2021.12.03

日本繊維業界の活性化を目指す:KIZIARAI

織物(生地)に特化したオンラインマッチングプラットフォーム「KIZIARAI」。Bird fab studio株式会社が展開したこのサービスは、新しいITコンバーティングとしてトレーサビリティの視点・時間と経費の効率化を実現するもの。日本独特で複雑な商慣習をITにて最適化することで、既存流通に影響がなくすべてのステークホルダーが利用できるサービスだという。

コロナ禍の影響により経営環境は大きく変化し、会社の発展には新しい仕事様式に向けての変革が求められている。織物の生産を行う企業も例外ではない。そんななか「KIZIARAI」はどのような役目を担ってくれるのだろうか。Bird fab studio株式会社の代表取締役である上羽英行さんに話を聞いていく。

画像: null

目的は繊維業界の活性化

「KIZIARAI」はグローバル展開可能なテキスタイルのマッチングプラットフォームだ。全国に分散する各産地の織物が集約・掲載されており、都心部に集中するアパレルに出張に行かなくても、探されている織物を瞬時に配信でき、かつネット上での打ち合わせが可能となっているサービスとなっている。

ここではサプライヤーには世界に販路を提供し、バイヤーには時間・距離を問わず見本依頼を可能にしている。

テキスタイルメーカーと日本・海外バイヤーとのマッチング機能では、サプライヤーの特徴を最大限に引き出し、ショールームを通じてサプライヤーのファン、新規顧客を増やすことを大きな目的としている。サービスを通じ交流が増えることで、今まで入手するのが、難しかった生きた情報が行き交い、活性化へと繋げることができるからだ。

一方、バイヤーはリストからサプライヤーを検索し、サプライヤーショールームから直接の問い合わせ、非対面商談、生地スワッチ依頼、文章・写真で合い見積りが可能なOMOTENASHI機能を無料で発信できる。生地全体からの検索も可能だが、同社ではサプライヤーの特徴・強みなどのブランディング化を意識した構成を行なっているという。

<p><span style="color:#000000">ここではサプライヤーには世界に販路を提供し、バイヤーには時間・距離を問わず見本依頼を可能にしている。</span><br><br><span style="color:#000000">テキスタイルメーカーと日本・海外バイヤーとのマッチング機能では、サプライヤーの特徴を最大限に引き出し、ショールームを通じてサプライヤーのファン、新規顧客を増やすことを大きな目的としている。サービスを通じ交流が増えることで、今まで入手するのが、難しかった生きた情報が行き交い、活性化へと繋げることができるからだ。</span><br><br><span style="color:#000000">一方、バイヤーはリストからサプライヤーを検索し、サプライヤーショールームから直接の問い合わせ、非対面商談、生地スワッチ依頼、文章・写真で合い見積りが可能なOMOTENASHI機能を無料で発信できる。生地全体からの検索も可能だが、同社ではサプライヤーの特徴・強みなどのブランディング化を意識した構成を行なっているという。</span></p>

そもそも日本繊維業界は分業体制が主流のため、各サプライヤーが有する織機・技術などが情報として共有しにくい環境がある。実例として、北陸ではキャパシティが少ないイタリー撚糸機が貴重になっているのに対し、丹後産地では稼働することなく数多くのイタリー撚糸機が存在している。産地によって工賃の差はあるものの、丹後産地で撚糸機を集約し管理体制を整えることで、たとえ低価格な工賃商売であったとしても撚糸機を処分することなく、雇用を生み出し、他産地の情報・ネットワークが共有できることは大きなメリットを享受できる。

このようなメリットを最大限引き出すため、新たにサプライヤー同士とのマッチング機能が2021年11月末に展開される。このサービスでは、生地メーカー・原料メーカー・染工所・加工所は、新しい染め技術・加工技術・設備投資の情報を瞬時に写真・動画とともに情報伝達が可能になるため、大きな課題であった異産地協業の促進による繊維業界の活性化に繋げられるという。

こだわりの検索機能

織物は服となる中間素材のため肉感・光沢感・落ち感などの感覚的な要素がネット上では伝わりにくいのが課題である。そんな課題を解決するため、KIZIARAIは検索の開発にもこだわっている。そこにはテキスタイルならではの、表現をカバーするための開発や設計の工夫があるという。

「たとえばよく生地の探し物で使用される言葉『サーマル』はもともと生地の用語ではありませんが、よくキーワードとして使われます。ほかにも用語としては不適切ですが、現場では生地を表す言葉として一般化されているさまざまな言い方があります。このような言葉については、実際に現場でデザイナーと商談しないと得られない情報ですので、対面商談も常に行い現場重視で構成を組み立てています。ただ、現状でも検索具合は納得できていませんので、来年早々にはUI変更を行う予定です。」

検索機能には、信州大学との共同研究としてAIを使った類似検索機能なども搭載も予定している。これらのAI技術による画像・動画からの検索技術は同社専願で出願しており、この特許技術は数万種類の生地が登録されているなかでコレクション写真やInstagramなどの写真・動画・3Dを取り込むだけで瞬時に検索され適切な生地が検索が可能となっている。ただし、高額なシステム開発費用を要するための資金調達が障壁になっており、AI特許技術はシステムには搭載されていないが、今後は検索だけでなく3Dシミュレーションも含めたさまざまな用途に応用できるようになっていくとのこと。

情報共有可能なHUBが必要

KIZIARAIを立ち上げた背景には日本繊維業界の情報の遮断があった。前述の通り、日本繊維業界は分業体制であるがゆえに各情報が分断され、生きた情報が入り難い環境がある。これまで婦人服のベースとなる生地の開発・営業に20年以上携わってきた上羽さんにとって、それが活性化の妨げになっていると感じたという。

「たとえば、産地によって原料調達価格が異なり、目付けによっては200円/メートルの商品価格差が認められることや他産地の加工技術情報が入りにくいために、スピード感のある開発力ができないことがあります。あるいは、海外でどのような素材が生産可能であるのか、または自社商品の競争力が不透明であることなどが挙げられますね。」

画像: null

生地を採用した最終顧客の売れ行き情報も入手しにくいため、その情報を基にした反省点の確認、開発力の強化が行われにくい。このような環境のなかで情報共有可能なHUBが必要だと感じ、その解決策として最適な環境を構築できるのがITプラットフォームの実現だった。アパレルと直接商談し、生地販売を行いながら2年間ヒアリング・検証を何度も実施。この検証結果を取り入れ大幅なアップデートを行なったのが現在の「KIZIARAI」である。

「まだまだ課題は多く、AI技術のシステム化・新しいサービス拡充により研ぎ澄ましたプラットフォームに進化する必要があります。ECサイトでなくマッチング主体のためにある程度購買力のある企業が登録されていると感じております。実際に『量産発注をいただいた』『新規顧客開拓として数件増えた』などの嬉しいご報告も届いています。」

導入事業者数は非公開だが、大手インテリアメーカー、ユニフォーム、鞄、インフルエンサーなど数多くのバイヤーが登録しているという。海外の登録者数も増えてきており、具体的な探し物をしている問い合わせが増えてきているそうだ。

画像: null

すべての企業や個人にビジネスチャンスを

さまざまな困難を抱えている今日の織物の生産。少子高齢化・跡継ぎ問題も深刻であり、10年もすると産地が消滅することも現実味を帯びてきている。

「少子高齢化や跡継ぎ問題については構造的な要因ですので非常に困難な問題ですが、次世代の若い方が夢があると思ってもらえるような“儲かること”を提示できれば少しずつ環境も変わっていくのではないかと思っています。弊社は発展途上な会社でありますが、微力ながらできる限りのことを尽くし貢献したいと思っています。」

繊維業界の課題点・問題点を改善できるプラットフォームへと進化しているKIZIARAI。2021年早々には、企業が知見を持つ個人に対して業務を依頼できるサービスを展開する。これは結婚や転勤などを機に退職し、その知見・経験を生かすことなく表舞台から退いた場合、その個人が場所・時間に関係なく有する知見・経験、SNSのネットワークなどをオンラインで活かせられるものだそうだ。インフラさえ整えば個人の個性を最大限に伸ばしたビジネス展開も可能な時代になっているため、個人を巻き込んだサービス展開は必要不可欠となっている。

「将来的にはKIZIARAIは繊維業界に従事するすべての企業・個人がマッチング可能なプラットフォームを目指します。そして個人でもプラットフォーム上で作りたい製品イメージから、生地をなどの様々な情報を取り入れ3Dシミュレーションで具現化でき、Instagramなどでエンドユーザーの反応を確認したうえで、縫製工場もしくはOEM商社にマッチングできる環境をつくっていきます。すべての企業や個人にビジネスチャンスを生み出すプラットフォームを完成させることが最も大きな挑戦です。」

#Social Commerce
LINEでシェアする