2021.10.11

ブランド価値を維持した1.5次流通を目指す「RETAIL CONNECT」

heroImage

ファッションにおける環境問題を背景として、2次流通に注目が集まっている。2次流通は一度着用された古着の再利用が多く、そこで見落とされるのが一度も着られることなく破棄されてしまうファッションアイテムたちだ。

それらに光を当てながら「1.5次流通」を掲げ、ブランド価値にも目を向けながらアイテムのリテールを促進するサービスを提供するのが、「RETAIL CONNECT」だ。今回は、株式会社RETAIL CONNECTで執行役員を勤める、迫愛華さんにブランドの概要や1.5次流通の特徴についてお話をうかがった。

小売りをつなぐ1.5次流通

「RETAIL CONNECT」は、ブランドアイテムを日本全国の商業施設で販売するサービスだ。アパレル企業は、商品を発送するだけで、あとは「RETAIL CONNECT」が店舗での接客販売・店内VMD・在庫管理までトータルで提供する。そのため、企業は店舗を構える際に通常は必要となるリーシング、家賃、内装工事、採用コスト、運営に関わるさまざまな業務の負担がなく、在庫の有効活用をすることが可能となる。

画像: null

「RETAIL CONNECT」によって回収されたアイテムは、全国さまざまな店舗で販売される。現在は、イオンモール熊本・イオンモール岡山などの商業施設やベイクルーズグループとの取引が行われており、関西・関東方面の店舗が多いようだ。出店店舗やエリアに特に制限はなく、意向がマッチさえすれば多様な展開をしていきたいという。

多様なブランドから大量のアイテムが集まってくる「RETAIL CONNECT」では、販売店舗や販売ブランドとのマッチングなども考慮しなければならない。この点については、店舗側もブランド側も個々に培ってきたブランディングがあるため、出店時に両者がより良いバリューを出せるような取引であることを考え、「ブランディングに沿っているか」、「周辺のプロパー店の立地」などを精査することが多いのだという。

「お取引先のブランドのプロパー店との場所が近いと、顧客層を取り合ってしまう可能性がありますのでその場合は、商品内容をブランド様と話し合って、両者納得行く形をとっています」とのことだ。

ブランド価値に敬意を持つ

「RETAIL CONNECT」は、このように“1.5次流通”のようなサービスとして、ブランド価値やイメージを損なうことなく在庫活用を展開するために工夫が凝らされている。「RETAIL CONNECT」はただの催事、ただのアウトレットショップではない、ファッション業界の持続可能な未来を作るための「商品の消化」というミッションの達成を目指しているのだという。

商品タグに直接、衝撃的な価格を貼るような過度な値下げをしてしまうと、ブランド価値を毀損する懸念がある。作り手の思いが込められ、たくさんの人の手が加わってできた商品だからこそ敬意を持って扱い、お客様にも、ブランド様にも失礼の無いように取扱いたいと、迫さんは語ってくれた。

このような意図のもと、「RETAIL CONNECT」を経由してサービスを販売する場合の販売額の価格設定は、ブランドと綿密の話し合いをし、プロパーでの販売金額との差が開きすぎないように調整しながら決定している。
また、店頭ではSDGsカードというものが配布されており、これをレジに持参すると顧客には値引きがあり、その売り上げの一部が寄付される。このように、協賛企業やファッション業界全体にプラスの価値を与えられる試みも行っている。

それでも、服が好きだから

「RETAIL CONNECT」というサービス開発に着手した経緯は、シンプルに「それでも、服が好きだから」だったそうだ。ファッション産業の環境汚染の問題や倫理的問題があるなか、それでも服が好きで、なるべく早く、再度、服として手に取ってもらえるように“1.5 次流通”という仕組みを整えたいという想いから、「RETAIL CONNECT」のローンチへと至ったのだという。そのため、
アパレルをはじめとする、RETAIL(小売)の先を「つなぐ」という意図で「RETAIL CONNECT」というサービス名になった。

現在は7月のリリースから2ヶ月ほど経ち、ブランドからは主にお客様情報の分析に対して興味関心の声が寄せられているようだ。「RETAIL CONNECT」では、親会社である株式会社SRLの強みを生かし、店舗前での定点観測や、コンサルティング運営の手法で客層、年齢、購入の傾向などのデータを収集し、ブランドに活かしてもらうよう提供しているのだという。

消費者の反応としては、いつも通り服を買いに来ても、思わぬ新しい出会いが得られたことが面白い、衝撃だった、「お洋服を買うときに、そんなこと考えたことがなかった」といった声が寄せられているのだという。迫さんは「RETAIL CONNECT」の購買体験を通じて、大好きなファッションで「SDGsに貢献している」とお客様に感じてほしい、とのことだ。
他にも「RETAIL CONNECT」では細部にも環境の配慮があり、たとえば、ハンガーはKOBELと取引した紙ハンガーを使用している。この紙ハンガーは、主原料にはMAPKAという紙を粉末状にパウダー化したものに合成樹脂を混合して作られた環境対応型材料が使用され、焼却処理ができるものだ。

画像: null

アパレル店舗がコロナの影響を受け退店を余儀なくされる中、服だけではなく、什器もまた大量廃棄につながるケースが多いという。そのため「RETAIL CONNECT」としては今後、什器の1.5次流通、人材の雇用維持(出向受け入れ)なども視野にいれながら取り組みを続けていきたいとのことだ。

最後に迫さんは1.5次流通とファッション業界の将来について以下のように語ってくれた。
「みなさまもご存知かと思いますが、大量消費、大量生産の時代が終わりを告げました。
今後更に、同じような服が同じような価格で、同じように並んでいる店が減少していくでしょう。個々のブランドが生き残るために、今まで以上に『自分たちの価値とはなにか』」を考え、お客様に伝えていくと思いますし、また、それに共感したお客様が購入してくださる。そのため、2次流通での『ブランド毀損』は今後大きな問題になっていくと思います。私達は、いわゆるオフプライスショップとは一線を引いています。オフプライスショップでブランドイメージを毀損するのではなく、環境問題解決のために、多くの企業が協賛してくれることを望んでいます。その中の一つの方法として、RETAILCONNECTでの社会貢献が、ブランド様の間で主流のサービスとなれば良いと、そう感じております」

画像: null

RETAIL CONNECTの掲げる1.5次流通は、世の中が1次流通以外の流通に着目し始めた今、注目すべきサービスだ。今後はブランドを棄損することなく、既存の生産物の流通を豊かにするサービスが登場していくかもしれない。

#RetailTech
LINEでシェアする