2022.08.01

女子中高生にとっての「制服らしさ×かわいさ」とは? カンコー学生工学研究所が見いだす学校制服の価値

1854年に創業し、全国で「カンコー学生服」を展開する菅公学生服株式会社の独自研究機関であるカンコー学生工学研究所のかわいい制服研究室が、「かわいい研究」の第一人者である大阪大学大学院人間科学研究科の入戸野 宏教授の助言のもと、『学校制服における「制服らしさ×かわいさ」の価値』と題した研究結果を発表した。

現代の女子中高生たちが考えている制服のかわいさや価値とはどのようなものなのか。今回、同研究所所長の川井さんと担当の安木さんに話を聞いた。

PROFILE|プロフィール
川井正則

菅公学生服株式会社 カンコー学生工学研究所 所長
菅公学生服に入社後、営業職を経て、学校独自デザインの制服企画・提案業務に従事。その後、カンコーの新商品開発や品質管理を担当。近年では、制服のジェンダーレス化に伴い、ジェンダーレス制服についても各事業部や担当者と共同で開発提案を行っている。現職は2022年より。

PROFILE|プロフィール
安木綾乃

菅公学生服株式会社 カンコー学生工学研究所
中学講師を経て、菅公学生服へ入社。商品開発や学校推進企画の業務に携わる。 2008年より現職となり、子どもたちのカラダとココロの健全な成長を支援することをモットーとし、基礎研究に取組んでいる。

理想の制服が自己評価感情を高める

はじめに、カンコー学生工学研究所が創設された経緯について教えてください。
川井

弊社は学生服メーカーとして制服や体操服を作ってきましたが、子どもたちにより快適な学びを提供していくために、子どもたちの「カラダ」「ココロ」「時代」「学び」の4つの視点から子供たちを見つめる「学生工学」という考えのもと、2006年にカンコー学生工学研究所を創設したのです。会社としても制服・体操服の製造・販売に留まらず、学校や生徒の課題を解決するスクールソリューション企業として取り組みを行っております。

画像: null
研究員には、どんなメンバーがいるのでしょうか。
川井

現在、9名体制で活動しております。制服の・体操服の品質管理だけではなく、社会課題や学校課題の調査、生徒の嗜好調査などから、研究・開発を進めています。

研究やリサーチを行うなかで、実際に商品に反映されたケースを教えてください。
川井

制服は長時間着るものなので、その時間をいかに快適に過ごせるか、生徒の姿勢や日常動作を研究し、従来のブレザーより動きやすく着心地の良い「ストレスフリー アクティブブレザー」を開発しました。こちらは全国の多くの学校でご採用いただいています。

そのような研究をしていくなかで、制服のかわいさに着目した背景は?
安木

学校制服は、制服を制定する学校、購入する保護者、着用する生徒の三者が関わっています。そのなかで、生徒側から、かわいい制服を求める意見が多くあったのです。このかわいいは人によって異なりますし、そもそもかわいい制服ってなんだろう? という疑問から、その深層を探るために研究をスタートさせました。

今回の研究でわかったことは、今の時代における制服には「かわいい」が、とても重要なキーワードであることです。そのうえで、女子中高生は、かわいいと思う制服について、社会における役割と、自分らしさのバランスが大切だと考えています。私服にはない制服の本質について「きちんと感・学生らしさ・安定感」と捉えており、私たちはこれらを「制服らしさ」と考えました。

そして、気に入った制服を着ることができれば、肯定的な自己評価感情が高まるなど、私服にはない価値を見いだせることが調査のなかで明らかになりました。また、制服を身につけることで、周りの人と「かわいい」という思いを共有して繋がることができる、といった制服ならではの価値も見えてきたのです。

画像: null
調査の前に仮説があったかと思いますが、実際の結果と違いはありましたか。
安木

ありましたね。自己評価感情について調べるにあたって、私たちの仮説は、自分の好みで着られる私服が最も肯定的な自己評価感情が高くなると思っていました。ところが、理想の制服と現在の制服、お気に入りの私服の3つを着たときのイメージをしてもらい、自己感情を評価してもらった結果、理想の制服が私服よりも肯定的な自己評価感情が高くなっていたんです。

画像: null
安木

これは、いい意味で裏切られましたね。

理想の制服が高く評価される理由として「青春っぽさ」も1つあると思います。制服のかわいさは、その青春体験にも関わってくるのかなと。実際に制服のかわいさについて学生に座談会形式で聞いたときも、限定感や青春といったキーワードが出てきていました。「制服を着ればどこでも行ける」「制服は無敵」といった意見も出てきていて、私たちが思っている以上に女子中高生たちは制服に対して肯定的な感情があると実感しました。

具体的にはどのようなデザインの制服をかわいいと定義しているのでしょうか。
安木

今回の研究では、デザイン面は調査をしていません。というのも、「かわいい」は人それぞれで異なるものだからです。そのうえで、私たちの定義するかわいい制服とは、選択の幅があることだと考えています。今着ている制服に少し自分らしさを掛け合わせることで、愛着が増し、それが「かわいい制服」に繋がっていくことが、研究からも見えてきました。

制服のなかで表現する自分らしさ

制服に自分らしさを取り入れることについて、具体的に教えてください。
川井

学校によって異なるのですが、制服には必ず着用しないといけないものだけでなく、アイテムや色を選択できるものもあります。そこに、自分の好みを取り入れています。たとえばリボンかネクタイが選べたり、シャツの色が選択できたりします。ブレザーは同じものを着るけど、そのなかのセーターは個人の好きなものを着られたり、マフラーやコートが自由にコーディネートできたりするところもあります。

このように、個性であったり、自分にあったもの、体格や肌の色にあったものを生徒が選べる状況になってきてると思います。また、最近だと女子生徒がスラックスを履きたいという声が高まってきているので、弊社でも用意していますね。これまではスカートしか選べない学校がほとんどでしたが、パンツスタイルを選ぶ生徒が少しづつ増えてきています。

最近の急な変化は、主にLGBTQの生徒に配慮することがきっかけにあります。男女にはっきり分かれるデザインではなく、同じデザインを着るジェンダーレススタイルに変わってきています。

昔は制服にかわいいを追求しようとすると着崩しだと思われて学校や大人と対立するところもありましたが、時代を経るごとに変わってきているのでしょうか。
安木

最近では、生徒さんの求めるかわいさと、学校や大人が求める範囲が両立してきていると思います。今回、制服の着こなしについて、ファッションに関心のある女子中高生、全国の女子中高生、20~50代の男女を対象にアンケート調査を行いました。学校指定の「基本の制服」をベースに、学校内でのかわいい着こなし「校内コーデ」と、放課後など学校外で着たいと思うかわいい着こなし「校外コーデ」について、女子中高生にコーディネートしてもらい、それを評価してもらいました。

画像: null
安木

すると、校内コーデはどの世代においてもかわいいと制服らしさのバランスが最も取れていると評価されていたのです。校内コーデのような自分らしさを加えた着こなしは、大人から見ても着崩しではなく、「制服らしい着こなし」と評価されていたのです。

画像: null
安木

菅公学生服のショップが原宿にあり、そこで子どもたちが制服を自由にコーディネートしていると、そのときの顔ってとても生き生きしているんです。自分で組み合わせる楽しさが前面に出ていて、そんな笑っている姿を見るとこちらまで楽しくなります。これまでは制服は、強制的に着せられているというイメージの時代もあったかと思いますが、現代の制服は、かわいくて楽しいアイテムとして認知されているのかなと思っています。

今は生徒と学校側の制服についてのコミュニケーションが、これまでよりも取れている時代なんですね。
安木

それはありますね。20年以上前の制服ですと、デザインに関しては先生方で決められていたと思います。学校を表現するにあたって、制服も学校が決めるべきと認識されたいたのでしょう。それが間違っているわけではないのですが、当然ながら生徒の意見が入っていないので、決められたデザインのなかで個性を出すというと、ルールを破ることになってしまうこともあったかと思います。しかし、ここ15年ほどは制服を決める際に学校側は生徒、保護者、地域の意見を踏まえて、みんなで作っていく・決めていくケースが非常に多くなってきています。それにより、生徒の制服への満足度も上がっているんですね。生徒にとっても自分たちが選んだり、自分の先輩たちが選んだものを着るので満足できるし、楽しく着られる。さらに、その楽しさのなかに自分らしいコーディネートが含まれて、かわいい制服が実現しやすくなっているのかなと思っています。

画像: null
安木

制服のなかでも機能面やデザイン面といろいろありますが、今回の研究に繋がるところは生徒の満足度についてだと思います。LGBTQの生徒に配慮することはもちろん、今後は宗教上の理由で服装規定通りの着用に抵抗のある生徒だったり、もしくは体が不自由な生徒たちの我慢を軽減していきたいと思っています。これは私たちだけでは解決できない部分もありますので、今後の研究所としては専門家などと連携し、新しい制服に落とし込んでいくようなことを続けていきたいです。

最後に、現在取り組んでいる研究についてお聞かせください。
川井

今年の秋に展示会を予定しており、そこでご紹介したいと思っている制服が、感覚過敏研究所の加藤さんと共同開発中の動きやすく快適なシャツです。決められている制服を仕方なく着るのではなく、毎日快適に学校に行っていただけるような制服を作りたいということで制作を進めております。こちらはまだ開発段階でありまして、秋の展示会でも先生方にご覧いただいて意見を聞きたいなと思っております。

LINEでシェアする