2022.06.30

「不確実性の高い時代に“世界”をさぐるとき、アートほど大事なものはない」(長谷川祐子)

甲冑をテーマにした展覧会「甲冑の解剖術ー意匠とエンジニアリングの美学」が、金沢21世紀美術館で開催されている(会期は2022年7月10日まで)。

甲冑は、武将が身を守るための機能性やエンジニアリングを追求したと同時に、自身の力や美意識を誇示するための工芸的な技法や意匠をアップデートし続けたことで、独自の美学としても発展を遂げた。

本展は、甲冑と現代アーティストの作品を展示し、空間デザインを行うことにより、歴史と現在を対話させようとする試みが、大きな見どころとなっている。

今回、最先端のテクノロジーとデザインがアップデートされ続けているスニーカーを「現代の甲冑」に見立て、ファッションブランドのHATRAとMAGARIMONOが3Dプリンターで制作したスニーカーを公開。

そして、真鍋大度さん主宰のライゾマティクスが甲冑をCTスキャニングした映像や、スタイリストの三田真一さんが制作した「スニーカー甲冑」を展示するほか、アーティストのナイル・ケティングさんが「アップルストア」のような空間を演出している。

キュレーションを担当したのは、同館館長の長谷川祐子さん。世界的に活躍するキュレーターである長谷川さんに、本展で目指したことや、今の時代だからこそアートが果たす役割について聞いた。

PROFILE|プロフィール
長谷川祐子

金沢21世紀美術館 館長 / 東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科 教授
キュレーター/美術批評。京都大学法学部卒業。東京藝術大学美術研究科修士課程修了。水戸芸術館学芸員、ホイットニー美術館客員キュレーター、世田谷美術館学芸員、金沢21世紀美術館学芸課長及び芸術監督、東京都現代美術館学芸課長及び参事を経て、2021年4月から現職。犬島「家プロジェクト」アーティスティック・ディレクター。文化庁長官表彰(2020年)、フランス芸術文化勲章(2015年)、ブラジル文化勲章(2017年)を受賞。これまでイスタンブール(2001年)、上海 (2002 年)、サンパウロ (2010 年)、シャルジャ(2013年)、モスクワ(2017年)、タイ(2021年)などでのビエンナーレや、フランスで日本文化を紹介する「ジャパノラマ:日本の現代アートの新しいヴィジョン」、「ジャポニスム 2018:深みへ―日本の美意識を求めて―」展を含む数々の国際展を企画。国内では東京都現代美術館にて、ダムタイプ、オラファー・エリアソン、ライゾマティクスなどの個展を手がけた他、坂本龍一、野村萬斎、佐藤卓らと「東京アートミーティング」シリーズを共同企画した。主な著書に、『キュレーション 知と感性を揺さぶる力』、『「なぜ?」から始める現代アート』、『破壊しに、と彼女たちは言う:柔らかに境界を横断する女性アーティストたち』、『ジャパノラマ-1970年以降の日本の現代アート』、『新しいエコロジーとアート-「まごつき期」としての人新世』など。

金沢の歴史と現代をつなげる

本展は、長谷川さんが2021年に館長就任後、初めてのキュレーションとなりました。特別な想いはありましたか。
画像: (左手前)南蛮鉄胴朱具足(江戸時代)/井伊美術館蔵<br>「甲冑の解剖術ー意匠とエンジニアリングの美学」展示風景<br>photo by Muryo Homma (Rhizomatiks)
(左手前)南蛮鉄胴朱具足(江戸時代)/井伊美術館蔵
「甲冑の解剖術ー意匠とエンジニアリングの美学」展示風景
photo by Muryo Homma (Rhizomatiks)

私は、金沢21世紀美術館の立ち上げ時に6年ほど関わり、レアンドロ・エルリッヒの《スイミング・プール》や、ジェームズ・タレルの《ブルー・プラネット・スカイ》タレルの部屋)などのコミッション・ワークも手がけています。館長として戻ってくるときは「金沢の現代美術館であること」の意味について、ずっと考えていました。

そこで、まずやりたいと思ったのは、金沢の歴史と現代を繋げること。そしてこの場所にある文化的な資源の見える化を、現代アートの力でできないか、ということでした。

金沢には加賀藩前田家の歴史があり、数多くのいわゆるお宝がありますが、その中でも甲冑は武将の美学やエンジニアリング、機能性などを最も代表するものだと考えました。しかし、それを現代に出会わせるためにはどうすればいいか。

特に若い人にとって、当時の技術や意匠は「昔の立派なもの」としては映りますが、自分のものとして継承することは、あまりないのではないかと思いました。

その点で、2018年にパリのパレ・ド・トーキョーと、その隣のギメ東洋美術館で開催された「DAIMYO」展からヒントを得ました。

現代アーティストによってコンセプチュアルにデザインされた空間の中で、甲冑がアクリル台の上にケースなしで展示されており、それを見ようと若者がたくさん押し寄せていたんです。その光景を見て「これだ!」と思いました。そして私自身、その時に初めて「甲冑ってこんなに綺麗なものなんだ」と実感しました。

今回、スニーカーを現代の甲冑として見立てています。「甲冑=スニーカー」に至るまでの経緯について教えて下さい。
画像: HATRA × MAGARIMONO 《AURA High》2022<br>「甲冑の解剖術ー意匠とエンジニアリングの美学」展示風景<br>photo by Muryo Homma (Rhizomatiks)
HATRA × MAGARIMONO 《AURA High》2022
「甲冑の解剖術ー意匠とエンジニアリングの美学」展示風景
photo by Muryo Homma (Rhizomatiks)

甲冑は武将にとって身を守るだけでなく、自分のアイデンティティ表現でもありました。そのため、現代において「自分の心の鎧になるものは何か」と考え、最初はスーツや勝負服、さらに時計なども考えました。

その中でスニーカーに行き着いたのは、やはりエンジニアリングです。スニーカーは、スポーツ競技用シューズから始まったと言われていて、やがてマイケル・ジョーダンのエア・ジョーダンのように、トップレベルの華やかなアスリートのモデルが誕生しました。

アスリートの能力に合うように何度も機能性とデザインが変更されるだけでなく、新作が出る度に注目を集め、ストリートで1つのシンボルになっていきました。

また、スニーカーは個人の嗜好によってカスタムが施され、セレブが愛用するオートクチュールのようなデザインには数百万円の値段がつくものもあります。

スニーカーは甲冑と同じようにアトリビュート、つまり人の属性として「このスニーカーを履いてる人はこうだよね」というシンボル性や感性を表していると言えます。

進化し続ける意匠とエンジニアリングを満たすものとして、スニーカーしかないと思いました。

本展に参加したアーティストは、どのように決まったのでしょうか。

HATRAは前から一緒に仕事をしていたことに加えて、バーチャリティやデジタル性をうまく使ったファッションショーなど、非物質的な身体についてとても考えています。

そして、HATRAからお話をしていただいたMAGARIMONOは、3Dプリントで非常に精巧で微細な細部を作るフットウェアブランド。そのコラボレーションにより、「甲冑スニーカー」が作られました。

画像: HATRA × MAGARIMONO 《AURA Low》2022<br>「甲冑の解剖術ー意匠とエンジニアリングの美学」展示風景<br>photo by Muryo Homma (Rhizomatiks)
HATRA × MAGARIMONO 《AURA Low》2022
「甲冑の解剖術ー意匠とエンジニアリングの美学」展示風景
photo by Muryo Homma (Rhizomatiks)

ライゾマティクスの真鍋さんも以前から仕事をしていて、話をする中で「甲冑の解像度を上げるため、CTスキャニングをしたい」ということで、それがあの映像になりました。

画像: (左)黒漆塗様仙台胴具(江戸時代)/井伊美術館蔵(右)ライゾマティクス《Displayed Kacchu》2022<br>「甲冑の解剖術ー意匠とエンジニアリングの美学」展示風景<br>photo by Muryo Homma (Rhizomatiks)
(左)黒漆塗様仙台胴具(江戸時代)/井伊美術館蔵(右)ライゾマティクス《Displayed Kacchu》2022
「甲冑の解剖術ー意匠とエンジニアリングの美学」展示風景
photo by Muryo Homma (Rhizomatiks)

三田さんに関しては、既に「スニーカー甲冑」を作っていらしたので、今回の文脈で展示していただくことは可能か、そしてその見せ方について随分お話しました。

画像: (手前)三田真一 《連続の断片(スニーカーのパーツにて製作した甲冑シリーズ)》2008 (奥)ライゾマティクス《Displayed Kacchu》2022<br>「甲冑の解剖術ー意匠とエンジニアリングの美学」展示風景<br>photo by Muryo Homma (Rhizomatiks)
(手前)三田真一 《連続の断片(スニーカーのパーツにて製作した甲冑シリーズ)》2008 (奥)ライゾマティクス《Displayed Kacchu》2022
「甲冑の解剖術ー意匠とエンジニアリングの美学」展示風景
photo by Muryo Homma (Rhizomatiks)

ナイルさんは、自身がパフォーマーで、パフォーマティヴ・インスタレーションとしてデザインと現代の身体をつないでいく力がある人ですので、面白い演出をしてくれると考えました。

画像: Scenography: Nile Koetting<br>「甲冑の解剖術ー意匠とエンジニアリングの美学」展示風景<br>photo by Muryo Homma (Rhizomatiks)
Scenography: Nile Koetting
「甲冑の解剖術ー意匠とエンジニアリングの美学」展示風景
photo by Muryo Homma (Rhizomatiks)
現代アーティストの作品と歴史的な甲冑を結びつける上で、何を意識しましたか。

歴史と現代を合わせるというのは、結局コラボなんですね。過去と現在がコラボして、アーティスト、キュレーター、そして作品を観る人たちもそこに媒介して価値を見出していく、共同制作していくものだと考えました。

ただ、最初からすべてが見えていたわけではありません。ドリフティング、ドリフティングで、もうどこに行くのかわからない状態。これは、ゴールが見えていないと前に進めないタイプのキュレーターにはできません。

物事の必然性で、化学反応が起こる時は、才能のある人たちが1つのテーマやオブジェクトに対して、最後にどのようにしたいかという想いが、一瞬にして合う瞬間があると思うんです。その時、才能があればあるほど、遠いところまで行くことができます。結果的に、ナイルさんとライゾマティクスのお二人は映像や音楽からポスターイメージに至るまで、素晴らしいものを作ってくれました。

アーティストの作品がどのようになるか、見えていない点も多かったんですね。

私はキュレーターですから、アーティストを展覧会に招聘する意義や論理を説明することはいくらでもできます。でも、やっぱり彼ら/彼女らがノッてこないと、作品はどうにもなりません。

今回、真鍋さんから「表面的なスキャニングではなくて、どうしても断面のスキャニングにこだわりたい」と言われた時も、「やりたいと言うならば、きっと理由があるんだろう」と信じて、それができる岡山まで行きました。たとえ自分にはわからない部分があっても、最後の最後はアーティストを信じ切って、サポートして、押し出します。

不確実性の高い時代とアートの関係性

本展には、コロナ禍の中でも地元の方から全国各地の方まで多くの人が足を運んでいます。金沢21世紀美術館が当初から掲げている「開かれた美術館」の意味合いに、近年変化は起きていますか。
画像: 「甲冑の解剖術ー意匠とエンジニアリングの美学」展示風景<br>photo by Muryo Homma (Rhizomatiks)
「甲冑の解剖術ー意匠とエンジニアリングの美学」展示風景
photo by Muryo Homma (Rhizomatiks)

「開かれた美術館」という意味で言うと、この場所が金沢市民だけでなく、みんなが集まって色んなものを見たり話したりする1つのプラットフォームであり「エンパシー(共感)の場所」であることがとても大事です。

そして、エンパシーの場所であるだけではなくて、そこにある祝祭性と身体性が重要だと思っています。つまり、人々が身体性を持って、日常から離れて、1つのあるモードに入っていく状態です。美術館は、共感の場であり非日常の場であることが大切なんです。

その上で、コロナ禍においては「この美術館は何を考えていて、実際に行ったら何ができるのか」をオンラインで伝える方法も重要になりました。私たちの情報や考えを見ていただき、それに納得して、現地まで来たいと思ってもらう、そういう丁寧な情報発信を考えています。その意味でも、開かれた、を意識しています。

ただ、あくまで美術館の1つのコミュニケーションとして、オンラインに力を入れているのであって、バーチャルな体験で十分という意味ではありません。

私たちの目的は、あくまでもフィジカルに美術館に来ていただくことです。そもそもバーチャルとフィジカルは五感を全部使うかどうかに違いがあり、情報量は比較になりません。

最近「バーチャルミュージアムでも済む」と言われることもありますが、それは美術館が持っている、ある程度の既存情報をオンライン上で本のように編集して並べたり、多少リッチなコンテンツとしてお見せしたりするレベルに限って言える話だと思います。

2024年には、金沢21世紀美術館は開館20周年を迎えます。サステナブルな未来を迎えるための「未来支度」として、昨年は「これまでの日常(あたりまえ)を問い直す」企画展、今年は甲冑展に代表される「Trans-historical(歴史横断的)」な企画展を行って、来年は「テクノロジー」に着目した展覧会を実施するとのことですね。

開館20周年には「新しいエコロジーとアート」をテーマにした企画展を実施します。新しいエコロジーとは、人間の営為が大きくなりすぎた、私たちを取り巻く環境のことです。コロナ禍における社会も、ネットワークも、情報も、自然も、それがもたらす精神状態もそうです。

その環境に対して、どう私たちが反応していくのか。アーティストたちが何を作っていくのか。どのようにサステナブルなことを考えていくのか。来年はテクノロジーやマテリアルから、その可能性を探っていきたいと思います。

だから、例えばスタートアップ企業の方に「こんな技術やモノがあるのですが、アーティストに活用してもらえないですか」と、たくさん提案してほしいですし、そうした専門家にアドバイザーや共同キュレーターで入っていただきたいと思っています。

ただ、プレゼンテーションの場ではなく、アーティストとのコラボなので、どんな世界観や物語が作られるのか、どんな見たことのないアプライやアプロプリエーションが出されるのかは分かりません。それでも、という気概を持つ企業に名を連ねていただきたいと思います。

また、技術だけを単に見せるだけはなく、そこに存在している精神性もお見せできればと思っています。

例えば、日本の場合、テクノロジーに対する信仰は、神に対する信仰に精神的に近いものがあって、西洋人のようにドライじゃないところが面白いと思います。ある意味でニューラルネットワークと、デジタルのネットワークのシステムに類似性を見出し、そこに1つの精神性や霊性を見ています。それは、職人が仕事をする際の技術に、精神性が強く結びついていることからもわかります。

人間の営為が肥大化することで隠れていったアニミズム的なものと、それにより進化を遂げた最先端のテクノロジーが同時に出現し、今までに見られなかったものが見られる。それは「再魔術化」の議論ともつながります。

魔術とは、不思議なもの、ミステリアスなもの、驚かせるもの、興奮させるもの、いろんな要素が含まれてますよね。それは、アートがもたらすワンダー(驚き)と一緒です。そういうストーリーで、お見せしたいと思っています。

それでは最後に、不確実性の高い時代とアートの関係性はどのようなものだと考えていらっしゃいますか。

アートって、元々、不確実なものなんです。同じ作品を観ても、皆さんそれぞれ違う見え方、違う感想を持ち、なぜ自分が感動するのか、誰も説明ができませんよね。だから面白いわけです。

迷える時代に、一緒に迷ってくれるものがあることは非常に良いことですし、それがアートです。だから、不確実性の高いこの時代に、アートほど世界を一緒にさぐっていくものとして大事なものはないと思います。

皆さんと同じ時代を生きているアーティストとキュレーターに、テクノロジーがついてきている。私はそう思っています。

LINEでシェアする