2021.06.21

下着がインターフェースに? Myantの考える新たなコミュニケーションとは

カナダ発のMyant(マイアント)は2010年に現CEOのTony Chahine(トニー・シャヒーン)によって設立された、世界初となるTextile Computing™(テキスタイル・コンピューティング™)開発企業である。当社の技術が採用されているスマート下着システム、Skiin Connected Health&Wellness System(Skiin・コネクテッド・ヘルス・アンド・ウェルネス・システム)は、CES2020のイノベーションアワードを受賞し注目を集めている。スマート下着のシステムは、センサが組み込まれた下着を着用することで心電図・呼吸数等のデータが検知され、接続されたスマートフォンなどのデバイス上のアプリでデータを閲覧、さらにデータを家族や医師に公開できるというものだ。今回当社のエグゼクティブ・ヴァイス・プレジデントであるIlaria Varoli(イリア・ヴァロリ)にインタビューを行なった。

「問題を解決するインターフェース」としての下着

MyantはTony Chahine(トニー・シャヒーン)によって2010年に創業された。当社のコア技術Textile Computing™は、シャヒーンの父が認知症と診断されたことがきっかけとなり発案されたという。当時シャヒーンの父は、まだ若いにも関わらず、初期の認知症であると判明、そこで彼は、物理的に近くにいなくとも近くで父親を守る方法を探求し始めたそうだ。そこでまず目を向けたのが、テキスタイルであったという。「テキスタイルは常に人間の身体の周りに存在するものです。だからこそ、私たちはテキスタイルで何ができるのか、さらには問題に対処するために必要なコネクティビティを提供できるのだろうかと考え始めたのです。」そうしてリサーチを続けるうちに、大学機関のマテリアル・サイエンス領域の研究や最新の技術開発の動向から、テキスタイル開発の可能性を見出したといい、その後ビジネスを開始すべくサプライチェーンを探し、小さなR&Dチームとして創業したそうだ。

画像: 左:シャヒーン氏とシャヒーン氏の父、右:トニー・シャヒーン氏
左:シャヒーン氏とシャヒーン氏の父、右:トニー・シャヒーン氏

「私たちの使命の一つは、イノベーションをより人間中心のものにすることです。私たちは、人間、特に最も不利な立場に置かれている人々が、テクノロジーの発展から取り残されないようにしたいと考えています 。」

そのようなミッションのもと生まれたMyantのTextile Computing™システムは、人体データを計測するテキスタイルとAI対応のデジタルプラットフォームを接続させ、新たな「ヒューマンコネクティビティ」を実現。このコンセプトは、日本政府の提唱するSociety 5.0を参照し形成されたそうだ。当技術の採用されたSkiinは、下着の着用時に体温・心拍数・位置情報・活動量などの一連の情報を計測し、それらの情報を接続されたデバイス上のアプリで表示するというものだ。アプリ上の表示の例として、活動量では「◯分歩いた」「◯分座っていた」という情報や、目標とする運度量の達成度の表示等が含まれる。さらに、スマートフォンから、Skiin Appというアプリを通じて、同意を得た他人のデータを閲覧することもできる。

「例えば、自分の祖母を見守っているとしましょう。もちろん事前に彼女が望んで情報を共有していることが重要ですが、彼女のデータを見ると、体温が高くなっている、いつもの時間に起きていない、転んだ、心拍数が上がっていることに気づくことができるのです。」

その他にも、情報を感知するだけでなく、解決策を提供することもできる双方向のシステムであるといい、伝熱センサ、アクチュエーターを応用した触覚フィードバックや電気筋肉刺激など、さまざまな機能も搭載が可能だという。

画像: インタビューに応じてくれた、イリア・ヴァロリ氏
インタビューに応じてくれた、イリア・ヴァロリ氏

インハウスの生産体制 

「私たちは、糸のレベルから開発を始めました。例えば、導電性の糸やコーティングされた糸を使います。私たちが開発したセンサーは、ニットを介して直接テキスタイルに組み込むことができます。これらのセンサは身体の情報を探知することもできますが、双方向性でもあるため、EMSのようなソリューションを提供することも可能であり、このように私たちのイノベーションは常に進化しているのです。」とヴァロリ氏が話すように、Skiinはセンサやアクチュエーターが直接編み込まれているものの、着心地は通常の下着と相違がないよう作られており、ポッドを外せば洗濯も可能だという。ポッドは充電を必要とするが、シャワーやお風呂に入る際の短時間で、必要分の充電は完了するといい、例えポッドを一つしか持っていなくとも、継続した使用が可能だという。

画像: null

センサを思い通りテキスタイルに組み込むと同時にその機能性を確保することのできるニット機械を探すのには、長い時間を要したといい、現在同社はさまざまな専門家・企業とパートナーシップを結んでおり、これにはドイツの平編み機を開発・製造しているStoll(ストール)社も含まれている。

「下着のウエスト部分から心電図を取るのは簡単ではありません。しかし、普段から人々が身に着けている下着から心電図を取れるようになれば、応用が簡単になると考えたため下着から始めたのです。」とヴァロリ氏。Myantでは今年、女性用ブラジャー、男性用タンクトップ、およびチェストバンドを発表する予定だという。チェストバンドは、下着を普段から着用しているものをそのまま着たい方や、特に高齢者に向けてデザインされているそうだ。

画像: null

このような大規模な生産体制を確保するために、Stoll社との提携に重ね、自社のエンドツーエンドの設備を建てたといい、「自社の知的財産の保護という理由に加え、サプライチェーンがばらけていると上手く機能しなかったためでもあります。私たちがよく冗談を言っていたのは、通常1カ月かけてもできないようなサンプルの繰り返しを、私たちは1日でできるということへの誇りです。そのため、たとえ数年かかったとしても、エンド・ツー・エンドの設備を実現するために尽力する価値があると判断したのです。」この方針は、アプリ側の技術にも採用されており、メカニカル、生物医学、電気技師、データサイエンティスト、ファームウェア、ソフトウェアエンジニアといった様々な社員を抱えることで、全てを社内で行っているというのだ。

画像: null

早期アクセスプログラムから見えたこと 

Myantでは昨年から早期アクセスプログラムに着手しており、第1弾は100人を対象に2021年から開始した第2弾では、ケアプロバイダーとケアレシーバーのペアを対象に実施されている。これは、オープンベータ版を割引価格で提供し、参加者は一定期間下着を着用し、アンケートやインタビューに応えれば、プログラム終了後に支払った金額は返金されるというものだ。

「早期アクセスプログラムを通じて実感したのは、顧客へのサービスが充実している必要があるということでした。製品を身につける人との関係、それが誰かの世話をする人・される人の間であれど、その関係をサポートするために、サービスの基準を上げ、顧客との継続的な関係の実現、顧客へのサポートとフィードバックを提供するといったことです。」とヴァロリ氏が言うように、このプログラムで得たフィードバックはアプリの機能の改善等に役立てられているそうだ。

さらにヴァロリ氏は、「高齢の方が一人でアプリをインストールし、使用しながら自分で体調を管理するのはとても難しいと言えるでしょう。一方で、例えば母親の体調を私が遠隔で見て知ることができれば、彼女が必ずしもテクノロジーを使いこなしている必要はない、といったように、顧客へのサポートがより充実している必要を学びました。」

医療現場で活躍する下着と新しいコミュニケーションの提案

先述したように、当社が提供するシステムでは、自分のデータを複数人に開示することができる。その対象は、身近な家族のみに限らず、かかりつけ医でも、心臓に問題がある場合は専門医でも、開示先を選択することができる。例えば現在Myantが提携しているアメリカのMayo Clinic(メイヨー・クリニック)とは、患者が退院した後も継続的にモニタリングをする目的で、患者は当社の下着を見に付け、医師が遠隔でモニタリングを行う試験的な試みが実施されている。さらに当社は現在、この製品を医療機器とすべく、現在カナダの保健省やFDA(アメリカ医療機器認証)、CEマーク取得にむけ準備を行なっているという。医療機器と認証を受けることができれば、体調の異変に気づいた際に、すぐに専門家の意見をアプリ等を通じて診断してもらうことも可能となるのだ。

さらに最近では、新型コロナウィルスの感染によって、「おそらくどの政府も市民をケアする方法について検討し始めた」とヴァロリ氏は言っており、特にカナダ政府はMyantの技術が、体温・呼吸数・心電図といったコロナウィルスと診断される要件の検知を可能にしている点から、当社に多額の資金提供を行なったそうだ。そしてそのうちの一つのプロジェクトでは、当社が高齢者の人口の多いカナダ北部のオンタリオ州にある大学と大病院と提携し、社会的に弱い立場の人々(vulnerable)に向け2500のキットを配布。大学の学生らがモニタリングを手助けし、病院は医療現場での専門のモニタリングしたという。このように、政府が民間企業の技術を支援し、地域が一体となったウェルネスシステムの構想が開始しているというのだ。

画像: null

このようにMyantでは、「まず最も弱い立場にある人々(vulnerble people)を守り、人々を置き去りにせず保護する方法を探すこと」をビジョンに掲げ、それは医師を始めとする多岐の分野の様々な専門家との提携を通じ、当社の技術の応用を試みているそうだ。医療やヘルスケアだけにとどまらず、家具、自動車の内装、スポーツなど、まだまだ可能性があるそうだ。

「テキスタイルの可能性はまだまだあると考えています。まず第一に、センシング技術がより正確になる可能性があります。テキスタイルは常に体の様々な場所に取り付けられているため、これらにセンサを複数配置することで非常に性格な心電図をキャプチャすることができます。そして、重要なのは、私たちの技術のように、様々な統合したデータを取得できるマルチモダリティさ及び継続性があることは非常に稀なのです。これは医療面だけでなく、コミュニケーションの面でも、自分自身のことを正確に把握するのにはどうしたらよいのかということでもあります。現在のコミュニケーション方法は、絵文字や『いいね!』を通じたものです。一方で、私たちの技術は、正確に自分のデータを把握し、必要な場合には共有することができる、というもので、本当に誰かと繋がっていたいのであれば、テキスタイルを通じて全く別の新しいコミュニケーションのレベルに引き上げられると考えています。」

インタビューを通じてヴァロリ氏は、高齢者人口の多い日本がMyantにとって適した市場であると捉えていると仰っていた。改めて技術を使用する際に障壁となってしまうインターフェースや、広義にユーザービリティの問題を、下着という誰もが毎日身にまとう衣服をインターフェースと化すことで解決するMyantの取り組みは、今後どのような未来を描くのか、とても楽しみだ。

Text by Hanako Hirata

#Wearable Device
LINEでシェアする