2021.12.20

即時オートフィッティング型バーチャル試着サービスによる、新たなアパレル体験

昨今、新型コロナウイルス感染症の拡大によって、アパレル業界は新たな顧客体験の創出やオンライン販売の利用など転換が求められている。そのため、デジタル技術の導入が1つの課題としてある。

そこに3Dスキャン技術を提供したのが株式会社VRCだ。先日、株式会社東芝テックと共同で発表された即時ボディスキャン装置「SHUN’X Apparel」やバーチャル試着アプリ「Virtual Palette」は、3Dアバターを利用した新たなアパレル体験の可能性を見せてくれる。今回、同社の持つ最先端3D技術とクラウド型プラットフォームサービスの特徴やバーチャル試着サービスの概要について、株式会社VRC 取締役COOの清末さんにお話を伺った。

3Dスキャンによる新たな試着体験の創出

株式会社VRC(以下、VRC)は、スキャンシステムに絡むアルゴリズム開発、クラウドシステム、ソフトウェアやハードウェア設計を内製している企業である。今回、VRCはアパレル業界向けに最先端3D技術とクラウド型プラットフォームサービスを提供した。

そのひとつが、即時ボディスキャン装置「SHUN’X Apparel」である。省スペースな装置で全身をスキャンし、ボディサイズの測定と自身のアバターを制作することができる。これまでにも採寸情報に特化した試着サイズのスキャン装置は市場にあった。ところが、VRCの技術を用いれば高度な採寸情報だけでなく、見た目情報も瞬時に取得することが可能となるという。そのため、フィッティング用途のユースケース以外にも、見た目を重視した試着体験をもたらしてくれることに特徴がある。

画像: null

そのスキャンしたデータを実際に利用するサービスが、ボディスキャンと共に提供されたバーチャル試着アプリ「Virtual Palette」だ。こちらはスキャンされた人体の3Dアバターを暗号化し、クラウド型データサービスとして提供される。アプリ上ではVRCの独自クラウドレンダリング技術を活用したバーチャル試着などの追加価値機能が提供されており、それによって事前にフィッティング作業を行うことなく、自身のアバターや取得したランダムな体型のアバターを利用して、即時にオートフィッティングが可能となる。

画像: null

上記のサービスは、東芝テック株式会社のショールーム「TEC 01 SIGHT SHOWROOM(テック・ゼロワン・サイト・ショールーム)」で実際に体験することができる。基本的には東芝テックの取引企業への案内が中心となるが、「すでに体験された企業やお客からは高評価を得ている」と清末さんは語る。来年度に向けて諸々の準備を進めており、最近では博報堂との共同プロジェクトで、アバターを利用したバーチャル試着サービス「じぶんランウェイ」を発表している。

アパレル業界の課題を解決する3D技術

これまでVRCは高速撮影、高品質・高精度な人体の3Dスキャン技術に特化したサービスを提供していたが、今回その技術を携えてアパレル業界に参入した。そのきっかけはアパレル業界の関係者との対話にあったという。VRCが有する技術によって、アパレル業界が抱えている課題を解決できるのではないかという気づきがあったようだ。

アパレル業界が抱える課題は大きく3つあるという。第1に、新型コロナウイルス感染症の拡大にともない、店舗運営の改変やタッチレスサービスの需要が増加したことがある。第2に、通販サイトで購入した商品のミスマッチによる流通コストの増加がある。返品率は国内だと10%程度だが、海外だと30%以上になるという。そして第3に、環境に配慮した生産量の最適化が求められている。環境省が提唱するSustainable Fashion(サステナブル ファッション)やSDGsが注目されているように、ファッション業界は石油産業に次ぐ二酸化炭素の排出量があり、その対策が必須のものとなっている。

これらの課題を解決するためには、顧客にむけたデジタル上での体験の拡充や、より精度の高い顧客情報の取得が必要となる。そこでVRCは、3Dスキャン装置や安全なデータクラウド・バーチャル試着などのクラウド型プラットフォームサービスの提供を開始したというわけだ。

このような革新的なアイディアを提供することができたのは、VRCが3Dスキャン技術だけでなく、研究開発からすべて内製でアルゴリズム開発から各企業や業界ニーズに合わせたシステムのカスタマイズ設計を提供することが可能だったからである。「ハードの設計も強みですが、弊社の一番の特徴はアルゴリズム開発とクラウドレンダリング技術です」と清末さんは語ってくれた。その言葉通り、撮影から3Dデータの作成だけでなく、サービス事業者が求めるデータ形式の変換やブロックチェーンによる使用履歴の追跡など「トータルソリューション」として取り組んでいることにVRCの特徴がある。

そこでまずは、複雑なシステムを抜きにして「使ってみたい!」という需要にすぐに答えられるように、2019年から東芝テック株式会社と共同プロジェクトを開始し、今回バーチャル試着サービスのプロトタイプを提供する運びとなった。

アバターを活用した体験の創造のために

3D技術がもたらす未来について、清末さんはこのように語ってくれた。

「1人1アバターを所有して、様々な生活シーンで自分のアバターを活用することを想定しています。エンタメやメタバースをきっかけに取得した自身のアバターをアパレルやフィットネス、ヘルスケア、さらには医療などで使えるようにしていくためのバックエンドの環境つくりに努めています。」

この目標は「リアルな実生活をより良くし、社会全体を活性化していくことが将来的なビジョンである」というVRCの理念でもある。ますますデジタル技術が身近になる社会において、へルスケア、フィットネス、エンタメ、メタバースなどへの展開がどのような経験をもたらしてくれるのか注目したい。

#3DCG
LINEでシェアする