2022.10.18

第二の脳とも言われる「腸」に着目! サッカー元日本代表の鈴木啓太氏が提唱する「新しい腸活」とは?

健康や美、性格にまでも影響を与え、第二の脳とも言われる「腸」。テレビや雑誌、美容家たちのSNSでは腸内環境が話題となり「腸活」ブームが続いている。そんな中で健康や美容とは少し違う角度から腸に注目する人物がいる。サッカー元日本代表の鈴木啓太氏だ。
 
鈴木氏は自身の経験から、アスリートの腸内環境とパフォーマンスの関連性に着目。競技者たちの腸内環境を一般の人に再現することで、パフォーマンスやコンディショニングに寄与できるのではないかと考えていた。
 
果たして、アスリートの腸と我々一般人の腸に差はあるのか。腸活で私たちのパフォーマンスは上がるのか。鈴木氏が開発した腸活に特化したプロダクト「AuB(オーブ)」シリーズについて、鈴木氏本人に取材した。

画像: null

アスリートたちの腸内環境、一般人との違いとは?

 鈴木氏は2015年、サッカー選手としての引退と同じ年にAuB株式会社を設立。「すべての人を、ベストコンディションに。」というミッションを掲げて、アスリートの腸内細菌データを集めることから事業は始まった。それではなぜアスリートの腸に注目したのだろうか?
 
「世界中の学者や専門家たちがすでに腸を研究している中で、自分たちは何をやればいいかを思案し、調査をしたところ、アスリートに着目した腸の研究はそこまで存在していなかったんです。アスリート、要するにパフォーマンスに特化した人たちの、腸内細菌のデータベースを作ることでなにかが見えると考えたんです」
 
特徴的な被験者のデータを集めることから、大きな発見が生まれることもあるのだという。例えば、食べても太りにくい人たちの腸内データを集めた結果、腸内でいわゆる「痩せ菌」が発見されたのはその一例だ。
 
そこで鈴木氏は「アスリートたちの腸内データにはパフォーマンスが高い人たちに共通する特徴があるのではないか」という仮説を立てた。またそれは、アスリートの直感だったのかもしれない。そして自身のコネクションを活かしながらアスリートたちの便を集め、データを採取していく。その数はなんと約500名1000検体にも及んだ。
 
そんななかアスリートたちの腸に共通するある特徴を掴んだ。
 
「アスリートたちの腸内は、健康の指標だと言われる『菌の多様性』が非常に高く、その中でも『酪酸菌』の割合が一般の方々に比べて高いという特徴がありました。この酪酸菌は短鎖脂肪酸というものを作り出し、腸内にある悪玉菌の発育を抑制し、免疫力をコントロールすると言われているんですね。アスリートにおいては持久力などのパフォーマンスに関わってきます」
 
納得いく結果に「やっぱりそうだったのか!」と歓喜の声を上げつつ、ほっと安堵の気持ちにもなったのだという。それもそのはず。実に調査のスタートから4年という長い月日が経っていた。そして膨大なアスリートたちのデータと共に、商品化へのプロセスに移った。

画像: アスリートの腸内の「酪酸産生菌」の割合は一般人と比べて2倍ほど高い。AuB株式会社調べ
アスリートの腸内の「酪酸産生菌」の割合は一般人と比べて2倍ほど高い。AuB株式会社調べ

プロダクト化にあたり国際特許をとった菌よりも大切にしたこと

 ヤクルトのシロタ株、明治のR-1など特徴ある菌を全面に打ち出した商品は人気を集めている。たしかに打ち出しとしてキャッチーであるし、わかりやすさもある。
 
鈴木氏も研究中に発見された機能性の高い株『オーブ001』で国際特許を取得した。しかしプロダクト化にあたっては、この一つの菌を推す一点突破の商品よりも、『菌の多様性』の部分を大事にするプロダクトにこだわった。
 
「自分たちはアスリートから頂いた本当に貴重なデータを扱っている。そこから導き出された『アスリートたちに共通する腸内環境の再現』こそが大事じゃないかと考えました」
 
その結果生まれたのが、酪酸菌をメインに乳酸菌やビフィズス菌などヒトに有用な約30種類もの菌を独自に選定・ブレンドした「AuB BASE(オーブベース)」だった。
 
「腸内では様々な菌をバランスよく育てることが大切です……ということは理解してもらうことができても、じゃあバランスってどうやってとればいいの? となりますよね。この『AuB BASE』はすでに様々な菌がバランス良くミックスされているので、飲むだけで30種もの菌を摂取でき、それぞれの量なども考える必要がありません。“菌の多様性”にこだわった結果、たどりついた商品なんです」

画像: 酪酸菌や乳酸菌、ビフィズス菌など約30種類の菌を配合した「AuB BASE」(左)と、腸内細菌のエサとなる食物繊維ミックスからなる「AuB GROW」(右)
酪酸菌や乳酸菌、ビフィズス菌など約30種類の菌を配合した「AuB BASE」(左)と、腸内細菌のエサとなる食物繊維ミックスからなる「AuB GROW」(右)

さらに商品開発は、マルチ栄養プロテイン「AuB MAKE(オーブメイク)」、菌を育てる食物繊維ミックス「AuB GROW(オーブグロウ)」と続いていく。そこには菌を「摂り、育て、守る」といった一連のストーリーがあり、それにより、サプリメントを摂る行動の目的が「なんとなくカラダによさそうだから」ではなく、「これを飲むことは、腸にとってこういう意味があるから、それらをひとつひとつクリアしていくことで、より健康な状態を目指すことができる」といった、達成感と納得感、さらには一種のロールプレイング感も生まれた。
 
「研究サイドからロジカルに菌を摂って育てることの重要性を謳っても、消費者の方にはなかなか伝わらないですし、実際に腸で起こっていることって見えないですよね。だから『AuB BASE』に続く商品開発では、ロールプレイングゲームの主人公になるような“自分ゴト化”が必要でした。だから、マーケティング的なメッセージングは、細かい菌の話ではなく、『菌を摂りましょう。そしてその後はきちんと育てましょう』くらいのシンプルでわかりやすいメッセージが良かったんです」
 
研究者やサプリの専門家ではないからこその、ユーザー目線の商品設計とメッセージング。それがこの他にはないアイテムを生んだのである。今後の開発においても成分ありきではなく、データファーストで、膨大なアスリートのデータやユーザーの声をベースに商品開発を進めていくのだそう。

画像: 動物性と植物性のタンパク質に加え、ヒトに有用な腸内細菌約30種類を独自配合。「筋肉」と「腸」「栄養」を考慮した、新しい考え方のオールインワンタイプの“マルチ栄養プロテイン” 「AuB MAKE」
動物性と植物性のタンパク質に加え、ヒトに有用な腸内細菌約30種類を独自配合。「筋肉」と「腸」「栄養」を考慮した、新しい考え方のオールインワンタイプの“マルチ栄養プロテイン” 「AuB MAKE」

腸活を通して鈴木氏が描く未来

テクノロジーやメッセージングも含めこれまでとは違ったアプローチで展開される「AuB」シリーズ。鈴木氏は少しずつその「和」が広がっている感覚を得ている。
 
「腸活ブームの中、ユーザーが何を選ぶか。そんなとき正しく、科学的に腸活について知りたいという方からもお問い合わせをいただいていますし、実際使ってみて良い体感を得たというお声も頂いております」
 
しかし、商品のコミュニケーションにおいては、まだまだやれることがあると可能性を感じているとも。
 
「例えばサッカーを広めたいとき、『サッカー×ヘルスケア』とか『サッカー×エデュケーション』のような組み合わせにすると間口が広がりますよね。腸内細菌でもなにかを組み合わせてできるシナジーをコミュニケーションのフックにし、腸内環境をよくした先のウェルネスまで伝えていきたいですね。それをデジタルの技術だけでなく『体験』も大切にした両軸のコミュニケーションで広めていきたいと考えています」
 
生命体が生まれたときには脳より先に腸ができた。そう思うと体やパフォーマンスを司るのは腸なのかもしれない。鈴木氏は世界中で現在研究されている結果が、今後もどんどん発表され続け、これからもますます腸の重要性が増していくであろうと語る。
 
「今のうちから腸活はやっておいた方がいい、ということは何より伝えていきたいですね。たとえAuBを活用しなくてもいいので、『菌を摂る、育てる、守る』という当社の考え方が広がっていけば、我々のミッションである『すべての人を、ベストコンディションに。』の達成に近づけるのだと思います」
 
早速、腸活を始めてみてはいかがだろうか。

画像: null
PROFILE|プロフィール
鈴木啓太(すずき けいた)
鈴木啓太(すずき けいた)

AuB株式会社 代表取締役CEO。
2000年に浦和レッドダイヤモンズに加入。Jリーグではベストイレブンに2度輝くなど、16年間浦和レッズ一筋でプレー。日本代表には2006年に初選出後、28キャップを獲得。2015年にサッカーを引退。同じ年にAuB株式会社を設立。
https://aubstore.com/

Text by Junichi Suzuki(ALTANA inc.)

LINEでシェアする