2022.04.01

デジタルテキスタイルメタバースの実現へ 台湾発Frontier

Frontier(フロンティア)は、台湾を拠点とするデジタルテキスタイルのコラボレーションプラットフォームだ。当社のコアの技術である「3D Fabric Creator(3Dファブリック・クリエーター)」は、既存のスキャナーで作成されたデータをもとにテキスタイルのデジタルデータを自動で生成することを可能にしている。さらに当社は2022年に米ロサンジェルスで開催された「Consumer Electronics Show(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー、通称CES)」 にて世界初となる繊維産業向けMPSoC(マルチプロセッサ・システム・オン・ア・チップ)である「Fabric Meta Chip(ファブリック・メタ・チップ)」を発表し注目を集めている。「Fabric Meta Chip」は今後、実際の布地から直接バーチャル衣類をデザインすることを可能にし、繊維サプライチェーンの強化を可能にするとされる。今回グローバルビジネス開発チームのAlexis Rebecca Liu(アレクシス・レベッカ・リウ) と、マーケティング担当のTammy Huang(タミー・ホァン)にインタビューを行った。

既存のスキャナーからデジタル生地のデータを作成

Frontierの革新的な技術である「3D Fabric Creator」について教えてください。


アレクシス:

Frontierの技術を支える「3D Fabric Creator」は当社独自のAI技術を搭載しています。この技術によって、実際の生地の画像をそのまま3Dデジタル素材に変換し、生地のデジタル版を作成することを可能にします。これまでデジタル素材データの不備や不足は、3D服飾デザインのプロセスにおける最も大きな障害でした。

タミー:

しかし、Frontierではユーザーが既にオフィスにあるスキャナーを使って簡単にデジタル生地のデータを作成することができます。 当プラットフォームにある生地データは、すべてユーザーがアップロードしたものです。生地データのアップロードは非常に簡単で、繊維会社などが所有しているスワッチを、オフィスにあるスキャナーで読み取り、特別に用意された当社独自のアカウントtextile.comのメールアドレスに送信するだけです。アップロードには2種類あり、スマートアップロードとマニュアルアップロードがあります。前者の場合には、生地のスウォッチカードなどが既にあり生地情報が記載されている場合に最適です。その後、自社のAIエンジンがそれらの情報に基づき生地データを生成、実寸とパントーンを認識し、生地データが生成される仕組みです。そこにはポプリンやストライプ、ウールなどの生地のタグ付けも行われています。それらに加えて、サプライヤーが任意でテキストを追加できるようにしています。

アレクシス:

これらのタグ付けによって生地の検索を行うこともできます。たとえば、ストライプ素材を探している場合、Googleやその他の検索エンジンと同じように検索バーに好きなようにキーワードを入力することで、キーワードにマッチした素材が表示されるのです。

タミー:

他にも、リスト検索にも対応しています。デニムやストライプといった生地のキーワードだけではなく、デザイナーが「春の生地が欲しい」と考えたときに、それを検索できるようにAIエンジンが学習されています。たとえば春をイメージして、シルク・花柄を思い描き、それらのキーワードで検索することも可能です。

アレクシス:

さらにプラットフォームにアップされた情報を編集することができます。情報を追加したい場合には任意の情報を追加することもできますし、社内のコミュニケーション用途のためのインターナルな情報の追記も可能です。そして、タスクレポート、認証情報、ビデオ、PDFなどの追加も可能なため、マーケティングツールとして使用することもできます。もしアップロードで問題が発生した場合にはユーザーに通知が送られます。そうした場合には解像度や布の向きなどアップロードの完了に必要な条件を再確認し、再度アップロードしていただくことになります。

画像: null
とても容易なステップで設計されていますが、それらはどういった問題意識に基づいた考えだったのでしょうか。
タミー:

これまで生地をスキャンするためには非常に高価な機械を購入する必要がありました。さらに、スキャンの後、物理的なプロパティを行うために別のマシンが必要でした。そして、それらのマシンを購入する予算がない場合、デザイナーは、このファブリックをよりリアルにするには非常に苦労してきたという背景があります。

アレクシス:

このようにして作成されたデータは、必ずしも正確だとは言い切れなかったのではないでしょうか。多くのデザイナーに話を聞くと、彼らはPhotoshopに頼っていて、そこでの調整は当てずっぽうだったと言います。ですから、結果は決して正確ではなかったのです。他方で、私たちの競争相手には高価なスキャナーと、生地データを作成するために資料を送付する必要がある事例がありますが、Frontierでは、どこにいてもスキャナーとインターネット接続があるだけで、大掛かりで高価なキットや、あちこちのラボに送る必要を無くしています。

作成されたデータはどのように利用することができるのでしょうか。
タミー:

ユーザーは、プラットフォーム上でクリックするだけで、U3Mファイルとしてファブリックを生成し、BrowsewerやCLOなどの3Dデザインソフトにインポートして利用することができます。このファブリックファイルには、物理的な特性も既に設定されているため、ダウンロードしてからすぐ実際の製品のようにデザインをすることができます。

アレクシス:

すでにプラットフォームに組み込まれているベンドストレッチという機能は、デザイナーが実際に製品を生産した際の様子を想像しやすくするためのビジュアライゼーションの機能を搭載しています。かなり薄手の生地と厚手のコートやデニムジャケットの場合とでは、素材特性や物理的性質がまったく異なり、動きも異なってきます。

タミー:

そこで私たちの「Fabric Creator Get」は一般的な3Dモデルを通じて、生地のビジュアライゼーションを行っています。これによってバイヤーやサプライヤーが、「この生地はスカートのどこに使おうか」「シャツや靴の後ろに使おうか」と考えることもできます。

提唱されている「4D-Ready Smart Material(4Dレディ・スマート・マテリアル)」について教えてください。
タミー:

私たちが提供している、「4D-Ready Smart Material」は、先述した3Dの生地データに加え、商業用のデータ、たとえば生地の価格、その工場のMOQ(最低発注数量)や競争力を見ることができます。そのため、デザイナーやブランドは、デザインに着手した時点で、リードタイムや予算を考慮しながら、その生地を使うのか判断することができるようになります。つまり、開発のワークフローを短くし、決断を早い段階で下すことができるようになります。

アレクシス:

それだけでなく、「4D-Ready Smart Material」は、まだ誰も持っていないカーボン・フットプリントの計算や測定といった情報も含まれています。つまり土地の使用量、水の消費量、電力などのエネルギー消費量など、この素材が実生活にどのような影響を及ぼすのか、深く知ることができるのです。こうした事項は今、とても重要なことだと考えています。私たちの独自の調査によると、世界中で繊維製品の約80%は埋立処分され、最貧国の埋立処分場行きとなることが多いとわかりました。ですから、私たちの提案する「4D-Ready Smart Material」は、環境にポジティブな影響を与えることができる、画期的なアイデアだと言えるでしょう。

デザイナーやブランドが生地を実際に発注したい場合にはどういったことが必要になるのでしょうか?
アレクシス:

デザイナーやブランドはFrontierを通じて、工場に直接コンタクトできるコラボレーションスペースで、会話をしたり、注文したりすることができます。

タミー:

ステッカーのような機能だと考えてください。Frontierは単なるマーケットプレイスではなく、デザイナー、サプライヤー、ブランドのマーチャンダイザーなど、業界のすべての関係者が参加できるプラットフォームを構築していますので、共同デザイン、共同製造を行うことが可能になります。そしてそれらのステッカーにはタスクの割り当て機能もあるため、開発中の製品の提供や、サンプルの要求などを行うことができます。さらにこれらのステッカーを使用することで、すべてのステップがプラットフォームに記録されるため、この生地に何が起こったのか、開発中に何が起こったのかを振り返りたいときは、それらを閲覧することもできます。

つまり全ての工程を追跡できるのですね。
アレクシス:

そうですね、最初から最後まで、完全なトレーサビリティ、完全な透明性、すべてが独自のデジタルフットプリントとして記録されます。たとえば、あるブランドは、ある工場とつながりがあり、それぞれの生地がどの段階にあるのか、開発後、開発前、進行中、などあらゆる段階の追跡と管理を行うことができます。そのため、生地のライフサイクルのどの段階なのか、非常に迅速に追跡することができます。

タミー:

これは、先ほどのカーボンフットプリントの話にも関連してくるでしょう。というのも、こうした情報を計測したいと考えていても、情報化、トレーサビリティ、トランスペアレンシーに着手していなければ、その計測をどのように行うべきかわからないことが多いと思います。ですから、私たちの「4D-Ready Smart Material」はこれらの情報を可視化することで、トレーサビリティとトランスペアレンシー、透明性に重きをおいているのです。

ファッションのメタバースの入り口としてのFrontier

Frontierはどのようにして始まったのでしょうか。
アレクシス:

チーム全体、そして創業者たちは、繊維産業で膨大な経験を積んできました。そしてまず2013年にこの経験を活かして、ソーシングのワークフローを高速化するための社内システムを開発しました。そして、2018年にAI技術を応用した「Frontier 1.0」を正式発表しました。その後、「Frontier 2.0」へのアップグレードがなされ、その段階で既に「4D-Ready Smart Material」の要素が含まれていました。会社自体は2020年4月に設立され、その半年後に本格稼働を始めたのですが、創業以後本当に速いスピードで成長してきました。Frontierは短期間に大きな成長を遂げましたが、これにはコロナウイルスがある意味で大きな契機だったと考えています。なぜなら、人々はインタビューやコラボレーションなど全てのことをオンラインに移行せざるを得なかったからです。

現在、私たちのFrontierプラットフォームでは、毎月2000枚以上のデジタル素材が生成されています。そして、この6ヶ月間で、共有されたデジタルファブリックの閲覧数は55万回を超えました。このように、大きな成長を遂げています。そしてその過程で、いくつかの素晴らしい賞も受賞しました。たとえばアメリカのテック・ピッチで最も多くの候補者が参加するEコマース部門で、300社中3位に入ることができました。

タミー:

アレクシスが言ったように、私たちの創業者は繊維産業での経験があります。彼らはそれぞれ数学やエンジニアリング、金融など異なる種類のバックグラウンドを持つなかで、繊維産業に飛び込みました。そしてそこで全体のワークフローが非常に遅いことを知り、デジタル化することでよりスムーズなワークフローを実現できるのではないかと考えついたのです。最初に彼らが着手したのは社内で使用するためのプラットフォームの構築でした。しかし、ある時、J.C.Penneyの香港チームとのミーティングで、「このテクノロジーを業界に広めるべきだ」という話になり、Fontierの創設に至ったのです。

画像: null
「3D Fabric Creator」の根底にある考えはつまりワークフローの円滑化ということでしょうか?
アレクシス:

そうですね、さらに追加すると開発の背景には、簡単な操作とアクセス、そしてスケーラビリティという重要な考え方がありました。つまり、業界の誰もがFrontierを利用でき、費用やハードウェアの導入、運用の難しさなどの障壁を無くすということです。そしてFrontierの仕様はとてもシンプルで、世界のどこにいても同じように使うことができます。ベトナムだろうと、ニューヨーク、パリ、ミラノ、ロンドンだろうと、操作方法はまったく同じで、正確で一貫した結果が得られます。ですから、日々のオペレーションの中でデータを生成し、プロセスのトレーサビリティーとオペレーションの持続可能性を同時に実現することができます。

現在のメタバースとファッションをめぐる空間をどのように捉えていますか?
アレクシス:

現在のファッション業界は、全体を通じて状況が変化しており進化していると考えられます。
業界全体が、競争力を維持するために、従来のオフラインからオンラインへと移行しています。さらに言えば競争力を維持するだけでなく、より良いコミュニケーションを通じてつながりを保ち、時間を節約し、持続可能であることが求められているのです。そのため、ブランドや小売業者は、返品率の削減などの目的でまだ製造されていないデジタル衣料をベースとしたモデルを提供することを目標としています。そして彼らは、急いでファッションのメタバースに参加しようとしています。そこで私たちは、もしサプライチェーン全体がこのメタバースに参加することができれば、効率的で環境に優しいデジタル・アパレルを開発・拡大・提供することができると考えています。だからこそ、Frontierはファッションのメタバースへの入り口として、このエコシステムの中の企業がデジタル資産を提供できるよう支援をしています。 ブランドやサプライチェーンにとっては今はまさにデジタルへの転換期とも言えるでしょう。

タミー:

私たちが言うファッション・メタバースとは、すべてがメタバースの中でデジタル化されるということだけではなく、デザインされた衣服が実際の服として作ることができることも意味します。 ですからFrontierは、誰もがこのメタバースに参加できるようなゲートウェイを開き、そこでのデジタルアセットが現実の世界でも実際の衣服としての製造も可能にしています。

アレクシス:

そうですね、つまりFrontierは物理的な世界からデジタルの世界への出入り口であり、またその逆でもあるのです。

世界初「Fabric Meta Chip」 

世界初の「Fabric Meta Chip(ファブリック・メタ・チップ)」開発に込めた思い
アレクシス:

世界初の「Fabric Meta Chip」を開発した背景には、産業界全体がより多くの計算能力を必要としているのに、十分な能力を持ち合わせていないという問題意識がありました。そこで「Fabric Meta Chip」は、物理的な布地をデジタル素材に変換することで、現実の布地から直接バーチャル衣服をデザインすることを可能にし、バーチャルファッションの優位性を高め、テキスタイルサプライチェーン全体の強化を行います。

先ほどファッション・メタバースについて述べましたが、このメタバースにはバーチャルな服を表現するためのデジタルツイン、つまりデジタルカウンターパートが必要であり、バーチャルな服には3Dソフトウェアにリンクできるデジタルファブリックが必要です。そこで我々の「Fabric Meta Chip」は、AIを使って物理的な素材をデジタルツインに変換し、実際のサプライチェーンとバーチャル衣装設計の間に、シームレスで調和のとれたコラボレーションを実現するのです。正直に言えば、このアイデアに取り組むことを知らされた時、現在のエッジコンピューティングがいかに高度なものか驚かされました。

「Fabric Meta Chip」は、繊維や衣料品の工場やメーカーに設置することで、すべてをスピードアップし、デザインツールとの統合を容易にし、すべてをリアルタイムで行うことを可能にします。また当社は工場の多い台湾に位置していることから地理的にも申し分なく、サプライチェーンに関する膨大な知識をすでに持っています。そしてFrontierでは誰もがすぐにメタバースを使えるようにするだけではなく、伝統的な工場や、ブランド、サプライチェーン全体を支援したり、指導したりしています。なぜならこうした波はある人にとっては大きな飛躍でありますが、時に恐ろしくも見えるからです。ですから私たちは、手を貸したり、気を配ったり、援助したりすることで、この素晴らしいテクノロジーを誰もが使えるようにし、エコシステム全体のサポートもしています。

画像: null
タミー:

自社で調査した結果、従来のサプライチェーンは、変化を拒んでいるのではなく、変化する方法を知らないのだとわかりました。最近台湾のサプライヤーが受けたアンケート調査で彼らは、「デジタルライブラリーを持っていますか?  3Dデザインソフトウェアを使用していますか?」と聞かれ、パニックになっていました。なぜならブランドの前で良い評価を得られないことを恐れていたのです。

アレクシス:

つまりブランドからの要求に応えられないためにビジネスを失うかもしれないと恐れているのです。

タミー:

Frontierは先ほどアレクシスが言ったように、デジタル化のコンサルタントでもあるので、単にFrontierを推奨するだけでなく、3Dソフトウェアや4Dスキャナーを用いたデジタルワークフローの構築とソリューションの提供も行っています。そのようにして私たちはすべての段階の人を結び、この困難な状況を解決するためのソリューションを提供しています。

アレクシス:

結局はこれはデジタル化への旅だと言えるでしょう。私たちはこの旅を、ブランドやサプライチェーンと共に歩んでいきたいのです。もちろん途中には障害もあると思いますが、従来のワークフローからこの新しいエキサイティングなデジタル時代へのスムーズでシームレスな移行を可能にするために、私たちはすべてのステップを共にしたいと考えています。

CES以降、どういった反響がありましたか?
アレクシス:

「Fabric Meta Chip」は世界初の試みであり、大規模なものであるゆえに、CESの会期中にも終了後も、ソーシャルメディアを通じて業界全体で大きな反響と話題を呼びました。たとえば「Apparel resource」、「DigiTime」、「the voice of fashion」、「Women's Wear Daily(WWD)」などの媒体や、世界の投資家からも多くの関心が寄せられており、Frontierにとって非常に重要な時期となっています。また、台湾では、台湾政府協会から、業界におけるこの革新的な技術の価値、影響、可能性を評価を受け、この技術の拡張と開発を一緒に行うように要請を受けました。

タミー:

まだ2月だというのに、流れがとても速く、常に走り続けているとも言えますね。

今後Frontierはどのように拡大していくのでしょうか。
アレクシス:

まず、私たちは現在、世界中のさまざまな3Dソフトウェア会社へのプラグインに向けて話を進めています。そして実際にスイスの会社とパートナーシップを締結しました。これによってプラグインとしてソフトウェアと統合することができ、デザイナーはクリックするだけで3D素材をソフトウェア上で使用できるようになります。つまり彼らは私たちの技術を利用し、逆に私たちはこの会社の技術を利用することで、全体としての価値を高めることができるのです。これはとても楽しみですね。

さらに私たちの全体的なビジョンはグローバルな繊維産業において、誰もが平等に生産性を向上させるためにデジタルワークフローにアクセスでき、地理的な条件に関係なく、世界中で無限に、そしてシームレスなコミュニケーションとコラボレーションを実現していくことです。私たちは、より環境に優しい地球を目指し、貢献していきたいと考えています。だからこそ、業界全体がデジタルワークフローに移行することで、無駄を省き、時間を短縮、かつ完全にオープンで誰もがアクセスできることを目指しています。

タミー:

私たちが話している世界の繊維産業における平等性とは、以前はブランドがサプライチェーンにデジタル化を依頼するようなものであったことから、誰もがこのデジタルワークフローを通じて自分で価値を創造できるようになることへの移行を意味します。つまり、私たちのプラットフォームでは誰もが平等であり、自分の素材やワークフローを生み出すことができるようになるのです。

アレクシス:

そして完全にオープンで相互に運用できることも重要です。私たちは全てを閉鎖的にするのではなく、誰が、どこで使うのかにかかわらず、オープンなエコシステムを作るにすることで誰もが恩恵を受けられるようにしたいのです。

Text by Hanako Hirata

#3DCG
LINEでシェアする