2022.12.19

「若者と場所」はいかに語られてきたか? 都市、メディア、そしてファッション(木村絵里子)

ファッションを語る際に欠かせない存在が「若者」だ。一見、現代においても若者はファッションを牽引する存在のように見える。しかし、その「若者」とは何かと厳密に問われると、答えることは難しいかもしれない。そこで、「若者」という存在の複雑な様相を「場所」と言うキーワードとともに文化社会学からアプローチを行ってきた日本女子大学の木村絵里子助教に、「若者」と「場所」が、いかに語られてきたか、そして今どのように語ることが可能かについてお話を伺った。

PROFILE|プロフィール
木村絵里子

日本女子大学人間社会学部助教、専門は歴史社会学、文化社会学、メディア文化論。東京都出身。日本女子大学大学院人間社会研究科博士課程後期単位取得満期退学、博士(学術)。論文に「大学生のソーシャルメディア・コミュニケーション――TwitterとInstagramの同時利用の規定要因に着目して」『メディア研究』(102号、2023年近刊)「、「1980年代、『non-no』の恋愛文化――現在を対象化するために」『現代思想』(9月号、2021年)、共編著に『場所から問う若者文化――ポストアーバン化時代の若者論』(晃洋書房、2021年)、『ガールズ・アーバン・スタディーズ』(法律文化社、2023年近刊)、『大学生の文化社会学――自己・メディア・親密性(仮)』(ナカニシヤ出版、2023年近刊)などがある。

社会変動の先進としての若者

はじめに、先生のご研究の内容を簡単に教えてください。

私の専門は文化社会学です。具体的には若者文化や、女性のビジュアルイメージ、恋愛に関するメディア文化の現代性とは何か、近代性との違いは何かということについてこれまで考えてきました。

そして、これらのことを考える上で、ソーシャルメディアの営みが非常に重要になっていますので、最近では女性のメディア文化として主にInstagramの研究を行っています。この研究については後でお話したいと思います。

社会学における若者と場所に関する研究はどのような動向にあったのでしょうか?

その点については、轡田竜蔵さんと牧野智和さんと一緒に編者を務めた『場所から問う若者文化 ポストアーバン化時代の若者論』でまとめました。社会学の若者論は主に都市の若者を対象にして議論が進められてきたわけですが、若者文化がポストアーバン化するなかでそれは現在でも本当に有効なのかを検討することがこの本の目的でした。

日本の社会学の若者論は、戦後の1950年代に誕生しました。当時の言葉では「青年社会学」と名付けられていましたが、これは心理学の「青年期」という言葉に由来があります。とくに青年心理学では、子供でも大人でもない、その間にいる青年という存在を研究の対象に据えていたのですが、しかし都市化など、戦後の大きな社会変動に直面する青年の問題を捉えるためには、心理学的な視点だけではなく社会学的な視点が必要とされたのです。

戦後は都市に若者が集まる時代でした。農村部に暮らしていた若者が都市に移住することによって、どのような心境や生活の変化、アイデンティティクライシスが生じるのかが議論になります。当初は都市と農村の両方の若者に注目が集まりましたが、高度経済成長期以降は集団就職をきっかけにして、多くの若者が都市に移り住むようになると都市の若者が議論の中心に据えられるようになります。

戦後、都市化と連動しながら、情報化や消費社会化などの大きな社会変動が生じたときに、特に都市の若者がその先進的な存在として位置付けられ、そこで確認された社会意識やライフスタイルが後に他の世代へ、あるいは地方へと全国的に広がっていくという見方がなされるようになります。

画像: Image Credit:undefined
Image Credit:undefined

若者の自己演出のための都市空間

1970年代になると、若者文化は「遊び」の要素を強め、成人文化と非連続性を持ち、自律するようになります。若者が新宿とか渋谷といったような、自宅のある地域や学校、職場以外の場所に集まって独自の文化を形成し始めます。たとえば渋谷センター街に集う若者のサークルを研究している荒井悠介さんは、『場所から問う若者文化』のなかで、物理的に集まることで育まれる若者文化を「ギャザリング文化」と呼んでいます。

若者の遊び場でもある都市空間は、地理的/物理的な場所であると同時にマスメディアによって、そのイメージが語られてきたという側面がある。吉見俊哉さんが論じた1980年代の渋谷の公園通りなどが代表的です。

高度大衆消費社会化が進むなかで若者たちは、自分で身につける商品によって自己表現をしていくことになりますが、都市空間は、その自己表現のための舞台装置でもあったのです。

自己演出の舞台としての都市空間について、女性の場合はマスメディア、とくに雑誌メディアのなかで、ファッションと結び付けられながら語られました。どんなお店が素敵なのか、デートにはどういうファッションでどこへ行けばいいのか、ファッションやカフェ、レストランなどの情報をカタログ的に提供しながら、都市空間をおしゃれな空間としてパッケージ化する戦略がマスメディアによって行われてきました。

たとえば「(東京で)ヨーロッパのようなロマンチックな旅をする」や「ときめき100パーセントのデートコース」といったようなパッケージです。このようにマスメディアでは、都市空間のさまざまな街に対してテーマを設定しながら、ストーリー性を持たせたわけです。

しかし、北田暁大さんによれば、2000年代以降、大資本によってパッケージ化された「広告都市」が脱舞台化します。おしゃれな都市空間であったはずの渋谷という街は、全国のどこにでもある平素なショップが多く集まる、単に便利な情報アーカイブになってしまうことで、舞台としての魅力を失ってしまったというのです。

これに加えて、都市の舞台性を失わせたのは「外部を意識させるような仕組み」です。具体的にいえば携帯電話を用いたコミュニケーションです。現在ならウェブメディアやソーシャルメディアということになりますが、これらによるコミュニケーションが侵入することによって、自由で匿名的な第三空間としての都市が完結した舞台として成立しえなくなりました。

このような状況に加えて、インターネットやソーシャルメディア上のコミュニケーションなど、ウェブ社会の相対的な重要性が高まって、人口量の多さをメリットとした大都市のコミュニケーション的特異性が失われたのではないか、そして大型ショッピングモールに代表されるように新たな都市インフラが全国地方を包摂し、消費行動における地域差がなくなっているのではないか、さらに若者の地域移動についてのハードルが下がり、社会の流動化が進んだ結果、「大都市」は創造的な若者文化の発信地であることの必然性が失われたのではないかという「フラット化=ポストアーバン化」仮説を『場所から問う若者文化』で検討しました。

この仮説は、おおむね支持され、今後「フラット化=ポストアーバン化」はますます促進されると考えられます。ただ、その一方で、対抗的にリアルな場所や象徴的な大都市の街にこだわる若者文化も根強く残るのではないかと思います。リアルな場所における都市への志向性が別の形で生まれています。

そのなかで、ファッションはどういった位置付けにあるのでしょうか?

ファッションは、ヴィジュアルイメージのなかのさまざまな重要なアイテムのひとつなのかなと思います。


このことについては、大貫恵佳さん、田中大介さん、塚田修一さん、中西泰子さんと作っている『ガールズ・アーバン・スタディーズ』(2023年近刊)という本のなかで検討しています。この本では、都市論そのものがどちらかというと男性に偏った視点を持っていたのではないかということから、「ガールズ」、つまり女性たちの視点で都市経験を捉え返すことを目的としています。


私はInstagramというメディアと都市空間の関係について考えていて、都市そのものの舞台性、つまり、大量の異質な他者が集まる場所において生起する「見る/見られる」という関係は完全に消失したわけではなく、それは現在でも都市空間の重要な固有性の一つだとみなしています。

たとえば、女性ファッション誌で1週間の着回しコーディネートの特集記事がありますが、そこで撮影の場所として選ばれるのはやはり大都市のおしゃれな空間です。地方都市のロードサイドやショッピングモール、田舎の田園風景が選ばれることはない。

そして現代の都市空間でも、実は独特の存在感を示す消費空間がいくつもあります。2000年代以降、大規模な都市開発によって六本木ヒルズや表参道ヒルズ、東京ミッドタウン、GINZA SIX、渋谷スクランブルスクエアといった大型の商業施設がたくさん登場しています。

ほかにも、昨今では外資系のラグジュアリーホテルが乱立していて、グランドハイアットやリッツカールトン、ペニンシュラ、アンダーズといったホテルは、都市のなかでもラグジュアリーな空間として若者にイメージされている。

『場所から問う若者文化』で小川豊武さんは、大型商業施設などのラグジュアリーな空間が、ソーシャルメディア上での自己表現と結びついてハイブリッドな舞台装置になっていると指摘しています。私の研究では、この議論をもう少し展開させて、Instagramとの関係のなかで考えています。

ラグジュアリーな都市空間はInstagramのような、写真や動画メインの視覚的なソーシャルメディアのなかで「映える空間」として位置付けられている。建築や内装、高層ビルからの景観が映えるものとして、その舞台性が再発見されているのだと思います。

Instagramが雑誌などのメディアと大きく異なるのは、やはり自らが発信できるメディアであることです。たとえば、Instagramでは「#ナイトプール」や「#ヌン活」(アフタヌーンティー活動)などのハッシュタグが付けられて情報が発信されます。とくに「#ヌン活」に着目してみると、現在でも数万ものハッシュタグが付けられている。映える空間としてアフタヌーンティーが語られるようになったのが2017年頃ですから、ずいぶんと長い間使われていて一時的な流行というよりは定番化しています。それも決まったお店に何度も訪れるのではなく、次から次へと色々な場所を巡って活動しているのです。

おしゃれな都市空間を舞台にして切り取られた写真は、Instagramを通して披露されますので、ここでは、いわば舞台が二重化されているといえます。ただし、試行錯誤を重ねて写真を撮ったり、 Instagramに投稿したりして、それを介した他者とのオンライン上の接続が重視される場合、物理的な都市空間の舞台性は後景に退き、スタジオセットのような役割を担うようになる。その場では、それぞれが写真を撮ったりInstagramにアップロードしたりすることに夢中になっていますので、「見る/見られる」関係は、都市空間ではなく、都市空間を背景とした情報空間において成立しているのです。

画像: Image Credit:undefined
Image Credit:undefined
インスタ映えだけを考えれば大自然の絶景などもある意味では「映える」ような気がするのですが、特定の現象や対象と都市が相性が良いといったことがあるのでしょうか?

必ずしも都市空間ではないのですが、ただし、映える空間は、それを包含する物理的な環境や大量の人が訪れるための交通アクセス、そしてソーシャルメディアで共有・拡散するための通信テクノロジーを必要としますので、やはりその多くは田中大介さんのいう「ネットワークシティ」としての都市に集積しているといえます。大自然の絶景も舞台として再発見されていますが、やはり上記のようなネットワークシティの条件が揃う場所である必要があります。

先のナイトプールや、アフタヌーンティーのサービスを提供するカフェやラウンジなどの多くはラグジュアリーホテルのなかにあります。ラグジュアリーホテルは、主に富裕層を顧客としており本来であれば若い女性が利用するのはなかなか難しいのですが、一時的な利用であればせいぜい数千円から1万円程度で済む。また、シャネルやディオールなどのハイブランドがプロデユースするカフェも同様です。カフェであれば「映える空間」のスタジオセットとして、バッグや服を購入することよりもはるか容易に利用することができる。

Instagramの演出方法は従来のマスメディアの方法を引き継いでいるところがあり、背景や身体イメージの加工、ファッションなどをいかに組み合わせるのかが重要な要素となっています。そのような意味で、Instagramによって再発見された都市の舞台性は、それぞれの要素と相性が良いのだと思います。

ただ、面白いのは、ファッションコーディネートを見せることだけを重視して背景が真っ白だったり家の前で撮っていたりする。ファッションはそれを見せる空間を必要としますが、Instagramが舞台となったことで見せる空間は都市である必然性がないのです。ファッションはますます場所を問わず楽しむことのできる文化になっています。

80年代の都市論は「若者全員が東京に憧れる」といった構造の中で語られましたが、今はもう少しフラット化して局所的な動きがそれぞれで起こっているということだと思います。都市から全体を語ることは、ソーシャルメディアが登場したことで、さらに難しくなっていると思います。関連して、ここで取り上げた「ヌン活」だけで若者文化全体を語れるわけでは当然ありません。Instagramというメディア文化も、その全てを把握することは、とくに質的には難しいと考えています。

画像: Image Credit:undefined
Image Credit:undefined
昨今、特に若者に焦点を当てたファッション文化とメタバースの活用などが注目されています。そのような空間の登場によって「場所」が持つ意味も変わっていくのでしょうか?

今、手のひらにあるスマホの画面を通して色々なものを見るようになっていますが、そのスクリーンは実はすごく小さい。それに対して都市のラグジュアリー空間は、目の前に巨大なものとして広がっています。その落差による衝撃のようなものはバーチャル空間があるからこそ、より強調されるのかもしれない。

かつて仮想空間として位置付けられていたインターネットが、現在では、ソーシャルメディアのように日常の生活様式のなかに組み込まれている。人々のさまざまな営みはバーチャル空間だけで完結することはなく、リアルな場所にある象徴性、独自性は、今後もずっと残っていくだろうと思います。

最後に、これから若者文化に関してアプローチしたいことはありますか?

若いひとたちは、Instagramに限らず複数のソーシャルメディアを、さらに一つのサービスのなかで複数のアカウントを所有し、自分の趣味や文化、そしてさまざまな人間関係やコミュニケーションのあり方に応じて、スイッチングしながら使い分けています。具体的にどのサービスをどういう風に利用しているのかということを明らかにしたい。さらに、ソーシャルメディア文化の現在性を考えるために、雑誌メディアやプリクラ、携帯電話など、既存のメディア文化との重層的な連続性/非連続性についても、比較的長い視野を持ったうえで検討するつもりです。

画像: Image Credit:undefined
Image Credit:undefined
LINEでシェアする