Fashion Tech News symbol
2024.06.18

YOASOBI(ヨアソビ)の衣装も手がける注目のデザイナー「YONLOKSAN(ヨンロクサン)」新國 あおいインタビュー

リンクをコピーしました
バンタンデザイン研究所在学中に立ち上げられたブランド「YONLOKSAN(ヨンロクサン)」は、2021年秋冬に参加した「Asia Fashion Collection(アジア ファッション コレクション)」でグランプリを受賞。その後すぐに頭角を現し、「Vancouver Fashion Week(バンクーバー ファッション ウィーク)」にも招待される。
近年では日本を代表するアーティストYOASOBI(ヨアソビ)のステージ衣装を手がけたことでも話題の、次世代デザイナー新國 あおい(にいくに あおい)さんにインタビューを敢行し、その世界観に迫ってみた。
YONLOKSANデザイナー 新國あおいさん
YONLOKSANデザイナー 新國あおいさん

いまこの勢いに乗らなければと思いました

はじめにYONLOKSANのブランドヒストリーを伺っていこう。ブランドをはじめたきっかけの出来事は、専門学校のカリキュラムの一環だったという
「バンタンデザイン研究所の大阪校に通っていたのですが、在学中からひとつのブランドを持つという学校の方針でいろいろなカリキュラムが動いていて、YONLOKSANの前進ブランドとなる『463(ヨンロクサン)』をはじめたのがきっかけです。
そのなかで『Asia Fashion Collectionに出てみては』と先生から声をかけてもらえて、参加したショーでありがたいことにグランプリをいただきまして、それがターニングポイントになりました。
そのときにスタイリストの渕上 寛(ふちがみ かん)さんに『ブランドを今後も続けていくならお手伝いするよ』と声をかけていただいて、そういう出会いのタイミングなどもあって、自分の性格上、いまこの勢いに乗ってやらないと、ブランドを立ち上げるということをもうやらないかもしれないし、若いうちにいろいろな経験もしておきたいという思いもあって、卒業後もブランドを続けていくことにしました。
その後、渕上さんにはブランドのルックなどでスタイリングをずっとお願いしています。卒業後は学校で学んだ知識だけでは通用しないような気がして、実際に作っている現場で理解を深めたいと思い2年ほど洋服の制作会社で学びながらブランドも継続していきました。
©ASIA FASHION COLLECTION YONLOKSANがグランプリを受賞した際の2021年秋冬Asia Fashion Collection
©ASIA FASHION COLLECTION YONLOKSANがグランプリを受賞した際の2021年秋冬Asia Fashion Collection
Asia Fashion Collectionの翌年には、Vancouver Fashion Weekが新しいブランドを探していて、インスタグラムがきっかけでお声がけいただいたのですが、この経験もブランドにとっては大きな出来事だったと思います」
YONLOKSANが参加した2022年秋冬Vancouver Fashion Week
YONLOKSANが参加した2022年秋冬Vancouver Fashion Week

“463のゲッツー”がブランド名の由来

YONLOKSANというブランド名が気になった方も多いのではないだろうか、これは新國さんが幼い頃から好きな野球が関連している。そのブランド名に込めた思いなどを引き続き伺っていこう。
「ブランド名は野球の“463のゲッツー”、つまりセカンド→ショート→ファーストの順番でダブルプレーを取ることなのですが、そこからきています。
祖父の影響で小さい頃からテレビでプロ野球を観ていて、元中日ドラゴンズの井端 弘和(いばた ひろかず)さんの守備がすごく好きで、簡単に463のゲッツーを取っているように見えるのに、インタビューとかを見るとすごく工夫されていて、そういうところが素敵だなと思い、このプレーの名前をもらいました。
“野球におしゃれなイメージってないな”とも感じていて、そういうところから取ったネーミングでも、“ダサいと言われない服”を作りたいなと思っています」

YOASOBIのツアー衣装を手がける

Asia Fashion CollectionでのグランプリやVancouver Fashion Weekへの参加など、ブランドデビューから短期間で大きな出来事が続いているが、こちらも大きなトピックスとして、今年YOASOBIのステージ衣装をYONLOKSANが手がけたことが話題になっている。
1 / 2 ページ
この記事をシェアする
リンクをコピーしました