2022.10.07

性差からみるファッション(新實五穂)

ファッションが多様化した現在において、男性が女性のファッションアイテムを取り入れたり、逆に女性がメンズライクなコーデを楽しんだりすることは、当たり前になっている。ファッションブランドも今日の社会的な変化に応じて、特定のジェンダーに依拠しない服飾デザインを取り入れるようになってきた。

歴史的にみた場合、異性の服飾を身につけることは特異なことと見なされており、当時のジェンダー規範などと大きな関係があった一方で、昔から異性装をする人々は存在しており、その理由が研究から明らかになってきている。

それでは、そもそも服飾における性差はどのようにして誕生したのだろうか。そして、異性装をする人々にはどんな理由があり、近年のジェンダーレスファッションとはどんな関係性にあるのだろうか。

そこで今回、西洋服飾史を専門にするお茶の水女子大学の新實五穂准教授に、異性装の歴史や現在のジェンダーレスなファッションについてお話を伺った。

PROFILE|プロフィール
新實五穂(にいみ いほ)
新實五穂(にいみ いほ)

お茶の水女子大学基幹研究院人文科学系准教授。

専門は西洋服飾史、ファッション文化論。

主な著作として、単著に『社会表象としての服飾―近代フランスにおける異性装の研究―』(東信堂、2010年)、共著に『フランス・モード史への招待』(悠書館、2016年)、編著に『歴史のなかの異性装』(勉誠出版、2017年)などがある。

はじめに、新實先生のご研究について教えてください。

これまで、服飾における性差を研究し続けてきました。服装を事例にしたジェンダー研究と言っても良いかもしれません。具体的には、服飾産業の基盤が作られたとされる19世紀フランスにおいて、ジェンダー規範や慣習的なドレスコード、理想的な身体イメージなどが、いかにして構築されたのかを調査しています。

とりわけ学生時代は、「なぜ女性が男性の恰好をするのか」という点に疑問を持ち、女性による異性装について研究に取り組みました。この異性装という言葉が使用されるようになったのは、岩波書店から刊行された『岩波女性学事典』(2002年)の影響が大きいと思います。同事典では、異性装が「身体上の性別と性自認は一致しながらも、外見上の装いを自分とは異なる性別に変える行為や状態」と定義されています。ただ、この定義には身体上の性と性自認の不一致などは考慮されていないので、扱いに注意が必要です。

それを踏まえた上でお話すると、異性装の研究にはいくつかの流れがあります。最初の研究は医者による症例研究で、異性装の事例が収集されました。異性装が性的な逸脱行為と見なされ、行為の原因を明らかにして、治療の方法を考えるために研究がなされたのです。研究が開始された当初、異性装は特殊な事例として捉えられていました。

変化が起きたのは、1980年代のジェンダー研究による影響です。ここから異性装は社会や文化の構築物であり、大衆文化のなかに存在する行為として考えられるようになります。

しかし、これまでの異性装に関する史的研究では、ヨーロッパを対象とした場合、事例が多い近世の研究が盛んで、愛国心と結びついて英雄視されがちな兵士として武装する女性たちが主に検討されてきたと言えます。

また女性による異性装に関しては、長らく警察・裁判記録を主な資料として調査がされてきた経緯があるため、異性装を行った動機が、社会の共感を呼び、他者が受け入れやすいものになりやすい傾向があり、研究上の問題点がありました。

その研究の在り方に疑問を持ち、英雄視された人物や偏った記録だけに頼ることなく、日常生活の中で、女性が異性装をする機会があったのか、あったとすればそれはどういう理由だったのかを調べたいと思いました。

つまり、これまでのように女性の異性装を著名な人物の個人史とするのではなく、歴史の中に位置付けようと考えたのです。

こうした経緯もあり、19世紀の女性作家ジョルジュ・サンドの男装と、ほぼ同時代に女性運動を牽引したとされるサン=シモン主義(初期社会主義思想の1つ)の女性たちがズボン型の下着を着用したことを事例にして、日常生活の中で異性装をしている女性たちを分析できないかと研究を始めました。

画像: 編著の表紙、筆者撮影
編著の表紙、筆者撮影
日常生活の中で異性装をしていた人々にはどのような理由があったのでしょうか。

ヨーロッパの女性の異性装に関しては、文化史家ルドルフ・デッカーとロッテ・ファン・ドゥ・ポルが、主に17・18世紀のオランダの事例から導き出した、「4つの動機」が知られています。

最も多かったとされるのは「経済的な動機」であり、貧困から抜け出す方法として、男性のみに許されていた職業、とくに近世の場合は兵士や水夫(水兵)など、高い賃金の職業に就くためでした。

それ以外の3つは、望まぬ結婚から逃げ出したり、恋人と駆け落ちしたりする「結婚や恋愛に関する動機」、戦時に母国を救うためや革命・暴動に加わり権利要求をする「愛国心や愛郷心に関する動機」、そして「同性同士の恋愛における性役割の分担に関する動機」でした。

しかし、このような主に4つの動機が挙げられてはいますが、1つの異性装に複数の動機が存在する事例や、動機が移り変わっていく事例もあります。そして、当時の女性に対する社会的制約やジェンダー規範とも、異性装の動機は密接に結びついているのです。

実際、ジョルジュ・サンドの男装は男性しか認められていないコミュニティに立ち入るための手段であり、サン=シモン主義の女性たちがズボン型の下着を着用していたのは、家庭内(夫婦間)での男女平等を実現して、女性が家庭をおさめる権利を手にすることを表象するためでした。

また、サンドの場合は異性装をしていた期間が長いため、子供時代の生育環境に加え、趣味の乗馬のためという個人的な理由、そして経済的理由が絡むこともあり、1人の女性の異性装の理由も次第に移り変わっていることがわかりました。

こうしたことが、単著の『社会表象としての服飾――近代フランスにおける異性装の研究』で明らかにできたことかなと思います。異性装の動機を考えることは、その行為がなされた時代・地域の社会規範や性の在り方を究明することでもあるのです。

画像: 単著の表紙、筆者撮影
単著の表紙、筆者撮影
近年ジェンダーレスなファッションも注目を集めていますが、そもそも衣服はどのようにして性差の記号になったのでしょうか。歴史的な背景を教えてください。

大きな転換点は2つあります。1つは14世紀半ば、もう1つは19世紀前半に起こります。とはいえ、最初から服飾に性差がなかったわけではありません。古代から中世にかけて、ヨーロッパでは男女ともにワンピース形式の衣服が着用されており、着丈で性差が分かれていました。裾が長いと女性用、短ければ男性用といった感じです。

ところが14世紀半ばになると、男性の服装は丈が短くなり、脚衣を着用するようになります。一方で女性は変わらずワンピース形式の衣服を着続けるため、ここで初めて服飾デザインに明らかな性差が生じます。つまり、服飾デザインの上で裾が「閉じた男性服(ズボン)」と裾が「開いた女性服(スカート)」という性差が明白に生じることになりました。

その後、19世紀前半には、さらに変化が起こります。男性は鮮やかな色彩や豪華な装飾を削ぎ落とし、画一的な上着・チョッキ・シャツ・長ズボンを着用することで、洗練されたシンプルさを追求していきます。他方で、女性は男性の社会的な地位や経済状況を示すために、豪華さや華やかさを身に纏うようになっていきます。こうして、服飾の性差は色彩・模様・素材に至るまで拡大していったとされます。

現在のファッションにおける「ジェンダーレス」と「異性装」とは、どのような関係にありますか。

ジェンダーレスは、2015年頃に流行した服飾デザインとされます。『オックスフォード英語辞典』によれば、「ジェンダーレス」とは「ジェンダーの区別や表示がないもの」、あるいは「男女の別やしるし、男性性や女性性の特質が無く、無性であること」と定義されています。

とはいえ、具体的な服飾デザインが疑問だったこともあり、全国紙3紙(朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞)の記事を調べてみました。その結果、ジェンダーレスな服飾デザインとは、「性差が存在しておらず、誰もが自由にデザインを分かち合うことが可能な装い」と総括されていました。素直に、ジェンダーレスな服飾デザインとは「無性」であることを目指すデザインなのだなと感じたことを覚えています。

これらの定義を踏まえると、「異性装」はジェンダーの区別や性差の境界が存在した上で、それを超越・越境しようとする装いと言えます。それに対して「ジェンダーレス」は、ジェンダーの区別や性差の境界をなくして接近・同化し、無性にしていく行為だと考えられます。

実際に、ジェンダーレスな服飾デザインを調査してみると、様々な方法で性差を曖昧にする事例が見つかりました。男女が同じ服を着るのはもちろん、男性が女性服を、また女性が男性服を身につけたり、オーバーサイズの服で体のラインが出ないようにしたりと工夫がされています。

ジェンダーレスな服飾デザインが生じた背景には、多様性を容認する社会意識の向上により、それまでの固定概念が揺らいできただけでなく、当時の景気停滞からくる経済的事情とも関係していたと言われています。衣服費の節約という着用者側の事情や、デザイナーやブランド側も、ジェンダーレスにすることで男女に分けてファッションショーを展開する必要がなく、またより多くの顧客も獲得できるというメリットがあったとされます。

また、具体的な服飾デザインを通して考えさせられたのは、ジェンダーレスを追求することによって、性差が再構築されたり、性差が増幅されるという逆説が起こっていることです。たとえば、アメリカ軍兵士のジャンパーに由来し、男らしさを強調するスカジャンにボアの素材をあしらったり色調を増やしたりすることで、女性らしさが加味されます。それをスカートやワンピースとあわせることで、より一層女性らしさが際立つわけです。

このような服飾デザインを含めると、「ジェンダーレス」とは何なのかという問題に戻ってしまいますし、いまあえてジェンダーレスと呼ぶ必要があるのかも考えなければなりません。この問題意識は異性装についても言えることで、時代に応じて性に特有の服飾デザインは変化していくため、どのようなドレスコードに縛られ、いかなる社会規範の影響を受けているのかなど、考慮すべき点はいくつもあります。

近年、異性装に注目が集まりつつあるなかで、松濤美術館で開催されている「装いの力ーー異性装の日本史」をどのように見ていますか。

そもそも異性装の研究では、東洋の異性装は西洋の異性装と比較して、衣服の形式や身体的な特徴の差が小さいので、受容されやすいと言われていました。そのため、それが服飾デザインや身体差に関することだけなのか、社会的な背景や文化的な事情が他にないのかを注目していました。

また西洋のキリスト教圏では聖書の影響が強く、『聖書』の「申命記」に「女は男の着物を着てはならない。また男は女の着物を着てはならない」ということが記されており、異性装がタブー視されてきましたので、『聖書』のような存在が日本にもあるのかも含めて、西洋と日本でどのような共通点や相違点があるのかが非常に興味深いところでした。

実際に展覧会を拝見したのですが、「装いの力」展は着用者のことを重視して、貴重な資料をたくさん集めた、意欲的な展示になっていると思います。展示がドラァグクイーンで締められているため、装うことの表象的でパフォーマティブな側面が強調されているようにも感じました。

今後ファッションとジェンダーの結び付きは、どのように変化していくと思われますか。

学生時代に研究を始めた時、服飾における性差はますます小さくなってきていると言われていたので、いずれ性差は消滅するかもしれないという展望でした。ところがジェンダーレスの服飾デザインが隆盛したのに続いて、「私的な場面では服装の性差が無くなってきているけれども、冠婚葬祭の場面では無くなっていない」あるいは「職場に服装規定があり、公的な場面ではまったくジェンターレスな装いは実現していない」などの実態について聞かされることが多くありました。

性別が社会的な記号であり、性が個人を規定するための1つの方法であるならば、今後も服装における性差は完全にはなくならないでしょうし、ジェンダーレスな服飾デザインを調べた結果、男らしさや女らしさは再構築されていくだけではないかと思うところもあります。

ただ、私自身は、誤解を恐れずに言うならば、性差が存在することは必ずしも悪だとは思っていません。ひたすらにすべてを無性化することを目指していくよりも、なぜ性差が存在しているのか、または存在しなければならなかったのか、さらには性差がどのような社会的・文化的背景から生じ、いかなる規範や制約と結びついているのかを考え、解明していくことが、多様な性の在り方を理解する上でも重要だと考えています。

またファッション産業との関係性においても、ジェンダーレスな服飾デザインが登場したことによって、男女とも服のサイズ展開が細分化されたり、身体ラインを見せないために裁断や補正に非常に細やかな技術が生かされたりするなど、服作りが丁寧なブランドを見かける機会が増えてきました。

このような動きが継続されれば、現在の大量生産・大量消費・大量廃棄といった服の流通・循環の形が変わるかも知れません。ジェンダーレスな服飾デザインといった1つの事象から、社会における様々なつながりを考えることが大切ではないかと思います。

これからの研究の展望を教えてください。

現在は、幼少期から服飾のデザインを通して、性差が刷り込まれていくのではないかという点を調査したいということもあり、19世紀後期のフランスの百貨店で販売されていた子ども服に着目して研究を進めています。この関心は、ヨーロッパの慣習で、男児が幼少期にドレスやスカートを着用するということがあり、初めてズボンをはく行為を成長に必要な通過儀礼として重要視していたことから生じています。

さらに服飾における性差を史的事象から分析してきた経験を生かし、現代社会において、性差のない服飾デザインや性差のない服飾の売場とは、どのような状態を意味するのか、なぜそれを「性差がない」と見なすのかを考え続けることにも興味を持っています。それによって、着用者が抱える問題を解決することに繋げていく必要性も感じています。

画像: ルーヴル百貨店で販売された男児用の上着、1880年代後期、島根県立石見美術館所蔵・撮影
ルーヴル百貨店で販売された男児用の上着、1880年代後期、島根県立石見美術館所蔵・撮影

トップ画像:上着に付されたラベル、1880年代後期、島根県立石見美術館所蔵・撮影

LINEでシェアする