Fashion Tech News symbol
2022.01.10

AIを活用したバーチャル試着体験を提供「kitemiru」

リンクをコピーしました
新型コロナウイルス感染拡大を受け、アパレル業界ではEC市場が急成長しているなか、様々なデジタル技術のサービスが誕生している。ECを利用する上で最も気になる点が商品の試着ができないことだろう。そんな課題を解決する新しいデジタル技術のサービスがある。
それがAIベンチャーの株式会社データグリッドが開発したバーチャル試着サービス「kitemiru」だ。これはスマホ1つで気軽に試着体験ができるサービスで新たな試着体験を顧客に提供するものだという。今回はサービスの概要や開発の経緯について、同社の執行役員の藤嶌辰也さんにお話を伺った。

バーチャルで無限に試着が可能

kitemiruは、株式会社データグリッドが開発した最先端オンライン試着技術サービスだ。ユーザーがスマートフォンで撮影した写真をアップロードするだけで瞬時にAIが商品の試着イメージを生成し表示してくれる。kitemiruを使うことで、気になっているアイテムが自分や家族、友人に似合うかどうかを実際に試着することなく購入前に確認できるのだ。
サービスを導入するブランド側では、ECサイト用に撮影したモデル画像をサービスに登録するだけで簡単に試着ページを発行することができる。そして店舗やオンラインストア、SNSなど様々なタッチポイントに試着機能を張り巡らせることで、顧客に新しい購買体験が提供可能だ。これによりオンラインでの滞在時間を増やすなど、ブランドや商品がこれまでよりも顧客の記憶に残りやすくするような効果もあると考えられているという。
「服を買うときに『どっちの色・デザインにしようかな?』『ちょっと雰囲気を変えた服を買いたいけど、似合うかわからないな……』という悩みに対して、kitemiruではお客様に安心して買っていただくお手伝いができると思っております。それだけではなく、家族やパートナーなどに服をプレゼントするときにもサポートができるのではないでしょうか。これらのお手伝いがブランド様への貢献にも繋がると考えております。」
これまで、試着は店舗でしかできないユーザー体験だった。だが、kitemiruの誕生によりバーチャルで無限に試着が楽しめるようになった。その無限に試着が楽しめるプロセスを経て、ブランドへの愛着も深まっていくと藤嶌さんは話す。
「もちろん店舗で使うことで実際に試着する手間を省くことができる利点もありますが、自宅や移動中など試着してみたい“今”、それを実現することができ、新しいユーザー体験をご提供できるのです。また、似合うかどうかわからないので恥ずかしくて試着できなかった方も、Kitemiruだと誰にも試着姿を見られないので気に入ったものすべて試着していただけます。ユーザーの“着てみたい!”というの正直な気持ちに寄り添うことができます。」
kitemiruの強みは主に3つある。1つめは、世界トップクラスのバーチャル試着AI技術を使っていること。同社ではkitemiruを実現するためバーチャル試着AI技術を開発してきており、自分の写真と服の写真だけでオンライン試着できるサービスとしては世界トップ水準のクオリティだという。
2つめはユーザーの操作が簡単なことだ。(1)試着したい服を選ぶ、(2)試着させたい人が写っている写真を選ぶ、(3)その写真を調整するの3ステップで試着が可能となっている。
そして3つめはブランド側の操作も簡単なこと。ブランドは多くのシステム・サービスを使われており、複雑な機能を提供すると業務負荷がさらにかかることになるため、kitemiruでは極力負荷の掛からないように工夫しているとのこと。
1 / 2 ページ
この記事をシェアする
リンクをコピーしました