2022.09.20

“装うこと”がもたらす抑圧と解放ーー「装いの力―異性装の日本史」が映し出す過去、現在、未来

「異性装」をテーマとした展覧会「装いの力―異性装の日本史」が、渋谷区立松濤美術館で9月3日から開催されている。日本における「異性装」の歴史を辿ることで、「装い」それ自体が持つ意味はもちろん、ジェンダー、セクシュアリティなどについても問い直す展示として注目を集めている。

今回、展覧会を担当した同美術館の学芸員である西美弥子さんに、本展を企画することになった経緯から、日本における異性装の歴史、そして展示に込めた想いまで聞いた。

はじめに、「異性装」をテーマにした経緯について教えてください。

私個人として「装う」という老若男女を問わず、誰にとっても日常的な行為について非常に興味を持っていました。自然の環境から身体を守るだけでなく、それが自分や他者にもたらす力や、社会における役割などについて関心を持っていたんです。

そのなかで、やはり装うことは人間を識別する、様々な社会的文化的な記号として機能します。たとえば、地位や身分、職業や属する文化、嗜好、そして「性別」もその一つです。

性差に対する古い規範は、今なお根強く残っています。その一方で、現代では男性か女性かという二項対立的な考え方が見直されるようになり、多様性を大切にする考え方が広がり、近年ではジェンダーレスファッションなども注目を集めるようになりました。

そこで、異性装というテーマを通して、装うことの意味や、性の二項対立的な図式について改めて問い直すとともに、その歴史から、現在や未来について考えたいと思ったのが最初のきっかけでした。

また、当美術館がある渋谷区は、パートナーシップ制度の導入やダイバーシティの推進など、多様性を認め合いながら、新たな文化を発信し続けることを掲げています。そうした問題意識に沿った展覧会をすることも、渋谷区立の美術館として課された役割の一つだと思っています。

異性装に関して先駆けとなる展覧会としては、2018年に太田記念美術館が企画した「江戸の女装と男装」がありますが、古代から現代まで時系列で並べる試みとしては、日本ではおそらく初めてだと思います。

画像: 篠山紀信 《森村泰昌 『デジャ=ヴュ』の眼》 1990年 作家蔵
篠山紀信 《森村泰昌 『デジャ=ヴュ』の眼》 1990年 作家蔵

異性装がもつ豊かさと難しさ

今回の展示からは、日本における異性装という文化の豊かさを感じられます。そこにはどんな理由が考えられますか。

私自身、古代から芸能、エンターテインメント、創作の世界において、これほどまでに異性装の要素が好まれて人気を博し、人々を魅了し続けていたことに大変驚きました。

もちろん、異性装は日本にだけ見られる装いではなく、他国にも事例はあります。そのなかで、日本において多数の事例が見られる理由の一つに、宗教的なタブーがなかったことが大きな背景としてあります。

異性装は『聖書』において教義上タブーであったことから、キリスト教圏などでは忌避すべきものと見なされていました。こうした考え方は西洋諸国に強く存在していたと言えます。

また、二つ目の理由としては、衣服文化の違いが挙げられます。西洋の衣服は「スカートとズボン」のように性差がはっきりしていました。それに対して日本の衣服は男女ともにゆったりとた形状のもので、服に対する性差の意識もそれほど大きくなかったのではないかと考えられます。そのため、男女の衣服を取り換えるという心理的な抵抗に関して、性差がはっきりした衣服の文化圏の人々よりも少なかった可能性があります。

ただ、異性装は異性装の数だけ、その理由や背景、影響があるため「昔の異性装はこういうもので、それが時代によってこう変化して、現在に至る」などと、全ての異性装の例をまとめて一つの流れとして歴史的に説明することが、すごく難しいんです。

今回の展覧会でも、異性装の歴史の全てを展示できたかというと、その一端に過ぎませんが、だからこそ日本人の異性装に対する関心の高さとともに、その「揺らぎ」も感じられるのではないかと思います。

異性装に対する社会のまなざし

例えば、江戸時代には曲亭馬琴(滝沢馬琴)による『南総里見八犬伝』で異性装の人物が活躍するなど、エンターテインメントの世界では人気となる一方で、実社会では受け入れられていたとは言い難いとのことです。

そうですね。一般社会で生きていた人々の異性装については、同じく滝沢馬琴の『兎園小説(とえんしょうせつ)余録』でも描かれています。

たとえば、男性として生活していた人物が出産をしたことで町中が騒然となった話や、幼い頃より女装を好んだ男性などのエピソードが含まれています。

なかには、現代の我々の知識を持ってみれば、トランスジェンダーの方なのではないかとか考えられる話も出てきます。ただ、馬琴や当時の人たちはそうした知識はなく、「奇異な人がいた」ということで記録がされたわけです。

つまり、日本人は異性装が大好きで、魅了されて、豊かな文化も育んできた一方で、実社会において彼ら/彼女らが、現代の社会が目指しているような、許容や尊重をされていたかというと、そうとは言えない部分がありました。特に男尊女卑の時代なので、女性による男装には非常に厳しい目が向けられました。

男性優位の社会構造においては、最終的にはその考え方に基づく判断がなされることが多くありました。

個人的な考えとしては、表現が難しいところもあるのですが、男性の理想の中で動いてくれる男装の女性については評価するという、男性優位の目線が存在していたと思います。

「見る男性と見られる女性」あるいは「享受する男性」と「消費される女性」という構図は、異性装に関わらず、いろんな文化において培われてきた構造だとは思いますが、それが昔の異性装に関するエピソードでも適用できる場面が多いと思います。

たとえば、平安時代末期に活躍したとされる巴御前は、源義仲に仕えた女武者として男性以上に武功を挙げた強い女性だったと『平家物語』には書かれています。しかし同時に、最後の戦においては「女なのだから、早くどこでもいいから落ちて行け。最後まで女を連れていたとあっては聞こえが悪い」ということで離脱させられたとあります。

彼女の姿は後世にも描かれ人気となるわけですが、その理由として、見るという観点からは美しい女性なのに勇ましい格好をしていたという性の倒錯的な魅力があり、男性を高揚させるイメージがあったからではないかと思います。

画像: 法橋関月《巴御前出陣図》江戸時代(18世紀) 東京国立博物館【後期展示】 Image: TNM Image Archives
法橋関月《巴御前出陣図》江戸時代(18世紀) 東京国立博物館【後期展示】 Image: TNM Image Archives

近代における2つの転換点

今回の展示を企画するなかで、西さんご自身として興味深く感じた事例はどれになりますか。

明治時代になって西洋化が進むと、それまでの制度や文化が刷新されていくわけですが、そのなかで違式詿違条例(いしきかいいじょうれい)が制定されたことによる、異性装者への影響はとても大きいものでした。

この条例は、現在の軽犯罪法にあたり、他人の畑から作物を取ってはいけないとか、公共の場での裸体露出の禁止といった、国民を異なる文化背景を持つ西洋諸国から見て「恥ずかしくない存在」に変えていくことを意図していました。

これに伴い、異性装については1873年に禁じられることになり(1880年に項目から除外)、それまで取り締まりが行われながらも部分的に許容されていた世相が、刑罰の対象になりました。

法律として罰せられた期間は短かったとはいえ、当時の新聞などを調べると、異性装者が逮捕される記事がいくつもあり、偏見や差別が広がる契機となりました。生きづらくなってしまった異性装者たちに思いをはせると、本当に胸が苦しくなるものがありました。

画像: 落合芳幾(画)《東京日々新聞 969号 》 明治8(1875)年 3月 東京都江戸東京博物館
落合芳幾(画)《東京日々新聞 969号 》 明治8(1875)年 3月 東京都江戸東京博物館

また、時代が下り、第二次世界大戦後になると軍事体制下における抑圧的な時代から解き放たれた人々が生活の立て直しを求めていく中で、装いに関わるもの、ジェンダー、セクシュアリティにおいても変化が生まれました。

たとえば、主に女装の世界ではニューハーフ、ブルーボーイ、ゲイボーイのような商業分野で活動する異性装者と、個人で楽しむアマチュアの異性装者が登場し始めます。アマチュアでは女装者と女装者を愛好する人々の雑誌や、コミュニティとしての雑誌も生まれます。幅が広くなり、枝分かれする様も非常に興味深いところです。

近代以降の異性装においては、明治になって罰則化されたことで偏見や差別感情が広がったこと、戦後の世の中になってさまざまな活動が生まれたこと、この2つが歴史的にも大きなポイントであると思います。

象徴としてのドラァグクイーン

今回の展示の詳細に関しては、みなさんに足を運んでご覧いただくとして、最後の展示である「現代から未来へと続く異性装」において、アート作品が並ぶなか、ドラァグクイーンの方々による展示に非常に力を入れているように感じました。男女という性の二項対立的な図式に対する西さんの強い想いを感じたのですが、いかがでしょうか。


そうですね。その点を見ていただけると大変うれしく思います。ドラァグクイーンの方々は既存の性役割が色濃く残る社会における亀裂、ねじれみたいなところから生まれた、ある種の性を超越したような、パロディ化した存在だと思っています。

また、アートではなくエンターテインメントの舞台で活動されているため、アート作品を作っていただくというよりは、私たちの空間そのものを彼らの世界に染めてもらうようなインスタレーションにしてもらった方が、その力強さや魅力が伝わるのではないかと考えました。

画像: シモーヌ深雪&D.K.ウラヂ《DIAMONDS ARE FOREVER ROYALWIG》 2018年 DIAMONDS ARE FOREVER
シモーヌ深雪&D.K.ウラヂ《DIAMONDS ARE FOREVER ROYALWIG》 2018年 DIAMONDS ARE FOREVER

実は今回の展覧会の開催にあたり、異性装という言葉を使うかどうか、それ自体にも非常に悩みました。展覧会では男性か女性か、という性の二項対立的な図式を乗り越えたいのに、「異なる性の装いをするから異性装」という人間を男性か女性かで規定して、とらわれているような言葉を使うことに矛盾を感じたんです。しかし、それ以外の別の言葉で表現することも難しいと考えていました。

そのなかで、性を超越した存在としてのドラァグクイーンの方々が提案してくださった「古い規範の残る地球を飛び出して宇宙へ飛び立つ」という想いが込められたパワフルなインスタレーションは、ご覧になった方々へのメッセージになると同時に、展覧会の一つのオチというか、全体を象徴するものにもなると思って、是非ということでお願いしました。

それでは最後に、西さんが展示を通して感じた「装いの力」と展示をご覧になる方々への想いについて聞かせてください。

私は学芸員として美術の歴史に携わる仕事をしていますが、やはり現在、そして未来を見据えるためには、歴史を知ることが一番重要だと思っています。それにより、新たな視点を得たり、考え方をアップデートしたりすることが、初めてできると思うんです。

個人的にも今回の展示を通して、装うということは性別を二つに分けて「男性はこういう服を着るべき」「女性はこういう服を着るべき」という規範で人々を抑圧してしまう一面を持つ一方で、そこから解放する力も持っているということを、改めて考えさせられました。

現代の私たちはファッションやメイクしかり、装うことの力を、より享受できる時代に生きています。だからこそ、今回の展示を通して、古い規範が根づいてしまっているが故に無意識のうちに持っている考え方に気づき、また取り払う機会になってほしいなと思います。

そして、異性装というテーマを通して、自分はどうありたいか、そして社会がどうなっていくべきかを考える、その一助になってくれればうれしいですね。

トップ画像:「神々の黄昏記念撮影」等身パネル
左から、シモーヌ深雪、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、D・K・ウラヂ

装いの力―異性装の日本史
2022年9月3日(土)~2022年10月30日(日)

前期:9月3日(土)~10月2日(日)
A期間:9月3日(土)~9月19日(月・祝)/B期間:9月21日(水)~10月2日(日)

後期:10月4日(火)~10月30日(日)
C期間:10月4日(火)~10月16日(日)/D期間:10月18日(火)~10月30日(日)

開館時間:午前10時〜午後6時 (毎週金曜日は午後8時まで)
※入館は閉館の30分前まで

休館日:月曜日(ただし、9月19日、10月10日は開館)、9月20日(火)、10月11日(火)

※土曜日、日曜日、祝休日、最終週は「日時指定予約制」
詳細は下記ホームページよりご確認ください
https://shoto-museum.jp/exhibitions/197iseisou/
LINEでシェアする