2021.04.26

炭素排出量の少ない衣服製造とは?Citizen Wolfの構想する大規模な変革

heroImage

Citizen Wolf(シティズン・ウォルフ)は、オーストラリア、シドニー発のファッションテクノロジー企業だ。カスタムフィットおよびカーボン・ネガティブな製品ライフサイクルの実現を掲げ、Tシャツを中心に製造方法を再検討している。同社のコア技術である、「Magic Fit® Technology (マジック・フィット®・テクノロジー)」は、顧客ひとりひとりのユニークな身体形状に合わせたTシャツのオンデマンド生産を実現している。顧客は、簡単な質問事項を3〜4つ答えるだけで、自分の体にフィットするTシャツを購入することができる。今回、3人の共同創業者のうちの1人である、Rahul Mooray(ラフル・モーレイ)氏にインタビューを行った。

「業界の変化を引き起こすために」

Citizen Wolfは、2015年にZoltan Csaki(ゾルタン・チャキ)氏、Eric Phu(エリック・フー)氏によって設立され、後にRahul Mooray(ラフル・モーレイ)氏が技術共同設立社として参加。創業以前は個人でレーベルやアクセサリーを扱う職についていたそうだが、彼らは「ファッション業界の人であったというわけではない」という。Citizen Wolfを開始したのは、「現在のファッション産業における構造が、いかに壊れているのかを目の当たりにした」ためであり、「サイズの合わない服に嫌気がさしていた」ことなどが挙げられるという。

image

「私たちのミッションは、とてもシンプルで、現在のスケールアップした衣服の製造方法をカーボンマイナスかつカスタムメイド、かつオンデマンドであるように再構築することです。現在のファッション産業の仕組みが壊れていると感じており、それが誰にとっても良いことではないのは明らかなことです。そこで私たちは、それらの構造を1から構築しなおすべく、開発をはじめました。そして、願わくば、これら業界全体のシフトを促すことです。」

そんなCitizen Wolfの提案する、「Magic Fit® Technology(マジック・フィット® ・テクノロジー)」は、eコマース購買体験の質を向上すべく開発されたフィッティングテクノロジーである。現在の購買傾向がeコマース前提であることを受け、eコマースのソリューションとして展開。Magic Fit® Technologyを主軸とするサイジング技術のみならず、素材選定やデザインから販促、さらには製品の終末期までを俯瞰したサービスを提供しているという特長がある。

image

3つの質問に答えるだけ、「Magic Fit® Technology(マジック・フィット® ・テクノロジー)」


「既にスーツやブライダルフェアといったフォーマルウェアにはテイラーリングが存在していますが、カジュアルウェアにはテーラリングの文化はありませんでした。世界中で誰もが着用しており、型紙や製造工程もシンプルなTシャツから着手し、Tシャツにおけるフィットの問題を解決することができてから、他のアイテムへと広げていこうと考えています。」

Magic Fit® Technologyを利用した、オーダーまでの順番はこうだ。まず、好きなTシャツのデザインを選ぶ。ここで半袖・長袖・タンクトップといった要件を選んだ後、希望の布やその色を選択。

そして、最後に、男性の場合は身長・体重・生年月日の3つの事項に、女性の場合はそれらに追加してブラジャーのサイズを入力、決済を行って完了する。生産の段階が1つずつ進むごとに、通知が来るため、常に自分のオーダーしたTシャツが生産のどの段階にあるのかが把握できる仕様となっている。

生地はサプライチェーンを短く、かつ、ローカルに行えるようにと、メルボルンで製織されている生地を使用しており、オーガニックコットン(3種の重量)、ヘンプとコットンのブレンド、ウルトラファインメリノウールが使用されている。そのため、今後グローバルな展開を考えることがあれば、現地の生産工場から、生地生産の工場との連携が欠かせないという。

image

一貫した簡潔な構造と透明性を可能としているサービスを可能にしているのは、創業初期からユーザーエクスペリエンスに重きを置いた開発の甲斐があってのことだという。「私たちにとっては、非常に優れた技術であることが重要でした。また、人々にとって使いやすいものであることも重要でした。例えば、15も質問があれば、たいてい4問目で飽きてしまうからです。」

Magic Fit® Technologyの基礎となる技術は、生体情報に基づくデータセットの蓄積から構成された、当社独自の統計モデルだ。「自社独自に開発した、統計モデルにより、ユーザーひとりひとりに合わせた、身体の数学的モデルを作成することができます。設計にあたって、私たちは何千人もの人々に協力を願い、フィッティングを行いました。実際に我々のスタジオに来てもらい、手作業で彼らのサイズを測るのです。そして、何千人もの人の体でTシャツがどのように見えるかを正確に確認しました。つまり、体の数学的モデルの上に追加する完璧な許容範囲を開発することができたのです。」

ノート欄 「裾を長くしてほしい」「スリットをいれてほしい」などのコメントが可能だ
ノート欄 「裾を長くしてほしい」「スリットをいれてほしい」などのコメントが可能だ

そして近年、これまで蓄積してきた身長・体重・生年月日・ブラサイズに追加し、新たな取り組みとして「ノート」欄が追加されたそうだ。ノート欄では、基本となるTシャツのデザインに対し、ユーザーが個々の嗜好にあわせてデザイン要件を追記が可能となっている。「例えば、女性からのコメントで、『洋ナシ体型です』や『リンゴ型体型です』、『妊娠しています」などが多くあります。これらのノートの内容に合わせて、統計モデルを変更できるよう、自然言語処理のアルゴリズムを開発しました。」自然言語処理のアルゴリズムを追加したことによって、顧客ひとりひとりのユニークな体にフィットするように、基礎となる統計データのシフトをより滑らかにすることができるようになったという。

さらに、増加する自然言語処理のデータセットは、よりインクルーシブに最適化されたTシャツのフィットを可能にしている。「例えば『私は車椅子に乗っています』と記されていた場合、重さの分布が非常に異なるため、通常の平均的な統計モデルには当てはまりません。しかし、これまでの数年間の実践を通じて、私たちはそういった場合でも適合しうるようにデータを開発しています。よって、「車椅子に乗っている』、「週に10回ジムに通っている』など、何でも記してもらいたいと考えています。ゆくゆくはこれらが、誰にでも合うようなTシャツを作成するデータセットを構築していくためです。」

オーダーから生産・修復まで、ユーザーエクスペリエンスを考慮したサービス


一貫した簡潔な構造は、顧客がアクセスするウェブサイトだけではない。Magic Fit® Technologyの製造・販促までの流れもまた、オンデマンドの注文と連動するよう、アルゴリズムが独自に設計されているというのだ。「工場の運営、在庫管理を行うアルゴリズムから、作業の割り込みを最適化するアルゴリズムなどが含まれます。つまり、どの生地のどの色を使用するのか、工場のなかで誰がなにをするのかといった作業フローが管理されています。」

これは、オフィスが自社工場のなかに位置するよう設置したことで、他の工場との生産体制の接続を要さず、より生産現場と密接に連携しながら、注文、型紙の作成、レーザーカット、という一連の流れを全て管理することができるのだという。「正直なところ、創業初期は誰も私たちのシステムと連動して生産を行ってくれる工場はありませんでした。結果として、自社工場と工場の管理ソフトウェアをつくったことにより全てをコントロールすることが可能となりました。」

通知画面の様子 生地がレーザーカットされたことを知らせてくれる
通知画面の様子 生地がレーザーカットされたことを知らせてくれる

工場では、注文が入ってから、顧客の身体データとノート欄のコメントに合わせ、型紙を生成。そして、レーザーカッターにカッティングのデータが送付され、裁断までのフローのコントロールが可能に。そして、顧客は、自分のオーダーしたTシャツの生産状況を逐一知ることができ、双方の動きが継続して連動していることも、魅力の1つだろう。

「すべての顧客データを継続的に管理しながらおこなっています。そのためTシャツを注文した後、裁断が行われているのか、縫製が行われているのか、オーダーしたTシャツがいまどの生産段階にあるのかを正確に知ることができます。結果として、完成までにどの程度待つのかなども知ることができます。このように、工場からソフトウェア、生産から販促、技術のバックエンドからカスタマーエクスペリエンスまでの全体がプラットフォーム上で統合されています。」

豊富な購入後の修復サポート 

購入後のサポート体制もまた、手厚い。ノート欄に記入したものの、製品に満足が行かなかった場合、返送し無償での作り直しや、Free Repairs for Life (フリー・リペア・フォー・ライフ)」と呼ばれる修繕サービスも行っている。Free Repairs for Life (フリー・リペア・フォー・ライフ)」では、Tシャツに穴が空いてしまった、破けてしまった場合に、メールを送付のうえ、Tシャツを持ち込むと、修繕を行ってくれるという。

「私たちが行ったことは、感情的なつながりを持てるような製品を作ったことです。以前は、ほとんどの人が10ドル程度のファストファッションの品質のあまり優れていないTシャツを買い、そして気にも留めない。そして一定の着用期間を経て、すぐに捨ててしまいます。すべてが使い捨てでした。ファッションは使い捨てだと感じる傾向があるといえるでしょう。一方で、私たちのTシャツを購入してくださった方たちは、Tシャツを大切にしている傾向にあります。そのような方たちが、愛用するTシャツを長く着用するために、修理を行っています。」

Black Fridye
Black Fridye

ほかにも、年に一度、Black Fridye(ブラック・フライダイ)という染め直しのサービスも行っているそうだ。「通常行われているようなブラックフライデーのセールから文字った「Black Fridye」では、必要のない新しいものをセールで買うのではなく、実際に参加者にTシャツを持ってきてもらい、新品のように黒く染め直しを行っています。」

産業構造・廃棄問題への意識、そして今後


ファッション産業における問題を深刻に受け止め、抜本的な構造の見直しを構想する彼らにとって、サステナビリティを中心に据えた行動は必須だという。

「現在、ファッション業界は、世界の年間炭素排出量の10%を占めていると言われています。これは、航空業界と海運業界の合計よりも多い数字です。そして、2050年までに50%増加すると予想されています。さらに生産された衣類の3分の1は販売されることなく埋め立てられ、さらに3分の1は12ヶ月以内に埋め立てられると言われています。 このように、業界はどんどん悪化していて、誰も解決しようとしていないように感じます。だからこそ私たちは、大量生産をやめ、使い捨てをやめなければならないと考えています。私たちのモデルでは、二酸化炭素の排出量を少なくとも48%削減することができます。無料で修理することで、より長く着ていただくことができます。そして、オンデマンドの生産で必要な生産量に削減することも可能となります。」

image

「私たちにとっての未来、私たちのビジョンはとてもシンプルです。オンデマンドで衣服が作られ、カーボンニュートラルで、自分の体にフィットした服が作られる。私たちは、このような変化のきっかけを作り、業界をそのように変えていきたいと考えています。

もちろん、私たちは成長に合わせて規模を拡大していきます。Tシャツだけでなく、スーツとブライダル以外のすべての商品をカバーし、Magic Fit® Technologyのおかげでできる限りシンプルな体験を維持しながら、あらゆる地域に対応できるように拡大していきたいと思います。」

 簡単な質問事項に答え、要望を伝えるだけというなんともシンプルな購買体験を可能とするサービス。そして、そのバックエンドに位置づけられる、自社工場とその製造ラインを支える独自のプラットフォーム。抜本的な産業構造の変革を願う彼らの取り組みは、顧客との間だけでなく、サプライチェーン全体におけるコミュニケーションの手間を設計し直すという点にもおいても長けていると言えるだろう。サプライチェーンの透明性やサステナビリティへの具体的な行動が求められるいま、CItizen Wolfの問いかける「産業の再検討」は今後どのように体現されていくのだろうか。

Text by Hanako Hirata

#Sustainability#Auto Measuring
LINEでシェアする