2022.08.18

なぜ日本人はマスクを着用するのかーー衛生対策とファッションの両立(住田朋久)

日本人はマスクをつけることに、大きな違和感を抱くことはない。風邪を引けばマスクをし、インフルエンザや花粉症の予防で欠かせない人も多いはずだ。コロナ禍が続く昨今では、もはやマスクは顔の一部になりつつある。

だが、欧米では日本ほどマスクを着用する習慣はなく、特にコロナが猛威を振るう以前は、マスクをして出歩く日本人に対して違和感を抱く人も多かった。では、なぜ私たちはこれほどまでにマスクに馴染みがあるのだろうか。

それを紐解くために、今回マスクの歴史を研究されている住田朋久さんにお話を伺った。日本のマスク受容、そしてファッションとの関係性まで、歴史的な視点から語っていただいた。

PROFILE|プロフィール
住田 朋久 (すみだ ともひさ)

慶應義塾大学大学院社会学研究科 訪問研究員

東京大学大学院博士課程満期退学(科学史・科学論)。日本学術振興会特別研究員(DC1)、東京大学大学総合教育研究センター特任研究員、丸善出版、東京大学出版会などを経て、現在、科学技術振興機構研究開発センターフェロー。

はじめに、住田さんのご研究を教えてください。

科学と社会の関わりに興味があり、「環境・生命・科学の社会史」と称して研究してきました。一例を挙げると、大気汚染対策における研究者のネットワークの組織化を調べたことがあります。

その後、多くの人が関わる問題について考えたときに、やはり花粉症は外せないだろうと思い研究を始めました。すると、1980年代ごろに花粉症の患者会があったことがわかりました。患者たちが仲間を募っていき、さまざまなマスクを試して、効果の大きかった防塵マスクのメーカーに対しては、街中でも使えるようなデザインに改良してほしいと要望したそうです。

この患者会についてのエッセイを2020年に『現代思想』に寄稿したところ、ゲラが送られてきたときに、編集者が次の号に「マスクの歴史について書いてみないか」と提案してくださったんです。それがきっかけで、この2年はマスクの研究を行っています。

マスクは、いつ発明されたものなのでしょうか。

ひとまず仮面は除外して、マスクを鼻と口を覆うものと定義します。そうすると、一番古い記録は紀元1世紀の大プリニウスによる『博物誌』のようです。そこには、鉱山でヤギの膀胱を頭に被っていたことが書かれています。また不殺生を信条とするジャイナ教徒の白衣派では、口を覆って虫が入らないようにしていますが、5世紀以前まで遡れるようです。もちろん、歴史的な資料に残る前にも、防寒や防塵のために鼻口を覆うことはあったでしょう。

日本の場合、近代以前から作業の際に布や紙で口を覆っていたことが確認できます。たとえば、19世紀中頃に徳川家の御用菓子を作る際に、口に紙を当てていたことが資料からわかります。もう1つ例を挙げると、江戸の将軍のために熱海で温泉を汲む人たちも同じように口を覆っています。いずれも偉い人が接するものを汚さないという配慮です。

画像: (左図)加納諸平・神野易興編『紀伊国名所図会 後編 巻之一 若山補遺』平井五牸堂、1851年、ホ12裏 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2563499/19  (右図)斎藤要人『熱海錦嚢』芹沢政吉、1897年、32頁 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/764830/32
(左図)加納諸平・神野易興編『紀伊国名所図会 後編 巻之一 若山補遺』平井五牸堂、1851年、ホ12裏 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2563499/19  (右図)斎藤要人『熱海錦嚢』芹沢政吉、1897年、32頁 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/764830/32

私たちが想像するようなマスクは、19世紀前半にイギリス人医師ジェフリーズが発明した「レスピレーター(呼吸器)」が起源です。これは金属が組み込まれており、特許を取った機能的なものでした。

これについてジェフリーズは、「ポータブル・クライメット」という表現を用いています。すなわち、「気候を持ち運ぶ」を発明したと主張しています。肺病の患者が暖かく湿った空気を吸えることを目的にしていました。ジェフリーズはインドで育ち、イギリスで医学を修めた人物です。インドとイギリスの両方で生活したからこそ、寒いイギリスで肺を患っている人を救うにはどうしたらいいのか考えたのでしょう。

これが1870年代(明治初期)に、日本にも輸入されて流行しました。ところが、当時の主流の医者はマスクの着用を薦めていませんでした。1884年に大日本私立衛生会が作成した『衛生寿護禄(すごろく)』には、マスクをつけた唯一の人物は「虚弱」のコマに描かれており、「うまれつき よわきはあれども 心から 身をよわくする 人ぞかなしき」と詠まれています。当時の専門家から見ると、マスク着用は人を虚弱にするものであり、「健康な人はわざわざマスクをつける必要はない」と考えられていたようです。

画像: 大日本私立衛生会「衛生寿護禄」青木半右衛門編、石川恒和出版、1884年 https://d-archive.u-gakugei.ac.jp/item/18408065
大日本私立衛生会「衛生寿護禄」青木半右衛門編、石川恒和出版、1884年 https://d-archive.u-gakugei.ac.jp/item/18408065

それでも、一部の市民は積極的にマスクをつけていたようです。当時のマスクの広告には、寒さを防ぐことによって風邪を予防するということがうたわれています。

1899年から1900年に大阪でペストが流行したときには、新聞記事で、検疫官全員がマスクするようになったことや、ある医者が役所にマスクを寄付したことなどが伝えられています。これが1910年ころの満州のペスト対策でも用いられ、さらに1918年からのインフルエンザ対策にも使われていきました。

マスクはファッション的なアイテムとしても受容されたそうですが、どういった経緯だったのでしょうか。

明治時代の「呼吸器広告」を見ると、和服と洋服を着た人がマスクをつけている姿が掲載されています。どのような服装でもマスクは似合うというファッション的な視点があったと想像します。専門家が推奨しているわけでもないのに市中でマスクが流行したということを考えると、やはり西洋で使われてるアイテムという意識が強かったはずです。こちらの絵は講演会に行くエリートを映しています。こうした身分の高い人たちがマスクをしている姿に、市民は羨望のまなざしを向けていたわけです。実際、この「呼吸器広告」は大正末期の1925年に出版された宮武外骨の『文明開化』という本にも収められています。

画像: (左図)『郵便報知新聞』1879年2月14日、4頁(国立国会図書館所蔵)。(右図)The International Exhibition of 1862: The Illustrated Catalogue of the Industrial Department, Vol. 2, p. 134, https://archive.org/details/internationalexh02lond/page/n269/.
(左図)『郵便報知新聞』1879年2月14日、4頁(国立国会図書館所蔵)。(右図)The International Exhibition of 1862: The Illustrated Catalogue of the Industrial Department, Vol. 2, p. 134, https://archive.org/details/internationalexh02lond/page/n269/.

その後、インフルエンザなどの感染症対策で一般に用いられるようになり、ファッションとしても定着します。下図は、第二次世界大戦の総力戦体制期に贅沢の批判として持ち出された写真ですが、たくさんのプレゼントを抱えた女性が豪華なファッションの一部としてマスクをつけています。

画像: 『写真週報』251号(1942年12月16日)、7頁 https://www.digital.archives.go.jp/img.pdf/3693714
『写真週報』251号(1942年12月16日)、7頁 https://www.digital.archives.go.jp/img.pdf/3693714
日本人にとってマスクが馴染みのあるものになったきっかけはありますか。

馴染みという点では、学校給食で子どものころからマスクをつけるようになったことは大きいでしょう。これまで見つけたなかでもっとも早い例は、1944年の日本女子大学校附属豊明初等学校です。ここでも総動員体制のなかで、給食のお手伝いをしていたお母さんたちが労働に駆り出されることになり、当番の子どもたちが授業を抜けて給食の準備をするようになります。このとき、子どもたちがマスクをつけるということが起こりました。それが今も引き継がれて、日本の文化の1つになっています。

あとは最初に触れた花粉症ですね。日本で初めてスギ花粉症が報告されたのは1963年です。患者会が1979年に設立され、その後は花粉症になる人が著しく増え、春のマスクも広く見られるようになりました。

文化的には、人に迷惑をかけてはいけないという意識や同調圧力が強いとも言われますね。去年(2021年)11月頃の感染者がほとんどいなかったときでも、ほとんどの人が屋外でマスクをつけていました。ただ、同調圧力については、コロナ前はむしろ他の国のほうが公共の場でのマスクを許容しないという圧力が強かったと言えそうです。

今後、マスクに新たな機能が付与されていく可能性はありますか。

これまでも、マスクはただ内と外を遮るのではなく、ジェフリーズの「呼吸器」のように、さまざまな機能がありました。

ペストが流行したときには、マスクに消毒薬を染み込ませることもありました。ただ、濡れたものを口に当てると息苦しくなるため、定着はしませんでした。

もう1つはアロマです。ヨーロッパの17世紀以来のペストマスクは香りのする草花をマスクに入れていました。今だとアロマを染み込ませたシールが売られていて、マスクに貼るだけで簡単に香りを楽しめるようになっています。

近年の技術の発展を考えると、おそらく見た目やファッション性以上の機能が求められるような気がします。たとえば、小顔になるようにローラーをつけたり、何かしらの刺激を与えてリフトアップができるなど、美容関係の付加価値が登場するかもしれません。

今後「ファッションアイテムしてとしてのマスク」は、ますます意識されていくのでしょうか。

すでに十分に意識されていることだと思います。特にコロナ禍の2年間で、世界中でいろいろな試みがありました。

日本で初めてコロナが確認されたとき、マスクの入手が困難になりました。そこで人々は、繰り返し洗える布マスクを自作したわけです。その後、不織布マスクが推奨されるようになり、布マスクは姿を消していきます。また、3D構造を持つマスクが考案され、小顔効果や横から見たときの美しさなどが追求されてきました。

他にも、コロナ前ですが、日本における黒マスクの流行は、BTSの影響であるとも言われています。もはやアジアの流行を日本が取り入れることは当たり前になっています。携帯型扇風機も中国や韓国のほうが先に使っていたものですしね。

ですから、今後は日本国内だけを見て考えるのではなく、世界各地で生じたマスクの発展を見ていくとおもしろいはずです。

(トップ画像)『団団珍聞』1879年4月26日、1863頁(国立国会図書館所蔵)

参考
住田朋久「鼻口のみを覆うもの:マスクの歴史と人類学にむけて」『現代思想』2020年5月号、191–199頁。
(英語版 https://www.japanesestudies.org.uk/ejcjs/vol21/iss3/sumida_iijima.html)

Tomohisa Sumida, “Plague Masks in Japan: Reflecting on the 1899 German Debates and the Suffering of Patients/Doctors in Osaka,” East Asian Science, Technology and Society, 16 (2022): 74–85, https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/18752160.2021.2015121.

NHK World-Japan. "Japanology Plus: Face Masks." April 14, 2022.
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/video/2032261/

LINEでシェアする