2021.05.26

既存のバリューチェーンを活用、スウェーデンのリサイクル企業Renewcellが促す進化とは?

heroImage

Renewcell(リニューセル)はスウェーデンのリサイクル企業だ。当社が特許を保有する技術は、廃棄されたセルロース繊維をリサイクルし、従来のリヨセル・ビスコース繊維生産工程にそのまま原料として使用できるCirculose®(サーキュロース®)の生産を可能としている。2020年には、H&M、Levi’sの製品に商品化されており、現在繊維リサイクル業界で注目を集めている。今回、CMO兼IRの責任者、Harald Cavalli-Björkman(ハラルド・カバリ=ビョークマン)氏とブランド・マネージャーのNora Eslander(ノラ・エスランダー)氏にインタビューを行った。

製紙・パルプ産業から得た知見をリサイクル技術に応用

Renewcellは、どのようにして創業を開始したのでしょうか。

Renewcellは、2012年に研究者や起業家たちによって構成されるグループによって設立されました。そして、私たちは、世界で最も環境に影響を与えている産業の1つを、素材の循環的な流れを作ることで変えるというミッションのもと、事業に取り組んでいます。そして、会社を発展させながら、業界内で「産業の進化」を促し、業界外でもサービスや、業界の持続可能な発展のためのインスピレーションを与えていきたいと考えています。

創業者が目を向けたのは、人々がより豊かになり、ファッション市場が共に発展し、繊維の需要が増加したと同時に、その製造方法や栽培方法による環境への影響が顕著に増加している現状でした。一方で、衣類にリサイクルされる割合は1%にも満たず、つまり、バリューチェーンの中では繊維を一度しか使用されず、廃棄され、埋め立て・焼却されていました。

具体的に言えば、出回っている綿の繊維はピュアなセルロースなので、つまり、私たちは綿製の服を捨てるときに、同時にピュアな状態のセルロースを捨てていることになります。従来セルロースは、木材から作られ、ビスコース繊維やリヨセル繊維などの高品質なファッション繊維の原料として使われてきました。そこでセルロース専門の化学者、セルロース分野で成功を収めてきた研究者、起業家らで構成された創業チームは、綿製品に含まれているセルロースを再利用して、高品質なビスコース繊維・リヨセル繊維を作ることができるのではないかと考えたのです。

<p><span style="color:#000000">Renewcellは、2012年に研究者や起業家たちによって構成されるグループによって設立されました。そして、私たちは、世界で最も環境に影響を与えている産業の1つを、素材の循環的な流れを作ることで変えるというミッションのもと、事業に取り組んでいます。そして、会社を発展させながら、業界内で「産業の進化」を促し、業界外でもサービスや、業界の持続可能な発展のためのインスピレーションを与えていきたいと考えています。</span><br><br><span style="color:#000000">創業者が目を向けたのは、人々がより豊かになり、ファッション市場が共に発展し、繊維の需要が増加したと同時に、その製造方法や栽培方法による環境への影響が顕著に増加している現状でした。一方で、衣類にリサイクルされる割合は1%にも満たず、つまり、バリューチェーンの中では繊維を一度しか使用されず、廃棄され、埋め立て・焼却されていました。</span><br><br><span style="color:#000000">具体的に言えば、出回っている綿の繊維はピュアなセルロースなので、つまり、私たちは綿製の服を捨てるときに、同時にピュアな状態のセルロースを捨てていることになります。従来セルロースは、木材から作られ、ビスコース繊維やリヨセル繊維などの高品質なファッション繊維の原料として使われてきました。そこでセルロース専門の化学者、セルロース分野で成功を収めてきた研究者、起業家らで構成された創業チームは、綿製品に含まれているセルロースを再利用して、高品質なビスコース繊維・リヨセル繊維を作ることができるのではないかと考えたのです。</span></p>
つまり、既にある産業の知恵から、問題の解決策が生まれたということですね。

スウェーデンは、もちろん製紙・パルプ産業が盛んな国であり、同産業は国内で長い歴史を持つ産業であるという特徴があります。そのため、国内には多くの専門知識が蓄積しており、私たちの研究者もその一端を担っていました。そこで彼らは、2012年から繊維廃棄物を処理し、ビスコース・リヨセルの原料とするために、大量生産が可能な工業プロセスの構築に着手しました。つまり、人工セルロース系繊維の開発に着手したということです。

そして、2012年からの進歩はかなり早く、2014年にはラボスケールで最初のプロトタイプとして、完全に繊維廃棄物から作られたドレスを作りました。さらに、2016年に創業者たちは、ラボのプロセスをスケールアップするために、デモスケールの生産施設に投資することを決めました。

そうして建設された工場は、2018年から試運転が開始されました。工場はストックホルムから電車で2時間ほど西に行った、Kristinehamn(クリスチネハムン)というスウェーデン中部の紙・パルプ産業の中心地に建設されました。そこで生産を開始し、2019年より「Circulose®(サーキュロース® )」の販売を開始しました。

画像: null
なるほど。先ほどミッションにて掲げていた、産業の「進化(Evolution)」とは具体的になにを指すのでしょうか?

1つの重要な側面は、多くの人々がこのイノベーションに参加できるように、迅速にスケールアップできるようにしたいということです。これが最良の方法であり、今日ファッションを楽しんでいる人々だけでなく、これから2031年までの間に世界で貧困から抜け出した中産階級が増え、17億人の中産階級、つまり消費者が世界の中産階級に加わる機会を維持するための方法でもあると考えています。

地球の状態をこれ以上悪化させることなく実現させるために、私たちが考える最良の方法は、衣服を生産するためのすべてのバリューチェーンにおいて、すべてを革命的に変えるのではなく、少しずつやり方を変えて調整することです。

現在、私たちが行っているのは、セルロースの紙・パルプ産業から知識を得て、セルロースの処理方法のキーとなる部分を変更し、既存のバリューチェーンに戻ることが可能な製品の開発です。つまり、繊維製品をリサイクルし、作った製品は、既存のバリューチェンの中で使用することができるといった、バリューチェーンの進化なのです。進化(Evolution)は、革命(Revolution)とは異なり、完全に変えてしまうのではなく、重要な部分を改変し持続可能なものとすることだと考えています。業界の革命ではなく、セルロースやパルプ業界、そしてファッション業界も含めた進化です。

また、これは様々な私たちの取り組みにも当てはまります。例えば、私たちは現在新しい工場の建設中ですが、最近まで製紙業界で働いていたが、市場が縮小しているために解雇されてしまった人を採用しています。彼らは、私たちの製品に生かせる素晴らしい知識があるためです。また、紙の生産に使われていた機械も使用しています。このように、私たちは、既にあったインフラを、視点を変えて見て、進化させるべく利用しています。そしてこれは、私たちの業界だけでなく、外部でも、産業の発展方法の変化が見られています。

例えば、素材産業では、比較的小さな変化で持続可能性を高めることができます。その場合、石油や石炭からエネルギーを得る代わりに、太陽や水からエネルギーを得て、電池生産や電池貯蔵などを行うことができます。また、食品についても、インパクトの強い肉製品をベジタリアンやラボで栽培されたもので代用することで、同じ品質を保ちながら、より高い持続性を実現することができる、といったようなことです。このように、私たちは、業界内だけでなく、業界全体に産業の進化を促すことができると考えています。

既存のバリューチェーンの活用

Circulose®は、つまり既存のバリューチェーンに戻すことができる、ということですね。それでは、まず、Circulose®の特長について教えてください。

まず、Circulose®を作るための言わばレシピそのものの技術は特許を取得しました。様々な化学物質の組み合わせやそのプロセス、作り方などがそれに当たります。この種のプロセスや製品を作り、リサイクルを実現する方法は他にもありますが、我々のような規模に拡大し、誰もが手に取れるように商業的に利用できるようになっているのは現在Renewcellのみだと言えます。そして、リサイクル工程を経て、出来上がった 厚紙のような乾燥したパルプ製品がCirculose®です。出来上がりは、80センチ×60センチの通常のパルプシートと同様のサイズで、分厚いカードボードのような見た目をしています。運送費のことも考え、乾燥した状態のパルプで出荷するような仕様をとっています。

画像: Circulose®の出来上がり状態
Circulose®の出来上がり状態

その後、素材を受け取った工場は、素材を粉砕し、化学処理を施します。その時点では、綿花畑から摘み取ったような綿毛が出てきます。そして、その繊維を紡いで、糸にし、生地となっていきます。つまり、私たちが製品を完成させたあとは、既存のバリューチェーンにそのまま戻すことが可能となっています。新しい機械、新しい糸の加工に投資する必要もなく、リサイクル素材を使って、同じ工場でそのまま繊維製品などへと加工することが可能です。つまり、何千年も前から存在し、発展してきたバリューチェーンをそのまま使用することが可能です。再構築したり、革命を起こしたりする必要がなく、既存のものと通常の方法で利用することが可能なのです。

画像: null
工場を稼働するに当たって、スウェーデンという土地における文化的・社会的な基盤はどのように作用しているのでしょうか。

スウェーデンで生産を行っていていることによるメリットは、クリーンエネルギーが豊富なことです。スウェーデンには大きな森林や川があり、バイオマス発電や水力発電といったエネルギー源を使用することが可能です。例えば、木には安全な繊維を作るためのセルロースがおおよそ40%程度で、残りは取り除かれています。そこで、スウェーデンの近代的な製紙・パルプ工場では、残りの60%を廃棄するのではなく、バイオマスとして工場を稼働させるためのエネルギーに当てたり、機械製品の製造に役立てたりなどを行い、木のあらゆる部分を活用している特長があります。このような基盤が既にあったことは、とても幸運なことだと言えるでしょう。

<p><span style="color:#000000">スウェーデンで生産を行っていていることによるメリットは、クリーンエネルギーが豊富なことです。スウェーデンには大きな森林や川があり、バイオマス発電や水力発電といったエネルギー源を使用することが可能です。例えば、木には安全な繊維を作るためのセルロースがおおよそ40%程度で、残りは取り除かれています。そこで、スウェーデンの近代的な製紙・パルプ工場では、残りの60%を廃棄するのではなく、バイオマスとして工場を稼働させるためのエネルギーに当てたり、機械製品の製造に役立てたりなどを行い、木のあらゆる部分を活用している特長があります。このような基盤が既にあったことは、とても幸運なことだと言えるでしょう。</span></p>
それでは、Circulose®の原料はどのように調達されているのでしょうか。

私たちは、素材を自分たちで集めてはおらず、もともと寄付された繊維製品を扱っている企業から素材を購入しています。彼らは、「このまま古着やビンテージとして売ることができるのか」、「傷んでいて使えない」などをベースに素材を選別してます。そして、私たちは彼らにリサイクルのためにコットンを含む製品を一定の金額分欲しい旨を伝えると、それに見合う量の繊維廃棄物ないしは使い古しの繊維製品を受けとっています。

画像: null

今日、私たちは世界各地から大量の繊維廃棄物や生産廃棄物を調達しています。生産廃棄物は、糸の段階から生地の段階まで全ての段階を対象に、工場から直接調達しています。つまり、服を作る際の裁断やトリミング作業から出る廃棄物も含まれます。調達先は、トルコやアジア、さらに北米のポストコンシューマー・テキスタイルを取り扱うBank and Vogue(バンク・オブ・ヴォーグ)とはパートナシップを結んでいます。

一方で、現在ヨーロッパで出た廃棄物が、アジアやアフリカ、ラテンアメリカに輸出されているという背景もあります。EUでは、2025年の政策の変更に伴い、廃棄物の輸出が禁止されます。繊維廃棄物の輸出の禁止、繊維廃棄物の埋め立てや焼却を禁止するとともに、EU内の全ての自治体が繊維廃棄物の回収を義務付けていますが、これらはグローバルな問題であり、これからグローバルなバリューチェーンがどのように発展していくのかを考える必要も感じています。

画像: null

「規模を迅速に拡大する必要がある」

ファッションブランドとのパートナーシップへの反響はありましたか?

昨年(2020年)より、Circulose®から生産された最初の衣服が世界中の店舗で発売されました。2020年3月にH&Mからブルーのドレスが、続いて、同年夏にはリーバイスとのコラボレーションの発売が開始されました。このように、昨年1年間は私たちにとって、とても大きな年であったと言えます。消費者が購入できるように店舗で販売し、世界中で何千人もの方に購入いただいたということが、商業的に明らかになったとともに、私たちの製品に対する需要も明らかになりました。

そして、多くのブランドがこのようなリサイクル素材を使用したいと考えている背景もあり、私たちはリサイクル・生産量を本格的にスケールアップすることを考え始めました。そこで、会社のオーナーは、より大きな工場を建設するための投資資金を調達するために、ナスダック・ファースト・ノース・ストック(証券取引所)でIPOを行うことを決め、現在、その工場の資金はほぼ完全に調達できているという状況です。セルロース、パルプ、製紙業界のもう一つの中心地にて工場建設後、2022年前半に生産を開始する予定です。

画像: (左から)H&M のブルードレス、Levi’sジーンズ
(左から)H&M のブルードレス、Levi’sジーンズ
先日、H&Mとの今後数年間におけるパートナーシップについてのアナウンスがありましたが、その反響はどうでしたか。

H&Mとのパートナーシップには非常に満足しています。彼らは会社の設立当初から、繊維のリサイクルという概念を提唱してくれていました。そして、2017年より私たちに投資を続けてくれており、私たちの規模の拡大に貢献してくれており、具体的には5年間で年間1万トンのCirculose®を使用することを約束しています。つまり、H&Mは、私たちのような種類のイノベーションを世に送り出し、後にファッションブランドとして使用することに関心があるといえます。
 
この投資の甲斐もあり、私たちは徐々に容量を増やしスケールアップを図っています。これは、私たちとブランドの間に多くの確実性をもたらしています。バリューチェーンの中で最終的に製品を使用したいと考えている企業の需要が既にあるので、需要に応えるべく、安心してスケールアップを行うことができるのです。

そして、H&Mは、今回の契約とこれまでのサポートを通じて、彼らが本当に重要だと考えることに行動を持って示してきたと言えるでしょう。そして、そのおかげもあり私たちは、H&Mだけでなく他のブランドからも注目を得て、インパクトを与えることができました。

今後ブランドが、Circulose®を使用したい場合、手続きなどは必要になるのでしょうか? 

基本的に私たちは繊維の原料を販売しているため、ブランドには直接販売はしていませんが、大体の場合、ブランドから「Circulose®はどこで手に入るか」という質問を受け、既存のバリューチェーンに沿った購入先を紹介しています。そしてブランドが、製品にCirculose®の名前を使用を希望する場合には、契約を結ぶことになります。このように私たちは、ブランドがCirculose®を使用できるように、既にあるバリューチェーンの中で彼らにあったやり方を見つける手助けもしています。

<p><span style="color:#000000">基本的に私たちは繊維の原料を販売しているため、ブランドには直接販売はしていませんが、大体の場合、ブランドから「Circulose®はどこで手に入るか」という質問を受け、既存のバリューチェーンに沿った購入先を紹介しています。そしてブランドが、製品にCirculose®の名前を使用を希望する場合には、契約を結ぶことになります。このように私たちは、ブランドがCirculose®を使用できるように、既にあるバリューチェーンの中で彼らにあったやり方を見つける手助けもしています。</span></p>
先日新たな工場の増設が発表されましたが、今後どのように展開していくのでしょうか。

 私たちの既存の施設では、すでに数千トンの生産が可能ですが、相対的にみれば世界で消費されている繊維の総量には全く及びません。現在、世界で消費されている繊維は年間1億トン以上とも言われています。そのため、私たちが考えているインパクトを実現するためには、さらに規模を拡大し、より迅速に行う必要があると考えています。

短期的には、年間6万トンの生産を実現することが挙げられます。そして長期的な私たちの目標は、現在建設中の新たな工場と既存の工場の合計で、2026年には、25万トン、2030年までに少なくとも36万トンのリサイクル量を達成することです。これはその時点での全世界の市場の約0.2%といったところですね。

さらに市場からの要求があれば、可能な限り迅速に生産量を向上させることも視野に入れています。なぜなら、私たちは実際にインパクトを与えることを目的としているからです。要するに、スケール、スケール、スケール、より大きく、より大きく、より大きくしていく、といことです。そして、世界をリードする大規模リサイクル企業を構築し、人々の生活を守っていきたいと考えています。

今年、いくつかの新製品を発表する予定がありますが、まだ明かすことはできませんが、H&MやLevi’sとの取り組みの続行をはじめ、Fashion for Goodの「Full Circle Textiles Project: Scaling Innovations in Cellulosic Recycling」でのコラボレーションプロジェクトの展開もあるので注目いただけたらと思います。

製品が終末期を迎えたあと、既にある施設やプロセスに適合しうるようリサイクルを可能とする、Renewcellの特許技術。今後の人口増加に伴う需要の増加を目の前に、工場の増設をもってリサイクル量の増加を行いつつ、既存の工場の稼働量も担保する仕組みは、埋め立てや焼却といった廃棄段階における新たな手法を提示しているだろう。再度製品化されたときに、手に取ってみるのがたのしみだ。

Text by Hanako Hirata
All Photo  ©RENEWCELL 

#Sustainability
LINEでシェアする