Fashion Tech News symbol
Fashion Tech News logo
2023.12.29

見逃し厳禁!2023年にFashion Tech Newsでもっとも読まれた記事をカテゴリー別に紹介

恒例となった年末の人気記事ランキングを紹介する時期がやってきた。
私たちのFashion Tech Newsを愛読される読者の皆さんはお気づきかもしれないが、Yahoo!ニュースやGoogle ニュースでも記事が配信されている。これまで以上に多くの方々に目に留まるようになり、編集部も日々ファッション業界の製品や技術、文化にアンテナを張りつづけ、最新の情報を発信するように努めてきた。その結果、今年は485本の記事を配信している。
いずれの記事も見逃し厳禁。とはいえ、もっとも読まれた記事が気になるという声も多い。そこで今回は簡単な紹介文を添え、カテゴリー別に人気な記事を2本ずつ選出した。今年のファッションテックを代表するトレンドやキーワードのおさらいとして、是非ともそれぞれの記事をあらためてチェックしてほしい。

2023年の注目記事12選

【BUSINESS】
微弱な電流刺激で体をリカバリー  “マイクロカレント”とは 一体どんなものなのか

誰もが健康でありたいと望むはずだ。あの食材が良いと聞けばスーパーに駆け込み、座りすぎは良くないと知れば運動を欠かさない人も多い。そうした感度の高い人は最新の情報を常に欲しており、今回の「リカバリー」(回復)という文字列にビビっと来たのだろう。
近年人気を博したのがEMSという電気インパルスを用いて筋肉に刺激を与え、疲労を軽減したり、損傷の回復を早めたりする技術だ。だが、その技術も日進月歩。「マイクロカレント」という技術が登場した。もはや電気的な刺激を感じることができないレベルだという。だが、効果はお墨付きで、医療機器として認められている。
フォームローラーやマッサージガンに加えて、日々のメンテナンスの1つとして愛用してみてはどうだろうか。

自転車ヘルメットの「着用努力義務化」で注目を集める、"着るヘルメット"の開発背景

街中を思い浮かべてほしい。小学生は通学用の黄色い帽子を、自転車通学をする中高生はヘルメットを被っている。当たり前のことで、親からすれば自分の子供には否が応でも着用させるだろう。
だが、自分はどうなのかと問いかけてみれば、黙ってしまう人もいるのではないか。正直に言えば、ヘルメットはダサいから被りたくない。だが、そんな考えも過去のものだとしたら。
安全性とファッションの問題に取り組んだのが、本記事で紹介されている株式会社オージーケーカブトのヘルメットだった。いわゆるツーリング選手のようなヘルメットではなく、おしゃれを楽しむ人のために考案された帽子の形をしたヘルメットだ。
法改正で着用の努力義務となり検索した人も多いかと思われるが、そうでなくともファッションアイテムの1つとして人気が出ることだろう。

【RESEARCH】
薄くて暖かい「mont-bell(モンベル)」の最高峰ダウン「イグニスダウン パーカ」の実力

登山などのアウトドアブランドと言えばmont-bellの名前をあげる人も多い。そのなかでも、ダウンジャケットのクオリティの高さはお墨付きだ。その秘密に切り込んだ記事が、多くのアウトドア愛好家たちの目に留まった。
なぜmont-bellのダウンは薄いのに暖かいのか。その秘密はもちろん使われているダウンの品質の高さもさることながら、その製法にあった。ダウンの表面からは美しいキルティング・パターンが読み取れる。ここに鍵があるのだが、その詳細は是非とも記事を読んでいただきたい。研究を重ね、デザインを追求した先に、mont-bellがあるのだと気づかされることだろう。
これから本格的に寒くなる時期がやってくる。これまでファッションブランドにしか興味がなかった人も、この記事を読めばmont-bellに自然と足を運んでしまうはずだ。
1 / 4 ページ
この記事をシェアする