2023.01.24

吸水ショーツをもっと身近に:フェムテックブランド「Nagi」

BLAST Inc.の運営するフェムテックブランド「Nagi(ナギ)」。まだ、日本ではフェムテックという言葉が浸透する前の2020年頃から吸水ショーツを国内展開していたブランドである。

創業時から、ECだけでなく店舗に商品を並べることも積極的に取り組み、ユーザーが商品に触れる機会を作ってきたNagiが先日、業界初となる試着サービス「Nagi home try on」を開始した。

今回、同社のCOOである下條友里さんにそのサービスやNagiについて話を聞いていく。

PROFILE|プロフィール
下條 友里
下條 友里

早稲田大学政治経済学部卒業後、リクルートライフスタイル(現リクルート)に新卒で入社し、新規事業開発、投資業務等に従事。また2020年3月に一橋大学大学院法学研究科にて経営法(知的財産法専攻)の修士号を取得。2020年7月にリクルート退社後、フリーランスでのスタートアップ支援を経てBLAST Inc.にジョイン。2021年8月より現職。

好きなときに、どこにいても購入できる

まず、御社で展開されている「Nagi」の概要について教えてください。

「あなたを自由にする下着」というコンセプトで、2020年5月からスタートしたブランドになります。どんな日も1枚でお使いいただけるように吸水や防水、防臭機能などがある素材を何層にも重ねたショーツを開発しております。これまでライナーなどの製品は使い捨てが当たり前でしたが、繰り返し使えるようなプロダクトを日本製で作っております。
そもそも私たちがこの事業を始めたタイミングは、まだ日本ではフェムテックのような言葉は全く知られていませんでした。しかし、創業当初から日本の女性たちをエンパワーメントすることをミッションに掲げ、事業を通じて「社会問題に対する考え方や身体の悩みなど女性たちにとって多様な選択肢を提供していきたい」という思いをもって運営しています。

画像: null
御社のプロダクトはかなり早い段階から店舗に並べられていた印象があります。EC以外の販売経路をどのように確立したのでしょうか。

Nagiはユーザーの方々と主にSNSを通じてコミュニケーションを取っており、お客様が好きなときにどこにいても購入できる状態を担保することを軸足に置いています。創業当時からオンラインストアが最も大事であるのは変わっていませんが、一方で吸水ショーツを初めて使っていただく方やNagiの商品をまだ使ったことがない方にとってはオンラインストアだけだと不安や心配があると考えました。実際に事業スタートしてからカスタマーサポートにも「実際に商品に触れてみてから購入したいです」といった声も届いていたからです。
しかし、店舗を持つとなるとコストも含めてあまり現実的ではなかったので、Nagiのブランドの想いや考え方を理解いただけるパートナーさんを探すことになり、コスメキッチンやBiopleなどを運営する株式会社マッシュビューティーラボ様とお話しさせていただきました。店頭展開を検討し始めたのは事業をスタートしてから2か月後あたりでして、2021年の1月から全国の店舗でNagiの吸水ショーツを展開させていただけることになり、現在ではユナイテッドアローズなど複数のブランドでの販売も行っています。

SNSコミュニケーションやカスタマーサポートなどを通じてユーザーの声も軸としつつ事業を展開されているんですね。
<p><span style="color:#000000">そうですね、私たちはSNSやカスタマーサポートに届く声を商品開発や戦略上、とても大事にしています。他のブランドに比べても1番と言えるNagiの強みはユーザーから直接もらった言葉を、どれだけきちんと事業に還元できているかだと自負しています。</span><br><br><span style="color:#000000">SNSでは頻繁にアンケートを取っていまして、「お客様がどんな商品が欲しいのか」はもちろん「どんなことに悩んでいるのか」「生理のときはどんな気持ちなのか」などを常に聞いています。私たちが売りたいものと、お客様が求めるものって必ずしもマッチしないときがあるので、そういったズレがなるべく起きないようにSNSやカスタマーサポートからの声や情報はとても大事にしているんです。</span></p>

そうですね、私たちはSNSやカスタマーサポートに届く声を商品開発や戦略上、とても大事にしています。他のブランドに比べても1番と言えるNagiの強みはユーザーから直接もらった言葉を、どれだけきちんと事業に還元できているかだと自負しています。

SNSでは頻繁にアンケートを取っていまして、「お客様がどんな商品が欲しいのか」はもちろん「どんなことに悩んでいるのか」「生理のときはどんな気持ちなのか」などを常に聞いています。私たちが売りたいものと、お客様が求めるものって必ずしもマッチしないときがあるので、そういったズレがなるべく起きないようにSNSやカスタマーサポートからの声や情報はとても大事にしているんです。

多様な吸水ショーツが登場するなかでNagiの吸水ショーツの強みはどんなところですか。

Nagiの強みは選択肢の豊富さと、安心して履ける吸水力にあります。発売している商品はカラーや形、履き心地など、お客様がライフスタイルに併せて自分が好きなものを選ぶことができるように、幅広く取り揃えています。

画像: null

また、吸水力の面ではNagi独自のモレを防ぐ仕組みを採用しており、販売してからも改良を重ねているところも特徴のひとつです。防水布を折り返す独自の積層構造(特許出願中)で、吸水面の構造をアップデートしまして、スタンダードは30mLから60mL、フルは45mLから105mLまで吸水力がアップしました。
国内で販売されている吸水ショーツは通常のショーツの形だと、平均で大体30〜40mLの吸水量なので、100mLを超えることができたのは大きなアップデートになりました。そういった意味では他社と比較してもNagiの強みだと思っています。

画像: null
吸水力や吸水面の構造を変えるのはやはり大変だったのでしょうか。

大変でした。ですが、Nagiのスタッフが20〜30代の女性たちであり全員が当事者なので、私たちが商品を出す際は、みんなが納得できるものを出そうという気持ちが前提としてあります。
そのため、サンプルを作ってみんなに実際に履いてもらい、どのように感じたかを全員で意見を出し合いました。特に生理の1日目や2日目に履いてどうだったかなど、細かなフィードバックも大切にしており、そのフィードバックを元に次のサンプルを作っていったので、改良に時間がかかることもありましたね。
それでも、販売当初からお客様からの反響が大きかったため、もっと良いものをお届けしたいという気持ちがあり、そのためには改良を重ねながら時間をかけて、良い商品を作り上げることが大切だと考え取り組んでいました。
2020年5月にNagiがスタートして、同年の7月の時点ではすでに吸水力アップに向けた動きを始めていました。その半年後、2021年3月に吸水力をパワーアップさせたショーツを発売できたのです。

画像: null

手に取ってもらう機会を増やす

吸水ショーツのオンライン完結型試着サービスは業界初とのことですが、吸水ショーツの試着体験に着目した背景について教えてください。

先ほどお伝えした通り、Nagiは店頭での展開を強化していますが、カスタマーサポートでは触るだけではなく、履いて試したいというお客様からの要望が届いていました。特に、購入前に2サイズから選んで迷っていて、実際に両方見てみたいという要望もありました。
しかし、店舗には棚幅の制限があり、サイズやカラーの展開に限りがあるため、全てのショーツを並べることが難しい状況です。それでも商品にこだわっており、実際にお客様にも手に取ってもらいたいと思い、試着サービスを始めることにしました。

画像: null

他社ですと1度実際に使ってみてから返品できるといったサービスを提供しているところもありますが、Nagiは創業当時から環境に配慮したさまざまな取り組みを行っているため、試着用のショーツとともに紙ショーツを同封し、なるべく破棄に繋がらないような取り組みができたらという思いも込めております。
試着サービスを実際に始めてみると、すでに98%以上の方が購入してくださっていますね。吸水ショーツやNagiを初めてご利用する方はもちろん、すでにNagiを使用していただいてる方も、他のタイプのショーツを試せる機会になっているのではと思っています。

画像: null
Nagiの今後の展開についていかがでしょうか。

私たちは女性たちの一生に寄り添ってそのときどきの困りごとを解消する商品やサービスの提供を目指しています。そのためには、女性たちにとっての「心身の悩みやライフステージ」に合わせた事業開発が重要だと考えています。たとえば、Nagi signは妊娠や出産、妊活中の時に身体からのサインにいち早く気づきたいというユーザーからの声で生まれていますし、具体的なニーズに合った商品を提供することで、女性たちが抱える悩みを軽減できると思っています。
最近では、若年層でも尿モレの悩みを抱える方がコロナによる運動不足の影響もあいまって増えていることが分かり、そういった悩みに対応するNagi comfyという商品も発売しました。
Nagiは吸水ショーツの開発・販売からスタートしましたが、女性たちの一生に寄り添っていけるブランドとして商品やサービス展開を今後も増やしていくことができたら嬉しいです。

LINEでシェアする