Fashion Tech News symbol
Fashion Tech News logo
2022.10.19

ニューバランスのアイコン的存在であり屈指の名作! 時代に沿ってアップデートし続ける「990」の進化の歴史

1982年にリリースされ、品番を変えず常にアップデートを続けながら、現在はv5まで登場しているニューバランス「990」。アップデートのたびに履きやすさとデザイン性を向上させ続けてきた屈指の名作だ。2022年秋には「990v6」の発売も予定されている逸品に関して、日本を代表するスニーカーショップのキーマンである、ミタスニーカーズの国井栄之氏にその進化の歴史について語ってもらった。

当時、グレーはセンセーショナルなカラーだった

1982年、当時持ち得た最先端の技術で最高のランニングシューズの完成を目指し、4年もの歳月をかけて作られた渾身の1足がニューバランス「990」のスタートであった。当時は「1000点満点中990点の出来栄え」と広告で謳ったように1足100ドル(当時は1ドル=約280円)という高額で発売され、市場に一石を投じた。国井さんはその歴史を語る。
時間や費用を惜しまず、最新の技術で最高のランニングシューズを作ることを目的に4年に渡る開発の結果生まれた初代「990」。当時としては高額で販売された
時間や費用を惜しまず、最新の技術で最高のランニングシューズを作ることを目的に4年に渡る開発の結果生まれた初代「990」。当時としては高額で販売された
ア��ウトソールにはヴィブラムソールを搭載。現在はヴィブラムソールのロゴは黄色だが、当時はソールと同じ色になっているのも面白い
アウトソールにはヴィブラムソールを搭載。現在はヴィブラムソールのロゴは黄色だが、当時はソールと同じ色になっているのも面白い
「現在ではニューバランスはグレーのイメージがありますが、発売当時、グレーは結構攻めた色で、ホワイトが基本だったランニングシューズにとっては、かなり先鋭的なカラーだったようです。ニューバランスがグレーを選んだ理由は諸説あり、ボストンの天気は曇りが多かったからという説もあったりします。僕が聞いた話では、それまでオフロード中心だったところ、シティランナーが増えてきて、コンクリートにマッチする色合いやボストンの街並みの色にフィットするようなカラーをということでグレーを選んだという説が有力ですね」
ニューバランス「990」シリーズは現在「990v5」まで登場している。990初代「990」である「990v1」が発売されてから、どういった流れで進化していったのだろうか。国井さんは言葉を続ける。
1998年に登場した「990v2」。デザインは以前の900番台のビジュアルや初代「990」を抜本的に変える新しい試みが取り入れられた
1998年に登場した「990v2」。デザインは以前の900番台のビジュアルや初代「990」を抜本的に変える新しい試みが取り入れられた
サドルと�つま先にまたがった補強パーツを大型化させたことによって安定性が向上した
サドルとつま先にまたがった補強パーツを大型化させたことによって安定性が向上した
「初代『990』が発売されてから実は『995』、『996』と続きます。1988年に登場したこの『996』は世界中で人気を博し、900番台の知名度を知らしめたモデルとしても知られています。スッと『990v2』に続かないのも面白いですよね。そこから1998年にやっと『990v2』が登場。少し期間があいて初代モデルのリリースから30 周年の節目となる2012年に『990v3』が誕生し、そして2016年に『990v4』、2019年に現行モデルの『990v5』へと続いていきます。
今年は初代の誕生から40周年のアニバーサリーイヤーで『990v6』の発売が11月に予定されています。この“v3”とか“v5”という呼び方は“バージョン”の“v”とされていて、990がバージョンアップしていくという意味でつけられた呼称なんですよ」

ユーザーを置き去りにしない普遍的なデザインや機能が魅力

「990v6」の発売も間近に控え、盛り上がっている「990」シリーズ。さまざまなスニーカーを見てきた国井さんが一番好きな「990」はどのモデルなのか。
「よく聞かれる質問ですね。僕はどのスニーカーに関しても一緒なのですが、常に最新のモデルが好きです。過去のモデルはリアルタイムで履いていなかったとしても掘り下げることで好きになったり、興味を持ったりすることもあります。もちろん、リアルタイムで体感していて思い入れが強いモデルもあります。ただ、自分的には常に最新のモデルが好きなので、現時点でいうと『990v5』ということになります。だからこそ、『990v6』の発売が待ち遠しいし、早く履きたいというのが本音ですね」
オリジナルの誕生から30年を経た2012年に誕生した「990v3」。より実用的な見た目やタンの独特なダイヤモンドパターン、リブ付きのNロゴが採用された
オリジナルの誕生から30年を経た2012年に誕生した「990v3」。より実用的な見た目やタンの独特なダイヤモンドパターン、リブ付きのNロゴが採用された
通気性をよくするためにメッシュを多用。アーチ部分にはグラファイトスタビリティウェブを採用し、ねじれ防止と軽量化に成功した
通気性をよくするためにメッシュを多用。アーチ部分にはグラファイトスタビリティウェブを採用し、ねじれ防止と軽量化に成功した
ニューバランス「990」シリーズはどうしてここまで人気があるのか。それに関しても国井さんなりの視点から語ってくれた。
「『990』シリーズが1000番台や500番台と圧倒的に異なるのは、ユーザーを置き去りにしない普遍的なデザイン性に尽きると思います。過去のモデルをしっかり継承しているデザインなので、よくあるような“最新モデルは全くの別物”ってことになりにくいところが魅力でもあると思いますね。
1 / 2 ページ
この記事をシェアする