2022.11.05

「造船」の現場で培われた技術を応用! 香川発の焚き火ギアブランド 『THE IRON FIELD GEAR(ジ アイアン フィールド ギア)』

アクティビティにファッション、さらにはビジネスシーンにおいても注目を集め続けるキーワード「アウトドア」。スポーツの現場で培われた機能を取り入れたアウトドアウェアの人気や、ハイブランドとのコラボレーション企画など、長年にわたり我々のワードローブにも多くの影響をもたらしてきた。
 
そして、その人気ぶりは現在もとどまるところを知らない。キャンプ場は多くの人で賑わい、キャンプサイトを彩るギアも新製品が続々登場。新進気鋭のガレージブランドも大手メーカーに負けじと前線で活躍をみせるなか、キャンプファンの間で特に話題を集めているのが、瀬戸内発のブランド『THE IRON FIELD GEAR(ジ アイアン フィールド ギア)』だ。

画像: 『ジ アイアン フィールド ギア』の代表作、薪ストーブの「TAKI BE CAN(タキビーキャン)」(写真左)と焚き火台の「TAKI BE ITA(タキビイタ)」(写真中央)。どちらも燃え上がる炎の美しさや燃焼効率を計算してつくられている
『ジ アイアン フィールド ギア』の代表作、薪ストーブの「TAKI BE CAN(タキビーキャン)」(写真左)と焚き火台の「TAKI BE ITA(タキビイタ)」(写真中央)。どちらも燃え上がる炎の美しさや燃焼効率を計算してつくられている

新潟県の燕三条や岩手県の南部鉄器を筆頭に、伝統工芸や日本独自の金属加工技術を取り入れたアウトドアブランドや焚き火ギアの名前を出せば枚挙にいとまがないが、香川県丸亀市発『ジ アイアン フィールド ギア』にもまた、他のブランドには無いアイデンティティがある。それは「造船の街で生まれ、造船の技術でつくられている」ということ。ブランド誕生の背景について、発起人である株式会社興栄企画の森山竜志氏にお話をうかがった。

画像: 自社のアウトドアギア専用工場にてものづくりを行う、中央の森山氏率いる『ジ アイアン フィールド ギア』のメンバー。船舶造修業を行う企業が立ち上げたアウトドアブランドだけあり、工場には専門的なレーザー加工機や金属を曲げるNCベンダーマシンなど、プロ仕様の機械が多数
自社のアウトドアギア専用工場にてものづくりを行う、中央の森山氏率いる『ジ アイアン フィールド ギア』のメンバー。船舶造修業を行う企業が立ち上げたアウトドアブランドだけあり、工場には専門的なレーザー加工機や金属を曲げるNCベンダーマシンなど、プロ仕様の機械が多数

造船に携わる企業がアウトドアギアの製造へ参入。その理由とは?

 「45年ほど前に、愛媛県今治市に本社を置く日本国内最大手の造船メーカー・今治造船が、ここ香川県丸亀市に船づくりの核となる大きな造船工場を作りました。以来、この街は造船の街として多くの関連企業が点在するようになり、弊社も今治造船のパートナーとして船舶造修業の専門企業として長年造船に携わってきました。現在、私たちの事業の約2割が船舶造修理業で、約7割が製缶プラント事業や建築関連の製造業、残りがアウトドアギアの開発事業となっています。売上としてはまだまだですが、アウトドア事業の規模も年々拡大しています」
 
自身も巨大なタンカーなどの製造や修理を行う職人さんとして、長年現場にあたってきたという森山さん。そもそも日本の造船の核となる街で船造りの第一線に携わる企業が、なぜアウトドアギアを作るようになったのだろうか?

画像: 2019年に立ち上げられた「THE IRON FIELD GEAR」は、その高い技術と豊かな発想力で数々のヒットアイテムをアウトドアシーンに送り続けている
2019年に立ち上げられた「THE IRON FIELD GEAR」は、その高い技術と豊かな発想力で数々のヒットアイテムをアウトドアシーンに送り続けている

「趣味が高じてと言ってしまえばそれまでですが、私自身がもともと大のアウトドア好きだったことと、鉄を使ったものづくりができる環境が整っていたことから、自然とギア開発がスタートしました。当初は工場が空いているときを見計らって、個人的に欲しいと思うギアを趣味レベルで制作していたのですが、ワンオフで制作したアイテムを使っているとキャンプ場で多くの人から声をかけられるようになり、購入を希望する声も多かったことからブランドの発足を決意しました」

画像: 設計から制作まで、そのほとんどの工程を自社工場で完結。外注でものづくりを行うよりも素早く対応できることから、着想から製品開発までのスピードが早く、新しいアイデアを思い付いたらすぐにカタチにできるのだという
設計から制作まで、そのほとんどの工程を自社工場で完結。外注でものづくりを行うよりも素早く対応できることから、着想から製品開発までのスピードが早く、新しいアイデアを思い付いたらすぐにカタチにできるのだという

「まずはやってみよう」というところから2019年にスタートした『ジ アイアン フィールド ギア』は、コアなアウトドアファンを中心に瞬く間にその名を浸透させることに。いわゆるガレージブランドとしてスモールスタートからはじまったものの、現在では興栄企画の一事業部にまで成長し、製品も売り上げを伸ばしているという。
 
「会社の事業部として独立したのはここ最近の話です。ブランド発足当初は他の従業員たちが別の仕事をしている横で趣味の道具を作っていたわけですから、それは肩身の狭い思いもしました(笑)。現在は焚き火台や薪ストーブ、鉄板といった鉄製品はすべて自社のアウトドアギア専用工場で製造しています」

高い技術ד自分たちが使いたい”という自由な発想力

 キャンパーで焚き火好きの森山氏がフィールドで感じたことや、「こういう機能があれば」というアイデアを盛り込みながら開発を行うという『ジ アイアン フィールド ギア』。最大の特徴は、やはり造船の会社が造船の技術をベースにつくっているという点にある。
 
「私たちは、船舶造修業の現場で長年培ってきた技術と知識を駆使してキャンプギアを製造しています。たとえば、『タキビーキャン』や『タキビクッカー』の底は、船体の安定を保つバラストを入れたり、岩などがぶつかって穴が開いてもすぐに沈まないための二重構造『ダブルハル』と同じ二重の作りになっています。また、高温で熱される焚き火台やストーブは使用していると素材に歪みが出るため、全てを溶接してしまうのではなく場所によってリベットを使用したりと、歪みも計算に入れながらベストなコンディションを追求しています」

画像: 高温にさらされるストーブや焚き火台は、熱による変形や歪みがつきもの。そのため『TIG溶接』や『半自動溶接』など、造船の現場で用いられる道具と技術に加え、溶接以外の接合手段を適材適所に取り入れながら製造を行っている
高温にさらされるストーブや焚き火台は、熱による変形や歪みがつきもの。そのため『TIG溶接』や『半自動溶接』など、造船の現場で用いられる道具と技術に加え、溶接以外の接合手段を適材適所に取り入れながら製造を行っている

ブランド立ち上げ当初からあり、現在も代表的なアイテムとして人気を集めるのが、薪ストーブの「タキビーキャン」。冬キャンプの際、家にあった薪ストーブを外へ持ち出したいと思い立ったことがきっかけで誕生したこのアイテムは、オートキャンプでも手軽に持ち運べるコンパクト設計と堅牢性に加え、火がコントロールしやすく、かつ“炎が美しくゆらぐ”薪ストーブとして人気を集めている。
 
「ブランド発足のきっかけにもなった代表作であり、開発においていちばん苦労したモデルが『タキビーキャン』です。いかにして持ち運びやすくするかが開発コンセプトであるため、手で持ち運びやすい重量にする必要があるわけですが、おのずと薄く軽くなり堅牢性が損なわれてしまいます。製造過程で生じる歪みや焚き火をして生じる歪みなどを加味しつつ、軽さと強さのバランスを取るのには本当に四苦八苦しました。ひとつのパーツを変えるだけでも全体の構造に影響が出る作りのため、フィールドで何度もテストを繰り返した思い入れのあるモデルです」

画像: 広い室内と大きいガラス面を備えた焚き火台『タキビーキャン』。「一般的な横長のストーブでは炎が美しく見えず、燃焼効率も良くないのでは」という観点から縦長の構造になった。調理器具としても優秀で、内部にパーツを組み込めばオーブンのように調理が可能。ピザを焼いたりグラタンを作ったりと、アウトドア料理の幅も広がる
広い室内と大きいガラス面を備えた焚き火台『タキビーキャン』。「一般的な横長のストーブでは炎が美しく見えず、燃焼効率も良くないのでは」という観点から縦長の構造になった。調理器具としても優秀で、内部にパーツを組み込めばオーブンのように調理が可能。ピザを焼いたりグラタンを作ったりと、アウトドア料理の幅も広がる

「タキビーキャン」を皮切りに、発足からわずか3年の間にラインナップを拡充してきた裏側には、自社工場製造ならではのスピード感とともに、SNSやクラウドファンディングを駆使したファンとのコミュニケーションが垣間見える。『ジ アイアン フィールド ギア』の製品はクラウドファンディングにおいて、アウトドアギアカテゴリで最高額を達成。2021年には小型の焚き火台「SUMI BE BOX(スミビボックス)」がわずか30分で目標額を達成するなど、その注目度の高さがうかがえる。
 
「クラウドファンディングでの反応は喜ばしいことであると同時に、自分たちのアイデアが間違っていなかったという確信でもありました。世の中にないものを生み出すことは難しいですが、既存の製品をもとに、自分なりの使いやすいアイテムを作ることであれば自分たちにもできる。自分自身がテスターになることで等身大のものづくりができますし、重いとか、組み立てにくいという問題点が出ても、そのまま受け止めて改善につながります。だから、自ずとワンオフの製品が生み出されるわけで、そこがアウトドアファンの方におもしろがっていただけているポイントなのかもしれません」

画像: 森山氏いわく、焚き火にも手軽な初心者向けのものから、知識と道具が必要な上級者向けのものまで、その楽しみ方もさまざまであるのだという。「私たちのギアは広いレンジのお客さまに楽しんでもらいたい。初心者の方から上級者の方まで、長く楽しみながらヘビーユーザーになってほしいと思う」とも
森山氏いわく、焚き火にも手軽な初心者向けのものから、知識と道具が必要な上級者向けのものまで、その楽しみ方もさまざまであるのだという。「私たちのギアは広いレンジのお客さまに楽しんでもらいたい。初心者の方から上級者の方まで、長く楽しみながらヘビーユーザーになってほしいと思う」とも

ぶれることのないものづくりへの思い。そしてブランドが目指す未来とは?

 身近な目線で、鉄のプロフェッショナルたちが高度な技で作り上げる『ジ アイアン フィールド ギア』のものづくり。大量生産される製品にはない創意工夫が盛り込まれている同社の焚き火ギアについて、森山氏はどの製品に対しても“長く使っていただきたい”という一心で作っていると話す。
 
「焚き火の魅力は、見ているだけで気持ちが落ち着いて癒されるところ。それに暖をとれて、調理もできる。IoTが当たり前の時代に、あえて焚き火の不便さだったり、わざわざ手間暇をかける時間を楽しむのも醍醐味だと思うんですよね。その“わざわざ”が、今の社会にとって大事なことで、楽しみとしても認知されてきていて、キャンプにハマる人が増えているのもその理由からだと思います。

私たちの作るツールは、そういった自分の時間を楽しむ人にこそ、のんびりと長く付き合っていただきたいと考えています。いずれはアウトドア総合ブランドに成長していきたいですし、山も川も海もあるこの香川県という場所で、自分たちのキャンプフィールドも手掛けてみたい。その理想を実現するための体制やコネクションを、今後も強化していきたいと思っています」

PROFILE|プロフィール
森山竜志(もりやま たつし)
森山竜志(もりやま たつし)

株式会社興栄企画/ジ アイアン フィールド ギア 代表
 1976年生まれ。2008年、株式会社興栄企画設立。2018年『THE IRON FIELD GEAR』を設立。翌年には処女作となる『TAKIBECAN』を一般販売開始。2020年にはクラウドファンディング(マクアケ)にて、『TAKIBEITA』が焚火台最高金額を達成。キャンプ好きであり、大の焚き火好き。
https://tifg.jp/

Text by Noritatsu Nakazawa(ALTANA inc.)

LINEでシェアする