2022.11.18

独自テクノロジーで他社と一線を画す走行感を実現! プーマの厚底シューズの実力とは

今春、30足限定で販売されたプーマの「FAST-R(ファストアール) ニトロ エリート」は、男子マラソンの元日本記録保持者である設楽悠太選手が着用したことで大きな話題になった。前後にセパレートされたミッドソールと、それをつなぐカーボンプレートが露出した構造は大胆かつユニークなもの。

また、東京五輪の女子マラソンで銅メダルを獲得したモリー・サイデル選手が着用していたのはプーマの「ディヴィエイト ニトロ エリート」だった。さらに、女性に特化した厚底シューズ「ラン ダブルエックス ニトロ ウィメンズ」は女性ランナーから支持を集めている。
 
独自路線を進み、コアなランナーの人気を獲得しているプーマのランニングシューズはどのように誕生し、どのような機能を備えているのか。プーマ ジャパン ランニングフットウェア商品企画担当の安藤悠哉さんに話を聞いた。

個性的な構造のトップレーシングシューズ「FAST-R」

 ミッドソールが前後に分割され、それを繋ぐ橋のようにカーボンプレートが露出した「FART-R」は、登場時に個性的なデザインが話題になったが、もちろん独自の構造が採用されたのには理由がある。
 
「FAST-Rは、とにかくトップランナーを満足させる推進力、反発力を実現することにフォーカスして開発されたシューズです。さまざまなテストを繰り返した結果、辿り着いたのがミッドソールを分割したこの構造です。ミッドソールは一体型であるのが一般的ですが、セパレートすることで、より中足部から前足部にかけて体重が乗りやすくなります。

また、FAST-Rに搭載されているパワープレートと呼ばれるプレートは、従来モデルに搭載されていたプレートよりも剛性が高いのですが、しなりを生みやすい傾斜と位置を計算して搭載しているので、より推進力が得やすくなっています」

画像: FAST-R ニトロ エリート 27,500円
FAST-R ニトロ エリート 27,500円

ユニークな構造に目を奪われがちだが、ミッドソール前足部に採用されているフォーム素材にもプーマならではのテクノロジーが詰まっている。
 
「ミッドソール前足部に採用しているのは、NITRO ELITE FOAM(ニトロ エリート フォーム)という素材です。プーマの独自素材であるNITRO FOAMに、短距離スパイクのアウトソールにも使用されているPEBAX(ペバックス)という素材を組み合わせることで、さらにエネルギーリターンを高めることに成功しました。NITRO ELITE FOAMのエネルギーリターンは82.8%、クッション性、軽量性、耐久性にも優れた素材で、これがプロダクトのキーになっています」
 
NITRO FOAM およびNITRO ELITE FOAMは、高い反発性能が長く維持されるのも特長。50万回着地を繰り返しても高反発がキープされるというから、ざっくりとした計算でフルマラソンを10度走っても、機能が保たれるということ。これならば、出し惜しみすることなく、レースやスピード練習で活用できる。
 
ミッドソールがセパレートされた構造は、安定性に欠けるのではと思うかもしれない。しかし、実際に走ってみると、前足部の幅が広くアウトソールのグリップ力が高いからか、着地時に大きなブレを感じることはない。自然に前傾姿勢がとれ、前足部に乗りやすい感覚がある。踵着地をした場合も、シューズの持つポテンシャルは引き出し切れないとは思うが、走りにくい印象はなかった。

画像: 想像以上に安定性を感じ、走りやすいシューズだった
想像以上に安定性を感じ、走りやすいシューズだった

「アウトソールにはプーマグリップという名の素材を使っていますが、グリップ力はプーマが重要視しているポイントの一つです。スリップはスピードのロスやケガに繋がりますし、高いグリップ力はスピードの出しやすさに繋がります」

画像: ミッドソールはセパレートされており、前足部にはNITRO ELITE FOAMが採用されている
ミッドソールはセパレートされており、前足部にはNITRO ELITE FOAMが採用されている
画像: アウトソールのグリップ力の高さも「FAST-R」の特長
アウトソールのグリップ力の高さも「FAST-R」の特長

11月に開催された全日本大学駅伝では、FAST-Rを着用して区間賞を獲得した選手もいたので、安定供給されれば今後レースでFAST-Rを選ぶランナーが増えていくかもしれない。

コントロールしやすいカーボンプレート搭載シューズ

 “誰でも履けるみんなの厚底”というコピーとともに登場した「DEVIATE NITRO(ディヴィエイト ニトロ)」は、2へとアップデートを遂げた。
 
「ミッドソールはNITRO FOAMとNITRO ELITE FOAMの2層構造になり、エネルギーリターンが高まりました。搭載されているプレートは、FAST-Rと同様のパワープレートで、前作よりも推進力が増しています。また、踵のホールド性を前作以上に高めているので、より足とシューズの一体感が感じられるようになったと思います」

画像: ディヴィエイト ニトロ 2 19,800円
ディヴィエイト ニトロ 2 19,800円
画像: ミッドソールはNITRO FOAMとNITRO ELITE FOAMの2層構造
ミッドソールはNITRO FOAMとNITRO ELITE FOAMの2層構造

「ディヴィエイト ニトロ 2」は、他のカーボンプレート搭載シューズと比較して、靴底のカーブがなだらかに作られている。そのため、シューズに走らされている感覚が起きにくく、コントロールもしやすい。カーボンプレートを搭載した厚底シューズが苦手だという人も、違和感なく履きこなせる感覚があるはず。故に、“誰でも履けるみんなの厚底”というわけなのだ。

女性のための厚底ランニングシューズ

RUN XX NITRO(ラン ダブルエックス ニトロ)」も注目したいシューズ。モデル名は、女性特有の染色体DNA配列にちなんでつけられたもので、ウィメンズ用の厚底ランニングシューズとなる。
 
「シューズのフィット感に悩んでいる女性が多いというリサーチ結果に基づいて、女性の足にフィットすることを追求したシューズになります。専用のラスト(足型)は、特に踵の部分が細くなっており、しっかりと踵をホールドできるようになっています。

また、ヒール部分からアウトソールにかけて搭載されたRUN GUIDE(ランガイド)という名前のTPUパーツが、正しいアライメント(骨の配列)を促し、ホールド性や安定性の向上にも寄与しています。米国の大学で200人の女性ランナーを対象に行ったテストでは、約8割の女性が高いフィット感を感じたという結果も出ています」

画像: RUN XX ニトロ  14,300円
RUN XX ニトロ 14,300円
画像: 踵が細いラストが採用され、加えてRUN GUIDEというTPUパーツが搭載されている
踵が細いラストが採用され、加えてRUN GUIDEというTPUパーツが搭載されている

ミッドソールには、高い反発性とソフトなクッション性を兼ね備えたNITRO FOAMがフルレングスで採用されており、気持ちの良いバウンド感が楽しめる。筆者は男性なので、ラン ダブルエックス ニトロを試せていないが、なかなかフィットするランニングシューズが見つからないと感じている女性ランナーの方にとっては、試す価値のある一足だろうと思う。
 
トップランナーをサポートする「FAST-R」に、多くのランナーにフィットするカーボンプレート搭載シューズの「ディヴィエイト ニトロ 2」。そして女性のための「ラン ダブルエックス ニトロ」。プーマのランニングシューズのラインナップには、個性的で魅力的なモデルが揃っている。

PROFILE|プロフィール
安藤悠哉(あんどうゆうや)
安藤悠哉(あんどうゆうや)

プーマ ジャパン株式会社 ランニングフットウェア商品企画
青山学院大学陸上競技部卒
2015年 箱根駅伝総合初優勝 10区2位
2017年 箱根駅伝3連覇、3冠
出雲駅伝 5区 区間記録保持
自己ベスト:5K 13’51 Half 63’30

Text by Fumihito Kouzu

LINEでシェアする