2022.08.09

世界陸上でも力を証明。 ネクストレベルの厚底カーボン 「NIKE AIR ZOOM ALPHAFLY NEXT % 2」の実力

2017年7月にカーボンプレートを搭載した厚底のランニングシューズを初めて発売したナイキ。トップアスリートは薄底で軽量のランニングシューズを履くという常識をひっくり返した。以降、厚底×カーボンプレートの組み合わせはランニングシーンを席巻し、他社も追随している状況。そんなナイキがこの夏にリリースした最新モデルには、どんなテクノロジーが詰まっているのか。

アスリート、科学者、デザイナーたちが一丸となった「Breaking2」というチャレンジ

ナイキが従来の常識を覆し、マラソンシューズにイノベーションを起こしたのは今から5年前のこと。2017年5月6日にイタリアのモンツァ・サーキットで開催された「Breaking2」というチャレンジが、そのきっかけとなった。アスリート、科学者、デザイナーたちが一丸となり、42.195kmを2時間以内(当時の男子マラソンの世界記録は2時間2分57秒)で走り切ることを目指すというプロジェクトだ。このとき、「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート」という厚底カーボンシューズを着用したエリウド・キプチョゲ選手が、非公認ながら2時間0分25秒という驚異的な記録をマーク。キプチョゲ選手とともにシューズも注目を浴びることになった。

画像: ナイキの厚底カーボンシューズとともに数々の記録を打ち立ててきたエリウド・キプチョゲ選手
ナイキの厚底カーボンシューズとともに数々の記録を打ち立ててきたエリウド・キプチョゲ選手

ナイキの厚底シューズがマラソン界を席巻

 以降、ナイキの厚底カーボンシューズは、着用アスリートとともに快進撃を続けていく。2018年9月のベルリンマラソンで、キプチョゲ選手が2時間1分39秒で世界記録を更新。さらにキプチョゲ選手は2019年10月にオーストリアのウィーンで開催された「イネオス 1:59 チャレンジ」で、非公認ながら1時間59分40秒をマーク。人類史上初めて42.195kmの2時間切りを達成した。
 
2018年2月に設楽悠太選手、2018年10月と2020年3月に大迫傑選手、そして2021年に鈴木健吾選手が男子マラソンの日本記録を更新しているが、いずれもナイキの厚底カーボンシューズを着用していた。また、日本の正月の風物詩である箱根駅伝でも、2020年が84.3%、2021年が95.7%、2022年が73.3%と圧倒的なシェアが続いている状況だ。

最高のランニングシューズがさらにアップデート

 そして今夏、「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2」という新作ランニングシューズが登場した。初代「アルファフライ」が発表されたのは2020年2月なので、2年以上ぶりのアップデートだ。5月1日にブランド設立50周年を迎えたばかりのナイキにとっては、アニバーサリーイヤーを飾るニューシューズとも言える。

ナイキ ランニング フットウェア プロダクト マネージャーのエリオット・ヒュース氏曰く「『アルファフライ』をネクストレベルに引き上げており、すべてのランナーがパーソナルベスト更新を目指せるシューズ」だという。
 
前作からの最も大きなアップデートポイントはミッドソールだろう。「アルファフライ」の特長といえば、前足部に搭載された2つのズームエア ポッド。今作はそのズームエア ポッドの下にもフォーム素材が搭載される形になっている。そして踵部はワイドになり、安定性が高められている。
 
「ズームエックス フォームをズームエア ポッドの下にも搭載したこと、そしてシューズの安定性が増したことで、前作よりもスムーズな体重移動と足運びが可能になりました。汎用性も高まり、エリートアスリートだけでなく市民ランナーがパーソナルベストを目指す際にも履いてもらえるシューズに仕上がったと思っています」と、エリオット・ヒース氏は語る。

画像: 前足部のズームエア ポッドの下にもフォーム素材が搭載されている
前足部のズームエア ポッドの下にもフォーム素材が搭載されている
画像: 踵部分は前作よりもワイドになり安定性が向上した
踵部分は前作よりもワイドになり安定性が向上した

ズームエックス フォームとは反発性と軽量性に優れたミッドソール用のフォーム素材。今作では、ズームエックス フォームとズームエア ポッド、そしてカーボンプレートの三位一体感がより高まった印象だ。
 
「レイヤーが増えることによる難しさはありましたが、大きなエネルギーリターンを得ながら、スムーズな体重移動が可能なシューズに仕上がりました。また、前作は足音が大きいという声があったのですが、今作はその部分も改善されています」。

誰もが自己ベスト更新のために活用できる

 実際に「アルファフライ 2」で走ってみると、ルックス以上に機能が大きな変化をしているのがわかる。足を通してすぐにわかるのが、踵部分のソフトなフィット感。高いホールド性はそのままにフィットが心地良いものになっており、また足入れもしやすくなっている。
 
走り出して感じるのは安定性の向上と、着地から蹴り出しまでの滑らかさ。そして確かに前作のような足音はしない。初代「アルファフライ」では走行時に、ズームエア ポッドの存在を強く感じたが、今作は下にフォームを入れた効果か、それが強調されていない。筆者の走力ではシューズのポテンシャルを十分に引き出すことはできないのだが、前作よりもかなり履きこなしやすい感覚がある。

画像: 幅広いレベルのランナーが高い推進力の恩恵を受けることができそうだ
幅広いレベルのランナーが高い推進力の恩恵を受けることができそうだ

今年3月の東京マラソンではキプチョゲ選手が、「アルファフライ 2」のプロトタイプを着用し、コースレコードを1分以上縮める2時間2分40秒で優勝。そして7月に開催された世界陸上でもナイキの厚底シューズを着用した選手が活躍。イエローのミッドソールのシューズを履いた選手が多かったのを記憶している方もいるのではないだろうか。
 
男子では2位のモジネット・ゲレメウ選手、3位のバシル・アブディ選手ら、女子では1位のゴティトム・ゲブレシラシェ選手、2位のジュディス・ジェプタム・コリル選手、3位のロナ・チェムタイ・サルペーター選手らがナイキの厚底を選択。発表から間がなかったからか表彰台に上がった選手で「アルファフライ 2」を着用していたのは、サルペーター選手だけだったが、今秋から来春にかけてのマラソンや駅伝では多くの選手が着用し、活躍するはずだ。

PROFILE|プロフィール
エリオット・ヒース
エリオット・ヒース

ナイキ ランニング フットウェア プロダクト マネージャー。大学時代にはアイビーリーグ選抜の選手として、出雲駅伝に参加。1区を走り、4着になっている。プロランナーとして活動した過去もある。
「ナイキ ズームエックス ストリークフライ」の開発も担当。
Photo by Cortney White

Text by Fumihito Kouzu

LINEでシェアする