2021.09.08

アーカイブのプラットフォームを世界へ、「OR NOT」

heroImage

ファッション業界では過去に発表した作品、すなわちアーカイブへの注目が世界的に高まってきている。一方日本ではフリマアプリの浸透に伴い、リユース市場は年々規模を拡大しており、なかでも日本のブランド古着は取り扱いの丁寧さと確かな真贋判定から、海外でも高く評価されている。

これまでのフリマアプリやECプラットフォームではファストファッションからラグジュアリーブランドまでがひとつのプラットフォーム内で販売されていた。そんななか、2020年1月にプラットフォーム開発を行う株式会社LOOPが展開する「OR NOT」(オアノット)は、デザイナーズブランドに特化したファッションのグローバルECプラットフォーム。「OR NOT」のサービス理念に賛同したスタイリスト、デザイナー、エディターなどの業界人が参加し、世界に向けてEC事業を展開している。今回はLOOPの取締役COO柏村 徹さんにOR NOTの取り組みをはじめ、良いモノを長く使うこととサステナビリティへの考えについて話を伺った。

PROFILE|プロフィール
柏村 徹
柏村 徹

LOOP / 取締役COO

ユタ大学卒。楽天市場の店舗戦略責任者を経て、株式会社ストライプインターナショナルへ。グローバルファッションEC本部にて、EC・サブスクリプション領域のビジネス構造改革を主導。2018年4月株式会社LOOPを代表取締役の増汐義信と共に創業。

海外に重点を置いたサイト作り

まずは、OR NOTがどのような経緯で立ち上げられたか教えてください。

元々経営陣全員が大手インターネットサービス会社のEC事業部というインターネットでモノを売る事業におりまして、そこからメンバー各々キャリアを積んだうえで株式会社LOOPを立ち上げました。

OR NOTの事業には長期的・短期的な視点があったのですね。

そうですね。当時海外からのアーカイブ需要が高まっているなか、スムーズにストレスなく日本のアーカイブをインターネットで購入できる仕組みがなかったので、そういった仕組みを作ることで海外の方が来日しなくても日本のデザイナーズアーカイブを購入することができるというのが短期的な視点でした。

分かりやすいところでいうと「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」の過去のジャケットがすごい値段で販売されていたり、訪日外国人の方がわざわざ渋谷へ行き、神南の古着を売っているエリアで買い物をしている現状がありました。我々が前社で販売しているなかでもファッション部門にいたので、日本のファッションアーカイブが海外でのオンライン需要があるというのも理解していました。

一方で、IT側の人間から見たときにデザイナーズブランドはデザイナーさんがいて、それを実際に作るチームがいるのに、長い期間をかけて作られた服が販売されて3ヶ月後には30%オフ、半年後には50%オフ、そして80%オフになっていく販売システムがすごくいびつだなと感じていました。

それにはいくつか理由があり、ひとつはオフラインで売れるスペースが限られているので、今季のものが入ってくると前のシーズンのものは行き場をなくしてしまう状況があったのです。

そのなかで、長期的な視点としてオンラインでアーカイブに特化したプラットフォームの受け皿があり、それがきちんとブランディングされているプラットフォームであれば、ブランドが作った商品が破棄されたりたたき売りをされることなく、アーカイブのアイテムとして販売できるのではと思い、OR NOTというプラットフォームを立ち上げました。

インターネットサービス企業出身の方々が立ち上げたということで、OR NOTの強みのひとつにコマースはありますよね。

そうですね、コマースに関しては我々はプロフェッショナルだという自負があります。ただ、アパレルに関しては素人なので立ち上げの段階から小木基史(POGGY)さんなどのファッション業界のプロフェッショナルの方々にアドバイスをいただきながら企画を練っていきました。

今までの既存のサービスはIT側だけで作っていたり、逆にファッション側だけで作っているものがありますが、それぞれの視点からサービスを作っているのはありそうでないんじゃないかって。我々にご協力いただいているのは世界でもトップクラスのディレクターの方々だと思いますし、そういった方々と企画作りができているのは強みだと思います。

OR NOTの特徴としてはデザイナーズに特化しているところ、あとは海外をメインのマーケットにしている点ですかね。日本での売り上げ比率は低いので海外に向けて発信をするために、ロゴやサイトデザインもBALENCIAGAのロゴデザインやRIMOWAのリブランディングを手掛けたドイツのデザイナー、リカルド・フェロル氏に依頼しています。

画像: null

良いモノを長く使われる世の中に

コロナ禍以降、ECの重要性が一層高まり、ECサイトにおけるブランディングの手法も多様な試みが出ていると思います。そういったなかでOR NOTのサイトづくりにおけるディレクション、テクストコンテンツなどの企画はどのように行われているのでしょうか?

サイト運営やささげ業務は、我々がやっているわけではなくて、出店いただいているセラーの方がセレクト、販売していて、我々プラットフォーマー側は販売できるブランドを指定しています。

なんでも出せるわけではなく、基本的にはデザイナーズ、またはそこに紐づいてくるようなブランドのみに限定しているので我々が持っているデザイナーズのくくりのなかでやってもらっています。

最終的には一次流通というか、ブランドを巻き込んでいきたいという思いがスタートからあったので、それを考えた時にきちんとデザイナーズブランドの服がアーカイブだとしても並んでいて違和感のない、OR NOTによってブランドを棄損しない売り方をしていくというのを設立当初から考えています。

きちんと一次流通側のコンテンツを制作していただいている方に、OR NOTのコンテンツも作っていただくようにしているところはプラットフォーマーとしての工夫ですね。

OR NOTに出展されるものはブランド、もしくはアイテムで区切るのでしょうか?

レアなアイテムやマーケットで価格が高騰しているアイテムはあるのですが、そういうわかりやすいものだけではなく、真の価値があるもので区切りますね。それは僕らが決めるものではなくて、ユーザーやいろんな方が決めていくものだと思っています。

少し話がずれますが、僕らは「価値をあげれる」なんてことは全く思っていないんです。デザイナーズって作られた時点で価値のあるものなので、それをいかに価値を落とさないように販売するか、というのを意識してやっています。

ですので、僕ら側でブランドは指定しますが、デザイナーが立っている軸がひとつあって、そこから先は僕らがコンテンツを使ってピックアップをすることはあるんですが、基本的にはアイテムで選ぶということはありません。

画像: null
偽物もあるのでしょうか?

デザイナーズなので偽物が多いものもありますね。ですので、大前提として真贋判定をきちんとやっている出店者様と取引をしています。それに加えて、商品のささげ作業は出店者様側でやってもらっているので、OR NOTに並んだとき最低限は「一定の基準を満たしているかどうか」は出店の段階でお話しして決めている形になります。

一次流通と二次流通はどのように変化していくと考えますか?

どう変化するのかは正直わかりませんが、創業当時と比較すると間違いなく一次流通と二次流通の距離は縮まってきている感覚はありますね。僕らは2018年に創業し、2019年の1月にサービスをスタートしたのですが、当時はそういったことは考えられなかったですね。先日伊勢丹新宿店様でポップアップを行ったのですが、現行ブランドとアーカイブをミックスしてスタイリングを提案したりとか、店頭でもアーカイブだけではなくて21AWの商品をミックスしているっていう売り方をしているんですよね。

恐らく、そういった売り方は僕らがサービスをスタートしたタイミングではまず無理だったと思うんです。それが国内有数の百貨店である伊勢丹様の売り場で、現行のブランドを交えて販売できたのは、一次流通と二次流通が近づいてきていることなのかなと思っています。

ここから先はどうなるかわからないですが、僕らの思いとしてはやっぱり良いモノを長く使われる世の中になってほしいです。良いモノを価値を落とすことなく、長い期間使っていける世の中にできるのかが目標でありテーマです。

サステナビリティに代わる「リパーパス」

前述でおっしゃっていた「良いモノを長く使う」ことには、サステナブル的な考え方も含まれているのでしょうか?

いえ、まずLOOPとしてはサステナビリティという言葉を使うのをやめてみようとなっているんです。

というのも、サステナビリティといってもいろんな観点があり、僕らの試みはサステナビリティという言葉で簡単には語れないと思うんですね。もちろんそのなかの一部としてできることはあると思うんですが、一企業がサステナビリティ全体を語ること自体が違うのではないかと。

そのような理由から、我々はサステナビリティとはまた違うキーワードでやっていこうというのが前提としてあります。根本的な部分でいうと、事業を拡大して利益を上げ続ける資本主義の仕組み自体が、毎年大量に破棄が行われている、言い換えると供給過多になっている業界の現状とマッチングしていないんですよね。売上や利益をあげるためにもっと作らなきゃいけないという矛盾がそもそもの問題点だと思っています。

たとえば環境に配慮したD2Cブランドを立ち上げるのは、ひとつのサステナビリティに関するメッセージの発信にはなりますが、揚げ足を取るとしたら「服はもう十分あるじゃん」という話になるかと思います。そこを突き詰めてしまうと、「そもそも服着なくていいじゃん」みたいな、全てを否定してしまうことになるんです。そういう意味も含めてサステナビリティってすごく難しいと思っています。現状と経済の仕組みがズレているので、声を大にして「サステナビリティとはこうあるべき」と発信するのは難しいんです。

ただ、先ほどお伝えしたような「良いモノを長く使う」こと自体は誰にとっても悪いことではないと我々は考えているので、まずそこを目指してやっていこうと思っています。サステナビリティに代わるキーワードとして僕らは「リパーパス(repurpose)」を掲げています。本来の目的を作り替えるみたいな意味です。たとえば今着ている服がいらなくなって次の所有者に渡していくことだったり、破棄されてしまう服とかを再構築していくことですね。サステナビリティは僕らには大きすぎるので、掲げるとしたらリパーパス。良いものを長く使うところを世の中に対して打ち出していこうと考えています。

画像: null
#Social Commerce
LINEでシェアする