2022.09.12

「批判があれば大成功」車椅子ファッションから社会を変えるーーパリコレでショー開催に挑戦する「bottom’all」

私たちが普段着ている服は、だれにとっても着やすい服なのだろうか。そして、誰もがオシャレなファッションを楽しめているのだろうか。

たとえば、車椅子ユーザーの方にとっては、ボトムスを穿いたり、ワンピースを着たりする行動それ自体が負担になる。着脱が難しいがゆえに,お手洗いを利用することも難しい。つまり、流行のファッションは着脱が難しく、最初から選択肢にすらなっていないのが現状ではないかーー。

こうした気づきを得た平林景さんは、一般社団法人日本障がい者ファッション協会を立ち上げた。「福祉×オシャレで世の中の常識を変える」をモットーにファッションのデザインを根本から変えていくだけでなく、障がい者の就労支援も行い、社会の意識を変えることを目指している。

そこで今回、企業協賛やクラウドファウンディングを活用してパリコレウィーク期間中のファッションショー開催を控えている代表の平林さんにインタビューを行い、これまでの活動やファッションと社会のあるべき関係などを伺った。

PROFILE|プロフィール
平林 景(ひらばやし けい)
平林 景(ひらばやし けい)

美容師を経て 2004年、学校法人三幸学園に入社し教職に就く。その後2016年12月に起業し株式会社とっとリンクを設立し代表取締役に就任後、わずか2年で3店舗へ拡大し、現在は兵庫県尼崎市にて4つの放課後等デイサービスを経営。2019年11月には一般社団法人日本障がい者ファッション協会を設立し代表理事に就任すると、翌年2020 年にNext UD (Next Universal Design)ブランド bottom’all を展開。現在は講演活動やSNS発信を中心に啓蒙活動に励む。
近著として『先入観のタガをはずせ! ハンデがあるからうまくいく非常識な成功法則』を9/8に発売。

はじめに、日本障がい者ファッション協会を設立した経緯について教えてください。

きっかけは、知人から「パリのファッションショーで、車椅子の方がランウェイに出たのを見たことがない」と聞いたことです。実際に調べてみると、たしかに私が見た限り、その事例はすぐには見当たりませんでした。それなら、車椅子ユーザーなど障がいがある方でもショーに出られるファッションを作ったら、それが1番かっこいいのではないかと思いました。

そして、新たなファッションを生み出すとともに、「障がいがあるからできない」ではなく「障がいがあるからこそ生み出せる」というアクションが起こせたとき、世の中の価値観が大きくひっくり返るのではないかと考えました。

それなら大舞台のパリコレに、しかも車椅子で出ようと思い立ったわけです。そのためには仲間が必要なので、一般社団法人日本障がい者ファッション協会を立ち上げました。

「bottom’all(ボトモール)」を手掛けることになったきっかけと、ブランドに込めた想いについて教えてください。

車椅子ユーザーの方と話をするなかで着想を得ました。衝撃だったのは「おしゃれを諦めた」と言われたことです。実際問題として、お店に買い物に行ったとしても試着室に入ることができなかったり、着たいと思った服でも自分ひとりでは着にくいため、人の手を借りたりすることが多いと聞きました。

それならば、当事者の方が自由に着られる服を私たちが作ってしまえばいいと考えたのです。試行錯誤する日々でしたが、兵庫教育大学・小川修史研究室の学生と協力し、どのような構造なら着脱しやすく、おしゃれにみえるのかを議論していきました。そこで生まれたのが巻きスカートです。

デザインが決まると、次に問題になるのはネーミングです。男性だと「スカート」に抵抗感があると思うので、「ボトム」と「オール(全員)」を組みあわせた「bottom’all(ボトモール)」と名づけました。障がいがあってもなくても、男性でも女性でも、それこそ年齢も国籍もすべてを超えてみんなが着ることができるものという思いを込めています。

画像: null
これまでの障がい者向けの衣服と比べたときの特徴を教えてください。

最初に強調しておきたい点として、私たちは「障がいがあってもおしゃれができる」という考えが好きではありません。そうではなく、逆に考えて「障がいがあるからこそかっこいい」ものが生まれると思っています。

たとえばユニバーサルデザインを考えたときに、確かに着やすい服はあります。ですが、それが本当に欲しい服なのか、着ていて楽しいと感じられるのかと問われると、正直イエスとは言いにくい。

それは、これまでのユニバーサルデザインが「アクセシビリティ」と「ユーザビリティ」に焦点を当てていたことが原因です。今回僕たちは、その土台に楽しさという「エンジョイビリティ」を置くことで、心が躍るファッションを作りました。機能性がありつつ、誰もが着たいと思うデザイン。それを私僕たちは「Next UD(Next Universal Design)」と呼んでいます。

この理念を掲げて最初に作ったのが、『galaxy』です。巻きスカート型なので、車椅子にgalaxyを置いてからその上に座り、前側でパタンパタンと重ねてマジックテープで固定するだけで着ることが出来ます。あと、簡単に脱げない様にするためにはジッパーが必要になりますが、横からパチンと合わせるだけで留め具を固定できるユニバーサルジッパーを使っているので、身体に麻痺のある方でも簡単に着脱することができます。また、サイドにはゴムが入ってるので、自由にサイズ調整が可能な点も特徴です。

そして、車椅子ユーザーの方に特有の悩みとして、基本的に座って生活していますから、商品を買ったときのイメージ以上に、実際に着た際には裾が上がってしまいます。そこを事前に計算して、座ったときに丁度いいラインになるように、前下がりのアシンメトリーにしています。

画像: null
制作過程で大変だったことや工夫されたことはありますか。

最初からすべてが大変でした。服を作ろうと思い立ったのは良いのですが、誰もアパレルに関する知識を持っていなかったのです。恥ずかしい限りですが、私たちは服がどういう成り立ちなのかも分からない状態からスタートしました。もちろんパタンナーの存在すら知らなかったくらいです。

それが、いまとなっては良かったと思っています。知らないからこそ新しいものを作ることができる実感がありました。正直、中途半端に知識を持っていたら、先読みしてデザインを諦めてしまっていたと思います。ですが私たち僕にはそのような知識がなかったので、「これを作るためにはどうしたらいいですか」と提案できました。

デザインの着想は日々の会話のなかにあります。たとえば車椅子ユーザーの方に「ジャケットの着丈が長いために座ると毎回シワになってしまう」と言われたことがあります。たしかにこれは私たちも気づいているのに、一向に改善されないデザインの1つでした。それならボトモールのラインナップに入れてしまおうと思ったわけです。

ほかにも麻痺のある方は袖を通すことが難しいという話も聞きました。それなら袖を通さずに着て、あとから袖を作れるデザインにしてしまえばいいと考えたのです。

こうして生まれたデザインはツイッター上でお見せしています。反応が薄ければデザインから練り直しますし、実際に着用された方からのフィードバックを受けて改良をしていきます。嬉しいことに、「こういう服を作ってほしい」という連絡もいただいています。ですが、そういう要望が多いということは、世の中の衣服に不満があることの裏返しなのですよね。

画像: null
実際に服を購入された方からは、どのような声がありましたか。

百貨店で4回ほど販売会を開きましたが、中学生からご老人まで幅広い客層にボトモールを手にとっていただきました。車椅子ユーザーの方も来られましたが、健常者の方も来られたのは嬉しかったです。話を聞いてみると、コンセプトに共感した方が非常に多く、また単純にデザインがかっこいいという意見もありました。

驚いたのは、まったく想定していなかった使い方もあったことです。もともとは車椅子に座りながらの着脱を考えていたのですが、ベッドに敷いて使うと寝ながら着脱できるので、からだに負担がかからなくて楽だとか。

誰でも自由に着られるファッションを目指しているので、着脱も含めてさまざまな着こなしを楽しんでほしいと思っています。

企業や協力者の方との出会いや繋がりは、どのようにして生まれたのですか。

日本障がい者ファッション協会で一緒に活動しているメンバーが大阪府茨木市で福祉の事業を行っていることから、茨木市の市長と繋がることができました。その後は議員のネットワークを活用させていただいて、さまざまな方々にお会いしたときに後援の交渉をしていきました。

そのなかでも京都市との繋がりは大きかったです。日本で唯一パリとの姉妹都市なので、私たちがパリコレでファッションショーを開催する会場のパリ日本文化会館も京都市が押さえてくれました。

企業については、私たちからアプローチすることもありますし、インフルエンサーや著名人の方はツイッター経由で声を掛けてくださることもあります。

ホームページでは「世界中の全ての人がおしゃれという自由を」というメッセージが掲げられています。そこにむけた今後の活動について教えてください。

パリコレ以降に関して言うと、直近ではパリ五輪に注目しています。とくにパラリンピックと絡めてイベントを開きたいですね。また2025年には大阪万博がありますので、日本から新たなファッションを発信していきたいです。

たとえば、世界4大コレクションが開催されるパリ、ミラノ、ニューヨーク、ロンドンに加えて、私たちがNext UDコレクションを開催したらおもしろいと思っています。世界中のブランドがNext UDを出すようになったとき、世の中は大きく変化しているはずです。その実現に向けて、積極的にデザインを改革していきたいです。

また、いまでも医療関係などでは一昔前にタイムスリップしたようなデザインが残っていますよね。私はまだまだ改善の余地があると思っています。

協会の活動には「障がい者の労働環境の改善」も掲げられていますが、こちらの狙いについて教えてください。

就労支援でファッションを作ることは、継続すべきプロジェクトだと考えています。良いものに対しては、しっかりと賃金を出す。ここに障がいの有無は関係ありません。この当たり前のことができていなかったのです。クオリティを見ていただければ、その品質に驚くはずです。

さらに大事なことは、当事者の意欲やプライドを守ることです。お金以上に、自分たちにしかできないことをしているという気持ちが大切になります。「パリコレに出す商品を縫製します」と自信を持って言えること、これこそ生きる力の根源になると思っています。

私たちの行動によって1つでも社会の認識や意識が変われば、それを真似する企業やブランドが出てくるはずです。そのためにもコラボレーションをしていきたいですね。有名ブランドが手を組んでいただけると、ビジネスマーケットを意識して業界が大きく変化していくと思います。

ですから、私たちの活動が社会現象として広がってほしいという目標があります。だからこそ、パリコレという世界の舞台に最初から挑戦するわけです。なにも賞賛が欲しいわけではありません。私たちとしては、批判があれば大成功です。批判されるだけ注目されているということですから。多くの人に「障がい」を取り巻く問題に気づいていただき、議論が巻き起こる、そんなショーにできればと思っています。

私たちは「ファッションがすべてを変える原点になる」と信じています。

WFR (Wheelchair Fashion Row Paris Fashion Row Spring-Summer 2023 Project)
日時:2022年9月27日(火) 15時30分ー15時50分 *15時15分開場
開場:パリ日本文化会館・地下3階大ホール
主催:一般社団法人日本障がい者ファッション協会
後援:京都市、大阪府、茨木市、国立大学法人兵庫教育大学、一般社団法人日本介護協会、川村義肢株式会社
協力:パリ日本文化会館、追手門学院大学

詳細はこちら

LINEでシェアする