FEATURES

image

言葉とイメージ:ファッションをめぐるデータ

今回のFashion Tech News特集企画は、ファッションをめぐる言葉とデータについて考えていきます。ファッション誌におけるテクストは、『モードの体系』を著したロラン・バルトによって「書かれた衣服」と表現され、ファッションでは視覚的なイメージとともに言葉も重要な要素です。しかし今日、Instagramなどの画像を主とするSNSの台頭によって、雑誌が主流だった時代に比べてファッションをめぐる言葉とイメージの在り方も変化しているように思われます。さらには、昨今はデータサイエンスがファッションと掛け合わされることによって、個々人の嗜好の把握、流行の分析、需要の予測が試みられています。そこでは言葉もまた、ファッションを分析するための重要なデータとなります。今こそ改めて、ファッションをめぐる「言葉」の特性/「データ」の特徴とはどのようなものなのか、考えることが必要なのではないでしょうか?本特集ではファッションをめぐる「言葉」の性質、「データ」の性質、またそれらがファッションの解釈に与えてる/与え得る影響について、今年2月に『言葉と衣服』を刊行されたファッション研究者の蘆田裕史氏と共に考えていきます。
エピソード一覧

All Episodes