカバーする手もあるが、多くの男性は放置することが大半だろう。
そんなとき、真価を発揮するのが「FIVEISM × THREE(ファイブイズム バイ スリー)」の「FF シークレットエージェント UV」である。
使い方はじつに簡単だ。スキンケアの最後にこのクリームを顔全体に塗るだけで、肌のトラブルをカバーしつつ、顔色を透明感のある健康的な肌色に整えてくれる。さらに日焼け止めの役割を果たしたり、パウダーの働きでベタつきを防いだりと、男性の肌にさまざまなメリットをもたらす。
2021年4月の発売後、またたく間に大ヒット作となった定番コスメの実力を検証しよう。

コロナ禍にスキンケアを始める男性が増加

今回お話を伺ったのは、FIVEISM × THREEのPRを担当する齋藤未奈さんだ。まずはブランドの成り立ちを聞いてみた。
「FIVEISM × THREEは、2009年に誕生した日本のブランド、THREE(スリー)の精神を受け継ぎ誕生したブランドです。コンセプトはひとりひとりの個性を尊重し、性別や年齢などにとらわれない自己表現を提案すること。特に男性にも手にとっていただけるよう、日常生活における男性の行動心理や男性特有の肌質、肌悩みにフィットする商品設計を心がけています」
ブランド名の「FIVEISM」は数字の「5」を意味し、「THREE」の「3」を足すと、「無限」を表す数字の「8」となる。
「男性のメイクを日常化することがFIVEISM × THREEのミッションのひとつです。身だしなみを整える“マナーとしてのメイク”という新たなカルチャーを提案することで、多様化する男性のライフスタイルに対応し、メイクを身近に感じていただきたいです」
実際、男性でもメイクをする人が増えてきているという。
「理由のひとつに、コロナ禍によるオンライン会議の普及が挙げられます。男性の間でも、『モニター映り』を気にして、スキンケアを始める方が急増したんです。なかでも求められていたのが、クイックかつ簡単に肌の印象を格上げできるアイテムでした」

メンズのための「透明なBBクリーム」

「FF シークレットエージェント UV」3,850円(税込)
「FF シークレットエージェント UV」3,850円(税込)
そんな声に応えるべく、FIVEISM × THREEが開発したのが、FF シークレットエージェント UVである。
このアイテムをわかりやすくいえば、“透明なBBクリーム”だ。BBクリームは、ファンデーションよりも軽く薄いつけ心地のクリームで、顔に塗るだけで肌のシミやムラをカバーして、マットな仕上がりにしてくれる。
「BBクリームのテクスチャーは、肌を補正するために肌色のものが多いのですが、FF シークレットエージェント UVはあえてカラーレスタイプにこだわりました。色を使わないことで、仕上がりがより自然に見え、かつマスクや洋服、タオルへの色移りも防ぐことができます」
塗ってみると、肌の印象がはっきり変わる。その秘密は光の効果で整える独自の処方にある。
「目指すのは、血色が良く、透明感のある健康的な肌です。塗ると赤と黄色の極小パールが自然な血色とツヤ感を演出します。同時に赤、緑、青色の微細パールが均一に広がり、光の三原色の効果によって、透明感のある自然な肌色に補正します。そして、皮脂吸着パウダーが、ベタつきのないさらさら感と適度なツヤをもたらします」
日焼け止めとしての機能も優秀だ。シークレットエージェントUVの処方は、屋外のレジャーでも使用できる「SPF50+/PA++++」[1]。汗や水にも強いウォータープルーフ処方なので、スポーツにも対応できる。
また、肌に負担のかかる紫外線吸収剤を使用しないノンケミカル処方で、植物由来成分によるスキンケア効果も期待できるという。
1 / 2 ページ
この記事をシェアする
リンクをコピーしました