2022.11.26

「コスプレ化」するリクルートスーツ(田中里尚)

リクルートスーツと聞くと、テレビに映し出された、集団企業説明会に挑む学生の姿などを思い浮かべる人も多いだろう。昨今では企業説明会でも「服装は自由」としている会社も多いが、蓋を開けてみると、皆が揃えたようにリクルートスーツを着用している。

ところで、「なぜリクルートスーツを着用しなければならないのか」と疑問に思った人もいるのではないだろうか。無意識のうちに「就活=リクルートスーツ」と考えてしまう日本人にとって、リクルートスーツは一体どのような存在なのか。

今回、『リクルートスーツの社会史』などの研究を行っている文化学園大学の田中里尚准教授にインタビューを行い、リクルートスーツの歴史と現代社会での受容について伺った。

PROFILE|プロフィール
田中 里尚(たかな のりなお)
田中 里尚(たかな のりなお)

文化学園大学服飾学部准教授。早稲田大学文学研究科修士課程を修了後、暮らしの手帖社などで編集の仕事に携わりながら、立教大学文学研究科比較文明学専攻にて博士(比較文明学)号を取得。共著に藤田結子ほか編『ファッションで社会学する』(有斐閣、2017)、高野光平・飯田豊・加島卓編『現代文化への社会学』(北樹出版、2018)など。

ファッション研究に取り組まれた経緯を教えてください。

もともと、文学や小説が好きということもあって、学生時代に文学と歴史の横断分野として「女性雑誌の研究」をしようと思い立ちました。ちょうど女性史のゼミにいたこともあって、戦前の女性雑誌『主婦之友』に目が留まり、1番面白い記事ジャンルは何かと探していたときに、服飾の記事に惹きつけられました。

そこで行ったのが服飾の表象分析です。読者欄を読むと、服の作り方や着こなし方とは違う別種のメッセージを服飾から受け取っている読者がいることがわかったので、そこを深堀りしました。

その後、ファッション研究に関する著作も多い北山晴一先生のもとで研究をしました。戦中から戦後の高度経済成長期直前まで、『主婦之友』の服飾記事のなかでメッセージとしての女性表象がどのように変化していったのかを調査し、博士論文にまとめています。

一連の研究を通じて興味深かったのは、「書かれた服飾」が単に服それ自体の情報を伝達するだけではなく、読者が理想像やアイデンティティを託すことのできるイメージとして読み解けるということです。

それ以降、総合誌の服飾記事群から分岐したファッション雑誌を「モノとしての服」と「メディアとしての服」が合流する場として認識するようになりました。そうした場を歴史的に研究しようと思い、現在に至ってます。

リクルートスーツの研究に取り組まれた理由は何ですか。

出版社に入った卒業生から「リクルートスーツをテーマに書いてくれませんか」と依頼されたことがきっかけです。当初は、あまり関心がなく、検討してみようくらいの感覚だったのですが、すぐに興味深い現象だと気づきました。

最初は男性のリクルートスーツの形態の変化だけを追いかけようとしていたのですが、調べていくと、スーツの着用過程とその意味形成にもジェンダーに関する問題が含まれていることに気づくことになります。

社会が期待する価値観や規範がより明快な形で表現されているのがリクルートスーツだとわかり、結果として長大な論考になったというわけです。

画像: null
リクルートスーツはどのように受容されてきたのでしょうか。

1960年代前半、学生は学生服を日常的に着ており、大学生の就職活動においても、基本的に学生服で行われていました。1963年に上映された川端康成の名作『伊豆の踊子』の映画の回想へと至るシーンを見ていただければ、学生服が日常だったことがわかります。

ところが60年代後半になると、若者のファッション意識の高まりもあって学生服を着用する習慣が失われていきます。最近観た映画では『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』(2020)に出てくる若者は、もう学生服を着ておりません。

言ってしまえば、学生の大衆化の中で特権的な着衣であった制服の象徴性が失われたのです。男子大学生はふだん着で登校するようになります。ところが、そうしたなかで就職活動が始まると、学生服を着用していないのに、普段から着用しているように見せかける人が多くなります。年配の人にとってはまだ学生服は大学生らしさを示していたからですね。当時、学生服をレンタルで済ましたり、友達に借りたりする人の話がちらほら史料にはみえました。

一方、そこに疑問を投げかける人もいて、あえてスーツを着用して就活を成功させた経験談が『就職ジャーナル』などの雑誌に載るようにもなりました。すると、そうした人たちの談話を次世代の学生が読むことで、学生服派とスーツ派の2つが併存する状況が生まれたわけです。

学生たちがどちらを選択すれば良いのか判断に迷うなか、1976/1977年頃から生協が伊勢丹と協力して就活におけるスーツ販売キャンペーンを行いました。ここだけがやったというわけではなくて、他の紳士服店でも、この波に乗ったようです。

リクルートスーツが集団的な現象として可視化された、この最初のシーンを「始まり」として記述しています。

リクルートスーツとジェンダーの問題は、どのように関連していますか。

就職活動それ自体が、労働の性差を前提としていたと言えます。

そもそも、大卒で就職活動のときにスーツを着用するということが、男性優位な企業社会の産物でした。企業戦士としての男性は、新入社員として個性=自我を消す必要があり、そのために社会人になって初めて着るスーツとしてはベーシックなものを選びました。

新入社員としての素直さと新鮮さ、そして没個性=規則への順応性を表象するものとして第一着目のスーツは地味なものにならざるを得なかったのです。その規範が、そのままリクルートスーツの選択肢を決定づけました。

ところが女性の場合は、まったく異なる道筋をたどります。

1950年代から60年代くらいまでは中学卒や高校卒で就職活動をするため、学校制服を就活に用いることが多かったようです。そのため、就活にスーツを着る・着ないという議論自体がありませんでした。入社後も一般職では規定の制服を着用することが多かったため、スーツを揃える必要がなかったことも挙げられます。

大きな転換は、70年代後半から80年代初頭にかけて、大卒女性がある程度のまとまりで就職活動を行うようになったことにあります。ここではじめて女性の就活ルックが意識されるようになります。

当時は、オーセンティックで「清楚」なお嬢様スタイルを、ビジネススタイルとして提示する傾向がありました。確かに現代よりも自由で、「女性らしい」アイテムや素材が用いられており、華やかなイメージもありました。

しかし、入社後の働き方としてはあくまでサポート役であり、「職場の花」という立場もいまだに求められていたため、適度な見た目の華やかさが要求されていました。今のリクルートスーツのような地味すぎる服装は当時決して歓迎されていなかったのです。

このことからわかるように、一般的に「リクルートスーツは画一化の象徴」と言われますが、男性と女性の文脈はまったく異なるものでした。

男性にとって地味で画一化されたスーツは、企業戦士への変身と順応性のアピールという側面があります。一方、女性にとっては、かつて男性社会に要求された「女性らしさ=見られる性」からの解放という側面もあります。もちろん、それでもなおスーツの中に微細な女性らしさは残されてはおりますが。

そして現代では、女/男の二つの区分とは異なる発想が要求されるようになっているので、こうした二項対立的な枠組みもいずれは乗り越えられる必要があるでしょう。

服装の自由化が推奨されるなかで、「就職活動の現場ではリクルートスーツを着なければならない」という不文律は、なぜ起こると思いますか。

1つには就活する側と採用する側の、情報の非対称性が原因だと考えられます。

就活を開始すると、学生は企業がいう「平服」や「服装は自由でお越しください」にも「暗黙のルールがある」ということに気づいていきます。特に、対人的な信用を重視する業種になればなるほどその傾向が強いことは、就活サイトや就活専門の塾やマナー講座が教えてくれます。

学生からすると、企業が最初から服装のルールを提示してくれればいいと思いがちですが、企業としては、就活生のTPOを踏まえた着装ルールの理解、その服を着た時の身振りや振る舞いが血肉となっているものなのか、それともその場しのぎなのかというところも判断基準になるはずなので、あえて「自由」と言うわけです。

それを具体的に伝えてしまうと、それこそ見た目においては皆正解を選んでくるので、画一化して区別できなくなってしまいますから。残酷だとは思いますが、面接の発言で要求してくる経験における個性や自分らしさと、外見の個性と自分らしさを同一視しないのが大人なのだと企業は考えているのだと思います。

だからこそ、純粋に機能的な「リクルートスーツが最適解だ」という認識が、リスクをできるだけ回避するために選ばれるわけです。もしかすると、現代社会はリスクをとることで成長できるという幻想が機能しない時代に入っているのかもしれません。

画像: Flickr user Dick Thomas Johnson (Dick Johnson) - https://www.flickr.com/photos/31029865@N06/6554191285/, CC 表示 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=18130929による
Flickr user Dick Thomas Johnson (Dick Johnson) - https://www.flickr.com/photos/31029865@N06/6554191285/, CC 表示 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=18130929による
これまでの研究から、日本人にとって「リクルートスーツは何だったのか」と言えますか。

ある時期までは、企業社会を視覚化するメディアだったのだと思います。とりわけ戦後から昭和の終わりまでは、中流幻想の象徴という役割もあったはずです。スーツを着て働きに行くというホワイトカラーのイメージがあり、その階層に参入するための通過儀礼としてリクルートスーツはあったと考えます。就職後も、リクルートスーツではないスーツは着るわけですからね。

80年代の終わりには、独特なスーツスタイルを披露する人も多かったようですが、「ヤンエグ(ヤング・エグゼクティブ)」幻想を支えた象徴の1つではないでしょうか。平成も中期になって中流幻想が崩壊したあと、スーツは仕事着としての象徴の役割を少しずつ縮小していっているようにも思います。スティーブ・ジョブスの服装は、まさに新時代の労働着のイメージを決定づけているようにも思います。

したがって、ホワイトカラーの制服という役割までは失ってないにせよ、中流幻想を託せるような意味を持ち得なくなっているのは事実だと思います。わたしの職場でも、ほとんどの学生は「コスプレ」としてリクルートスーツを着ているという認識だと思います。

つまりビジネスマンとして自分を表象するために面接でまとう一時的な衣服という認識があり、中流幻想への信仰は、ほとんどないのではないでしょうか。不自由や画一性の象徴というよりも、就活時に揃える着衣の1つとして考えているようです。

ただ、こうした規範を暗黙の了解としてあるがままにしておく日本社会の停滞性に対するいら立ちが、無個性、画一的というリクルートスーツのスタイル面での特徴に向かっている気がします。本当の批判の対象は、リクルートスーツの向こう側にあるのだと思います。

今後も、リクルートスーツは存続するのでしょうか。あるいは、コスプレ的なものとして受容されていくのでしょうか。

おそらくリクルートスーツが企業社会を視覚化するメディアであるならば、企業社会の変化によってその役割も変化するはずです。

たとえば、リクルートスーツを着ることを良しとするような管理職や人事部が退職によって淘汰されていくと、新陳代謝によってこの規範は自然と消えていくと思います。かつて学生服がそうであったように。あの時期に学生服を就活ルックとして選択していた学生は、役員面接ではスーツではなくて学生服を着ていくといった人もいました。今はあの1970年代の再演のようにも思います。

そのため、日本においては10年くらいのスパンで、就活でリクルートスーツを着るという規範は解体に向かうのではないかと考えています。現在はその前史として、かつての学生服がそうであったように、就活の時期だけ着るコスプレ的な着衣とみなされ始めているわけです。

ただ、女性の場合はどうなのでしょう。男性はビジネスカジュアルへと仕事着の規範も変わっていくように思いますが、女性の労働着としてのスーツスタイルはジョン・T・モロイが述べたように威厳を付与する服として発展性はあると思います。スカートやパンプスといったふるまいを女性化させるようなアイテムが、今後焦点になっていくと思います。

もちろん、リクルートスーツの規範が失われたとしても、就活時にどんな服をいかに着こなすかという別のルールが生まれることになるでしょう。若者集団であろうと企業内集団であろうと、規律を同じくする人々にはある程度共通の服装認識も生まれるだろうと思うからです。見た目と働きを完全に分離するのは、それを眺める人々がいる限りは難しいでしょう。

したがって、就活の際には、企業の気風によって、服装を変化させる必要が生じるでしょう。その際に、なぜその服を選択したのか、どういう意図があるのかといったことを説明しないといけない。そうすると、服のバリエーションを増やすことに関心のない人にとってはつらい状況となります。何も考えずにリクルートスーツを着ていればよかった、ということで、選択肢の1つとして地味なビジネススーツは残るはずです。

自由な服装になればなったで、新たな自由の中に枠が設けられ、そこでの服装の秩序と体系が刷新される。そうした衣服の体系自体から解放されることはないでしょう。私たちが言語から解放されないように。

今までの研究を踏まえて、これから新たに分析したい対象や事象はありますか。

挑戦したい研究が2つあります。

1つは、若者が注目するデジタル画像や動画表現における服飾のメッセージ性についての研究です。

ファッション史が進展するなかで、新しい潮流をわれわれ研究者も追いかける必要があります。かつてのドメスティックブランドが生み出したのとは違うファッション現象が目まぐるしい速さで登場しているので、積極的に調査したいですね。

もう1つは、「服装の多様化」が本当の多様化なのかということを原理的に考えたいです。おそらく、私たちが考える多様化には、「枠のある多様性」と「枠のない多様性」があります。そのときに想定している「枠とは何か」を考えていきたいですね。日本という文化が抱え込む枠とでもいいましょうか。

言い換えれば、先ほども申しました衣服の体系とそこから解放される可能性の研究になります。占領期や高度経済成長期ならば、「おしゃれ」という言葉で表現されてきた服装の自由に関する議論を今一度たどってみたいと思います。また、戦後の服飾ジャーナリストのマダム・マサコや南部あきの仕事について追っていきたいと考えます。先端に位置する事柄と、過去の復元とを、バランスよくこなしていければと思っています。

LINEでシェアする