2021.12.15

ファッションにおけるNFTの可能性:Synfluxによるクリプトファッションへの挑戦

ファッションにおいてもバーチャルファッションが注目を集めるなか、デジタルデータの偽造やコピーを防ぐNFT(非代替性トークン)を用いた試みも急速に増加している。そのような潮流のなかで、機械学習を利用したファッションデザインなど、テクノロジーのファッションへの適用を先駆的に推し進めてきたスペキュラティブファッション・ラボラトリSynfluxも、2021年10月にNFTでの作品を発表した。

ロンドンファッションウィークに参加するストリートファッションブランド、ロビン・リンチ(Robyn Lynch)とのコラボレーションによるプロジェクト「Atlas of Memory」は、いかにして進められたのか?また、テクノロジーを活用した先進的な取り組みを展開してきたSynfluxにとって、NFTでの作品の販売には、どういった意図があったのだろうか。今回はSynfluxの主宰である川崎和也氏に、プロジェクトの概要や経緯から、その背景にある思想までインタビューを実施した。

PROFILE|プロフィール
川崎和也

Synflux株式会社 代表取締役 CEO。スペキュラティブ・ファッションデザイナー。1991年生まれ。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科エクスデザインプログラム修士課程修了(デザイン)。主な受賞に、H&Mファウンデーション主催グローバルチェンジアワード特別賞、文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員会推薦作品選出、Dezeen Design Award Longlist、WIRED Creative Hack Awardなど。編著書に『SPECULATIONS 人間中心主義のデザインをこえて』(ビー・エヌ・エヌ、2019)がある。

コロナ禍の共同制作から生まれた試み

まずは今回、ファッションデザイナーのロビン・リンチ(Robyn Lynch)とのコラボレーションを行い、またそこからNFT作品を発表した経緯について教えてください。

Synfluxはこれまで、HATRAの長見佳祐さんと機械学習や3DCGの技術を応用して作品制作を協働するなど、テクノロジーとファッションを批評的に融合するための実験をくりかえし行ってきました。そのなか、次の新しい展開を模索していたところ、big design awardを主催するbig株式会社・中島真さんと、海外のプレイヤーとも面白い試みをしたいよね!という話になり、初代グランプリのロビン・リンチとの出会いに繋がりました。

最初はロンドンファッションウィークでの物理製品を共同開発する予定でいました。でも、コロナ禍が深刻化するなかで、とくにロンドンでは工場の稼働が止まったり、都市封鎖が起きたりと、制作がストップしかけてしまい、困ってしまいました。ならば、パンデミック下のロンドンと東京をオンラインで接続し、バーチャルに制作を行っているこの状況そのままを、オーディエンスの皆さんに見ていただける企画ができないかという話になり、バーチャルプレゼンテーションをやろうと決めました。

コレクション制作におけるコンセプトメイキングや実際の制作は、ロビン・リンチ側とどのように進められたのでしょうか?

ミーティングは全てオンラインで行われました。長い時には数時間にわたってZoomインタビューや議論を行い、本当に濃厚な時間でした。他にもメールやWhatsAppなど、非同期的に情報を交換しあったり、カジュアルな会話をするようにもなりました。ファッションデザインは必ずしもリニアに物事が進みませんから、こうした散歩的なコミュニケーションがキーになってきます。ロビンの日常的な関心事やSynfluxの研究内容についてみっちり議論する時間と、断片的に交換されるインフォーマルなインスピレーションを統合させるプロセス自体がコロナ禍特有のものだったと思います。

こうして「コロナ時代におけるバーチャルな土着性とは何か?」という問いに結実していきました。ロビン・リンチがブランドとして重要視しているのが、彼女自身の出身地であるダブリンの場所性です。郊外における人々の日常生活に着目し、ストリートの観察をインスピレーション源としてコレクションを発表してきました。オンライン上での一連の対話は、ロビンの脳内に存在するダブリンの記憶や物語をSynfluxが追体験するようなプロセスだったのです。しかも、ぼくたちはダブリンを実際に訪れるのではなく、彼女の声や画像を通してバーチャルに体験していきました。直接体感したロビンと客観的に見聞きしているだけで、その土地の土を踏んだことがないぼくらでは記憶の解像度は異なりますが、そのギャップを埋めるための想像力自体が面白いと思いました。こうした約1年にわたるバーチャルエスノグラフィの手法を通して今回のコンセプトが昇華されていったのです。

ロビン・リンチにとっては、機械学習を制作に用いることは初めての体験だったと思うのですが、その反応はどうだったのでしょうか?今回の試みが彼女の創作に与えた影響、コレクションの特徴を引き出しているところとして感じるところはありますか?

ロビン・リンチとSynfluxのあいだで新しいグラフィック表現の可能性を探求していくなかで、機械学習を応用していきました。ダブリンの記憶を構成する複数の要素、たとえばアナログな家族写真やお気に入りのサッカーユニフォーム、都市のランドスケープなどのイメージをGANと呼ばれるアルゴリズムを用いて学習し、仮想のダブリンを生成したいと考えたのです。

正直、機械学習から現れる「不気味なもの」としてのイメージに対して、一番最初はロビンから強烈な違和感や拒否感を表明されたことも事実です。AIがもつ独特のエステティクスは、ときにグロテスクでもあり、従来の美しさの観念から距離があるものも多いですから。それに、今回題材にした最初のデータセットは、実家のお母様から直接取り寄せないと手に入らなかった写真など、ロビンのとりわけパーソナルな思い出の品が多く、私的なものを改ざんされている感覚もあったのかもしれません。

そこから、パラメータをいじったり、違う画像で学習し直してみたり、試行錯誤を繰り返すなかで、ようやく最終形へとたどり着いていきました。そのプロセスにはある種の「アルゴリズムとデザイナーによる対話行為」があったのです。文字通りに言葉を交わしているわけではないけれど、膨大な情報から生成されるイメージの束に対して、納得感や違和感をぶつけながら画像の出力をイテレーションしていく。そこには、デザイナー対アルゴリズムのムチャブリ応酬のような様相があると感じました。

他者としてのプログラムやアルゴリズムという、これまで相手取ってこなかったアクターと共創するなかで、デザインをコントロールしたいという欲求から、少しずつ自由になっていく過程をロビンはエキサイティングだったと言ってくれました。ぼくには、アルゴリズムとの対話のなかで、彼女の感覚が次第に変身し、変化していくように見えたのです。

画像: null

表現の多様性を公に見せていくためのNFT

NFTでの販売という試みは、どのように決まったのでしょうか?

もともと、ファッションデザインという創造行為のなかには、多様な副産物や素材やデータが生まれ、多数の専門家が活動しているのに、最終成果物であるところの物理的な衣服と天才的なデザイナーにどうしても焦点が絞られてしまうことに違和感を感じていました。

たとえば、今回のプロジェクトでいうと、画像やコラージュ、写真など、コレクションの背景にある世界観をNFTとして製品化することで、ファッションデザインの表現も、ブランドの収入源も同時に多元化できるだろうと考えたのです。

これから、ファッションがゲームやCG、建築のような多領域と融合していく中で、既存の枠組みに縛られていては、表現もビジネスモデルもアップデートしていかない。ブロックチェーンやバーチャルを前提に創作を行うためには、ファッション以外の専門家を包摂しながら共通言語を探っていく必要もあるでしょう。NFTやバーチャルファッションは、領域横断的なプロジェクトを推進していくためのマインドセットをファッション産業に埋め込み、分野間に存在する分厚い壁を融解させるきっかけになりうると考えています。

もともと、NFTへの挑戦に関心があったのですか?

特に、メディアアーティストの先輩たちが継続的に行なっている活動は興味深く見ていました。その一つは、高尾俊介さんの「generativemasks」というプロジェクトです。幾何学的な文様で無数にマスクを生成するシステムを作り、NFTに出品するというプロジェクトですが、高尾さん自身が日常的におこなっている創作実験「デイリーコーディング」が創作の背景にある点が面白いと思っています。彼が長年おこなってきた実践の「厚み」が信頼を生み、NFTを通してコミュニティを形成する。NFTの売り上げをクリエイティヴコーディングコミュニティへ寄付したことも話題になりました。

他にも、ライゾマティクスの真鍋大度さんによる「NFT-Experiment」も初期からウォッチしていますが、地道な実践に勇気をもらっています。ブランドのPR活動のために高額で売り切るような試みだけではなく、長期的な視野を持ってクリエイターエコノミーを醸成するようなNFTアートの取り組みに対して、ファッションに関わる人々も注目するべきです。

今までのお話を聞いていても、アバターの衣服というよりグラフィック作品を志向していて、バーチャルファッションとは距離を置いているのかなと感じました。Synfluxは現状で自分たちのコレクションとして展開するのではなく、ファッションデザイナーの創作を支援するような形で活動していますが、そこも衣服をある種、額にいれるような実践と関連しているのかなと。

そうですね。NFTやバーチャルファッションは製品単体というよりはインフラやサービス、アーキテクチャーの激変だと捉えているところがあるので、Synfluxが仮想空間で着用可能な服を作るとしても、それは活動の一部であって全体ではありません。ファッションに携わる組織体として、ゲームデザインや3DCG、建築の専門家と積極的にコラボレーションし、メタバースの創造性をより拡張するようなオルタナティブを提案していく。活動の本質的な目的は新しいシステムの実装であり、新しい組織の創造にあります。

かといって、NFTでビジネスだけを開発したいとかではないのです。バーチャル衣服のプロトタイプとプラットフォーム実装が社内で循環的に行われるような状況が理想です。そこでぼくたちが参照しているのは、The FabricantやRTFKT、DIGITALAX、DRESSXなど、ぼくが「脱物質ファッションラボ」と呼ぶ新たなファッションのプレイヤーたちです。彼・彼女らは、最初からあくまでも実際の衣服を作らないと宣言しつつも、自分たちもNFT作品を制作し、サービス実装も同時に行なっています。こうした新しい職能や組織の誕生も注目すべき点でしょう。

これはファッションと呼べるのか?と最初は思っていました。でも、たとえ服が物理的に存在しなくても、脱物質ファッションラボが作っているのは「新しい人間像」です。仮想空間上で、コミュニケーションや社会的相互作用が豊かになるにつれ、自分のなりたい姿を仮託する「キャラ」や衣服は必要になると思います。そこには、無形の消費財を売る以上の意味があるはずだし、ファッションとの共通点も見出せるように思います。

それに、クリプトコミュニティが提唱する「DAO(Decentralized Autonomous Organization | 脱中心型自律組織)」という組織体系も非常に面白くみています。DAOでは、スマートコントラクトを用いたルールや意思決定が可能であることから、理想のボトムアップ組織としてNFTコミュニティで支持され、資金調達の対象にもなっています。従来の中心的存在であった「メゾン」や「ハウス」は、文字通り本質的に家父長的な体系にありますが、このような新しい創造性や組織に在り方に対応することができるでしょうか。

既存のファッションブランドとは一線を画する「クリプトネイティブ」の実践が、海外事例を称揚するだけではなく国内から出てくることが期待されますが、なかなか日本ファッションにその萌芽はありません。Synfluxはこれまで、衣服の新しい作り方やデザインプロセス、アルゴリズムの実装を中心に活動してきました。ゲーム空間とファッションの連動が進むなかで、脱物質ファッションの観点から、ぼくらができることで貢献したい。そんな思いを日々強くしています。

NFTの活用をめぐる実験として

発表時のイベントでも、NFTの環境負荷について質問がありましたね。Synfluxはサステナビリティへの取り組みは前提として実践に組み込むようなスタンスをとっていますが、このNFTをめぐるサステナビリティへの問題についての解釈を、改めて聞かせてください。

非常に重要なご指摘です。コンピュータの計算処理がもたらす電力負荷の問題は、バーチャルファッションやアルゴリズミックデザインなどを用いて創作を行う我々に直結する事柄だと深く認識しています。

NFTに関しては、トランザクションにかかる電力消費が膨大になると一部で指摘されていることは確かです。Cambridge Center for Alternative Finance(CCAF)によると、ビットコインは年間約110テラワットの電力を消費するとされ、マレーシアやスウェーデンなどの年間エネルギー消費量にほぼ相当するという算出結果もあります。

しかしながら、NFTプラットフォーム当事者がサステナビリティに対して非常に意識的なことは大きな救いです。今回のプロジェクトでNFT証明書発行プロセスでコラボレーションしたスタートバーン株式会社の「Startrail」は、計算処理の最適化プログラムを導入し、最低限エネルギー量を抑制した仕組みになっています。DRESSXも、水やバイオマスも含めた環境負荷とバーチャルファッションを比較したレポートを発表し、啓発活動に力を入れています。

それに、ハーバードビジネスレビューにおける記事によれば、第一に電力消費は炭素排出量とは異なる計算式によって導かれるため、必ずしも実質的な環境悪化に貢献しているとは言えないということ。さらに、その分散的な特性から環境負荷軽減のためのエネルギーミックスを設定することで、エネルギー消費の最適化を実現できる可能性が大きいことなど、有効な反論やポジティブな対策が議論されているのも事実なのです。情報公開やトレーサビリティ応用なども良い方向性です。物理資源に依存しないという特性を生かし、消費者は出来るだけ自然環境にダメージを与えないサービスを選択し、制作側は最適化されたシステムを実装することに注力することが大切だと思っています。

実際にNFTに出品してみて、反響や困難もあったかと思います。改めて、NFTの可能性や課題として考えたことを教えてください。

2021年は日本のファッションにとってNFT元年と言えるのではないでしょうか。ANREALAGEやAmeri VINTAGEなどのブランドがNFT作品を発表したことなども印象的です。そんなうねりのなかで、ローンチと同時に開催したトークイベントで問題提起も同時に行えたのが意義深かったなと思っています。

スタートバーン株式会社の施井泰平さんからはNFTアート実践を中心にその批評性について、藤嶋陽子さんからはファッション研究の観点からの問題提起をいただきました。そして、弁護士の永井幸輔さんが提起されたように、法や権利、アーキテクチャの変容が今後の可能性になると強く認識できたのも収穫です。所有権のあり方を問い直す実践などを通して、ユーザと衣服間の新しい関係性について引き続き批評的に考察していきたいと思っています。

画像: null

他方で課題はNFTコミュニティデザインの実践です。NFTの創作フィールドは、独自の共同体であり、SNSであり、Discordであり、マスメディアに存在している情報はごく一部ですよね。こうした独特のコミュニティ運営手法やNFTネットワークのアプローチについては、今後深掘りしていきたいです。

ファッション領域でのNFTへのアプローチも、様々な志向で展開されていきそうですね。

当面は、既存のファッションブランドが物理衣服と同時にNFTを販売していく方向性と、新しい市場を生み出す別のプレイヤーのオルタナティブな活動という二極が並行していきそうですね。個人的には、本当の意味でシステムチェンジをもたらすような後者のプレイヤーが海外を中心に現れていることにワクワクしています。

クリプトファッションが定着するかは、単なる流行として見なすことなく仕組みとして思考できるか。いずれにしろ「継続は力なり」ですね。Synfluxとしては、21_21 DESIGN SIGHTの「2121年 Futures In-Sight」展への参加を契機に、新たなクリプトファッションのチャレンジを発表したいと思っています。そこでは、SF作家やハリウッドを拠点に活動するCGアーティストとコラボレーションした、バーチャルとフィクションの可能性を模索するような試みになる予定です。どうぞお楽しみに。

画像: null
#3DCG
LINEでシェアする