2021.09.15

ご褒美としてのサステナビリティ:「Sonnet 155」が問う、新たな消費のあり方

heroImage

ドイツ在住のテキスタイルデザイナーLobke Beckfeld(ロブク・ベックフェルド)とJohanna Hehemeyer-Cürten(ヨハンナ・ヘマイヤー・キュルテン)の2人によってデザインされた『Sonnet 155』。『Sonnet 155』で使用されている生地は、果実の皮と短いセルロース系繊維から作られている。研究活動から始まり、この夏修士課程を卒業した2人はデザインスタジオを設立、今後はシリーズの生産に向け目下準備中だという。今回、ロブクにプロジェクトの軌跡と、彼女たちの今後の展望についてインタビューを行った。

オンラインで始まった、2人のコラボレーション

ベルリン・ヴァイセンゼー芸術大学大学院でロブクはテキスタイルとサーフェス・デザインを専攻、ヨハンナはファッションデザインを専攻している。学科の異なる2人は、昨年、オンラインへ移行した大学院のプロジェクトで出会ったという。「約1年前にオンラインで行われた大学院のプロジェクトでヨハンナと出会いました。お互いに同じ考えやビジョンを持っていたことから、一緒にプロジェクトを開始することにしました。出会ってからしばらくは、オンラインで進め、実際に状況が改善した2020年の6月ごろに初めてオフラインで会うという経験はとても新しく感じられました。」

画像: 左から:ヨハンナ・ヘマイヤー・キュルテン、ロブク・ベックフェルド
左から:ヨハンナ・ヘマイヤー・キュルテン、ロブク・ベックフェルド

当時ヨハンナは、卒業コレクションに向け、2つのコレクションラインの制作を行っていた。一方はスローファッション、ニュートラルカラをテーマにした、長持ちする衣服のデザインを、他方ではトレンドを意識したアクセサリーやアドオンを構想していたという。そして『Sonnet 155』は、アドオンのプロジェクトの一環として、これまでロブクが行っていた素材開発を応用する形で2人のコラボレーションが始まったそうだ。

「修士課程の3学期目に、ファッションやテキスタイル業界のシステム全体に疑問を持ち始め、持続可能なテキスタイルについてや、それに関連する問題について多くの記事を読みました。そのことから修士過程ではテキスタイルを専攻し、工場から出る副産物を用いた素材開発の研究を行っていました。最初は、繊維産業から出るさまざまな廃棄物を対象に、プロトタイピングを進めました。さらに『Sonnet 155』の先駆けとなる、短い繊維を使ってコンブチャなどの天然の添加物を使った実験も行っていました。」

廃棄素材の活用方法

「コラボレーションを始めた当初は、私が研究していた素材でできることを追求していたように思います。テキスタイルデザイナーとして、ファッションデザイナーとコラボレーションし、一緒にアイデアから製品を作ることを行ってみたいと思っていました。」とロブク。『Sonnet 155』で使用されている生地は、繊維産業から発生するセルロース系の生産廃棄物と、ジュースの副産物である果実の皮から抽出した植物性多糖類であるペクチンの2つの原料を合わせて作られている。実際に写真をみてみると、レザーのようであると同時に、半透明で繊維の質感が感じられる。ロブクの制作したプロトタイプに感銘を受けたヨハンナとのコラボレーションが実現したという。

画像: null

「『Sonnet 155』で私たちが取り組んだ課題は、既に存在する資源を利活用することでした。地元で調達できることも重要で、たとえば繊維産業で糸を作る際に廃棄される短いセルロース繊維は、タオルなどを製造している地元の工場から調達しました。この会社とは数年前から連絡を取り合っていました。当時彼らは、工業的な規模で生産される場合、整経の際に出る繊維を、回収してくれるリサイクル機関がないことから、焼却処分のための費用を負担していました。しかし彼らは資源循環に興味があり、生産過程で出る廃棄物を活用する方法を模索していたのです。」

そして、コラボレーションが開始してから、主に素材とカラーリングはロブクが、デザインはヨハンナが担当しつつも、素材の開発からバッグのデザインまでを密接に連携しながら進めたという。制作当初、ベルトやバッグなど多数の製品アイデアがあったことから、スケッチを通じて形のスタディを行い、その中からアイデアを絞り込んだそうだ。とりわけバッグはモックアップの制作を繰り返し、バッグの仕様も詳細に考えていたという。

画像: null

さらに素材の特性から、長期間ではなく、短期間の使用を見込んだ製品を作ることにしたという。「庭のコンポストに少量の素材を置いてみたところ、1週間で生分解が行われたことを発見しました。使われなくなった素材が新たな栄養成分になるという生物学的なサイクルの発見もまた、製品を短期間の使用に限定するというアイデアに行き着いた理由です。」

このようなプロセスを踏むうちに、バッグを制作することを決め、「特別な日や、コンセプトストアなど向けに、紙袋の代替となる特別な袋やバッグを開発する」というアイデアを思いついたという。そして、製品の形状が決まった後、紙の試作の上にプリントを施し製品の色を決定、最終成果物のデザインを詰めたそうだ。

画像: null

「『Sonnet 155』でみられるバッグの色は、普段あまり好んで購入しない、もしくは高価で購入できないが、1シーズンだけでも使いたいという思いを叶えてくれます。これらの色は、工場から調達した既に色がついていた繊維をそのまま使用している場合と、それらに加えてミネラルや植物由来の天然の顔料を使用し染色されています。」

重荷ではなく、ご褒美としてのサステナビリティ


『Sonnet 155』のバッグは使用後コンポストに入れ、生物学的サイクルに戻すことが可能だ。そして、短期間の使用に限定しデザインされている理由として、「素材の使用と使用段階のバランスが取れていないこと」があると言う。

「たとえばスウェーデンで行われた研究で、ヨーロッパでTシャツは平均して122回の着用後に廃棄されていると報告されています。これはとても多いとは言えません。なぜワンシーズンしか着用しない製品が永遠に使い続けられる必要があるのでしょうか。私たちは『Sonnet 155』を通じて、このディスバランスに取り組みました。バッグはまだ一つの可能性ですが、消費者や人々に、ファッション製品を短いサイクルで違った方法で消費する方法や、長期間の使用が見込まれているのに廃棄されてしまう製品の代替手段を示したいと考えています。」

画像: null

そして、工場や消費者からの反響が大きかったことから、小さなシリーズとして販売を見据えているそうだ。既に素材のテストは終了していることから、今後は生産拠点を含め製造方法の検討を進めていくと言う。

「今、サステナブルな製品を購入できるショップは多くあり、素敵なデザインの施された製品も多く、ブランドも多く設立されています。しかし私たちは、サステナビリティを意識はしつつも、楽しく、好んで身につけられるような製品を作りたいと思っていました。だからこそ、持続可能性を重荷としてではなくご褒美・楽しみとして表現する製品を目指して、今後も製品開発を進めていきます。」

サステナビリティへの取り組みとして、製品の長寿命化への策が多くみられるなか、素材特性や消費の傾向を起点に、短期間の使用に限定しデザインされた『Sonnet 155』。彼女たちの取り組みは、地元の工場から素材を調達し地元の生物学的サイクルに戻すという小さな循環を描きつつ、「ご褒美として」サステナビリティを捉える、新たな消費の姿も提案している。今後どのような展開を迎えていくのか注目だ。

Text by Hanako Hirata

#Sustainability
LINEでシェアする