「刺繍で刺繍を超える」 世界のファッションブランドを支える美希刺繍工芸の独自技術
2024.06.26
「刺繍で刺繍を超える」 世界のファッションブランドを支える美希刺繍工芸の独自技術
リンクをコピーしました
服を装飾する技術として欠かせない「刺繍」。ベースボールキャップのロゴや、ポロシャツの胸に配されたワンポイント。本領が発揮されるアイテムといえば「着物」や「スカジャン」だろうか。
しかしながら、それらの技術を用いて常識を超える機能と質感を生み出している広島の企業がある。独自のテクノロジーは「布の上に糸で文字や図を描く」という刺繍の概念を覆すものばかりだ。
美希刺繍工芸。世界的なメゾンからのオファーも絶えない、刺繍業界の異端と言える存在である。その現地工場に取材し、同社・苗代次郎会長に話を聞いた。
PROFILE|プロフィール
苗代 次郎(なえしろ じろう)
苗代 次郎(なえしろ じろう)

株式会社美希刺繍工芸 取締役会長
日本ジャガード刺繍工業組合 副理事長

糸を使わない刺繍

美希刺繍工芸の事業について教えてください。
一般的な刺繍糸を使ったワンポイント刺繍から、特殊設備を用いたワラカット刺繍・バルバ刺繍・パンク刺繍・パッチワーク刺繍・モザイク刺繍などを国内外のブランドやメーカーに提供しています。

耳にしたことのない技術名ばかりです。刺繍の世界は「生地の上に模様を糸で描く」といったイメージが持たれていますが、御社の技術はそれらとは異なるものでしょうか。
もちろん皆さんが思い描く刺繍をベースにはしていますが、手法と機能がまったく違います。当社しかできないものを生み出しているという自負を持って仕事をしてきました。
一例として、当社特許技術の「ワラカット刺繍」をご紹介します。ミシンに設置した針状の「メス」で生地の経糸(たていと)をカットします。その後洗いをかけることでカットされた経糸だけが縮み、生地に模様が浮き上がります。
ワラカット刺繍
ワラカット刺繍
バルバ刺繍
バルバ刺繍
これが「刺繍」なのですか?
ええ。いわば「糸を使わない刺繍」なのです。他にも特殊針で経糸あるいは緯糸(よこいと)を押し出して模様を浮かび上がらせる「バルバ刺繍」などの独自の技術を持っています。

つまり生地の上に糸を配するのではなく、生地そのものの構造を変えている、ということでしょうか。
そう。ですから当社のものづくりは職人技術だけでなく、設備開発。とりわけ「メス」の開発で進展してきました。メスから独自に作ることで新しい技法を生み出し、美しい・機能的な生地を作ることができるのです。

ミシンの「針」を「メス」に変える

刺繍がここまで開拓されている分野だったとは驚きました。独自開発を始めたきっかけは。
三十数年前のことです。刺繍は当然ながら、ミシンをはじめとした刺繍機械の機能的な制約を受けます。もっとも基本的な「ボウリング刺繍」は、基本的には生地に細かな丸い穴を開ける技術です。穴の直径は大きくても7ミリ。日本全国の刺繍屋がその制約のもとに仕事をしていたわけです。当社はそこから解放されて、何か変化をつけられないだろうかと思いました。だって皆と同じじゃ面白くないでしょう(笑)。
スタートはデニム生地からでした。ジーンズは洗いをかけると縮みますね。そのデニム生地の経糸だけをちょんちょんとカットして洗うと、その部分だけがパンクしたような状態になって面白い質感になることに気づき、いろいろと試しはじめたのです。その過程で生地に「穴を開ける」のではなく「切る」ためのメスが必要になりました。そこで針を削ってメスのように加工するアイディアが生まれ、「ワラカット」へと発展していきます。
開発したデニム生地を大阪の刺繍組合の合同展示会に出すと、誰もが未知のものを見るような反応でした。

ミシンをハックするような感覚に近い。
特に刺繍機製造メーカーさんは驚いていました。針をメスに変えるなんて、前代未聞でしたから。このメスをオリジナル開発できたことで扱える素材の幅も広くなりました。太さを入れ替えることで穴の大きさもコントロールでき、加工が可能になったのです。メンテナンスも自社でしか行えない。だから類似技術も出にくい。
以降、次から次へと発想が出てくるたびなんとか形にしてきました。特許は現在31件。出願数はその3倍を超えます。
1 / 3 ページ
この記事をシェアする
リンクをコピーしました