2021.11.12

在庫を持たず販売を可能に:PlatformEのオンデマンドソリューション

heroImage

PlatformE(プラットフォーム・イー)は、ポルトガルを拠点とするテクノロジー企業である。当社は、ファッション業界における過剰生産と廃棄物削減に取り組むという使命のもと、顧客毎にパーソナライズされた製品をオンデマンドで販売するためのプラットフォームソリューション「Ripe(ライプ)」を提供している。これまでに業界を代表するLVMHやKering参加内のブランドにサービスを提供しており、その数は25以上にも及ぶという。さらに2019年には3D製品の制作と3D戦略の実施のためのデジタルパワーハウスDDIGITT(ディジット)も開始している。今回、当社の共同創業者のGonçalo Cruz(ゴンサロ・クルス)氏にインタビューを行った。

製品・販売拠点・生産を繋げるプラットフォーム

PlatformEサービスについて教えてください。

私たちのサービスは、ありもしないものを売ることができる点に最大の魅力があります。例えば靴を売るとき、本物の靴は販売時にはどこにも存在せず、購入後に物理的な靴として初めて生産されるのです。つまり、ユーザーが製品を購入する段階では在庫はありません。

画像: null

在庫がなければ原材料へのダメージもなく、時間もかからず、炭素やエネルギーの無駄もないといったように、リスクが少なくて済みます。こういった実際の生産前から製品を販売するモデル、いわゆるオンデマンドモデルないしはジャストインタイムモデルは、持続可能性を高め、生産能力を拡大するための鍵となると考えています。

画像: null

また、私たちのサービスでは、ブランドはカスタマイズ機能を通じて色や素材を変えることができる体験を顧客に提供することもできます。しかしながら私たちのサービス全体の本当の価値は、つねに所有者がいるものを生産するところにあります。つまり、消費者は自分の注文に責任を持つことができるようになるわけです。

現状のモデルではまず、製品の完成形をデジタル化しています。私たちが開発したテクノロジーでは、可能な限りのオプションを事前に高品質でレンダリングすることが可能です。これにより、店頭でもオンラインでも色や素材、ディテールといったすべての選択肢を視覚化し、好みの製品を選択できるような体験を提供しています。

画像: null

また、このように選択された製品の情報を工場に送信するためのソフトウェアも開発しました。これにより、工場は情報の受け取りだけでなく、オーダーと生産ステータスの即時確認も可能となります。生産中、準備ができている、遅延している、オーダーがキャンセルされたといった、製造におけるすべてのサイクルをコントロールすることができるのです。かなり複雑に聞こますが、要はエンド・ツー・エンドのシステムを構築しているのです。

画像: null

鍵となるのは、製品・販売拠点・生産の3つです。興味深いことに、工場の99%は特定のブランドに属しておらず、ブランドは外部の工場と協力しています。また大半の場合、ブランドの販売拠点は独自ドメインではなく、複数ブランドを取り扱うストアやブティック、デーパート、マーケットプレイスやオンラインプラットフォームで販売しています。つまり、デフォルトでブランドが管理していない工場で生産を行い、自社で管理していない店舗を利用して販売しているのです。

ここから言えるのは、工場はブランドの販売拠点と繋がることはなく、小売店がブランドとも工場とも繋がることはありません。それゆえバリューチェーン全体の最適化を図るためには、、ブランド・販売拠点・生産拠点をつなぎ、リスクとリターンをバランスよく再分配することが必要なのです。これには定義上、完全に中立で偏りのない外部の組織が必要となります。

現状のモデルでは、多くの無駄とリスクがあります。例えば、ブランドや小売店が販売しきれなかったドレスを捨てる場合、彼らはドレスだけを無駄にしているのではありません。実際にはドレスの素材、仮に綿製であれば綿を育てるために使用した水、製造に携わる人々の労働力と時間、工場の照明や電気を作るために発生した二酸化炭素、素材とドレスを運ぶための物流といった、非常に多くのもの毀損していることになります。つまり、製品を無駄にしてしまうことは、バリューチェーン全体を破壊することに繋がるのです。
生産・物流コストを下回る価格で販売されている製品や、売れ残りとなり廃棄されている製品を見ると、私はとても悲しい気持ちになります。このような事実を改善すべく、私たちはファッション産業のためのよりスマートなビジネスモデル、そしてよりスマートな産業モデルを見出す必要があると考えています。

では実際に使用する場合、どのようなコミュニケーションが行われるのでしょうか。

デジタル化された製品は、私たちのプラットフォーム上で独自のロジックが作成されます。
プラットフォームでユーザーが見るのはビジュアルレイヤーと呼ばれるレイヤーです。ここでユーザーは色や素材を変えたり、名前を入れたりとカスタマイズで色々な仕様を試すことができます。

そして内部には、リテールロジックとプロダクションロジックの2つのレイヤーが存在しています。リテールロジックでは、ユーザーが素材を変更した場合の価格や地域に応じた対応などが変更されます。そして生産ロジックでは、寸法や素材、色の変更に応じてレシピの変更と工場への通達を行います。それにより、工場はオーダー通りの正確な製品を生産することができます。

特徴を大きく3つに分けていうと、1つ目は、ただの3Dデータではなく、小売機能と生産機能が連結している点にあります。25年前ほどに作られた電子的なオンライン販売を意味するeコマースという言葉に擬えて、自社のサービスをe-ファッションと呼ぶのが気に入っています。なぜなら、電子的にファッションを販売していて、なおかつ販売時には存在しないからです。そして2つ目は、これらを店舗でもウェブサイトでも導入することができます。最後は、工場との対話方法です。顧客の注文通りに、工場はその製品を生産できるのです。

提供しているプラットフォームサービス「Ripe」をブランドが使用したい場合、どのように活用できるのでしょうか。

私たちにはさまざまなソフトウェアモジュールがあります。フロントエンド向けのものもあれば、バックエンドや業界向けのものもあります。機能の一部を利用することもできますし、全てを利用することもできます。部分的な利用具体例を言うと、デジタル製品を作成する機能を活用するブランドもあれば、顧客の名前を刻印するカスタマイズ体験を提供するだけの場合、工場との連携機能を活用している場合もあります。このように利用したいサービスによって、ブランドは柔軟にサービスを選択することができるため、サービスのSuits(集合体)であるのです。「Ripe」と命名したのは、社内でファッション業界のディスラプション(破壊)の機が熟していて、私たちがファッション産業における非効率性に取り組むべきだと考えたからなのです。

在庫リスクを解消するビジネスモデル

では、創業に至った理由を教えてください。

もともと私はインダストリアル・エンジニアでした。産業工学と経営学を学び、物流から工場までいくつかの異なるビジネスで働いてきました。そして2008年ごろから3Dスタジオを立ち上げ、電子機器やファッション、映画や広告のためのアニメーションなど、ビジュアルエフェクトの制作を行ってきました。そしてこの専門知識を生かし、スタジオのチームメンバーを引き連れ、ファッションに特化したデジタルツインの制作を開始したのです。

PlatformEは、2015年に私の親友かつFarfetch.comの創始者であるJosé Neves(ジョゼ・ネヴェス)が私に声をかけてきたことが始まりです。彼は以前、スニーカービジネスをやっていたのですが、そのビジネスを続けるべきかどうか悩んでいました。当時、私は3Dエージェンシーで、映画や広告のためのアニメーション制作を行っていました。そこで私は彼に、製造、流通の様々なプロセスのデジタル化をはじめ、デジタルツインやデジタルコレクションを通じた新たなビジネスモデルをテストするのはどうかと返答しました。つまり、製品をデジタル化して見せるビジネスモデルを提案したのです。このモデルでは、既存のサイクルとは根本的に異なるビジネスモデルを可能とします。
ファッション産業では通常、事前に生産し、店舗や倉庫に在庫が配置されてから販売が開始されます。しかし、このモデルには多くの課題があると考えていました。その最大の課題は、大量の在庫を抱えることのリスクです。しかし、私が提案した新しいビジネスモデルでは、過剰生産を大幅に削減できる可能性がありました。つまり、在庫を市場に押し出すプッシュ型のビジネスモデルから、顧客が実際に在庫を引き寄せ、生産を行うプル型のビジネスモデルとするのです。

この会話が起点となり、すぐにブランドやブランドパートナーと、いくつかのパイロット実験を始めました。最初のブランドは、LVMHのデザイナーであるNicholas Kirkwood(ニコラス・カークウッド)と、Karl Lagerfeld(カール・ラガーフェルド)でした。そしてわずか2年ほどで、このモデルが実行可能かつスケールアップしても機能することがわかりました。
現在、私たちは多くのラグジュアリーブランドと仕事をしていますが、同時に中堅ブランドとも仕事をしています。最初はラグジュアリーブランドからスタートしましたが、私たちのテクノロジーはラグジュアリーのためだけではなく、どんなブランドでも、どんな規模でもうまく機能する完全にニュートラルなものなのです。

画像: 共同創業者のGonçalo Cruz(ゴンサロ・クルス)氏
共同創業者のGonçalo Cruz(ゴンサロ・クルス)氏
2015年当時、ファッションとデジタルツールについて、どのように捉えられていましたか。

確かに2015年ごろにはまだ、3Dツールやデジタル化はファッションではあまりポピュラーなテーマではなかったように思います。実際に当時、私たちが使っていたソフトウェアは、ファッション用のソフトウェアではありません。現在もまた、他のアニメーション制作や映画制作で使用していたツールを応用しています。しかし、ここ数年の間にファッションでも3D空間に多くの関心が寄せられるようになった動向は、改めて素晴らしいと思っています。

2019年には、ファッションブランド向けのデジタル化のコンサルタント事業DDIGITTを開始されています。このように、いち早くデジタル化へのシフトを行えた要因はあったのでしょうか。

 私たちはテック企業であり、技術やデジタルに精通しています。そのため、未来の技術やソフトウェアなど、現時点では利用されていないが将来的には利用されるかもしれないものに関心があるチームメンバーがいる特徴があります。一方で私自身は多くのブランドや小売店、工場との出会いを経験してきました。ですから、両者のギャップに気づいたのかもしれません。ファッション業界は技術的にはそれほど洗練されていないと感じており、「ファッションでは使われていないツールがあるから、それを使えば価値を高められるかもしれない」と思うことも数多くあります。5年前に考えたのも同様のことでしたし、3年前のデジタル及び3Dコンサルタンシーサービスを開始した際も、メタバース空間へ参入を考えたもの、すべて同様の起因です。

これらの取り組みに通底するのは反射的にサービス提供するのではなく、業界に根を張り、業界にインパクトを与えていきたいという考えです。この業界の最大の課題はやはり、モデルの持続性のなさです。損失の比率、フルプライスで販売されていない在庫、全く販売されていない在庫などは、本当に大きな問題です。すべてのブランドは在庫に大きな問題を抱えていて、おそらく最も最適化されていない要素が多い業界だと思います。だからこそ、私たちそこに取り組み、インパクトを与えていきたいと考えているのです。

トヨタ自動車のモデルから学んだこと

画像: null
このモデルを構築するに当たって、参照された既存のモデルはありますか。

日本の自動車産業の事例、とりわけその変革について多くの本から学びました。なぜなら、エンジニアがやろうとしていることのひとつは、車輪の再発明ではないからです。戦後の日本は社会的にも経済的にも荒廃しており、戦後の10〜20年間、車産業における競走に参入することができませんでした。特にそれまでのモデルは大量に車を生産し、それを市場に押し出すプッシュ型であったため、アメリカやドイツのような他の自動車メーカーと競争することもできませんでした。しかし、特に日本のトヨタグループは、70年代初頭から新たなビジネスモデルとしてオンデマンドモデルを構築し、これは現在でも引き継がれています。試乗のために作られた在庫もありますが、それはほんのわずかです。それ以外の車は顧客が車種を選び、オプションを追加し、デジタル上で確認した後に組み立てられているのです。自動車の生産工程はドレスよりもはるかに複雑であるので、こういったオンデマンド生産は実現可能であり、拡張可能だということを示しています。

つまり、トヨタや日本産業、日本社会が、60年代から70年代にかけて自動車産業が抱えていた大きな問題を解決することができたのだから、人類は現在の壊れてしまった、経済的にも自然環境的にも持続可能ではないファッションのモデルを改善することができるということが言えると思います。傲慢ではなく、私たちはその手助けができると考えているのです。
唯一疑問に思っているのは、どのくらいの期間をかければ、これが実現できるのかということです。2年になるか、20年になるのか。正直なところ、20年後となると私の世代ではなく、別の世代に委ねることになるかもしれません。それでも、私たちはそれを推し進めていく必要がありますし、辞めるつもりもありません。これが私たちの大きな目標で、新しいアイデアやソフトウェアを考えることではなく、この巨大な問題に対する実際の解決策を見つけていきたいと思っています。

以前投稿されたブログで、「industry 5.0」の可能性について示唆されていました。具体的にはどのようなシステムを指しているのでしょうか。

Industry 4.0は、機械をつなぐこと、とりわけInternet of Things(IoT)を指しました。例えば、工場との連携も含まれます。一方のIndustry 5.0は、ハイパーパーソナライゼーション、大規模なカスタマイズに関連するものです。同じ工程で、何百万、何千万もの異なるユニークな製品を作ることができるものです。

例えば、あなたの好きなブランドでドレスを買う場合を想像してみましょう。Industry 5.0では、ブランドのデザインに基に、あなたと対話の上で体のサイズや好み、好きな色などを理解し、デザインを変更したうえで工場と直接コミュニケーションをとり、工場が機械や製造プロセスを調整する能力を持つことになります。つまり、Industry4.0のように単に工場と連絡を取り合うだけではないのです。さらに一歩進んで、注文した顧客の個人的な要求や好みに対応する能力を組み込むことになります。

このマスカスタマイゼーションの理想的かつユートピアのシナリオでは、決して廃棄物を出さないことになります。なぜなら自分にとって最適な製品であれば、サイズや色の問題が起こらず、まさに完璧になるからです。しかしながら、夢のシナリオと現実の間には開発されるべき余地が大きく残っており、そのギャップを埋めることが必要です。

そういった未来への契機として、私たちは今後も過剰生産を徹底的に削減することに貢献したいと考えています。ファッションのためのより良いビジネスモデルを持ち、割引や廃棄ではなく、正規の価格での販売に頼ることで過剰な生産を大幅に削減することです。トヨタや日本が40~50年前に自動車産業を変えたプレイヤーであったように、私たちもファッションを変えるソフトウェア会社となっていきたいのです。ファッションのビジネスモデルをビジネスにとっても、環境にとっても、より持続可能なものへと導くというビジョンのもと、この変化と進化をリードしていきたいと考えています。

<p><span style="color:#000000">このマスカスタマイゼーションの理想的かつユートピアのシナリオでは、決して廃棄物を出さないことになります。なぜなら自分にとって最適な製品であれば、サイズや色の問題が起こらず、まさに完璧になるからです。しかしながら、夢のシナリオと現実の間には開発されるべき余地が大きく残っており、そのギャップを埋めることが必要です。</span><br><br><span style="color:#000000">そういった未来への契機として、私たちは今後も過剰生産を徹底的に削減することに貢献したいと考えています。ファッションのためのより良いビジネスモデルを持ち、割引や廃棄ではなく、正規の価格での販売に頼ることで過剰な生産を大幅に削減することです。トヨタや日本が40~50年前に自動車産業を変えたプレイヤーであったように、私たちもファッションを変えるソフトウェア会社となっていきたいのです。ファッションのビジネスモデルをビジネスにとっても、環境にとっても、より持続可能なものへと導くというビジョンのもと、この変化と進化をリードしていきたいと考えています。</span></p>

オンデマンド生産を可能とするプラットフォームは、プラットフォーム上で製品仕様を一括管理することにより、生産時のコミュニケーションを円滑化を図るだけでなく、結果としてブランド側の在庫リスクを軽減し、フルプライスを維持し販売することも可能にする。さらにこれは顧客がカスタマイズした製品それぞれの生産をも可能にするため、製品当の製品寿命の長期化も可能とする。製品のデジタル化を起点に事業を広げる当社の今後の動きがますます楽しみだ。

Text by Hanako Hirata

#RetailTech
LINEでシェアする