2022.12.16

ドレス仕立てのチノパンを手がける日本製のブランドBARNSTORMER(バーンストーマー)の45年の歴史とクォリティに迫る

1977年、アメリカのチノパンそのものを日本で作ろうという人がいた。

ブランド「BARNSTORMER(バーンストーマー)」の創業デザイナーだ。アメリカから輸入されたミシンを揃え、アメリカのチノ生地を再現し作り上げたチノパンはのちに“パンツのBARNSTORMER”と呼ばれる様になった。
 
清澄白河の隅田川沿いにあるアトリエ兼ショップにて、創業者の息子である2代目デザイナー海老根モンロウ氏に創業当時から現在までのお話しを聞かせてもらった。

画像: 清澄白河にあるBARNSTORMERのアトリエ兼ショップ。商品の他、ブランドの世界観を作る様な物が飾られている
清澄白河にあるBARNSTORMERのアトリエ兼ショップ。商品の他、ブランドの世界観を作る様な物が飾られている

MADE IN USAを日本で作る

「1977年に先代である父が立ち上げました。その当時はアパレルメーカーが今ほど沢山あった訳ではなく、インポーターのような海外ブランドを持ってくる会社やインポートセレクトショップみたいなものが出来て来たという時代でした。
 
その時、父はインポートのものを持ってくるのではなく、『アメリカのそのままの物を日本で作ろう』という考えでした、当時の国内生産はまだどちらかと言うと、仕立屋さんとかオーダーメイドが主流で既製服の種類が少なかった時代。その中でパートナーシップをとってくれる工場を探し、日本でアメリカのミシンを輸入している会社経由でミシンを用意して、アメリカと同じものを日本で縫えるようにという準備を進めました。

生地も日本とアメリカの生地では番手が違ったりするので、生地もパートナーシップをとってくれる生地屋を探して1から作り始めたと言う感じです。『このミシンがないとこれが縫えない』、みたいになるとそのミシンをまた探して輸入してもらってという感じで1つ1つやっていった様です。
 
BARNSTORMERがはじまった時はフルラインナップでパンツ以外も展開しています。今もジャケット等、パンツ以外も作っています。パンツの専門みたいな存在のブランドも少なかったせいか、ブランドがスタートして程なく品揃えしてもらうセレクトショップでパンツが評判になり、のちに“パンツのBARNSTORMER”と呼ばれるようになりました」

スーツ工場で作るカジュアルパンツがBARNSTORMERのこだわり

こだわりを聞くとBARNSTORMERのチノパンには特別感がある事が分かる。普通のチノパンとBARNSTORMERのチノパンでは何が違うのかを話してもらった。
 
「先代の頃から特化していたのは、スーツ工場の組下[1]を縫う所でカジュアルパンツを縫っていたというのが、昔から今も変わらず取り組んでいることです。デニムパンツの工場というのは70年代でもうたくさんあって、そこでもカジュアルなパンツというものは縫われていました。
 
スラックスを縫う工場でカジュアルパンツを縫っていたという事が、他のカジュアルパンツとBARNSTORMERの違うところです。スラックスの工場で縫うという事は、カジュアルパンツでもキレイなシルエットで縫製もキレイで全体的に上品に仕上がるころが特徴です。
 
アメリカの工場は50年代60年代どんどん発達して行き大量生産になって行くのですが、最初は紳士服からスタートしているので、スラックス工場が多かったらしいんですね。なのでカジュアルパンツもスラックス工場で縫っていたっていうことがアメリカではあったんですが、それを日本でも同じようにできないかっていう事なんです」

画像: これは定番のパンツに付いてくるリーフレットモンロウ氏の手書きの絵型にこだわりの説明文が記されている
これは定番のパンツに付いてくるリーフレットモンロウ氏の手書きの絵型にこだわりの説明文が記されている

「スラックス工場で作る場合、チノ生地であっても基本的にスーツのパンツなので、前、膝上からももの付け根にかけての曲線と後、膝裏からヒップにかけての曲線を仕立屋さんがカーブをつけて縫うというのが基本スタイルです。その後、世界大戦の後に出てくるチノパンは頑丈に縫う為に2本針で縫うようになるのですが、2本針というのはこのカーブをつけずに縫うので、直線的なシルエットになってしまう。この”カーブ”がきれいなシルエットを作っているという訳です」

揺るぎない定番アイテムの中にブランドのアイデンティティーを感じる

ルーツとこだわりを垣間見られたところで、これぞBARNSTORMERという定番中の定番アイテム2型を紹介してもらった。
「当時からやっている一番定番的なアイテムは『ツープリーツドレスチノ』です。コットンパンツでありながらプリーツをインプリーツ(内側タック)にするというのが特徴です。イギリスの仕立のやり方がルーツでインプリーツは、アイロンでプリーツを倒してから縫製をする等のひと手間があるのですが、そこにこだわりを持って作っています」

画像: 1002P 2P DRESS CHINOS BARNSTORMERのチノパンは士官が着用していたものでスラックス縫製、仕立屋と同じで縫い代が多くカーブで作られている、そのためゆとりはあるが体に沿って美しくみえる
1002P 2P DRESS CHINOS BARNSTORMERのチノパンは士官が着用していたものでスラックス縫製、仕立屋と同じで縫い代が多くカーブで作られている、そのためゆとりはあるが体に沿って美しくみえる

「もう一つは、『マッカーサー2』というチノパンなのですが、アメリカ軍のダグラス・マッカーサーは当時士官学校の校長を務めていて、士官学校の制服がウエストポイントという生地で出来ているのですが、それを使っているのがこのマッカーサー2というモデルです。こちらもインプリーツです。何でインプリーツにしているかというと、アメリカ軍服はもともとインプリーツが無いのですが、唯一マッカーサーだけがインプリーツの2プリーツを履いていましてそれを再現しています」

画像: 1945P 2P MacArthur2 マッカーサー2は後に士官達に採用された生地、糸を2本どりにしたウエストポイントという素材を使用
1945P 2P MacArthur2 マッカーサー2は後に士官達に採用された生地、糸を2本どりにしたウエストポイントという素材を使用

「この2本が定番の柱になっています。最近はとても人気のモデルですが、先代の頃70年代からの長い歴史の中で最初からヒットしたモデルと言うわけでは無いのです。時代が変わろうが、流行ろうが、流行らなかろうが世の中がどうなろうと今後も作り続けるアイテムだと思います」

見た目にドレッシーに見せないというのが1番のこだわり

定番のアイテムを見ただけでもかなりのこだわりが伝わったと思う。いったいどんな履き心地でどんなシルエットが手に入るのか確かめたくなる逸品だ。改めてBARNSTORMERというブランドの一番のこだわりと今後の事を伺った。

「今、お願いしているパタンナーさんは、もともと仕立をやっていた方なので綿のパンツでどこまできれいにシルエットのカーブを出せるか、そういう事を試行錯誤しながら一緒にやっていってくれています。このシルエットのカーブが最大のポイントで、こういった縫い方を綿のパンツでやっているところは他にないと思います。
 
ブランドの基本的な考え方として、“見た目にドレッシーに見せない”というのが1番のこだわりでドレスの仕立てで、ドレスの作り方をしてというのは中身の考え方で、パっと見は綿のチノパンに見えて欲しくて、外面は普通のチノパンのように見えて、実はめちゃめちゃシルエットが良いという事に重きをおいています」
 
国内はもちろん、フランス、ドイツ、オーストラリア、カナダ等、海外でも6〜7店舗で取り扱われている。そして今後はアメリカ展開も考えて準備しているそうだ。70年代にアメリカのパンツを日本で作るという試みから始まったBARNSTORMER。長い年月を経てアメリカに渡るというのは素晴らしい事だ、BARNSTORMERは紛れもなく日本が誇るブランドだと思う。

組下[1]スーツのジャケットを組上、パンツを組下という

PROFILE|プロフィール
海老根モンロウ(えびねもんろう)
海老根モンロウ(えびねもんろう)

London、BYAM SHOW SCHOOL OF ART 基礎科修了後、ESMOD JAPANを経て(株)バーンストーマー入社、その後フリーデザイナーとして活躍。株式会社アパレルビレッジを設立し2014年、BARNSTORMERをリブランド

LINEでシェアする