2021.06.28

香りを言語化するAIシステム「KAORIUM」

コロナ禍でお家時間が増えるなか、リラックスやリフレッシュの方法を求めている人も多いのではないだろうか。そういったなかで、生活の質を高めるために重要なもののひとつが「香り」だ。

ただ、自分の好きな香りを探すには、これまでは店頭でひとつひとつ、テスターを香ってみるしかなかった。そんな香り選びをAIを使ってナビゲーションするのが、様々な香りを「感性言葉」に変換すると同時に、言葉から香りを選び出すことができるシステム「KAORIUM(カオリウム)」だ。今回は、SCENTMATIC株式会社(以下、セントマティック)代表取締役・栗栖 俊治氏に「KAORIUM」の開発背景をめぐるお話を伺った。

「豊か」な暮らしのために

セントマティックの「香り」に着目したビジネスは、栗栖さんの「様々に登場するサービスや機能によって、人々の暮らしは本当に『豊か』になっているのか?」という違和感をきっかけに作り上げられたという。もともとはNTTドコモにて、サービス企画PMとして、様々な利便性や課題解決を提供する新サービス・新機能の企画・立ち上げに携わっていた経験から、このような疑問を抱いたという。

「『豊か』とは何かが多くある状態。『豊かな暮らし』とは何が多くある暮らしなのか?と考えてゆくと、『嬉しい』『楽しい』『気持ち良い』『おいしい』などポジティブに感じられる瞬間が多くあることであろう、と考えました。この前提に立つと、課題解決や利便性がもたらす価値とは、『つらい』『めんどくさい』『悲しい』など、ネガティブに感じる時間をなくす・減らす(マイナスをゼロにする)ことにあり、これだけではポジティブな時間を増やす(ゼロをプラスにする)ことにはつながりにくいものです。」

このような考えのもとで、課題解決や利便性ではなく、ポジティブな瞬間にあふれる暮らしを実現する価値を作りたい、と志したときに注目したのが「香り」だったそうだ。香りは私たちにとって、心地よい感覚を与えてくれるもの。実際に身の回りの生活には、フレグランスをはじめ、実に様々な香りに囲まれている。

一方で、「普段の生活において、これらの香りは見過ごされがちですし、また、香りあるものを買おう、選ぼうとしたときに、自分が「これだ!」と納得できる好きな香りを探すことや、そのような香りに出会うことが難しいものでもあります」という。そこで、AIが香りをわかりやすく言葉で表現し、自分の好きな香りに出会い、より楽しめる体験を提供するのがセントマティックの提供する「KAORIUM」だ。

画像: null

「KAORIUM」はAIを活用し、様々な香りを「感性言葉」に変換すると同時に、言葉から香りを選び出すことができるシステム。現在は香りの成分分析はセンサーなどの機械を使ったものではなく、香りや日本酒のプロ(ソムリエ)と一般消費者が感じた言葉やその分布などのデータをもとにインターネットや文学の言語表現を学習したAIがより多くの一般消費者がわかりやすい・共感しやすい表現に変換しているとのことだ。

学習している言葉のデータソースは、インターネット上にある様々な言語表現や、文学の言語表現データとのことだ。ここに香りに対してプロや消費者が感じた言葉やその分布を融合させることで、「KAORIUM」はそれぞれの香りを言語で表現している。例えば、ある香りに対してプロや一般消費者が「すっきり」「涼しい」と感じていた場合には、「さわやか」「清潔感」「透明感」「みずみずしい」といった形だ。特にプロが出した言葉が一般消費者に伝わりにくい場合(ウッディー・バルサムなど)には、分かりやすい言葉に変換し、また「初夏新緑のせせらぎ」などの情景表現は、体験中にユーザーが選んだ言葉や香りを一言で表現する際にイメージしやすいよう活用しているという。

特に香りの感じ方は、嗅覚受容体が異なることによって人それぞれ異なり、誰かが「この香りはこういう感じ方である」と定義しても共感できる人が極めて限られてしまったり、宣伝のための表現として受け止められてしまうこともあるという。そのため、プロや一般消費者の香りの感じ方に基づき、香りを様々な言葉で表現するとともに、実店舗で一般消費者が「KAORIUM」を使って感じた言葉をフィードバックとして学習することで、より精度の高い・より多くの共感を得られる言葉の表現を出せるようにしているそうだ。

画像: null

多様なパートナーとの提携

こういったAIの開発は、栗栖さんの過去の開発経験も活かされているという。音声認識AIサービスでの言語処理のAIシステムに関する知見やAIを活用したサービス事例に関する知見が、「KAORIUM」の着想の背景にある。開発初期は、香りの素人であるITサービスの企画者やUXデザイナーのみで構成してプロトタイプ開発に着手し、その後に、嗅覚アーティストの上田麻希さんや日本酒ソムリエの赤星慶太さんをはじめとする、香りや風味ある嗜好品のプロフェッショナルの協力のもとで開発が進められた。

また、今年の4月には香水のセレクトショップ「NOSE SHOP」で期間限定で導入され、実際に体験したユーザーから「香りの感じ方が変わってわかりやすくなった、選びやすくなった」「自分の好きな香りの言葉がわかって、香りを選ぶ軸ができた、他のお店でも使いたい」「友人と香りの感じ方を話せたり、他の人と香りの感じ方の違いがわかって楽しい」といった反響があったと共有してくれた。

画像: null

香りをめぐる文化の探究

香りへの印象はまた、地域差や年代間の差もあるという。たとえば、金木犀の香りはフレグランスでも人気の香りの1つですが、シニアの方の中にはトイレのにおい、と感じる方もいらっしゃいます。 これは数十年前、トイレの芳香剤に金木犀の香りが多く使われていたことが理由だそうだ。このように香りに対する感じ方は、時代や流行、価値観や人それぞれの記憶に基づき、多様に変化してゆくものであるという。文化的な背景による地域差も同様だ。こういった人それぞれ、時代や国によって変わる香りの感じ方を言葉のデータで蓄積してゆくこともセントマティックが実現したいミッションのひとつだと、栗栖さんは語ってくれた。

また、「KAORIUM」のような感性と言葉の結びつきの解析は、ファッションのような視覚的な感性の分析に対してもポテンシャルがあるだろう、と考えているという。「好き/嫌い」の裏にある潜在的な感じ方をデータ化してゆくことで、消費者に対する訴求の仕方や商品開発などに活かせるデータになっていくのではないかと考えていると述べてくれた。

現在は、フェンシング日本代表の見延選手とのコラボレーションを通して、アスリートのパフォーマンスを高めていくための香りの活用に挑戦している。個々人にあったリラックスできる香りを提供することで、オフの時間での休息効果を高める狙いだ。

様々な場面で活用が期待できる「香り」。特にコロナ禍ではセルフケアやリフレッシュの方法に注目が集まるなか、生活のなかで「香り」の重要性はさらに高まっていくだろう。今後の「KAORIUM」の展開にも注目だ。

#RetailTech
LINEでシェアする