2022.03.18

長谷部寿女士「服飾の歴史から学ぶファッションとテクノロジーの未来」

昨今、メタバースやNFTによって、デジタル空間におけるファッションがキーワードになりつつある。テクノロジーが進歩するにつれて、ファッションを取り巻く環境は目まぐるしく変化している。こうした状況を私たちはどのように理解すれば良いのだろうか。

過去を振り返れば、ファッションとテクノロジーの出会いは産業革命以降のことであった。新たな技術と共に衣服の生産体制は大きく変化し、同時に人々の身体的な意識も刷新されたのである。では、私たちは歴史から何を学び、未来へ向けてどう行動すれば良いのだろうか。今回、イギリスの服飾史を専門とし、2021年11月に『ファッションとテクノロジー:英国ヴィクトリア朝ミドルクラスの衣生活の変容』を上梓された長谷部寿女士さんに、ヴィクトリア朝に起こった衣服と身体感覚の変化についてお話を伺うと共に、未来の展望についてお聞きした。

PROFILE|プロフィール
長谷部寿女士
長谷部寿女士

筑波大学大学院人文社会科学研究科 現代語・現代文化専攻修了。博士(文学)。現在、日本女子大学ほか非常勤講師。
著書に『ファッションとテクノロジー −英国ヴィクトリア朝ミドルクラスの衣生活の変容』(春風社、2021年)。訳書に江藤秀一編『帝国と文化–シェイクスピアからアントニオ・ネグリまで』(春風社、2016年)がある。

ヘッダー画像:Sewing Machine Museum,London(2019年筆者撮影)

テクノロジーの進歩とファッション産業の変化

まずは、長谷部さんのご関心やこれまでのご研究について教えて下さい。

イギリスを中心としたヨーロッパの服飾文化を研究対象としています。特に衣服に注目して、過去の時代の生活習慣を追究することから見えてくる当時の人々の身振りや行動様式、身体意識と現代に繋がる自己イメージの変遷に関心があります。なぜなら、身体に纏う衣服は、人間にとって最も身近なモノであり、皮膚を刺激し、姿勢・動作を規定するといった身体への作用とともに、衣服をまとった姿で自分を認識している私たちの自己イメージの形成にも関わるものだからです。

これまでは19世紀半ば以降のイギリスに焦点を当て、消費社会の幕開けとなった時代に衣服と身体の関係がいかに変容していったのかを「テクノロジー」を1つのキーワードにして考察してきました。19世紀は特徴的なシルエットで女性のモードがめまぐるしく変化していく時代でしたが、そうした技巧的なファッションは工業化の中での最新のテクノロジーと結びついて生み出されたものでした。

身体とはかけ離れた造形的かつ装飾的なファッションのためにテクノロジーが活用されたのは、人体や健康に対する知識がほとんどない当時の美意識を反映しています。当時の雑誌や家政本、挿絵や絵画などを調査し、そうした服装に対する意識と衣生活の関わり合いを研究しています。

これまでの服飾史において、ファッションとテクノロジーの関係はどのように受け止められてきたのでしょうか。

テクノロジーの起源を辿ると、ラテン語のtechnologiaに端を発し、18世紀頃まではリベラル・アーツの中での「実践的な技芸(art)や工芸(craft)の専門知識」を意味していました。その後、18世紀後半の産業革命の進展期になると、そうした実践的技術は学問体系における知識から「メカニカルな機械や応用科学分野の専門知識」を指すようになっていきます。

ファッション産業においても産業革命期を境にして受け止め方が変わりました。それまでの衣服作りは、裁断から縫製まですべての工程が手作業だったため、衣服の仕立てには熟練の技と専門知識が必要とされていました。そのため、衣服を仕立てるテーラーは誇り高い職業であり、徒弟制の中で師から教えを受ける技術は重要な機密事項でした。この意味でテクノロジーとはartやcraftに結びついていたのです。

その後、イギリスから始まった産業革命によって、テクノロジーは科学や機械分野の技術という新しい意味で使われるようになりました。機械化の流れは繊維産業において他の分野に先んじて進展し、機械生産の導入により服飾産業がグローバルな規模で活性化しました。つまり、後者の新しい意味での「テクノロジー」の恩恵を大いに受けて服飾産業が興隆し、今日に続くファッションシステムが形成されていったのです。

ファッションとテクノロジーの関係を問う上で、ヴィクトリア朝という時代に注目した理由はどこにあるのでしょうか。

先程お話したように、「テクノロジー」という語に新しい意味合いが加わったのが、産業革命の時期でした。そして、産業革命の完成期にあたる19世紀のヴィクトリア朝時代は、こうしたテクノロジーの影響が製造分野をはじめとして雑誌などの印刷メディア、家庭での裁縫道具の変化など「ファッション」に関わるあらゆる分野に浸透し人々の生活に変革をもたらした時代だったのです。

たとえば、製造分野では織機による布地の大量生産、ミシンの発明による縫製作業の効率化、合成染料という革新的な染色技術、規格化された既製服の登場など、今日のファッション産業の形態が出現していく時期でした。さらに、ファッションの情報を伝えるメディアとして雑誌が発達し、19世紀後半以降は今日のファッション雑誌の原型となる大衆女性誌が次々に刊行されました。

画像: Sewing Machine Museum,London(2019年筆者撮影)
Sewing Machine Museum,London(2019年筆者撮影)

また、消費する側に目を向けると、世紀半ばにデパートが登場したことによって、それまで馴染みの個人経営店で布地や装飾品、帽子や靴などを個々に求めていた買い物から、一箇所で頭の先から足の先まで全て揃えることのできるショッピングが可能になりました。商品のディスプレイ、季節ごとのバーゲンセール、通信販売制度など、消費者の購買欲をかきたてるような経営戦略が打ち出され、必要性で商品を購入するのではなく、その時の騒動で購入してしまう欲望消費の時代となり、商品の持つ性質が変化していくのです。

画像: 1877年頃のデパートの外観
1877年頃のデパートの外観

このようにヴィクトリア朝は、現代のファッションシステムが興隆した時代であり、私たちが当たり前に感じている衣生活の成り立ちを見つめ直すことができるという意味でも注目すべき時代だと思います。

衣服が自己イメージに与える影響

衣服の変化と共に女性の身体意識が変化したとのことですが、どのように両者が変化していったのか教えて下さい。

ヴィクトリア朝時代の大きな変化として、流行のファッションを享受する層が格段に広がったということが重要です。それまで流行を享受できたのはドレスを仕立てることのできる貴族や上流階級に限定されていましたが、産業革命の恩恵を受けて財を成し社会に台頭した中流階級の人々が、ファッションにおいても流行の担い手として影響力を持っていきます。

ヴィクトリア朝の初期の女性モードをみると、スカートの中にパニエという下着を何十枚も重ねばきしスカートを膨らませるドレスでした。重くて動きにくいドレスでも不自由に感じなかったのは、そうした流行の服装を着用した有閑階級の日常生活には動きやすさは求められていなかったためです。

しかし、流行が幅広い層に受容されるようになると、生活に合わせてさまざまな改良がなされます。鋼をフープ状にしてスカートにボリュームを持たせる下着「クリノリン」は製鉄技術の恩恵を受けて生まれました。重ね着せずにクリノリン1枚でスカートを成型できるようになったことで動くことが容易になり、クリノリン・スタイルは「静」から「動」のドレスに変わります。大量生産によって安価に購入できるようになったクリノリンは労働者階級にも浸透し、あらゆるシーンで着用されるようになりました。

画像: クリノリンスタイルの風刺画 Punch,vol.30,1857.
クリノリンスタイルの風刺画 Punch,vol.30,1857.

それに続くバッスル・スタイルは、バッスルと呼ばれる下着を付けてオーバースカートを後ろにたくし上げ、臀部にボリュームをつくるドレスですが、大きく広がるクリノリンスカートの不便さを改善し、「動」のドレスを進化させたシルエットだったといえます。クリノリンからバッスルスタイルの時期は、交通網が整う中で都市部にデパートが開店し買い物の形態が変化していったことも「動」のファッションを促しました。ショッピングや観劇、日帰りツアーなどの娯楽要素が増え、人々は街を「歩く」ようになったのです。

画像: バッスルスタイルの風刺画 The Spellman Collection of Victorian Music Covers.
バッスルスタイルの風刺画 The Spellman Collection of Victorian Music Covers.

これまで以上に見る/見られる機会が増え、日常のなかで視覚的刺激を受けるようになったことはファッションにも反映されていて、バッスルスタイルはフリルやリボンなどの装飾がふんだんに施されたドレスで、歩いている姿や背部から見た時にも見栄えのするシルエットになっています。ドイツの思想家ヴァルター・ベンヤミンは、当時の女性ファッションの変化について「装いは、世界を押し流す運動のイメージになった」と述べています。

外出の機会の増加はTPOに応じたファッションを生み、さらにそうしたファッションを着用することで着心地や身振りなどに新しい身体感覚をもたらしました。「身体に纏ったときの衣服」としてモードの変化を辿っていくことで、当時のファッションもよりリアルに感じられると思います。

当時のファッション雑誌は、どのような立ち位置だったのでしょうか。

それまでの雑誌は流行を享受する上流階級を対象にした高級誌でしたが、ヴィクトリア朝時代には中流階級や労働者にも対象が広がり、さまざまなジャンルの雑誌の刊行が進みました。その中でも注目すべきなのが、女性雑誌の発達です。

18世紀頃から流通していた高級女性誌の特徴は、流行のドレスを彩色で描いたファッションプレートと共にパリのモード情報、宮廷のゴシップ、音楽や美術などの芸術に関する記事、小説・詩などで構成された「淑女のための読み物」でした。

一方、ヴィクトリア朝時代の主に中流階級に向けて刊行された女性誌は、日常生活の家事全体を扱う総合誌として料理レシピやガーデニング、マナーや裁縫の知識などと共にファッションの情報が掲載されています。ファッションに関する内容を具体的にみると、パリやロンドンの最新の流行やデパートの情報に加えて、衣服を自作するための型紙と簡単な製作マニュアルがついていたこと、読者同士が交流できる投書欄が設けられていたことが注目すべき点です。

画像: 女性雑誌に挿入されていたパターン(筆者撮影)
女性雑誌に挿入されていたパターン(筆者撮影)

これは上流階級の高級誌には見られない試みでした。そこでは流行のドレスを安く仕立ててもらえる仕立屋の情報や、洗濯やメンテナンスの方法、アクセサリーや色の合わせ方まで衣服に関する実用的な情報がやり取りされています。こうした女性誌は、パリやロンドンの流行をいち早く伝達するメディアであっただけでなく、読者同士を繋ぐメディアとなり、日々の衣生活に結びついた生活実用誌として読者の支持を得ていったのです。

デジタル時代におけるファッションとテクノロジーの可能性

今日のデジタル技術は、新たなテクノロジーの時代をもたらしました。現在のファッションとテクノロジーの関係をどのように捉えていらっしゃいますか。

ここ数年でよく耳にするようになった「ファッションテック」という言葉に象徴されるように、今日のデジタル技術の発達によってファッションとテクノロジーの関係性は新たなフェーズに入ったと実感しています。

19世紀後半以降からの消費社会においては、テクノロジーが「大衆に向けてモノをいかに大量に効率的に生産するか」を目指して進展してきたわけですが、AIやロボット技術などのデジタル時代のテクノロジーは、これまでの価値とは対極的に「個人」に向けて「洗練されたモノ」を生み出すために使われる方向性に変わっています。

たとえばZOZOSUITSをはじめとする、センサー付きのカメラ撮影で身体を計測する技術は、一人ひとりにぴったりの衣服を提供することを容易にしました。また、消費する側においても、オンライン上でのショッピングがとりわけコロナ以降に一層普及しましたが、実際の店舗に行かずともヴァーチャルで再現された空間で商品を試着し、自分に合うサイズや色を見つけることもできます。

また、バイオサイエンス分野での新たなテクノロジーは、生産工程における人道的問題の解決やエコロジカルな素材開発に貢献していて、近年のSDGsの動きは「サステナブルファッション」「エシカルファッション」としてファッション業界で活発化しています。テクノロジーは、環境や道徳性に配慮した「洗練されたモノづくり」のために活用され、ファッションとテクノロジーは、自国の将来から地球の将来を見据えて結びついていく関係性になっていると感じています。

ヴィクトリア朝時代には、ファッション雑誌が着こなしや最先端のモードを伝える役割を果たしてきました。ファッション雑誌の休刊が相次ぎ、またInstagramなど個人が発信するメディアが登場してきました。このような状況をどのように捉えていらっしゃるか教えて下さい。

SNSの発達によって紙媒体のファッション雑誌の需要が減り、ここ数年の間で出版業界はデジタルへの移行が進んでいますが、この流れは必然のことで今後ますます増えていくと思います。しかし、デジタルになったとしてもファッション雑誌が本来的に担ってきた「プラットホーム」としての役割は変わりません。つまり、ファッションについて同じ価値観を有する読者同士が集まり繋がることのできる基盤としての重要性は変わらずに続いていくと思います。

先程も述べたように、大衆女性誌が普及しはじめたヴィクトリア朝時代において、それらは最新流行や着こなしをスピーディーに伝えるだけでなく、雑誌の読者同士が交流し繋がることのできる場となっていたことが、ファッションを活性化しモードの大衆化を促しました。その意味では、SNSなどのデジタルメディアを通じて人々と繋がることが当たり前になった現代人にとって、雑誌のデジタル化は現代人の生活スタイルに合致した形で読者同士を繋ぎ、ファッションの情報をいち早く提供し共有することができます。InstagramやYouTubeの登場により個人で気軽に情報を発信することが容易になり、ファッションの情報を得るツールが格段に広がりましたが、そうしたファッションに関心のある個々人が集まる大きな土台(プラットホーム)として、新しい形態となったデジタル時代の雑誌がどのように進化していくのかに注目しています。

1851年のロンドン万博では、クリスタルパレスによってガラスや鉄の偉大さが誇示され、ファッションにも大きな変化を与えましたが、2025年の大阪万博はどのような可能性をファッションにもたらすとお考えでしょうか。

万博の歴史は、1851年のロンドンから始まります。万博開催の最大の目的は、先進国が最新の科学技術を見せ合い、自国の進展をアピールすることにありました。万博の会場となったクリスタルパレスもイギリスの先進性を誇示する最先端の建築として、博覧会のためだけに建設されました。展示には服飾品も多数出品されましたが、それらは意匠性よりも最新のテクノロジーを駆使して、いかに見栄えするかに重点が置かれていたのです。

この点を踏まえて2025年の大阪万博を見ると、これまでの概念とは異なる新しい万博であることが分かります。大阪万博では、皆で共に未来を考え創っていく「共創」を理念に掲げていることが注目すべき点です。つまり、万博という場で最先端の技術を披露することは、自国のこれまでの進歩を振り返るためではなく、未来を創造するための好機と捉えられているということです。

ファッションの分野でも、Team Expo2025には企業や団体が集まり、未来を見据えたSDGs達成のためのプロジェクトが打ち出されています。1970年の大阪万博は初めて非西洋国で開催された博覧会として、コシノ・ジュンコや森英恵などの東洋の大物デザイナーの名を世界に知らしめましたが、次の大阪万博は、チームでプロジェクトに参加し、SNSなども活用した参加者の情報発信、そこから多くの人が意見し合うことで、新たなファッションの試みが活性化していく絶好の機会になると思います。

昨今では、ファストファッションのような大量生産かつ画一的な産業が大きな力を持っています。テクノロジーとファッションの「オリジナリティ」の問題をどのように考えていけば良いのでしょうか。

一般的に流行の要素を取り入れた衣服を大量生産することでリーズナブルに提供するファストファッションには、画一的でオリジナリティのない衣服というイメージがあります。たとえば「ベーシックでカジュアル、どんな人、どんな服にも合わせられる服」をモットーにしているユニクロの衣服は、デザイナーのこだわりを表現した衣服ではなく特徴を持たないシンプルな形です。しかし興味深いのは、着る側にとっては必ずしもファストファッションを着る=オリジナリティがないとは捉えられていないということです。今年度に、現代のファッションを主要テーマに大学で授業を持たせてもらったのですが、学生と「現代人にとってのファッションとアイデンティティ」について考えていたとき、一見「無個性」であるファストファッションは、裏を返せばどのファッションの系統にも属さないがゆえに、カテゴライズされない自由な存在である個人を表現できるという意見がありました。また、服に関心の高い人にとっても、ファストファッションは組み合わせ次第で自分の個性を出すことができ、特徴を持たないことがむしろアレンジの可能性を広げるという見方もあります。

20世紀初めの社会学者ゲオルク・ジンメルは、人々の衣服選択には集団の中に溶け込みたいという「同一化」願望と、その中でも差異化したいという「差別化」願望との相反する感情があると述べていますが、画一化していくファッションにも着る側がオリジナリティを求めることは変わらずにあるのだと思います。むしろオリジナリティは、衣服そのものに見出すというよりも、服の背景にある思想までをも含んだ広範な意味になっていくように感じられます。

今後、テクノロジーとファッションの関係はどのように変化していくとお考えでしょうか。

先程もお話しましたように、これからのファッションには「サステナブル」や「エコ」がキーワードになっていくと思います。購入した時に最も価値のある衣服ではなく、使うこと・リメイクすることで価値が持続し、さらに高まっていく。そして、最終的には自然のなかに還っていくことができる。そうした循環するモノとしての衣服が理想となり、そのためにテクノロジーが大きく貢献していくのだと思います。そして消費者側も、「サステナブル」や「エコ」を1つの基準として衣服を選択するようになるでしょう。

また、衣服は実際のモノであることを乗り越えてヴァーチャル空間でのイメージとなり、「着る」という行為についても、自分の身体に限らないヴァーチャル空間での体験となる機会が増えていくことは容易に予測できます。自分の分身としてのアバターでおしゃれを楽しむ。そうした衣生活が習慣化していくことでもたらされる自己イメージや、衣服と身体の関係性の変化について、個人的にとても関心があります。

LINEでシェアする