2022.01.26

Bananatex®:スイス発QWESTIONのバナナ繊維で作る布地

QWESTION(クエスチョン)は、2008年に設立された、スイスのチューリッヒとオーストリアに拠点を置くバッグブランドだ。現在バッグ業界を支配している合成素材に代わる素材のために、フィリピン産のバナナの木アバカの繊維を用いたBananatex®(バナナテックス®)を開発・提供を行う。現在バナナテックス®は、クエスチョンから事業を切り分けスピンオフ企業として、H&Mをはじめとした企業への資材提供も行っている。今回、同社の共同創業者かつ現CEOであるHannes Schoenegger(ハネス・シェネガー)氏に、素材開発の経緯と、バナナテックス®の生産方法についてインタビューを行った。

求め続けた天然繊維 

「東京でもロサンゼルスでもパリでも、街で見かけるバッグの約8割は、プラスチック由来です。そして、プラスチックは全体の7-8%程度のみがリサイクルされています。つまり、大半のプラスチックは、廃棄された後、埋立地や海など、私たちが望まない場所に渡ってしまっています。そこで我々はこの実情を悪化させない、良い方法を模索しました。我々にとってより良い方法とは、天然繊維をベースにしたテキスタイルを使用することでした」とシェネガー氏が話すように、クエスチョンは創業以来、機能的かつタイムレスな植物由来の素材でバッグを生産・販売している。

ブランド開始時から天然繊維を用いたバッグ製品を発売してきた同社だが、当時市場で購入できる素材に満足できず、市場に存在しない素材を求め、様々な素材を探求してきたという。ブランドを発足した2008年、同社の理念に沿った天然繊維のテキスタイルは、コットンキャンバスしか存在しなかったため、オーガニックコットンの使用を考案したという。ところが、ブランドのデザインに合う認証付きのヘビーキャンバス生地が市場で見つからなかったため、独自のサプライチェーンを構築し、2013年よりオーガニックコットンを用いた製品の提供を開始したという。

しかし、オーガニックコットンもまた、栽培時に大量の水が必要であること、さらにコットン自体は繊維が短くバッグ用に向かないといった問題から代替素材を探すべく模索を続けたという。そして続く2014年には、ベルギー産のオーガニックヘンプをイタリアで紡績し、スイスで織るという、ヨーロッパ内でのサプライチェーンを構築したそうだ。サプライチェーン自体は作り上げることはできたものの、当時を振り返ってシェネガー氏は「当時、多くの技術やノウハウを持った少数の企業が次々と廃業しており、我々が求めていた技術は、ヨーロッパ内には存在していませんでした」と、天然繊維製の布地の生産を欧州内で実行する限界を感じていたという。そこで、元より同社のバッグの製造拠点となっていたアジアを中心に、代替繊維を探すことにしたようだ。

画像: null

そうして見つけたバナナの繊維は、強靭かつ弾力性にも優れていたことから、バッグへの使用に望ましく、さらにアジアを中心とした短いサプライチェーンの構造を実現できたことから、バナナ繊維をベースに開発パートナーと共にバナナテックス®の生産を開始した。「私たちが使用しているアバカというバナナは、主にフィリピンとインドネシアで何世紀にも渡って栽培されており、ロープやマットレスに使用されてきたという背景があります。しかし、バナナの繊維は、非常に太く長いため、バッグに適した布を作るためには、新たに細い糸を作る必要がありました。そこで我々は3年の歳月をかけ、この丈夫な繊維から細い糸を作る方法を模索したのです」

アジアでのサプライチェーンの構築

画像: null

バナナテックス®の製法は、竹鎌でアバカの木の茎の葉を切断することから始まる。切った茎を寝かせ、外層と内層をわけ、繊維を取り出す準備をする。剥ぎ取られた繊維はその後、空気乾燥され、束ねられた後、色のグレードに応じて分類される。色の薄い繊維ほど価値が高くなり、価格も高くなるようだ。その後、煮沸された繊維は、プレスされ段ボールのようなアバカ・シートとなって、同社の提携工場のある台湾へ輸送される。

画像: null

シートは、水に浸して繊維を柔軟にしてから、薄い紙へと加工され、その紙を短冊状にカットし、撚りをかけてアバカ糸が作られる。この段階で既に繊維は強度と耐久性に優れ、ソフトで軽量、しなやかさも兼ね備えているという。そうして出来た糸は、当社の染色・製織パートナーに引き渡され、古典的なキャンバス織りによって高密度な生地へと織り上げられる。たとえば、現在販売されているナチュラルホワイトの生地は、繊維の実際の色をそのまま使用しており、ブラックの生地の場合は織る前に染色が施される。織り上がった生地はその後、天然の蜜蝋によってコーティングが施され、バナナテックス®が出来上がる。こうして出来上がったバナナテックス®は、弾力性・耐久性に優れ、丈夫なだけでなく、抗菌性もあり、シャツやタオル、靴下に使用される場合には冷却効果もあり、プリントやエンボス加工にも適した素材であるそうだ。

画像: null

このバナナテックス®を用いた自社コレクションは、中国のパートナー工場にて生産される。2010年より同社の生産を支えてきた中国恵州市にあるこの工場は、数十年にも及ぶバッグ製造の経験を有し、QWESTION社とも緊密なパートナーシップを築き上げており、スイスにある当社のデザインチームと頻繁にコミュニケーションを取りながら、高品質のバッグの生産を可能にしているという。

画像: null

バナナテックス®の優れている点は、その生育方法にあるとシェネガー氏は言う。「植物を育てるわけではなく、その副産物である傍の株から繊維を取り出して使用しているため、新たな農地を必要としません。さらに森で育つ木を使用しているため、肥料や農薬などの化学肥料を要さず、水も必要としないことから、生物多様性も壊さず、土壌の健康も担保します。そして、地元の人々にとっても、生産地の安全・健康を保ち、安定した収入をもたらすことは、バナナテックス®の最大の利点だと考えています」

画像: null

バナナテックス®の布地は、最近Cradle to Cradle(クレイドル・トゥ・クレイドル)のゴールド認証を獲得した。これは、バナナテックス®の布地が、生分解性がありリサイクルが可能であること、さらに生産時に科学薬品が用いられていないことを示す。そのため、たとえば使用後土に埋めても、土壌の生態系に戻すことが可能である。「自社のブランドとして、さらに、我々の製品を使用するブランドにとっても、私たちの提示するコンセプトが循環モデルを実現する製品を通じて実現されていると証明できることは、私たちの行動と思考のコアであり、大変嬉しく思っています」

バナナテックス®を用いた自社コレクションのバッグは、縫製時に生分解性のある糸が用いられていることから同様に使用後土に埋めることも可能だが、同社に送り返すことでリサイクルが行われ、パルプから紙、そして糸を作るサイクルに貢献することも可能となっている。

画像: null

業界に布地を提供するBananatex®の設立

そして、2018年からはより一層業界に「インテリジェンスを提供し、ポジティブな変化」を起こす目的のもと、バナナテックス®事業を切り分けスピンオフ企業Bananatex®を設立した。現在、Bananatex®は、クライアントとなる企業の要望に合わせて、共同開発を行う、ないしは、素材自体をそのまま提供する役割を担っている。2021年に発表されたH&Mとのコラボレーションプロジェクトでは、Bananatex®の自社コレクションにも使用された生地を用いたスニーカーが発表・発売されている。

画像: ©H&M
©H&M

提供する布地は、大きく分けてHeavyweight(ヘビーウェイト)・Standard(スタンダード)・Lightweight(ライトウェイト)の3種に分けられている。開発された様々な糸のサイズから、標準的な糸を使ったシンプルな織り構造の布地、より軽い糸を用いた軽量の布地、厚手のコットンキャンバスのような重量のある布地などが展開されている。そしてより多くの布地の種類を実現するべく、現在糸のサイズや製織・製編方法が検討されているそうだ。

他方でこれまでに、企業から2000にも及ぶ要望や連絡を受けたものの、使用に漕ぎ着けた事例は少ないという。「興味を持っていただいた企業の半数は、バナナテックス®の価格に対応できずに、使用を見送ることとになってしまいました。現在、1ヤードを$3-4のポリエステル地あるいは、$7-8のコットン地、$12-14のオーガニックコットン地を使用している企業にとって、$20-25もするバナナテックス®は、現状の価格構造では使用が難しいからです」とシェネガー氏。サプライチェーン内で発生する多くの手作業に対し、見合った対価を支払っているゆえに、同社の製品は市場の製品に比べて価格が高く設定されているという。

画像: null

布地が高価格であるため、自社コレクション生産時においてもまた、布地の廃棄を削減すべく製品の型紙の再作成を行ったという。たとえば、通常バッグパックは120〜140部品で作られるところを、35部品まで絞り込むといった仕様変更がなされている。型紙の仕様を変更してもなお、機能性を担保しながらミニマルなバッグのデザインを実現している。さらに、新規素材を扱うに当たって、開発当時に専門家がいなかったことから、生産に携わるデザインチームが中心となり、生産における全てのプロセスを素材に合わせて刷新したという。そのため、他の企業に布地を提供する際にも、「生地の個性を考慮し、既存の製品やデザインにそのまま適用するよりも、スワッチやサンプルを参照の上、判断してもらうのが良いだろう」とシェネガー氏はコメントしている。

画像: null

同社はこれからも現在の業界を支配している合成素材に変わる有効な素材を提供を持続していくとし、2022年の上半期には新たなコラボレーションを発表予定だという。「私たちが行ってきたことは進化の過程であり、これはその一歩だと言えます。これからも私たちは常に改善を続け、学び続けていきたいと思っています」

バナナテックス®を用いたバッグは日本のストアでも多く取扱いがある。これを機会に、ぜひ手にとって素材を触ってみてほしい。

Text by Hanako Hirata

#Sustainability
LINEでシェアする