2022.03.02

クルエルティフリーの培養毛皮開発 オランダ発Furoid™の挑戦

Furoid™(フロイド)は、オランダを拠点とするGeneus Biotech(ジェネウス・バイオテック)の技術を応用し、毛皮の製造方法に特化した研究開発を行うスタートアップ企業だ。Geneus Biotech社の細胞農業の知見を応用し、Furoid™では動物のない細胞ベースの毛の複製方法を提供している。今回、Furoid™のCEOであるMaria Zakurnaeva(マリア・ザクルナエワ)、とGeneus Biotech最高科学責任者Sundararaghavan Pattabiraman(スンダララガヴァン・パッタビラーマン、以下スンダー)にインタビューを行った。

「培養毛皮」 

Furoid™の技術について教えてください。

マリア:

まず、私たちの技術を理解する上で重要なのは毛は毛包から生まれるという基本原理です。異なる細胞、種で異なりますが、基本的には毛包を作るために細胞を分化させることができれば、動物の毛包を作るために細胞を分化させることもできます。

スンダー:

行程としてはまず、ミンクのような毛皮を作る動物の細胞から幹細胞を採取し、特定の条件下で育てると毛包ができ、その毛包から細胞の玉のようなものが出てきます。そして培養を進めると約1000個の細胞の玉から、毛が生えたり、毛皮が飛び出したりするのです。そして、私たちは、これを実験室内で使えるようにすることを計画しています。

シンプルに言えば、髪の毛が伸びるに当たって、体内には100種類もの細胞が必要となります。そしてそのメカニズムを私たちは研究室で、同じ環境を作ることで、同じように髪を成長させようとしています。つまり、私たちの体内や動物の体内の環境を模倣し、毛包を成長させ、毛を成長させようとしているのです。

マリア:

よって、私たちが実現しようとしているのは単にシャーレで作られた毛皮、という訳ではなく、「培養された毛皮(Cultivated Fur)」という用語が適切だと言えます。

画像: バイオプリントされたポリマーから成長する毛包の光画像 photo by @Furoid™
バイオプリントされたポリマーから成長する毛包の光画像 photo by @Furoid™

Furoid™は従来の毛皮と変わりない機能を持つのでしょうか。

マリア:

私たちは従来の毛皮の暖かさと美しさを実現することを目的としています。これらの機能はバイオポリマーを含む全てのレイヤーを編集することで追加していくことが可能であるため、今後追加していきたいと考えています。そして具体的にどういった機能性を製品に求めるかは、業界の方々との話し合いを続けながら開発を進めていきたいとも考えています。

ポリエステル製品と比較した場合、我々の開発の最も大きな利点は、マイクロプラスチックがないことです。つまり、動物にやさしいということであり、これで既に十分に良いことだと言えます。しかし我々はまだ研究開発の段階であり、まだ機能性への議論を広げるには早すぎます。プロトタイプが出来次第、実用性・機能性への言及は始まっていくでしょう。機能性の付与に関しては、従来の毛皮と比較し、ニーズに応じて開発を進めていければと考えています。

画像: images by @Furoid™
images by @Furoid™

基本的な質問になりますが、動物の毛包と人間の毛包の違いはどういった点にあるのでしょうか。

スンダー:

人間の髪の毛と動物の毛の構造は組成の名前を見てみると非常に似ているものの、化学物質の量や分子レベルでは大きな差異があります。これは進化によるものですが、完全に似ていると言い切ることはできません。他方で、全く似ていないと結論づけることもできません。しかし大きな差は、人間の髪の毛は成長し続ける一方で、動物の体毛はある時点で成長が終わり、毛が抜け落ちる点にあります。犬の場合、毛が伸びはじめ、ある特定の長さに到達すると毛が抜け落ち、新しい毛が生えてくるのに対し、人間の髪の毛は切らずにいるとどんどん伸びていきます。実際に細胞を分化させる方法と混ぜる方法は、実はほぼ同じで、違うのは加える要素の違い、そして与える条件の違いです。そして先ほども申し上げたとおり、動物の細胞は人間の細胞と異なるため、同じ条件で成長するわけではありません。ですから、異なる条件を与え、時間の長さも動物と人間では変えることになります。

特定の培養環境について、バイオプリンティングの開発に着手されたそうですが、どういった技術なのでしょうか。

スンダー:

細胞が成長するために必要な基底膜を作るための技術がバイオプリンティングです。細胞を成長させるためのシート膜を作るため、バイオポリマーを使って基盤となる膜をバイオプリントできます。私たちはこれを最先端の技術である、エレクトロスプレーの回転電気噴霧技術を組み合わせて行うことを計画しています。そして、細胞が成長するために作られたバイオポリマーを使って、溶接部に細胞を入れることで、細胞の成長をサポートします。ポリマーの組成については開示することができませんが、毛皮の表面に通常存在するケラチン・コラーゲンと、その他の酵素や要素を多く含んでおり、毛をきれいに成長させるための調整役となっています。そして現在のポリマーの開発にはCRISPR技術、遺伝子編集技術が応用されています。言い換えれば、植物が成長するための鉢のように、一定の品質や栄養を兼ね揃え、植物が育つ環境を整えることをさします。これはとても拡張性があると言えます。

現在私たちはプロトタイプを作成していますが、これが完成すれば拡張性が高くなり、コストの効率面でも持続可能性が望めるでしょう。さらに、私たちが使う化学物質、そして全てのものが環境に悪い影響を与えないということはとても重要です。だからこそ私たちが開発に取り組んでいるポリマーは、100%堆肥化することができるように設計されています。このように全てが生分解性であること、自然に優しく環境に優しいものであるべきです。

画像: バイオプリントの様子 images by @Furoid™
バイオプリントの様子 images by @Furoid™

環境負荷への懸念はどのような面で対応しているのでしょうか。

スンダー:

現在毛皮の使用は禁止傾向にあり、とても高価になっています。そして人々が、環境に良くないマイクロプラスチックで作られた毛皮を使おうとしている動向もあります。人々は、それが究極的には毛皮の利用によって動物を殺すことなのか、毛皮の代替品によるマイクロプラスチックによって害を生んでいるのかといった原因を考えていません。つまり現状の選択肢では、私たちはどちらかを選んでいると言えます。まさにマイクロプラスチックなどの問題は、気候変動やあらゆるものへの問題を深刻化させています。だからこそ私たちの製品を通じて、効果的な代替案もしくはグリーンな代替案を提供していきたいと考えています。

マリア:

スンダーが言ったように、私たちが自然に優しくあることは全ての目的であると考えています。洗練され、高価なものを作っているのに、有毒なものが必要であるとなれば意味がないとも考えています。 つまりさまざまな項目のうち1つにチェックを入れるだけで、中途半端にサステナブルだと主張するのではなく、実際にサステナブルな製品を作ることが私たちの最終目標です。

たとえば認証制度など、サステナブルと呼ぶためのチェック項目が5つあったとして、そのうち1つを取り入れるだけでサステナブルだ、と主張する製品などもあります。しかし私たちは、そのような確認項目を全て抑えたことを実現したいのです。そのアイデアの中には、たとえば、一箇所で製造するのではなく、異なる国で生産のライセンスを取得し、輸送を省くことなども挙げられます。輸送に関していえば、時には大陸や海を越えた輸送が必要になります。そうした全ての事項を現段階から考えることで、シャーレで育つ毛皮だから全てが持続可能だと言い切ることへのリスクを排除していきたいと考えています。

私たちの製品はビーガン製品ではありませんが、動物から採取した細胞を元に、動物が苦しむこともなく、死ぬこともなく、毛皮やウールを作ることができるという簡単なプロセスに依拠しています。これは動物のためのものであり、動物にとっては非常に良いことですが、同時に環境の変化は動物に少なからず影響を与えるので、そうした環境への配慮は欠かさないようにしています。そして、水路や土壌に入り込むマイクロプラスチックといった目に見えない害もありますので、私たちはこれらへの懸念から開発プロセスにおける薬品などに注意を払っています。

画像: バイオプリントの様子 images by @Furoid™
バイオプリントの様子 images by @Furoid™

モデルのキャリアから一転

Furoid™創業のきっかけ 

マリア:

始まりは2017年にさかのぼります。当時、私の夫はバイオテクノロジーの企業でパーキンソン病や、ミニブレインに関する研究に従事していました。さらに彼らはサイドプロジェクトとして、シャーレの中でヒトの毛包を生成する研究も行なっていました。研究を続けるうちに彼らは、シャーレの中で毛包を成長させるプロセスを開発し、その技術的プロセスの特許を取得したのです。特許取得後も、私たちはその特許について継続的に研究開発を進めています。

私はロシア出身で毛皮を着ることがごく身近にある環境で育ってきました。ロシアでは今でも人々が毛皮性の製品に憧れ、その美しさに魅了され受け入れられている印象があります。さらに私はファッションモデルとして活動していたこともあり、ファッション産業の人々と働く瞬間がとても好きでした。実際にモデルの仕事で日本に行ったこともあります。このように、さまざまなパズルがはまった結果、人間の毛包を使った方法を応用して、シャーレ上で毛皮を作ることに挑戦することを決め、Furoid™が始まったのです。

画像: CEOのMaria Zakurnaeva(マリア・ザクルナエワ) photo by Sebastian Donath @sms30
CEOのMaria Zakurnaeva(マリア・ザクルナエワ) photo by Sebastian Donath @sms30

ファッション業界でのキャリアは現在にどう繋がっているのでしょうか。

マリア:

私は10年近くファッションの世界で働いてきました。モデルとして働いたり、ブランドのために働いたりするなかで、サプライチェーンの仕組みや商品の売り方、小売店が求めているものなど様々なことを学ぶ機会を得ました。そして人脈を築くこともできました。

しかしモデルをやりながら次第に気づいたのは、業界の人たちと働くことはとても楽しい反面、それだけでは何も変わらない、ということでした。ですから、私個人にとってファッション業界に積極的に貢献していくことは、とても重要なことでした。ファッションは明らかに多くの問題と闘っているので、何かできることはないかといつも考えていました。

そのような中で、我々の技術革新でさえ本当にファッションを変えることはできず革命を起こすとは考えていません。たとえばシャーレの中で作られているレザーのように、従来の生産方法を必要としない、より優れた代替のアイデアはたくさん存在し、毛皮はほんの一部に過ぎません。そして、よくよく考えてみると、今のところどんなイノベーションも業界全体を変えることはできないように思っています。

しかし同時に、私たちの技術は特に動物愛護の観点から、少なくともいくつかの種や動物にポジティブに影響を与えることができるとも考えており、これが私たちの究極の目標でもあります。そして、私たちが一歩を踏み出し、代替品を開発する他の企業も小さな一歩を踏み出すことができれば、ファッション業界は変化し、悪物扱いを受けなくなる日もくると思います。

ポジティブな変化に向かって

今後の開発目標について教えてください。

スンダー:

今後数年間は、毛の成長を最適化することに取り組む予定です。どのバイオポリマーをどう使うかを最適化し、防水撥水や日焼けといった機能の研究を進めます。そして、次の2年間は、投資を募り、より耐久性のある製品を人々に提供できるよう製品の実現を進めていきたいと考えています。

同時に、ミンクだけでなく、さまざまな種類の動物に対象を広げて研究していくことも計画しています。これはつまり、動物を害や屠殺から救うことを目的としています。 プロトコルやプロセスの最適化、そして、完全に動作するプロトタイプを提供し、より大きなレベルへのスケールアップも検討していきます。

ファッション産業への応用の兆しはどのように計画されていますか。

マリア:

私たちは現在ファッション業界のパートナー探しにも取り組んでいます。今までのところ、さまざまなオファーを受けましたが、条件面で納得できるものがありませんでした。そのほとんどの場合、「まだ早い」といったコメントを受けます。それは、ブランドが既に顧客に提供できるような製品を求めているためであり、私たちはまだコネクションを作り上げている段階です。しかし、現在は毛皮の生産を行っている団体から支援を受けています。彼らは人々の好みや嗜好の政治的環境を非常に理解しており、彼らは私たちの考え出すアイデアに興味があり、その一部に貢献したいと考えています。

同時に良い兆しとして、業界のビッグネームやブランドから認識され、問い合わせを受け、注目を受けていることもあるので、将来的に彼らと一緒にやっていきたいとも考えています。創業当時の2017年には、私たちが夢を見ていると思われて、ファッションブランドに注目されないこともありましたが、アイデアを信じてくれ、投資してくれる人もいました。そして、5年の時が経ち、業界の人と話ができるようになりました。さらにコロナ禍で大量のミンクが殺傷されたことが報道されたこともあり、そうした情勢の中で私たちに対する認知度が上がっています。現段階ではたくさんのことが計画中ですが、直近の目標は培養した毛皮の十分な規模と量の供給を行っていくことです。

今後のビジョンについて教えてください。

マリア:

私は、Furoidを通じて、新たな選択肢を与えていきたいと思います。私たちが構想していることが可能だと信じるのであれば参加して欲しいと思います。特にプレッシャーをかけたいとも、争いたいとも思っていません。私は業界に私たちを認識してほしいし、理解してほしいし、これを続けていきたいと考えています。私たちをより多くの人に知ってもらい、その中で彼らが考え、話し、理解し、私たちの代替案・選択肢があることを知って欲しいのです。それが結果として、他の人たちの前向きなきっかけ、その一歩を支援することができるのは大きな励みになります。興味のある業界のために、どうしたらもっといいことができるだろうかと考える機会を作ること、それだけでも十分だとも思います。

私たちが求めているのは変化そのものなのではなく、ポジティブな変化に向かって前進することです。たとえば、雇用を考えてみてください。すべてがグリーン化され、サステナブルになるから、全員を解雇して、ごめんなさいというわけにはいきません。毛皮の養殖を全くやめるだけではなく、農家の人たちに、まだ何かできるという選択肢を与えなければなりません。たとえば、これは遠い未来の話ですが、毛皮農場があった国や地域を、毛皮の培養のための施設ないしは科学者を助ける施設として活用できるかもしれません。私は、私たちの行っていることが本当に良い結果をもたらすことを望んでいます。たとえそれが私たちの世界を変えるという期待よりも、遅く小さかったとしても、行っていきたいのです。

ファッション産業は、とても美しい産業であると思っています。私は約10年間、この業界で過ごす中で、毎日素晴らしい人たちと出会い、美しいものを見て、想像力を必要とするクリエイティブな仕事に携わってきました。だからこそ、その背景で衣服や素材、梱包資材が廃棄されていることを知ると、胸が張り裂ける思いがします。だからといって、ただ単に環境に優しくグリーンガスを排出しない製品というだけでは十分ではありません。

こういった全てのことは動物に影響を及ぼします。私は動物を愛していますが、動物を大切にするなら、人間を大切にしなければならないとも考えています。なぜなら、人間は周囲環境を、地球を、大切にしなければならないのですから。つまり私たちが取り組んでいるのは動物愛護の問題だけではないのです。人間を愛することなしに、動物を愛することはできません。私たちは共存しながら、動物を守り、自分達も守らなければならないからです。ですから、私が考えているのは、動物も、生産者も地球も、すべての人を巻き込むことです。人のこと、動物のこと、気候のことを考え、どうすればより良いものになるかを考えるのです。人と争うのではなく、どうしたら人々に仲間になってもらえるのか。そういうふうに考えていきたいと思っています。

*画像は全て研究施設街でFuroid™によって撮影された物です。

Text by Hanako Hirata 

#Bio Fashion
LINEでシェアする