2021.05.31

次世代の製品を支える「LOOMIA Electronic Layer」

heroImage

LOOMIA(ルーミア)は、ブルックリン発の電子機器製造会社だ。当社の特許技術LOOMIA Electronic Layer(ルーミア・エレクトロニック・レイヤー/以下LEL)は、従来のプリント回路よりも柔軟であり、これまでのプリント基板が対応できなかったソフトな製品に電力供給が可能な新しい形態の回路として注目を集めている。今回LOOMIAの創業者かつテクニカルリードを務めるMadison Maxey(マディソン・マクシー)氏に話を伺った。

LOOMIA のテクノロジー

創業者のマディソン・マクシーは、デザインとテクノロジーを架橋する、クリエイティブ・テクノロジストであり、これまでにForbes誌のArt&Style部門の「30 under 30」やアメリカ国内28歳以下のイノベーター選出プラットフォーム「NBCBLK28」に選出されている。「最も面白い製品は、デザインとエンジニアリングの交差点で生まれると考えているので、両方の要素を持っていることをとてもうれしく思っています。」と語る彼女のキャリアは、ファッションブランドでのインターンから、ファッションデザイナーとしてスタート。そして、ウェアラブルテクノロジーを中心に活動を広げ、現在はLOOMIAでの活動の傍ら、スタンフォード大学にてマテリアルサイエンスを専攻する、まさに二足の草鞋を履く人物である。

2013年に彼女の起業したLOOMIAは、デザイナーやエンジニアたちが次世代に向けた製品に使用できる素材を作ることを目標に掲げており、当社のコア製品である、LELは、「エンジニアが製品を作る際に電気機械の問題を解決するために使用できる、柔軟な回路」である。LELは、2016年に開発が始まり、3年に及ぶ開発とテストが実施された後、2019年より試用が開始。製品はこれまでに何度も改善が行われ、「最初のバージョンの製品は、自家製の導電性インクとプロッターで作られていて、いまでは懐かしい思い出です。」とマディソンは語っている。

<p><span style="color:#000000">創業者のマディソン・マクシーは、デザインとテクノロジーを架橋する、クリエイティブ・テクノロジストであり、これまでにForbes誌のArt&amp;Style部門の「30 under 30」やアメリカ国内28歳以下のイノベーター選出プラットフォーム「NBCBLK28」に選出されている。「最も面白い製品は、デザインとエンジニアリングの交差点で生まれると考えているので、両方の要素を持っていることをとてもうれしく思っています。」と語る彼女のキャリアは、ファッションブランドでのインターンから、ファッションデザイナーとしてスタート。そして、ウェアラブルテクノロジーを中心に活動を広げ、現在はLOOMIAでの活動の傍ら、スタンフォード大学にてマテリアルサイエンスを専攻する、まさに二足の草鞋を履く人物である。</span><br><br><span style="color:#000000">2013年に彼女の起業したLOOMIAは、デザイナーやエンジニアたちが次世代に向けた製品に使用できる素材を作ることを目標に掲げており、当社のコア製品である、LELは、「エンジニアが製品を作る際に電気機械の問題を解決するために使用できる、柔軟な回路」である。LELは、2016年に開発が始まり、3年に及ぶ開発とテストが実施された後、2019年より試用が開始。製品はこれまでに何度も改善が行われ、「最初のバージョンの製品は、自家製の導電性インクとプロッターで作られていて、いまでは懐かしい思い出です。」とマディソンは語っている。</span></p>

LELは、LOOMIA独自の導体を使用しているため、通常のプリント基盤よりも柔らかいという。そのため、LELは、その柔軟性から可動域に制限がなく、ソフトな製品への組み込みが容易で、抵抗値の変化が少ないという特長がある。そしてこれまでにLELは、交通機関のシートやアンビエントライティング、医療向けソフトロボティクスにおける圧力センシング、アパレルやウェアラブルデバイス向けの加熱機能などに応用されている。このような大規模な供給は、製造パートナーであるEastprint社が支えており、一方で、研究開発などの少量生産の場合、米カルバーシティのLOOMIAオフィスにて生産されているそうだ。

image

豊富なR&Dプロジェクト

image

「R&Dを強化しようと決めたのは、eテキスタイルの研究プロジェクトがよく頓挫してしまう理由だからです。プロジェクトや製品によっては、プリント基板よりも柔軟な回路が必要になりますが、それを実現する明確な方法がないためプロジェクトが頓挫してしまうのです。そこで私たちは、エンジニアやデザイナーのためにこの問題を解決したいと考え、研究開発や製品開発に力を入れています。」とマディソンが語るように、LELはこれまでにFESTO社の「BionicMobileAssistant」やHYUNDAI社のコンセプトカーへ応用されている。

image

そして近年、次世代に向けた製品開発を支援するためのLOOMIA Lab(ルーミア・ラボ)を設立。当ラボは、LOOMIAの技術を導入しようと考えている企業のニーズに合わせ、コンサルティング、レポート作成、生産開発などの手厚いプロセスを提供。例えば、コンサルティングサービスには、ユースケースやユーザーエクスペリエンスの開発、競合製品との比較調査や分析、ワークショップによる製品コンセプトの創出、ビジネスモデルのフレームワークの提供、隔週ミーティングの設定などが含まれている。この一連のプロセスは大抵の場合12週間ほどを要し、最終的には顧客ごとにカスタマイズされたLELがデザインされる。

「R&Dの取り組みを通して、プロジェクト管理について多くのことを学びました。うまくいかないことも多々あり、プロジェクトを時間通り、予算通りに進行できるように真摯に取り組むように心がけています。」

image

衣料品へ応用可能性

特に衣料品への応用という点からは、ANALOG DEVICES社との研究開発である、ハンガーから充電が可能なモーションセンサー付きシャツの開発が挙げられる。ANALOG DEVICESがすでに制作していたプリント基板やアルゴリズムを、LOOMIAの技術を応用した柔らかい回路層を用いて実現。このシャツは高品質なモーションデータに加え、洗濯が可能であることが実証されている。

衣料品への応用に際し、普段着であれば実際の着用者が機能を必要としていないこと、「eテキスタイルは生地というよりも回路であるため、付加価値がなければ応用として意味をなさないこと」などが挙げられるといい、むしろ電気機械的な問題を抱えている製品への応用が適する。そのため、日常着へは「主な展開は冷暖房の機能の付与」が考えられるという。一方で、LOOMIAは、The North FaceやCalvin Kleinとのコラボレーションの開始をアナウンスしており、今後どのように展開が行われるかに要注目だ。

最近では研究開発に加え、デザイナーやエンジニアがプロトタイプを作成する際に使用できるプロトタイピングパーツの開発を行っているという。「デザイナーやエンジニアが次世代の製品を作るためのツールを作ることにモチベーションを感じています。LOOMIAが、他の製品に使われる材料として機能し、新しいテクノロジーの出現を可能にすることがとても嬉しいです。」これまでのプリント基板の適用可能範囲を拡張すべく、新たな使用方法を研究開発を通じて模索するLOOMIAの取り組みは、これからも製品を使用する側に見えないところで、新たなデザイン可能性を広げてくれることだろう。

image

Text by Hanako Hirata

#Smart Textile
LINEでシェアする