2022.11.09

フルモデルチェンジで機能性が大幅に向上! アシックス「MAGIC SPEED(マジックスピード)2」の凄さ

アシックスの「META SPEED(メタスピード)」シリーズの機能とデザインを引き継ぎつつ、より多くのランナーが活用できる厚底カーボンシューズとして登場した「MAGIC SPEED(マジックスピード)」。2作目にして、早くもフルモデルチェンジを敢行。前作は前足部のみであったカーボンプレートがフルレングスになり、ミッドソールは素材を変えた2層構造に変更している。
 
新たにカーボンシューズを試したいランナーのレース&トレーニング、レースで「メタスピード」シリーズを活用しているランナーのトレーニングに推奨される「マジックスピード 2」には、どんなテクノロジーが盛り込まれ、前作からどのような進化を遂げたのか。開発を担当したアシックスの光畑佳和さんに話を聞いた。
 
初代モデルの登場から一年半足らずで大幅にリニューアルされた「マジックスピード 2」。その意図はどこにあったのだろうか。
 
「初代のマジックスピードは、反発性は十分にあるものの少々硬い印象がありました。より多くのランナーに履いてもらうために反発性を維持しながら、マイルドで快適な履き心地を目指したのが、マジックスピード 2になります」

テストを重ねて最適なバランスのミッドソールに

 前作ではFF BLAST(エフエフ ブラスト)という反発性の高いフォーム材をミッドソールに採用し、前足部にのみカーボンプレートを搭載していた。今作ではソール構造が一新され、カーボンプレートはフルレングスになり、そのプレートをFF BLAST PLUS(エフエフ ブラスト プラス)とFLYTEFOAM(フライトフォーム)でサンドイッチする形になった。

画像: 前作から大きくアップデートし、より快適になったマジックスピード 2。16,500円
前作から大きくアップデートし、より快適になったマジックスピード 2。16,500円

「ミッドソールのトップに高反発で軽量なFF BLAST PLUS、ボトムに硬さがあって安定感のあるFLYTEFOAMを採用しました。組み合わせは10種類以上テストしたのですが、この組み合わせが最もバランスが良かったのです」
 
たとえば軽量でソフトな素材は、硬い素材と比較すると安定性に欠ける。着地衝撃を緩衝する効果は高いが、ブレを生みやすい。脚力の高いランナーであれば、そのブレを抑え込むこともできるが、筋肉への負荷がかかる。一方で安定性の高い高密度の素材は重くなる傾向があり、ソフトな素材と比べればクッション性に欠ける。多くのランナーが履けるカーボンプレート入り厚底シューズを実現するために、個性のある2つの素材を組み合わせたということだ。

画像: ミッドソールのトップにFF BLAST PLUS、ボトムにFLYTEFOAMを採用し、間にカーボンプレートを挟んでいる
ミッドソールのトップにFF BLAST PLUS、ボトムにFLYTEFOAMを採用し、間にカーボンプレートを挟んでいる

また一般的に低密度の高反発素材は、その旨味が大きく得られる期間が長くないため、使用をレースやスピード練習のみに限定するランナーもいる。しかし、「マジックスピード 2」は、レースだけでなくトレーニングでの使用も想定されているため、耐久性が高い。十分に走り込んでから、同じシューズでレースに挑むといった使い方が問題なくできる。

既存のシューズとは異なる専用設計のプレートを搭載

 アシックスには、以前FASHION TECH NEWS上で紹介した「META SPEED SKY+(メタ スピード スカイ プラス)」と「META SPEED EDGE+(メタ スピード エッジ プラス)」という2足のトップモデルがある。前者は、ストライド型のランナーがよりストライドを伸ばし、少ない歩数でゴールすることをサポートするために作られたもの。後者はピッチ型のランナーがピッチを調整しながらストライドを伸ばすことを追求して開発された。
 
「スカイ プラス」と「エッジ プラス」には、それぞれ形状の異なるカーボンプレートが搭載されているが、「マジックスピード 2」に採用されたカーボンプレートはそのどちらとも形が違う。専用設計のプレートとなっている。
 
「マジックスピード 2は、スカイ プラスやエッジ プラスと同時期に開発されたモデルです。両方のプレートの位置や傾きも参考にしながらバランスをとっているので、レースでスカイ プラスを履く人、エッジ プラスを履く人のどちらも違和感なくトレーニングで活用できるシューズになっています。

実は、プレートの剛性もスカイ プラスやエッジ プラスに搭載されているものとは異なります。マジックスピード 2に搭載されたプレートは樹脂にカーボン繊維を混ぜたもので少しソフトなのですが、これによりカーボンプレートを搭載したシューズを履くのが初めてというランナーがトライしやすいものになっています」
 
アウトソールには「スカイ プラス」や「エッジ プラス」と同様、さまざまな路面コンディションで優れたグリップ力を発揮するASICSGRIP(アシックスグリップ)が採用されている。
 
「マラソンのレースでは市街地を走ることになりますが、雨天時に白線の上やマンホールの上はスリッピーになります。雨天時でも安心してレースに挑めるよう、グリップ力の高いアウトソールの採用は欠かすことができない要素でした。また、アウトソールは地面との接点となる部分で、そこがスカイ プラスやエッジプラスと異なると、走ったときの印象が結構違ったものになってしまうので、同じ素材を採用しました」

画像: アウトソールのASICSGRIPが雨天時にもしっかりとグリップ力を発揮する
アウトソールのASICSGRIPが雨天時にもしっかりとグリップ力を発揮する

価格は16,500円。カーボンプレートを搭載した厚底のレーシングシューズは2万円台後半〜3万円台前半がメインの価格帯。「マジックスピード 2」は、価格面でもランナーにやさしいシューズと言えそうだ。
 
「マジックスピード 2」はトレーニングシューズにも適しているが、デイリーの練習にはカーボン入りのシューズを履きたくないという人もいるだろう。そんな人に練習用に適しているのが「ハイパースピード 2」だ。
 
「ハイパースピード 2は、マジックスピード 2と同じく私が開発担当をしたシューズで、同じような開発思想で作ったものなので、レースでマジックスピード 2を使おうとしている方が、脚を作ろうとするときや、走り込む際に近い感覚で走れるかなと思います。もちろん、ゲルカヤノライト 2ノヴァブラスト 3といったシューズもおすすめなので、ショップで足を通して選んでもらえればと」

画像: デイリートレーニングシューズとして開発されたハイパースピード 2。9,790円
デイリートレーニングシューズとして開発されたハイパースピード 2。9,790円

推進力と安定性のバランスが絶妙!

 実際に「マジックスピード 2」を履いて走ってみたが、他のカーボンプレートを搭載した厚底シューズに比べて、かなり安定性の高さを感じるシューズだった。厚底シューズは、ポンポンと跳ねるような反発性を強く感じると同時に、着地時にブレを感じるものが多い。

画像: 「次回のレースはコレで走りたい」と思わせてくれる履き心地
「次回のレースはコレで走りたい」と思わせてくれる履き心地

筆者は普段から走り込んでいるわけではなく、走力も脚力も不足気味。短い距離なら厚底でも楽しく走れるものの、いざ自分がレースで活用するかと言われれば、高い反発性によって推進力が得られるメリットよりも、ブレのデメリットの方が大きくなりそうだと感じていた。
 
しかし「マジックスピード 2」は、良い意味で従来のカーボンプレート入り厚底シューズと異なり、ナチュラルな走行感が得られた。今までカーボンプレート入りの厚底シューズは「速い人しか履けないもの」「自分の走りに合わない」と感じていた人も試す価値があるシューズだろう。

PROFILE|プロフィール
光畑 佳和(みつはた よしかず)
光畑 佳和(みつはた よしかず)

株式会社アシックス 
P.RUN開発部 コンピート&トレイルチーム
ロードからトレイルまで多くのレースに参戦している。自身のランナーとしての経験を商品開発に活かしながら、日々の開発業務に奮闘中。

Text by Fumihito Kouzu

LINEでシェアする