2022.09.06

あなたに合うのはスカイかエッジか? アシックス「METASPEED」シリーズはランナーに合わせて速さを提供する

カーボンプレートを搭載した厚底ランニングシューズが一般化し、メーカー間による開発競争が激化している。ミッドソールの素材やプレートの形状で差別化を図ろうとするシューズが多い中、アシックスは2つのトップモデルを展開。ストライド型のランナー(歩幅が広いタイプ)には「メタスピード スカイ」、ピッチ型のランナー(歩幅が小さく回転数が高い)には「メタスピード エッジ」というモデルを推奨。強みをさらに伸ばせるようなシューズでランナーを後押ししている。
 
初代の「スカイ」と「エッジ」が誕生したのは2021年の春。そのプロジェクトチームが立ち上がったのは2020年1月というから、かなりの急ピッチで開発が進められたことになる。
 
「プロジェクトチーム誕生当時、厚底シューズがランニングシーンを席巻して我々は非常に厳しい状況にあり、少しでも早く“勝てるシューズ”を世に送り出す必要がありました。普段であればランニングシューズの開発には2年ほどかけるのですが、そこまでの時間がかけられなかったのです」と、プロジェクトリーダーを担当したアシックスの竹村周平さんは言う。

アスリートの声を優先し、2モデルの開発を決断

 開発期間が短かったこともあり、通常よりも多くの試作を用意して、トップアスリートの声を徹底的に聞いた。すると、アスリートの好みが合致せず、大きく2つに分かれていた。
 
「どちらかに寄せればもう片方の声が犠牲になってしまいますし、良いとこどりをとるとバランスを崩しどっちつかずのものになる可能性がありました。それならば2タイプ作ろうということになったのです」
 
ただでさえ時間がない中で、2タイプのトップモデルを開発することに反対の声も上がったが、アスリートの声に応えることを貫いた結果、アシックスはマラソンや駅伝におけるシェアを回復、勢いを増している。

ニューモデルを着用した選手が世界陸上で活躍

 そして今夏、アップデートモデルとなる「メタスピード スカイ プラス」と「メタスピード エッジ プラス」が登場。7月に開催された世界陸上でも早速、男子8名、女子5名の選手が着用。女子アメリカ代表のサラ・ホール選手とエマ・ベイツ選手は「メタスピード シリーズ」を履いて、それぞれ5位、7位と入賞を果たした。また8月のヨーロッパ選手権では、男女マラソンの優勝者がいずれも「メタスピード スカイ プラス」を着用していた。

改めて「スカイ」と「エッジ」の違いをおさらいしながら、新作のアップデートポイントを確認していこう。

フォームを増量したことで反発性がさらに向上

 ストライド型のランナーがよりストライドを伸ばし、少ない歩数でゴールすることをサポートするために作られたのが「スカイ」。「スカイ プラス」では、アシックスの軽量ミッドソールフォームの中で最も反発性が高いFF BLAST TURBO(エフエフ ブラスト ターボ)を4%増量。カーボンプレートの形状をフラットな形状として、ミッドソールの上部に配置した。
 
「前足部の厚さは変わっていないのですが、つま先の反り上がり形状と横に張り出す形状を変更することで、フォームを増量しました。プレートの位置を足に近づけ、押しつぶせるミッドソールの体積を増やすことで反発をより力強く得られます。ストライドタイプのアスリートは地面を押す力がより大きいことが分かったので、こういった構造になりました」
 
一方の「エッジ」はピッチ型のランナーがピッチを調整しながらストライドを伸ばすことを追求して開発された。新作「エッジ プラス」は、FF BLAST TURBOを16%増量。カーボンプレートは初代モデル同様、踵からつま先に向かって傾斜を持たせた形状が採用されている。ストライド型のランナーよりも地面を押す力が弱いピッチ型のランナーが反発を得やすく、かつピッチをコントロールしやすい構造となっている。ミッドソールの厚みは前作よりも4mm厚くなっており、よりクッション性も感じられる。

画像: 「スカイプラス」と「エッジプラス」では、プレートの形状や位置、ミッドソールの厚さ、前足部と踵部の高低差(ドロップ)などが異なる
「スカイプラス」と「エッジプラス」では、プレートの形状や位置、ミッドソールの厚さ、前足部と踵部の高低差(ドロップ)などが異なる

新しいラストの採用で足とシューズの一体感がアップ

 また「スカイ」と「エッジ」のラスト(足型・靴型)は共通のものだが、新作では新しいラストが採用されている。
 
「よりフィット性を高めるために踵と中足部はシャープにし、前足部はレース後半での快適性を向上させるために少しゆとりをもたせました。また、アッパーにはモーションラップアッパーという新しいテクノロジーを採用しています。伸びると素早く縮むキックバック特性を持っているため、ランニング中の足の動きに合わせてフィットし続けます」
 
じっくりと見ないと気がつかない細部まで気が配られているのも「METASPEED」シリーズの特長だろう。たとえばシューレースは、両端に凹凸を設けることでランニング中に緩みづらくなっている。また、踵周辺の補強の入れ方は「スカイ プラス」と「エッジ プラス」で変えており、「エッジ プラス」の方が補強によるサポートが強いそうだ。

画像: アッパーの素材は伸びると素早く縮むキックバック特性を備えている。シューレースは軽量化と緩みにくさを追求。写真は「スカイプラス」
アッパーの素材は伸びると素早く縮むキックバック特性を備えている。シューレースは軽量化と緩みにくさを追求。写真は「スカイプラス」

レースで最高のパフォーマンスを発揮するためには、自分に合ったシューズを選ぶ必要がある。しかし、走法やフォームには個性がある。トップモデルに選択肢があるというのは、感覚が繊細なアスリートにとって大きな魅力なのではないだろうか。
 
もちろん市民ランナーの自己ベスト更新の強い味方となってくれるだろう。オフィシャルホームページ(https://www.asics.com/jp/ja-jp/mk/running/asics-speed-series)には、タイムとピッチを入力して「スカイ」と「エッジ」のどちらが向いているかがわかる判定ツールが用意されている。この結果を参考にしながら、実際に足を通して自分に合ったシューズを選んでほしい。

PROFILE|プロフィール
竹村周平(たけむら しゅうへい)
竹村周平(たけむら しゅうへい)

アシックス C-projectリーダー。20年秋の立ち上げからメタスピードシリーズの企画開発に携わる。
ゲルカヤノシリーズなど、アシックスの主要ランニングシューズの開発を長年手掛けてきた。現在はC-projectを中心に日々奮闘中。週末は子ども達のサッカーの応援にいそしむ。どんなに忙しくても週10kmは走るようにしている。

Text by Fumihito Kouzu

LINEでシェアする