2021.04.22

千葉雅也:悪のファッション、歴史の終わりと闘うファッション

#インタビュー特集:衣服/身体環境の現時点:作ること・纏うこと・届けること
heroImage

テクノロジーの進化や地球環境の変化によって目まぐるしく変化する、私たちの衣服/身体環境。そんな今日におけるファッションの「作ること・纏うこと・届けること」とは、どういった状況にあるのでしょうか?Fashion Tech Newsリニューアル記念特集として、衣服や身体をとりまく技術的/社会的状況の変容について、また、そこから描きだされる未来像について、5名の方々へのインタビューから考えていきたいと思います。

PROFILE|プロフィール
千葉雅也

哲学者、批評家。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。フランス現代哲学の研究と、美術・文学・ファッションなどの批評を連関させて行う。著書に『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』(河出文庫)、『勉強の哲学――来たるべきバカのために』(文春文庫)、『意味がない無意味』(河出書房新社)、『アメリカ紀行』(文藝春秋)など。デビュー小説『デッドライン』(新潮社)で第41回野間文芸新人賞を受賞。

今日のファッション文化、および衣服や身体を取り巻く環境

無駄を楽しむことの消失

ファッションについてまず言えることは、今僕はあまりファッションに興味がなくなってしまっているってことなんですよ。欲しい服があまりない。とにかく一通り出尽くしちゃったと思います。ハイファッションとストリート的なもの、あるいは労働服だったりとのミックスがどんどん進んでいって、秩序の転覆が起きて民衆化していったわけですが、そこから考えられるスタイルはおおよそ2000年代に終わってしまった。あとは昔のアーカイブを再解釈するというか、再解釈でもなく、リバイバルですよね。

そういう次第で、ファッションの様々な文脈を横断して遊ぶスリルがなくなってしまったと感じています。ところで今、ファッションの産業構造全体に対する批判が溢れています。つまり「無駄に消費するのは良くない」「材料を大事にしましょう」「地球を大事にしましょう」みたいな。でも、そのような道徳的、倫理的な方向に新しいファッションを見出すのは辛気臭いですよね。息苦しいとも思います。かつての「無駄を楽しむ」ようなファッションの余裕が、今はないですよね。その一方で、ネオリベラリズムの中で新興富裕層が、ただ高価なだけのコラボアイテムのようなものを自慢する風潮もあって、二極化している。

中間層が背伸びをしながら文化を耕していくような形が、もう難しくなってしまっているのは、日本が貧しくなったからですよね。2000年代はまだ、ここまでの状況ではなかったと思います。

何にでもなれるという幻想

(バーチャルファッションなど、現実の自分の身体に囚われない仮想の身体という考え方に対して)人間にはどうにもならないものがあるというのを認めた上で、それとの緊張関係の中で遊びを考えるのが僕のマイノリティポリティクスです。何にでもなれるというのは耳に心地よいですが、幻想です。自分が持っている様々な限界やどうにもならなさとどう付き合うかに、人生の苦味を含んだ面白さがあるわけです。

今日、自分の限界はあたかも乗り越え可能で、人生はどうにでもリセットできるかのような幻想が振りまかれているのはすごく問題だと思います。どうにもならないことが人生にはあるということを、無くそうと思っているわけですよ。こういった幻想の中にいると、人間関係の気に食わないことの許容度が低くなっていくんじゃないでしょうか。

つまり自分の人生の中の否定性を我慢できないということが、今、社会全体に広がっている。思い通りにならないことを全て思い通りにできるかのような幻想に、とにかく資本が投下されているという状況があります。これはもう、人間性の否定だと思いますね。 

<p><span style="color:#222222">今日、自分の限界はあたかも乗り越え可能で、人生はどうにでもリセットできるかのような幻想が振りまかれているのはすごく問題だと思います。どうにもならないことが人生にはあるということを、無くそうと思っているわけですよ。こういった幻想の中にいると、人間関係の気に食わないことの許容度が低くなっていくんじゃないでしょうか。</span><br><br><span style="color:#222222">つまり自分の人生の中の否定性を我慢できないということが、今、社会全体に広がっている。思い通りにならないことを全て思い通りにできるかのような幻想に、とにかく資本が投下されているという状況があります。これはもう、人間性の否定だと思いますね。 </span></p>

最先端テクノロジーの普及と、衣服や体をめぐる状況

SNS向けの「わかりやすさ」

SNSの問題のひとつは、目立つものばかりがウケるようになっていることです。これはよく指摘されることだと思います。たとえば、最近のロゴブームは、80年代のキャラクターブランド的なデザインのリバイバルみたいにも見えますが、SNSで目立つからという理由もあるのでしょう。

要するに、パッと見てステータスが分かることに特化しているわけです。全てが目立てばいいという刺激になっており、文脈を読むとか、微妙な佇まいにこだわるという話ではなくなっている。たとえば、シルエットというのはもっと微妙な問題のはずなのに、一時期のVETEMENTSのような極端なビッグシルエットは、結局SNSでわかりやすいわけです。

ファッションの流通とテクノロジー

僕の個人的な希望でいうと、まず単純に、テクノロジーによって流通が効率化されるのはいいことだと思います。でも、それ以上でも以下でもないですね。あとは、今までよりもっと微妙なパターンを作れるとか、織物の模様を新しくするといったテクノロジー主導のデザインが考えられますが、そんなに興味を感じない。人間の服の形はそう大きく変わらないし、その程度の差異の振れ幅に留まると思います。

流通のことで言うと、自動採寸やバーチャルフィッティングみたいなものはうまくいったらいいなと思いますよね。ネット通販ではサイジングが最大の問題なので。100%実現できないにしても、返品を減らせるような試みはあったらいいと思います。

服の古代的性質

服の技術的面として僕が重視するのは、薄くて暖かいといった基本的な機能です。服を情報ネットワークに組み込むような発想は勘弁してほしい。これだけ情報化が進んで色々なことを常に気にしなくてはいけないような状況で、ただ服を着てそこに存在しているというだけで余計なことを気にしなきゃいけないなんて地獄です。ただ服を着てそこにいるっていう状況は、余計なことから切断された時間であってほしい。そういう意味で言うと、服というものには依然として、反時代的な、古代的と言ってもいいような時間から取り残されたような性質があるべきだと思います。

10年後のファッション、衣服を着用すること、私たちの身体の在り方

悪のファッションはいかに可能か

まず10年後は、もっと地球が暑くなっていますよね。だからおそらく薄着になっていて、冬も暖かくなっているのではないでしょうか。また、エネルギーとか材料の問題、廃棄物の問題が大きくなる。そういった問題の対応はやらざるを得ないことなので、粛々とやるしかないと思います。意匠としてのファッションの面白さは一通り終わっていると思うので、あとは色々なものがリバイバルされて、細かいリミックスが起こり続けるのではないでしょうか。ガングロが復活したりするかもしれない。でも結局、何をやってもそれほど特別じゃない時代になってしまっている。つまり、歴史が終わっている感じがします。ただ、何をやっても新しくない時代と闘うのもまた、ファッションなのではないでしょうか。

image

10年後に意匠の問題で大きな変化は起きていないと思います。変化が起きたとしても一時的なもので、ただデータベースの様々な部分が繰り返すということになると思います。今、環境問題やポリティカルコレクトネスの問題を考慮してファッションの無駄や過剰さが反省される局面に入っていますが、その方向で洗練が進んでいくのが基本線でしょう。それに対して、僕としては、その趨勢全体に抵抗するようなファッションがどうすれば可能か、そういうことをやる人がどうすれば出てくるのかと考えています。それは人類史のある種の「正しい」方向に逆らうようなファッション、つまり悪のファッションです。今後のファッションの世界において悪はいかに可能か。ファッションにおける否定性をどう考えるかということです。否定性をなくせばいいのではない。あるいは、「歴史の終わりと闘うファッション」です。そこに僕は興味がありますね。

みんなが欲しがるという問題

消費のスピードが上がることで、ひどい商品は昔よりも増えました。ECのプラットフォームは個々のお店のクオリティを十分審査できないので、ただとにかく売れればいいと思っているようなお店もたくさんあるわけです。今はインターネットでリンクを踏んでしまった人が引っかかりさえすればいいというような商売がたくさんある。人間の意地汚さみたいなものが、2000年代後半から2010年代を通してどんどん前に出てきていると思います。

そういう商品を見ると悲しくなります。こんなことのために無駄に繊維を使ったり、流通の労力を使ったりしているのだから。「毛皮を着るな」なんてことよりも、粗悪品を売りつけるような商売を減らしたほうが、よほど環境のためになるのではないかと思います。結局、それは資本主義が悪いのですよ。毛皮にしても、めったに買えないものでなくなり、民主化してみんなが欲しがるようになったから問題になったわけです。

今の状況に適応するための技術的な改良はあるとしても、もっと全体として、ファッションの無駄や過剰さ、そして否定性を改めてどう考えていくかが大事だと思います。

<p><span style="color:#222222">そういう商品を見ると悲しくなります。こんなことのために無駄に繊維を使ったり、流通の労力を使ったりしているのだから。「毛皮を着るな」なんてことよりも、粗悪品を売りつけるような商売を減らしたほうが、よほど環境のためになるのではないかと思います。結局、それは資本主義が悪いのですよ。毛皮にしても、めったに買えないものでなくなり、民主化してみんなが欲しがるようになったから問題になったわけです。</span><br><br><span style="color:#222222">今の状況に適応するための技術的な改良はあるとしても、もっと全体として、ファッションの無駄や過剰さ、そして否定性を改めてどう考えていくかが大事だと思います。</span></p>

Photo by ANDY

#Sustainability
LINEでシェアする